生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年8月
イメージ

酸化防止剤

Terri Mitchell著

酸化防止剤なしで健康の世界を想像することは困難である。 それらはアメリカの景色の支柱としてアスピリンおよびバンド援助の横に立つ。 たくさんは熱心に固まりによって追求されるウォールマートおよび儀式の援助の棚を、並べる。 けれども25年前に、酸化防止剤はほとんどの人々のためになかった。

それは酸化防止剤の主流を作った奇妙な事態の展開だった。 物理学者、オイル化学者、相場師およびハリウッドのトーク ショー司会者を一緒に投げた醸造物では、現れたものが彼らの健康を進めるのに一般人が科学を使用できるという考えおよび酸化防止ブーム生まれただった。

ああ、そしてプレーボーイ。 1968年に、MITのwunderkind Durkピアソンは遊離基および老化で先生理論についてのDenham Harman's雑誌からの記事を読んだ。 興味をそそられて、ピアソンおよびサンディ ショウはUCLAの図書館に掘り、Harmanの科学的な書を引き出した。 Harman、シェル オイルの研究の腕のための酸素化学の当時の曖昧な分野で働いている酸素の反作用(「遊離基」)の副産物が老化に引き起こす概念を化学者は思い付いた。 老化させたゴムがおそらく内臓のための多くをしないこと(何でも、Harman合法的に推論した。) および化学物理学の学位と武装させていて、ピアソンおよびショウはHarmanの科学的に基づいた概念にすぐに取り、それ更に調査し始めた。 それはうまくあり、それはジャックの荷車引きと名前を挙げられるインディアナの本物のジョーンズ タイプの相場師の時機を投じた入口を除いてそれの終わりであるかもしれない。

荷車引きは当時の普及したMervのグリフィンのトーク ショーの規則的なゲストであり、彼が撮影のためのカリフォルニアに行ったときに、彼はDurkおよびサンディと時を過ごした。 それらはHarmanの理論をテストする考えで浸られるようになり、荷車引きが出て来た度に、老化および遊離基についての最も最近の考えとの彼を楽しませた。 打ち負かす複雑な科学のためのDurkの技巧はそこに考えることへのサイズによって得られる荷車引きに遊離基化学の細かい条項のための幅広い聴衆下がるかもしれない(ちょっと、原料は興味深かったDurkがそれを説明した)方法。 従って荷車引きはショーで行くDurkについてのMervに近づいた。 非常に(それは今ようである)、Mervは承諾し、残りは歴史である。 100,000の手紙に誘発されるDurkの二番目に訪問はトーク ショーのために記録されるほとんどの普及した出現を選抜する。 荷車引きがそれを告げるので、Mervの全体のオフィスは健康および老化することについてDurkおよびサンディの質問をする手紙で覆われた。

明らかに、一般人が彼らの自身の利点のために科学を使用できるという考えは無限に普及していた。 その時まで、遊離基の科学は医者は言うまでもなくほとんどの化学者に知られなかった。 時間のテレビ視聴者に2つのヘルスケアの選択があった: それらはそれらに薬剤を与える、または相談するそれらに麦芽および乾燥させたレバーを食べさせる栄養学者にことができる医者に行く。 別の何かはここにあった。 酸化防止剤の全新しい世界述べているハーフパンツの人はここにあった: 人がaholdを得、実際に試みることができるビタミンおよび薬剤、アミノ酸およびホルモン事。 これはprednisoneおよびレバー タブレットを越えてあった。 今度は人々は実際に彼らの広がる帯、慢性のアレルギーおよび架橋結合された皮についての何かをすることができる。 そしてすべての事の老化! Durkは実際に老化についての何かをすることができることを言った! コミューンからの逃亡者のように見えた人が重要性をもたなかったという事実。 自由な基ブーイング! 酸化防止剤賛成! アメリカ人はそれらを苦しめた事に対して新しい武器を持っていた。

