生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2005年4月
イメージ

打撃の防止のための新しい範例

ウィリアム デービス著、MD、FACC

「病人への健康な使用された回復の健康時薬ことがわかっている: それらはよくどんな生命があり、何かもの人がである性質の彼の理解とともに医者が、また理解する時使用される、
憲法および健康はある。 これらよくおよびあなたが反対を知っていることを知りなさい; そしてこれが治療を案出する方法を事実のとき、よく知っている」。

— Leonardo Da Vinci

結論

carotidおよび大動脈のプラクの逆転による打撃の危険を減らすことは多くおよびよりよい用具が私達に利用できるようになると同時に、日々の現実になっている。 あなた自身の打撃の危険を定めるため、最もよく、最も広く利用可能なイメージ投射用具は以上1.0 mmのcarotidプラクまたはintima媒体の厚さを識別することを向けるcarotid超音波である。 CTの中心スキャンによって示されるそれのような大動脈の石灰化のどのある程度でも、危険のもう一つの有用な測定である。 前の一過性脳虚血発作、か「ミニ打撃また未来の打撃のための高められた危険に」、は置く。

危険を減らす処置は多面的で、脂蛋白質(a)、およびC反応蛋白質小さいLDLの新陳代謝シンドロームそしてレベルのような危険のすべてのもとを、検査するべきである。 魚油はあらゆる打撃防止プログラムの1つの重大な原料である。 他の補足はcarotidまたは大動脈のプラクの源によって目標とされた方法で、使用することができる。 理想的には、carotidsの繰り返しのスキャンは首尾よくプラクの成長を逆転させたかどうか査定しあなたの処置プログラムを始める後ある年行われるべきだった。

参照

1. クラークTG、マーフィーMF、Rothwell PM。 非最近の一過性脳虚血発作を用いる「危険度が低い」患者の打撃、心筋梗塞および管の死の長期危険。 J Neurol Neurosurgの精神医学。 5月2003日; 74(5): 577-80。

2. Amarenco P、Cohen A、Tzourio C、等大動脈アーチのAtherosclerotic病気およびischemic打撃の危険。 NイギリスJ Med。 12月1994日1日; 331(22): 1474-9。

3. Ebrahim S、Papacosta O、Whincup P、等人および女性のCarotidプラク、intima媒体の厚さ、心血管の危険率および流行する心循環器疾患: イギリスの地方中心の調査。 打撃。 4月1999日; 30(4): 841-50。

4. 打撃のアテローム性動脈硬化の手段間のオランダ人M、Hak AE、Koudstaal PJ、等比較および危険: ロッテルダムの調査。 打撃。 10月2003日; 34(10): 2367-72。

5. オランダ人Mの馬蝿の幼虫ML、Del Sol AIは、等Carotidプラクasymptomatic年配者の大脳の梗塞形成の打撃そしてサブタイプの危険性を高める: ロッテルダムの調査。 循環。 6月2002日18日; 105(24): 2872-7。

6. MacMahon S、Rodgers A、ニールB、心筋梗塞の二次防止のために下がるChalmers J.の血圧および打撃。 高血圧。 2月1997日; 29(2): 537-8。

7. Chobanian AV、Bakris GL、黒いHR、等。 高血圧の防止、検出、評価および処置の共同全国委員会の第7レポート: JNC 7のレポート。 JAMA. 5月2003日21日; 289(19): 2560-72。

8. Nissen SE、Tuzcu EM、Libby P、等冠状病気の患者の心血管のでき事に対する抗高血圧薬の代理店の効果および正常な血圧: CAMELOTの調査: ランダム化された管理された試験。 JAMA. 11月2004日10日; 292(18): 2217-25。

9. Jood K、Jern C、Wilhelmsen Lの中年のRosengren A.の体格指数は人の最初の打撃と関連付けられる: 28年にわたる将来の人口調査。 打撃。 12月2004日; 35(12): 2764-9。

10. Kernan WN、Inzucchi SE。 タイプ2の糖尿病およびインシュリン抵抗性: 打撃防止および管理。 Currの御馳走選択Neurol。 11月2004日; 6(6): 443-50。

11. フォードES、Giles WH、Dietz WH。 米国の大人間の新陳代謝シンドロームの流行: 第3国民の健康および栄養物の検査の調査からの調査結果。 JAMA. 1月2002日16日; 287(3): 356-9。

12. Watarai T、山崎町Y、Ikeda Mの等インシュリン抵抗性はmellitus非インシュリン依存糖尿病を持つ患者のcarotid幹線壁厚さに貢献する。 Endocr J. 10月1999日; 46(5): 629-38。

13. Bonora E、Kiechl S、Willeit J、等新陳代謝シンドロームのCarotidアテローム性動脈硬化および冠状心臓病: Bruneckからの将来データは調査する。 糖尿病の心配。 4月2003日; 26(4): 1251-7。

