生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年2月
イメージ

あなたの酸化防止剤は十分な遊離基を抑制するか。

ジムの英語によって

1991年に、京都、日本の研究者は、sesaminのlignansが効果的にデルタ5のdesaturaseを禁じることを、非常に炎症性アラキドン酸にDGLAを変えるために責任がある酵素示した。35

この炎症抑制の効果はまた亜麻仁油およびゴマのlignansに与えられた動物で注意された。 亜麻仁油はDGLAの源である。 亜麻の種子およびゴマは腫瘍の壊死の要因アルファおよびPGE-2の2人の炎症性仲介人の血レベルを下げた。 供給のラットはティッシュのDGLAの重要な蓄積をゴマもたらし、腫瘍の壊死の要因アルファおよびPGE-2によって引き起こされた発火を減らした。36

非常にpolyunsaturated脂肪との補足の望ましくない副作用は遊離基の高められた生産である。 魚油へのゴマのlignansの付加は魚油によって引き起こされるより低い脂質の過酸化反応率を助けることができる。 ゴマはdocosahexaenoic酸(DHA)、酸化からの脂質の過酸化物の形成をに非常に敏感であるが、抑制したりまた発火を妨げる魚油のオメガ3の第一次脂肪酸の1つである。 魚油とのゴマの組合せはこうして脂質の過酸化反応からそれを保護することによって魚油の炎症抑制の効果を高めるのを助ける。37

ゴマLignansは減量を支えるかもしれない

レバーの脂肪酸の酸化を最大限に活用することは脂肪質の損失の促進を助けるように提案された。38の 多数の調査はゴマのlignansが減量をレバー ティッシュことをの脂肪酸の酸化を高めることによって援助するかもしれないことを提案する。 ラットの調査では、sesamin、最も豊富なゴマのlignansの1の付加は、多数の脂肪酸の酸化酵素の活動を高めた。この 効果はさまざまな食餌療法オイルがあったラットのすべてのグループで観察される間、39魚油を消費しているラットで特に発音された。39匹の 魚油は脂肪質の焼却を促進するためにゴマのlignansと共働作用して機能するようである。

活用されたリノール酸(CLA)は減量を促進するために知られている脂肪酸である。 ラットの調査では、CLAへのsesaminの付加は脂肪組織の重量の減少によって測定されるようにより大きい減量を、促進した。40の ゴマのlignansはこうして最適の脂肪焼却および健康な重量の促進の魚油そしてCLAの利点を高める相助効果をもたらすようである。

新しい調査はゴマの相助効果を確認する

ゴマのこれらの驚くべき出版された調査に応じて、生命延長はガンマのトコフェロールおよびゴマのlignansを含んでいる補足を取った人々がどうなるか見るために臨床試験を行なった。

ベースラインを、酸化圧力の3つのマーカーおよび発火dityrosine確立するためには、isoprostaneは人間の被験者のグループの血で、およびPLGF 1測定された。 グループはtocotrienolsと1つの小群ある特定のガンマのトコフェロールおよびゴマのlignansとガンマのトコフェロールの同量を受け取っていて他が2人の小群にそれから、分けられた。

dityrosineのマーカーはチロシンとのperoxynitriteの根本的な反応、すべての人間蛋白質で見つけられるアミノ酸によって引き起こされる深ティッシュ蛋白質の酸化の血清のレベルを測定する。 チロシンは最も容易にpero-xynitrite基、無秩序の多くで関係した非常に強力な遊離基によって攻撃されるアミノ酸である。 ガンマのトコフェロールは反応する、またはトラップ、あらゆる相当な程度へのperoxynitrite基である唯一のトコフェロール。 ガンマのトコフェロールtocotrienolのグループと比較されて、ゴマとガンマのトコフェロールを取るそれらは補足の2週後に血清のdityrosineの酸化レベルの45%の減少を示した。

carotidアテローム性動脈硬化の三次元螺線形CTスキャン。

isoprostaneのマーカーは遊離基によって与えられる細胞膜の損害の量を測定する。 また呼ばれた脂質の過酸化反応、細胞膜の損傷は細胞膜の脂肪酸の遊離基の連鎖反応を含む。 通常、脂質の過酸化反応は癒やされる前に8から10の正常な分子を破壊する1つの遊離基で起因する。 ビタミンEプロダクトとの補足は正常な8-10分子よりもむしろ1-2分子に補足なしに起こるこの破壊を限ることができる。 ガンマのトコフェロールtocotrienolのグループと比較されて、ゴマとガンマのトコフェロールを取るそれらは補足の2週後に血清のisoprostaneのレベルの22%の減少を示した。

