生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2005年11月
イメージ

Pregnenolone

Neurosteroids: 頭脳のpregnenoloneそしてdehydroepiandrosteroneの生合成、新陳代謝および機能。

Pregnenolone (p)およびdehydroepiandrosterone (d)はunconjugatedステロイドおよび硫酸塩(S)および脂肪酸(l)のエステルとして頭脳で集まる。 microsomalアシル トランスフェラーゼの活動は未熟な(1-3週古い)オスのラットで最も高い。 区別された希突起膠細胞によるPの生合成のためのimmunocytochemicalおよび生化学的な証拠は見直される。 頭脳の蓄積のためのPの統合の重要性は抑制剤のaminoglutethimideのintracysternalの注入によって査定される。 第一次グリア細胞文化はPに20オハイオ州P、PL、プロゲステロン、5アルファpregnane 3,20 dioneおよび3アルファ ヒドロキシ5アルファpregnane 20 1を変える(Polone)。 Astroglialの細胞培養はまた17日のマウスの胚からのニューロンが20オハイオ州だけを形作る一方、これらの代謝物質を作り出す。 PおよびDはラットの頭脳の微粒体からの非常に活動的なP-450酵素によって対応する7アルファ ヒドロキシル化された代謝物質に変えられる。 neurosteroidsの複数の機能は文書化される。 Pは発情の女性のにおい--にさらされるそのままなオスのラットの嗅覚の球根で減る。 Dは泌乳のメスの侵入者の方の去勢されたオスの鼠の積極的な行動を禁じる。 性のステロイドに新陳代謝させることができないし、明白にandrogenicまたはestrogenicのDのアナログ3ベータ メチルandrost 5 en17 1の少なくともD.有効である。 混合物は両方ともラットの頭脳のPSのマーク付きの減少を引き出す。 ガンマ アミノ酪(GABAA)受容器のCLの導電率はGABAのアゴニスト、Poloneによって高められ、PSまでに反対される効果によって刺激される。 従って、頭脳のPの代謝物質、またextraencephalic源のステロイドはGABAAの受容器機能に生理学的にかかわるかもしれない。 頭脳で集まるneurosteroidsは性のステロイド ホルモンの前駆物質であるかもしれ、プロゲステロンの受容器はグリア細胞に集中した。 PおよびDはあらゆる知られていた細胞内の受容器に結合しない。 熱-安定したP結合蛋白質は明瞭な配位子の特定性の頭脳のcytosolにあった。 ステロイドの硫酸塩のための結合の構成の細目は、Polone Sを含む、減少した類縁の順序でDSそしてPS、大人のラットの頭脳のsynaptosomal膜に集中する。 GABAAの受容器へのその関係は現在の調査の下にある。

JのステロイドBiochem Biol Molの . 1991;40(1-3):71-81

正常な主題の性およびpregnenoloneの硫酸塩およびテストステロンに関連するepitestosteroneの年齢関連の変更。

Epitestosteroneは弱いantiandrogenとしてさまざまなレベルの行為に示された。 これまでのところ、血清のレベルは男性でだけ追われた。 Epitestosteroneおよび主要な循環の前駆物質のpregnenoloneの硫酸塩およびTは211人の健康な女性および386人からの血清でepitestosteroneの血清の集中がantiandrogenic行為を出して十分であるかどうか調べるために測定された。 女性では、epitestosteroneはおよそ20 yr最高を月経閉止期まで連続的な低下先行している年齢のとpostmenopauseのなお一層の増加に表わした。 人では、最高のepitestosteroneのレベルは連続的な減少に先行している年齢の35 yr頃検出された。 女性32 yrのPregnenoloneの硫酸塩のレベルは年齢で最高に約達し、次に絶えず低下し、男性で最高は約5 yrより早い達され、次にほぼ一定している残った。 Epitestosteroneは男性のだけpregnenoloneの硫酸塩に関連した。 両方の性で思春期のまわりのepitestosterone/Tの比率の鋭い減少は行われた。 結論として、epitestosteroneの集中およびpregnenoloneの硫酸塩は依存した年齢であり、従って、少なくともprepubertal男の子および女の子で、epitestosteroneはTの集中に達しまた更に超過し、内生antiandrogenとして役割を支える。 人および女性の寿命およびpregnenoloneの硫酸塩の集中への関係によるepitestosteroneのレベルの間のdissimilaritiesはステロイドのそしてepitestosteroneの形成のメカニズムの均等性への生産にadrenalsおよび生殖腺の貢献の質問を上げる。

J Clin Endocrinol Metab 。 5月2002日; 87(5): 2225-31

より古い人間のdioscoreaそしてdehydroepiandrosterone (DHEA)の酸化防止活動。

Dioscoreaは商業ステロイドの統合で使用され、人々が消費するヤマイモのステロイドのエキスである。 DHEAは知られていた活動なしに年齢と低下する、であるステロイド。 この調査はdioscoreaの補足が人間の血清のdehydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEAS)を増加し、高齢者達の脂質レベルを調整できるかどうか定めるように設計されていた。 主題は老化した指定ボランティア65-82年だった。 血清DHEASのレベル、脂質の過酸化反応および脂質のプロフィールは査定された。 dioscoreaの補足の3週に血清DHEASのレベルの影響がなかった。 但し85のmg /dayのDHEAの取入口は血清DHEAのレベル100.3%を増加した。 DHEAおよびdioscoreaはかなり血清の脂質の過酸化反応を減らし、血清トリグリセリド、リン脂質を下げ、そしてHDLのレベルを増加した。 DHEAにおよびステロイドのヤマイモのエキス両方、dioscoreaに血清の脂質レベルを変更する酸化防止剤として、重要な活動がある。