14. Landray MJ、Sagar G、carotidアテローム性動脈硬化のatherogenic低密度脂蛋白質のsubfractionsのMuskin Jの等連合。 QJM. 5月1998日; 91(5): 345-51。

15. Hodis HN、Mack WJ、Dunn M、等carotid幹線壁intima媒体の厚さの中間密度の脂蛋白質および進行。 循環。 4月1997日15日; 95(8): 2022-6年。

16. Gronholdt ML、Nordestgaard BG、Wiebe BM、Wilhjelm JE、carotid atheroscleroticプラクのコンピュータ化された超音波のイメージのSillesen H.エコーlucencyはトリグリセリドが豊富な脂蛋白質の増加されたレベル、また高められたプラクの脂質の内容と関連付けられる。 循環。 1月1998日6日; 97(1): 34-40。

17. Hodis HN、Mack WJ、LaBree L、等lovastatinを使用してcarotid幹線壁厚さの減少および食餌療法療法: ランダム化された管理された臨床試験。 アンのインターンMed。 3月1996日15日; 124(6): 548-56。

18. Wallenfeldt K、Bokemark L、Wikstrand J、Hulthe J、中年の人の3年の間の頸動脈intima媒体の厚さの新陳代謝シンドロームそして変更に関連するFagerberg B. Apolipoprotein B/apolipoprotein A-I。 打撃。 10月2004日; 35(10): 2248-52。

19. ペルティアーM、IannettaペルティアーMC、Sarano私の等高い血清の脂蛋白質(a)レベルは胸部の大動脈のアテローム性動脈硬化の厳格の独立したマーカーである。 箱。 5月2002日; 121(5): 1589-94。

20. Zenker G、Koltringer Pの骨Gの等脂蛋白質(a) cerebrovascular病気のための強い表示器として。 打撃。 9月1986日; 17(5): 942-5。

21. 一過性脳虚血発作を用いる5113人の患者およびマイナーなischemic打撃のischemic打撃そして激しい冠状でき事のRothwell PM、ハワードSC、力DA、等フィブリノゲンの集中および危険。 打撃。 10月2004日; 35(10): 2300-5。

22. Mauriello A、Sangiorgi G、Palmieri G、等Hyperfibrinogenemiaは一過性脳虚血発作によって影響される患者のatherosclerotic carotidプラクの特定のhistocytological構成そして複雑化と関連付けられる。 循環。 2月2000日22日; 101(7): 744-50。

23. Ridker PMのFraminghamの危険のスコアのフル レンジを渡るC反応蛋白質の非常に高くのコックのN. Clinicalの実用性そして非常に低水準。 循環。 4月2004日27日; 109(16): 1955-9年。

24. 橋本H、北川町K、Hougaku Hは、等C反応蛋白質早いcarotidアテローム性動脈硬化の上昇率の独立した予言者である。 循環。 7月2001日3日; 104(1): 63-7。

25. 胸部の大動脈のアテローム性動脈硬化のTribouilloy CM、ペルティアーM、IannettaペルティアーMC、等血しょうホモシステインそして厳格。 箱。 12月2000日; 118(6): 1685-9。

26. レンツのSR、Rodionov RN、Dayal S. Hyperhomocysteinemia、endothelial機能障害および心血管の危険: ADMAの潜在的な役割。 Atheroscler Suppl。 12月2003日; 4(4): 61-5。

27. グラハムIM、Daly LEのRefsumのHMの等血管疾患のための危険率として血しょうホモシステイン。 ヨーロッパの提携行動のプロジェクト。 JAMA. 6月1997日11日; 277(22): 1775-81。

28. 冠動脈疾患の患者のNygard O、Nordrehaug JE、Refsum H、等血しょうホモシステインのレベルそして死亡率。 NイギリスJ Med。 7月1997日24日; 337(4): 230-6。

29. Amarenco P、Labreuche J、Lavallee P、Touboul PJ。 打撃の防止およびcarotidアテローム性動脈硬化のStatins: 組織的検討および最新のメタ分析。 打撃。 12月2004日; 35(12): 2902-9。

30. Corti R、Fuster V、Fayad ZAの等simvastatinによって下がる脂質は人間のatherosclerotic損害の退化を引き起こす: 高解像の非侵襲的な磁気共鳴イメージ投射による2年のフォローアップ。 循環。 12月2002日3日; 106(23): 2884-7。