PLGF-1マーカーは人間のatherosclerotic危険のための非常に敏感で新しいテストである。 PLGF-1は「胎盤がある成長因子」を胎盤で最初に識別されたので意味する。 しかし大人のためにPLGF-1のハイ レベルはatherosclerotic損害を表している。 PLGF-1は管の平滑筋細胞の成長を刺激し、atherosclerotic損害に大食細胞を募集し、腫瘍の壊死の要因アルファの生産を調整し、そして望ましくないangiogenesisを刺激する。 動物モデルでは、PLGF-1の阻止はatheroscleroticプラクの成長および幹線壁の炎症性反作用を両方抑制した。 PLGF-1は不安定な幹線壁のプラクの存在のためのマーカーとして考慮されるかもしれない。 ガンマのトコフェロールtocotrienolのグループと比較されて、ゴマとガンマのトコフェロールを取るそれらは補足の2週後に11.5%に血清PLGF-1のレベルの減少を示した。

健康なグループがこの実験の主題があったこと記録されたゴマのグループとガンマのトコフェロールの最も低いパーセントの四分位数11.5%の減少に既にあったベースラインPLGF-1レベルとと始めると考慮することは印象的だった。 推定上、普通高いPLGF-1レベルがある幹線壁の機能障害との人々はこの非常に敏感な炎症性マーカーを下げた補足からより大きい利点を得る。 同じは被験者のこの健康なグループと比較されるベースライン酸化ストレス度が非常に高い老化する大人のために当てはまる。

遊離基および炎症性損傷のこの3つの進められた測定に基づいて、ゴマのlignansとガンマのトコフェロールはtocotrienolsとより高いガンマのトコフェロールより酸化圧力および発火の3つのbiomarkersの減少で有効な平均25%にある。

左の頸動脈のアテローム性動脈硬化を示す螺線形CTスキャン。

この最近の試験についてとても印象的である何がそれ同じでない前の調査である、ゴマの効果は偽薬か制御グループと比較されなかった。 その代り、この人間の調査は非常に高いtocotrienolsの取得のそれらと低価格のゴマとの補足の効果を比較した。 tocotrienolsは性質の最も有効で自然な酸化防止剤として考慮される。 けれどもこの調査でtocotrienolsよりよい25%を働かせると、ゴマは見つけられた。

概要

ゴマおよびlignansは単独でおよびガンマのトコフェロールおよび魚油を含む他の混合物との互いに作用し合う組合せで多数の医療補助を、所有するために示されていた。 ゴマのlignansはほ乳類および人間の改善された健康に強く関連した生物的酸化防止剤のティッシュおよび血清のレベルの増加を助ける。

ゴマのlignansはまた発火を抑制するために魚油の補足の炎症抑制の利点そしてブロックの遊離基の脂質の過酸化反応を示した。 Lignansは効果的にatherogenicプロセスを減らすLDLの酸化の強力な抑制剤、である。 最後に、lignansは脂肪酸の酸化、ウェイト・コントロールにかかわる主プロセスの1の有効な刺激物である。

心臓病、肥満および炎症性無秩序を含む今日のよくある病気の多数のための危険を、減らすのを助けるボディ、ゴマおよびlignansの約束の生化学的なプロセスに影響を及ぼすことによって。

参照

1. Qidwai WのAlimのSR、Dhanani RH、等。 カラチ パキスタンの患者間の民俗治療の使用。 J Ayub Med Coll Abbottabad。 4月2003日; 15(2): 31-3。

2. 健康へのMinamiyama Y、Takemura S、吉川町T、岡田S. Fermentedの穀物のプロダクト、生産、特性および利点。 Pathophysiology。 10月2003日; 9(4): 221-7。

3. Yamashita K、Nohara Y、Katayama K、Namiのki M.のゴマのlignansおよびガンマ トコフェロールはラットのビタミンEの活動を作り出すために共働作用して機能する。 J Nutr。 1992;122(12):2440-6.

