生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年8月
イメージ

カルシウム取入口および管の石灰化

ウィリアム デービス著、MD、FACC

Q: 私は動脈の異常なプラクそして堅くなることがあることを幹線石灰化が意味することを読んだ。 骨粗しょう症を防ぐために私がカルシウム補足を取ればこれは私の動脈のプラクに導くか。
A: 幹線石灰化がcarotidまたは冠状動脈の隠されたatheroscleroticプラクを示すことができるまたはその点では動脈である絶対に正しい。 カルシウムはそれが心臓発作および打撃に導くatheroscleroticプラクの容積より一貫して20%を構成する。 例えばこれは隠された冠状プラクを検出するための容易な方法としてCTの中心のスキャンの後ろの理論的根拠である。 すなわち、測定の幹線石灰化は中心の動脈の総プラクを正確に測る正確な方法である。1

それはカルシウム補足が適度に骨粗しょう症およびひびのための危険を減らすこと確立している。2 しかしあなたのカルシウムは終えるあなたの動脈の石灰化させたプラクへの集計を補うか。 いいえ。 実際、反対は本当である: 従って幹線石灰化を用いる人々は骨のより少ないカルシウムがありがちでosteopenia (低い骨の固まり)および骨粗しょう症の危険がある状態にある。 逆に、より少ない幹線石灰化を用いる人々は彼らの骨のより多くのカルシウムがありがちである。3–5

幹線および骨カルシウム間の接続解除は幹線石灰化がカルシウムの血レベルに応じてない腎不全のような極度な状態のを除くプラク内のアクティブ プロセスを要求するので起こる。 骨のティッシュのカルシウム新陳代謝はカルシウムのさまざまなホルモン、ローカル骨プロセスおよび血レベルに答えるアクティブ プロセスである。 従って幹線カルシウムおよび骨カルシウムは独自におよび別の制御システムと作動する。6

行為のメカニズムが未知に残るけれども健康なカルシウム新陳代謝が実際に心臓病の危険を減らすかもしれないことを提案する証拠がある。 調査官のUCLAのチームはことより高いのあなたのビタミンDの血レベル(カルシウム新陳代謝の主要な決定要因)、CTの中心のスキャンによって測定されるようにより少なく冠状プラク文書化した。 赤道からのずっと離れたの住んでいることをイギリスの調査チームが(こうして皮のビタミンDを活動化させるより少ない日光に露出される示した行なった)魅惑的な分析が7つは、より本当らしく心臓発作に苦しむこと。8

心配しないでカルシウムを取ることができる心臓発作か脳卒中の危険に貢献しているかについて。 実際、ビタミンDとあなたのカルシウム補足を結合することによって、冠状かcarotidプラクを開発するためのあなたの危険を下げることができる。 人はビタミンDの1000のIUと共に800-1000 mgの毎日カルシウム補足を取るように助言される; 女性はビタミンDの1000のIUと共にカルシウムの1日あたりの1000-1200のmgを取るように助言される。 ビタミンDのためのRDAがたった400のIUであるが、豊富な日光-- (日30分)にさらされない完全な医療補助のために北の気候または気候の人々はすばらしい量を要求する。 この組合せは骨粗しょう症からの保護を提供し、幹線石灰化の開発の減少に貢献するかもしれない。

ウィリアム デービス先生は冠状病気退化に焦点を合わせている著者、講演者および練習の心臓学医である。 彼はトラックの著者 あなたのプラクである: 新しい中心を使用する方法を検出するためにスキャンすることを示す唯一の心臓病の防止プログラム追跡し、冠状プラクを制御するため。 彼はwww.trackyourplaque.comで連絡する ことができる

参照

1. Sangiorgi G、Rumberger JA、Severson A、等幹線石灰化およびない内腔の狭窄症は人間のatheroscleroticプラクの重荷に非常に関連する: nondecalcifying方法を使用して723の冠状動脈の区分の組織学的の調査。 J AM Coll Cardiol。 1月1998日; 31(1): 126-33。

2. カプランBのpostmenopausal骨粗しょう症の防止を折るHirsch M. Currentのアプローチ。 Clin Exp. Obstet Gynecol。 2004;31(4):251-5.

3. Barengolts EI、Berman M、Kukreja SC、Kouznetsova T、林C、Chomka EV。 asymptomatic postmenopausal女性の骨粗しょう症そして冠状アテローム性動脈硬化。 CalcifのティッシュInt。 3月1998日; 62(3): 209-13。

4. Holick MF。 ビタミンD: 癌、タイプ1の糖尿病、心臓病および骨粗しょう症の防止の重要性。 AM J Clin Nutr。 3月2004日; 79(3): 362-71。

5. Tanko LBの袋詰め作業者YZの年配の女性の高度のアテローム性動脈硬化のマーカーとしてヒップのChristiansen C. Lowのの骨のミネラル密度。 CalcifのティッシュInt。 7月2003日; 73(1): 15-20。

6. Doherty TM、Asotra KのFitzpatrickのLA、等アテローム性動脈硬化の石灰化: 幹線交差道路の骨の生物学そして慢性の発火。 Proc国民のAcad Sci米国。 9月2003日30日; 100(20): 11201-6。

7. ワトソンKE、Abrolat ML、Malone LLは冠状石灰化に、等活動的な血清のビタミンDのレベル逆に関連する。 循環。 9月1997日16日; 96(6): 1755-60。

8. T. Sunlight汚れDS、Hindle E、ダイアー、コレステロールおよび冠状心臓病。 QJM. 8月1996日; 89(8): 579-89。