31. ケントSM、Coyle LC、Flaherty PJ、Markwood TT、AJテイラー。 現在の国民のコレステロールの教育プログラム ターゲットの下のマーク付きの低密度脂蛋白質のコレステロールの減少はcarotidアテローム性動脈硬化の最も大きい減少を提供する。 Clin Cardiol。 1月2004日; 27(1): 17-21。

32. 彼人の打撃のK、Rimm EB、商人A、等魚の消費量そして危険。 JAMA. 12月2002日25日; 288(24): 3130-6。

33. Hino A、Adachi H、Toyomasu K、等非常に長い鎖N-3脂肪酸取入口およびcarotidアテローム性動脈硬化: ultrasonographyによって評価される疫学の研究。 アテローム性動脈硬化。 9月2004日; 176(1): 145-9。

34. Thies F、ギャリーJM、atheroscleroticプラクの安定性のn-3 polyunsaturated脂肪酸のYaqoob Pの等連合: ランダム化された管理された試験。 尖頭アーチ。 2月2003日8日; 361(9356): 477-85。

35. Kris-Etherton PM、ハリスWS、Appel LJ。 魚の消費量、魚油、オメガ3の脂肪酸および心循環器疾患。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 2月2003日1日; 23(2): e20-30.

36. 運動の補酵素Q10の効果のRosenfeldt F、Hilton D、Pepe S、Krum H. Systematicの検討、高血圧および心不全。 Biofactors。 2003;18(1-4):91-100.

37. 心筋層のLangsjoen PH、Langsjoen PH、Folkers K. Isolatedのdiastolic機能障害およびCoQ10処置への応答。 Clin Investig。 1993年; 71 (8Suppl): S140-4.

38. Langsjoen P、Langsjoen P、Willis R、補酵素Q10との必要な高血圧のFolkers K. Treatment。 Med Molの面。 1994年; 15 SupplS265-72。

39. ステュワートKJ、Bacher AC、ターナーK、等練習および危険率は高齢者の新陳代謝シンドロームと関連付けた。 AM J Prev Med。 1月2005日; 28(1): 9-18。

40. Seshadri P、Iqbal N、厳格なL、等。 脂蛋白質のsubfractionsおよびC反応蛋白質に対する低炭水化物の食事療法および慣習的な食事療法の効果を比較するランダム化された調査は厳しい肥満の患者で水平になる。 AM J Med。 9月2004日15日; 117(6): 398-405。

41. Lara Castro CのGarveyの重さ。 食事療法、インシュリン抵抗性および肥満: 南浜に住んでいるAtkinsのダイエット者のためのデータの区域制。 J Clin Endocrinol Metab。 9月2004日; 89(9): 4197-205。

42. Udani J、丈夫なM、Madsen DC。 炭水化物の吸収および減量の妨害: 段階2のブランドの所有物を使用して臨床道は白い豆のエキスを分別した。 Altern MedのRev. 3月2004日; 9(1): 63-9。

43. Walsh DE、Yaghoubian V、肥満の患者に対するglucomannanのBehforooz A. Effect: 臨床調査。 Int J Obes。 1984;8(4):289-93.

44. Heilbronn LK、Noakes M、Clifton PM。 glycemic制御の変化を用いるタイプ2の糖尿病性の主題の血しょう脂質およびブドウ糖のプロフィールに対する高および低glycemic索引エネルギー制限食の効果。 J AM Coll Nutr。 4月2002日; 21(2): 120-7。

45. Arlt W. Dehydroepiandrosteroneの取り替え療法。 Semin Reprod Med。 11月2004日; 22(4): 379-88。

46. Villareal DT、Holloszy JO。 年配の女性および人の腹部の脂肪およびインシュリンの行為に対するDHEAの効果: ランダム化された管理された試験。 JAMA. 11月2004日10日; 292(18): 2243-8。

47. ウーH、Dwyer KM、ファンZ、等アテローム性動脈硬化の食餌療法繊維および進行: ロスアンジェルスのアテローム性動脈硬化の調査。 AM J Clin Nutr。 12月2003日; 78(6): 1085-91。

48. Hackam DG、ピーターソンJC、Spence JD。 血しょうhomocyst (e)のineのどんなレベルが扱われるべきであるか。 homocyst (e)のineを持つ患者のcarotidアテローム性動脈硬化の進行に対するビタミン療法の効果は14 micromol/L.の上下で水平になる。 AM J Hypertens。 1月2000日; 13 (1つのPt 1): 105-10。

49. Toole JFの、Malinowの氏再発打撃を、心筋梗塞防ぐためにischemic打撃を持つ患者のホモシステインおよび死を下げるChambless LE、等: 打撃の防止(VISP)のためのビタミンの介在は管理された試験をランダム化した。 JAMA. 2月2004日4日; 291(5): 565-75。