4. Kontush A、Spranger Tのドイツ国A、Baum Kのアテローム性動脈硬化のマーカーとして血しょうのBeisiegel U. Lipophilicの酸化防止剤: アルファ カロチンおよびガンマ トコフェロールの役割。 アテローム性動脈硬化。 6月1999日; 144(1): 117-22。

5. Boje KM。 neurodegenerative病気の一酸化窒素のneurotoxicity。 前部Biosci。 2月2004日1日; 9:763-76。

6. 江Q、Elson-Schwab I、Courtemanche CのエームズのBN。 ガンマ トコフェロールそして主要な代謝物質は、アルファ トコフェロールと対照をなして、大食細胞および上皮細胞のcyclooxygenaseの活動を禁じる。 Proc国民のAcad Sci米国。 11月2000日10日; 97(21): 11494-9。

7. Gysin R、Azzi AのVisarius T.のガンマ トコフェロールはcyclinsの規則によって人間の癌細胞周期の進行および細胞増殖を禁じる。 FASEB J. 2002年; 16(14): 1952-4年。

8. キャンベルS、石造りW、Whaley S、ガンマ(ガンマ)のKrishnan K. Development -大腸癌のchemopreventive代理店としてトコフェロール。 Oncol Hematol CritのRev。 10月2003日; 47(3): 249-59。

9. Galli F、Stabile AM、Betti M、等。 前立腺癌の細胞増殖に対するアルファの効果およびガンマ トコフェロールおよびcarboxyethylのhydroxychromanの代謝物質。 アーチBiochem Biophys。 4月2004日1日; 423(1): 97-102。

10. Kushi LH、Folsom AR、Prineas RJ、等postmenopausal女性の冠状心臓病からの食餌療法の酸化防止ビタミンおよび死。 NイギリスJ Med。 6月1996日2日; 334(18): 1156-62。

11. Kayden HJおよびTraber MG。 人間のビタミンEの血しょう集中の吸収、脂蛋白質の輸送および規則。 Jの脂質Res。 4月1993日; 34(3): 343-58。

12. Handelman GJ、Epstein WL、Peerson J、等アルファ トコフェロールの補足の1つのyの最中および後の人間の脂肪質のアルファ トコフェロールおよびガンマ トコフェロールの動力学。 AM J Clin Nutr。 6月1994日; 59(5): 1025-32。

13. Handelman GJ、Machlin LJ、Fitch K、Weiter JJ、Dratz EA。 口頭アルファ トコフェロールの補足は人間の血しょうガンマ トコフェロールのレベルを減らす。 J Nutr。 7月1985日; 115(6): 807 - 13。

14. Ikeda S、Tohyama T、Yamashita K. Dietaryのゴマおよびlignansは2,7,8を- trimethyl2 (2' - carboxyethyl)禁じる-ガンマ トコフェロールに与えられるラットの尿への6-hydroxychroman排泄物。 J Nutr。 6月2002日; 132(5): 961-6。

15. Sontag TJ、Parker RS。 トコフェロールの異化のチトクロームP450のオメガ ヒドロキシラーゼの細道。 ビタミンEの状態の規則の新しいメカニズム。 J Biol Chem。 8月2002日12日; 277(28): 25290-6。

16. 温厚なM、Bourre JM。 RRRガンマ トコフェロールの等級別にされた食餌療法のレフのelsはビタミンE不十分なラットの神経質なティッシュ、中心、レバーおよび筋肉のアルファそしてガンマ トコフェロールの集中のマーク付きの増加を引き起こす。 Biochim Biophysのアクタ。 4月1997日15日; 1334 (2-3): 173-81。

17. Yamashita K、Iizuka Y、IMAI T、Namiki M.のゴマおよびlignansはラットのビタミンEの活動のマーク付きの強化を与えた低いアルファ トコフェロールの食事療法に作り出す。 脂質。 12月1995日; 30(11): 1019-28。

18. Cooney RV、Custer LJ、Okinaka L、Franke AA。 血しょうトコフェロールに対する食餌療法のゴマの効果は水平になる。 Nutrの蟹座。 2001;39(1):66-71.

19. Lemcke-Norojarvi M、Kamal-Eldin A、AppelqvistのLA、Dimberg LH、Ohrvall M、Vessby B. Cornおよびゴマ油は健康なスウェーデンの女性の血清のガンマ トコフェロールの集中を高める。 J Nutr。 4月2001日; 131(4): 1195-201。

20. Jessup W、Kritharides Lのatherogenesisの食肉牛のR. Lipidの酸化: 概観。 Biochem Soc Trans。 3月2004日; 32 (Pt 1): 134-8。

21. Esterbauer H、Gebicki J、Puhl H、Jurgens G。 LDLの酸化修正に於いての脂質の過酸化反応および酸化防止剤の役割。 自由なRadic Biol Med。 11月1992日; 13(4): 341-90。

22. Miura S、渡辺J、さまざまで自然な酸化防止剤の佐野Mの等CU (2+)に対する効果-低密度の脂蛋白質の仲介された酸化修正。 Biol Pharm Bull。 2月1995日; 18(1): 1-4。

23. Hirose N、Inoue T、西原町K、等コレステロールの吸収の阻止およびsesaminによるラットの統合。 Jの脂質Res。 5月1991日; 32(4): 629-38。

24. Kang MH、Kawai Y、Naito M、Osawa T. Dietaryはhypercholesterolemicウサギの酸化圧力へのゴマの小麦粉の減少感受性を脱脂した。 J Nutr。 11月1999日; 129(10): 1885-90。

25. Nakabayashi A、北川町Y、Suwa Yの等アルファ トコフェロールはラットのsesaminのhypocholesterolemic行為を高める。 Int J Vitam Nutr Res。 1995;65(3):162-8.