それはそれからあり、これは今ある。 事はMerv時代にもどって来ることをようであるよりやや複雑である。 酸化損傷および老化の退化的な病気、また老化自体間の関係は、強いまま残る。 けれども酸化防止剤の世界は大幅により複雑になった。

ビタミンEの盾

ビタミンEはアメリカの最も普及した酸化防止補足の1つである。 最近の米国農務省の調査に従って、それはアメリカの女性の2.4%だけおよび人の8%が食糧からビタミンの十分を得るので、よい事である。1

ビタミンEは脂肪質溶け、コレステロールに影響を与えるおよび頭脳に影響を与えるそれら減らすそれらのような脂質と、関連付けられる遊離基のレベルを。 従って、ビタミンEは心血管およびアルツハイマー病を防ぐ機能のために集中的に調査された。

ビタミンE (2000 IU/day)の比較的大量服用を取ることはアルツハイマー病から特に早く生命に始まられ、2-4ビタミンC (1000のmg。)の比較的大量服用と結合されてそこにである ビタミンEを取るためにAlzheimerを心配している人々の2つのもっともな理由保護するかもしれない: Alzheimerの患者はかなりビタミンEのような補足と上げることができる血減らした、および彼らの頭脳の酸化防止剤のレベルを; そして生化学的な調査はAlzheimerの患者で見つけられる酸化防止剤と酸化圧力の高レベルが改善されることを、であり最も最もよく知られた酸化防止剤の1つ、決して唯一の1示すビタミンE.5-9のビタミンEを含んでではない。

遊離基および発火

過去十年の最も重要な医学の発見の1つは癌およびAlzheimerのような発火と病気間の関係である。 その人々を見つけることに炎症抑制薬剤を取る癌のより危険度が低いのがだった、最初は、非常に意外ある。 何かはいかに苦痛を下げ、膨張を減らす多分癌を禁じるでしようか。 研究者はすぐに増加し、広がる癌細胞の機能を高める炎症性要因を発見した。 今度は私達はアスピリンまた発火を含んで妨げる事が癌を妨害することがわかる。

事は新しい研究の提示の酸化防止世界である酸化防止剤に強力な炎症抑制の行為があることラチェットをつけられた。 発火は遊離基を含むが、幾分より複雑であり、遺伝子の活発化そして不活性化を同様に含む。 ある酸化防止剤はまた根本的掃気効果をもたらすことに加えて発火を妨げる。

例えば、酸化防止クルクミンはアルツハイマー病のマウス モデルを持つ動物にサプリメントとして与えられるとき、ある特定の蛋白質の酸化を妨げる。 これはそれから発火信号の活発化を下げる酸化防止効果である。 最終結果は異常なAlzheimerの蛋白質がこれが病気の進行を遅らせるかもしれない約40%。10 によって下がることである。 人間で遅れたこの実験および異常な蛋白質が40%によって遅れることができれば治療が現在ない病気に他では失われる生命の年に翻訳するかもしれない。10

酸化防止剤の組合せはある特定のタイプの発火に単一の代理店よりすばらしい効果をもたらすことができる。 最近の調査は健康なようであるかもしれない上がったり突然の心臓発作を持ちそして死ぬことができる人々でC反応蛋白質(CRP)として知られている発火マーカーに焦点を合わせる。 この調査は生物化学が齧歯動物のそれより人間のようのヒヒを使用したので重要である。高い CRPが2つの酸化防止剤の組合せと劇的に逆転させることができることを11示す。 およそ200 IU/dayの人間の線量のビタミンE (DLアルファtocopherylのアセテート)は50% CRPを減らす。 補酵素Q10を加えることは70%の減少のオーバーオールのための約20%更にCRPを、もっと減らす。霊長目 の11の2つの他の調査は心循環器疾患の防止そして処置両方のためのビタミンEの有利な効果を、示した。12,13