26. 平田F、Fujita K、Ishikura Yの等人間でlignanゴマのHypocholesterolemic効果。 アテローム性動脈硬化。 5月1996日26日; 122(1): 135-6。

27. Noguchi T、Ikeda K、Sasaki Y、等高血圧に対するビタミンEおよびsesaminの効果および打撃傾向がある自発的に高血圧のラットの大脳のthrombogenesis。 Hypertens Res。 12月2001日; 24(6): 735-42。

28. Kita S、松村Y、Morimoto Sの等sesaminの抗高血圧薬の効果。 II。 2腎臓、1クリップ腎臓の高血圧および心血管の肥大に対する保護。 Biol Pharm Bull。 10月1995日; 18(9): 1283-5。

29. 松村Y、Kita S、Morimoto Sの等sesaminの抗高血圧薬の効果。 I. deoxycorticosteroneのアセテートの塩誘発の高血圧および心血管の肥大に対する保護。 Biol Pharm Bull。 8月1995日; 18(7): 1016-9。

30. 松村Y、Kita S、Tanida Yの等反sesaminの高血圧の効果。 III。 打撃傾向がある自発的に高血圧のラットの高血圧の開発そして維持に対する保護。 Biol Pharm Bull。 6月1998日; 21(5): 469-73。

31. 松村Y、Kita S、Ohgushi R、deoxycorticosteroneのアセテート塩誘発の高血圧のラットの大動脈リングの変えられた管の反応に対するsesaminのOkui T. Effects。 Biol Pharm Bull。 10月2000日; 23(9): 1041-5。

32. Nakano D、Itoh C、高岡Mの等sesaminの抗高血圧薬の効果。 IV。 sesaminによる管のスーパーオキシドの生産の阻止。 Biol Pharm Bull。 10月2002日; 25(9): 1247-9。

33. Nakano D、Itoh C、Ishii F、等大動脈の酸化圧力に対するsesaminの効果およびdeoxycorticosteroneのアセテート塩の高血圧のラットのendothelial機能障害。 Biol Pharm Bull。 2003;26(12):1701-5.

34. Sankar D、Sambandam GのRaoの氏のPugal-のendi KV。 高血圧の患者の酸化圧力そしてElec trolytesの調整のnifedipineのゴマ油の影響。 アジアPac J Clin Nutr。 2004年; 13 (Suppl): S107.

35. 清水S、Akimoto K、Shinmen Y、等Sesaminはpolyunsaturated脂肪酸の生合成のデルタ5のdesaturaseの有効な、特定の抑制剤である。 脂質。 8月1991日; 26(7): 512-6。

36. 宇都宮TのChavaliのSR、Zhong WWのForseのRA。 ラットのlipopolysaccharide誘発のprostanoidsおよび腫瘍壊死要因アルファのヴィヴォの前の生産に対するsesamin補われた食餌療法の脂肪質乳剤の効果。 AM J Clin Nutr。 10月2000日; 72(3): 804-8。

37. Ikeda S、Kagaya M、Kobayashi Kは、等食餌療法のゴマのlignansラットの脂質の過酸化反応を与えたdocosahexaenoic酸に減らす。 JのナットSci Vitaminol (東京)。 9月2003日; 49(4): 270-6。

38. McCarty MF。 肥満のHepatothermic療法: 資源の理論的根拠そして目録。 Medの仮説。 10月2001日; 57(3): 324-36。

39. Ide T、洪DD、Ranasinghe P、等食餌療法脂肪タイプの相互作用およびラットの肝臓の脂肪酸の酸化のsesamin。 Biochim Biophysのアクタ。 7月2004日1日; 1682 (1-3): 80-91。

40. Sugano M、Akahoshi A、Koba Kの等ラットの活用されたリノール酸のボディ脂肪質減少の潜在性の食餌療法の処理。 Biosci Biotechnol Biochem。 12月2001日; 65(11): 2535-41。