クルクミンおよびビタミンEは発火を禁じる多くの酸化防止剤の2つだけである。 他の情報はこの雑誌の過去および未来の問題見つけることができる。 重要な事柄はある酸化防止剤がステップ更に行き、癌を含む深刻な病気を妨げるかもしれない発火を減らすことわかっているである。

食事療法は遊離基を増加するか。

遊離基が最初にレーダー スクリーンに当ったときに、重点はそれらを妨害するために酸化防止剤の取得にあった。 これが今でもよい考えの間、補足のアプローチはので少数の遊離基初めに可能ように発生することである。 食事療法、それは発見されたり、この目的の下を掘ることができる。

鉄および銅は人間栄養物の要求された要素である。 但し、どちらかまたは両方の過多は健康なティッシュを破壊する遊離基を促進する。 鉄は非常に重要の複数の最近の調査のずっと焦点である。

それらの1つはタイプII糖尿病の危険が食事療法の鉄のすばらしい量と増加することを示す。 30,000人以上の12年の調査では、赤身からの「ヘム」の鉄はタイプII糖尿病の危険を倍増した。 赤身からの14食餌療法のヘムはまたコロンcancer.15の有効な促進者であり、余分な鉄が致命的な心臓発作のもっとより5重に危険性を高め、三重上の全原因の死亡率の危険を上げることを2つの大きいアメリカ人の調査の分析は示す。植物の 源からの16鉄は「nonheme」の鉄として知られ、同じ危険を運ばないようではない。 1つの理由は同様に吸収されないことであるかもしれない。 植物は自然な金属の抑制剤を含んでいる。

アメリカの食事療法の鉄の主な源は1コップのサービングで18 mgを含んでいるケロッグのプロダクト19のような強化された穀物である。 しかし強化された穀物の鉄は非ヘムの鉄であり、吸収は穀物のphytateによって妨害される。 比較すると、ビーフの3オンスは容易に吸収されるヘムの鉄の3 mgを含んでいる。17は 米国の食糧および栄養物板45のmg /dayの鉄の取入口の上限を置いた。 Postmenopausal女性および人は非常に強化された食糧および鉄の補足を避けるように助言される。18

銅は遊離基を傷つけることを促進するもう一つの金属である。 ホモシステイン(メチオニンの新陳代謝の自然な副産物)と結合される銅は頭脳および中心に害を与えることができる致命的な醸造物を作成する。19,20 銅は癌の広がりを促進し、ある種のsquamous細胞を含む癌を、戦うのにtetrathiomolybdateとして知られている銅のchelatorが首尾よく使用されていた。21,22

銅はAlzheimerの患者の頭脳で集まる。23は phytocompoundのクルクミン再度現場に現われる。 銅のキレート環を作り、防ぐのにクルクミンがと同時に処置使用されていることが提案された遊離基の損傷を誘発することを。24 クルクミンは自然に鉄および銅の両方キレート環を作る。24 Resveratrolは、ワインおよびブドウからまた、LDL (低密度脂蛋白質)の酸化からの金属を保つ銅のchelator、 頭脳、また中心および血管で見つけることができる25である。

resveratrolは鉄のキレート環を作らないが、鉄誘発の遊離基に対して保護のために発見される最も強い酸化防止剤の1時である。26 ケルセチン、自然ないとこおよびデマのresveratrolの他の植物は、鉄および銅を両方よくより10の他のphytocompounds中和する。27"は 脂質の過酸化反応に対する驚くべき保護」イタリアの研究者がLDLかの鉄のキレート環を作る機能を調査した後ケルセチンをいかに記述したかである。28は これのはあるコレステロールこと悪い本質的にコレステロール、それ酸化した、酸化させたLDLではないことを現在の研究が示すので、重要である。

アメリカの食事療法の銅の数1源はビーフである。 米国農務省のデータベースに従って、ビーフは銅の途方もない量を含んでいる。 アメリカのビーフの3オンスは銅のほぼ4 mgを含んでいる。 比較すると、ひよこ豆の1個のコップは0.58 mgを含んでいる。29

3の ページで 2続けられる