生命Sci 。 1996年; 59(11): PL147-57

neurosteroidのpregnenoloneの硫酸塩はラットの中間の隔壁の核心の増加にhippocampalアセチルコリンおよび空間的な記憶を注ぎこんだ。

アセチルコリンに対する中間の隔壁へのneurosteroidのpregnenoloneの硫酸塩の注入の効果は海馬で解放し、空間的な記憶で2つの実験で評価された。 結果はpregnenoloneの硫酸塩がアセチルコリン解放をによってベースラインの高めたこと50%以上示し、よく知られた環境の認識記憶を改善した。 従って、私達の結果はsepto hippocampal細道がこのneurosteroidのpromnesic特性にかかわることができることを提案する。

頭脳Res。 10月2002日4日; 951(2): 237-42

NR1/NR2Bの受容器のpregnenoloneの硫酸塩の行為の分子メカニズム。

NMDAの受容器はCNSに非常に表現され、excitatoryシナプス伝達におよびシナプスの可塑性、またexcitotoxicityかかわる。 それらにallosteric変調器のための複数の結合場所が、神経質なティッシュによって総合され、局部的に機能すると期待されるneurosteroidsを含んで、内生混合物ある。 NR1-1a/NR2Bの受容器を表現する人間の萌芽期の腎臓293の細胞からの全細胞のパッチ・クランプの録音はneurosteroidのpregnenoloneの硫酸塩が(PS) (300 microm)、NMDAの受容器の休息に適用されたとき、グルタミン酸塩1つのmmのへのそれに続く応答の広さを5重に増強し、非活動化を二重に遅らせることを明らかにした。 PSの同じ集中は、グルタミン酸塩1つのmmのNMDAの受容器の活発化の間に適用されたとき、小さい効果だけもたらす。 連合および分離は結合するPSの定数を評価し、NMDAの受容器の休息から解いて37 micromの明白な類縁Kに相当して3.3 +/- 2.0 mmの(- 1)秒(- 1)および0.12の+/- 0.02秒(- 1)、それぞれ、推定される(d)であるために。 実験の結果はNMDAの受容器の応答のPSのpotentiationの分子メカニズムがピーク チャネルの開いた確率(の増加に帰することができるPことを示す(o))。 PSの連続的な存在に記録されるグルタミン酸塩への応答はマーク付きの時間依存の低下を表わす。 私達の結果は低下が受容器の活発化の後のPSのNMDAの受容器の類縁の変更によって引き起こされることを示す。 これらの結果はPSがNMDAの受容器P (有効性がグルタミン酸塩の結合によって下がるo)の変調器であることを提案する。 この調節は神経の興奮性のための重要な結果があるかもしれない。

J Neurosci 。 11月2004日17日; 24(46): 10318-25

ゴールデン ハムスターの網膜のgabaergicシステムそしてelectroretinographic活動に対するneurosteroidsの効果。

neurosteroidsがGABA (A)受容器の活動を禁じるか、または高めることができることが概要確立された。 GABAが哺乳類の網膜の主要で抑制的な神経伝達物質であるが、GABAergicの網膜の活動に対するneurosteroidsの効果は調査されなかった。 この仕事の目標はゴールデン ハムスターのneurosteroidsの神経化学およびelectroretinographic効果を調査することだった。 一方では、pregnenoloneの硫酸塩のallotetrahydrodeoxycorticosteroneによって増加される禁じられ、GABA誘発[(36の) CL] (-)neurosynaptosomesの通風管。 一方では、全網膜で、増加するpregnenoloneの硫酸塩一方allotetrahydrodeoxycorticosteroneによって減らされる高いカリウム誘発の[(3) H] GABA解放。 GABA解放に対する両方のneurosteroidsの効果は不在解放でように変えられなかった、カリフォルニア(2+) -扶養家族だった。 pregnenoloneの硫酸塩またはvigabatrin (GABAの低下の不可逆抑制剤)のintravitreal注入はかなりbicucullineかallotetrahydrodeoxycorticosteroneが注入されたときに反対の効果が明白だった一方、暗所視のb波の広さを減らした。 ハムスターの副腎のチトクロームP450の側鎖の開裂(P450scc)のそれの近くの分子量が付いている蛋白質はハムスターの網膜で検出された。 P450sccそっくりのimmunoreactivityは内部の核および神経節の細胞の層に集中した。 これらの結果はneurosteroidsがかなりGABAergicの網膜のneurotransmissionおよびelectroretinographic活動を調整することを示す。 さらに、P450sccの選択的な局在化はneurosteroidの生合成がハムスターの網膜のある層でだけ行われるかもしれないことを提案する。

J Neurochem 。 7月2005日11日

高脂血症の処置: 新しい仮説かちょうど事故か。

ステロイド ホルモンおよび高脂血症の低水準の連合に関する新しい仮説は提案される。 この調査はステロイド ホルモンが血清の総コレステロール(TC)を正常化するか、または改良できることを倍数の若々しいレベルへの並行復帰が普通見つけたことデータを示す。 私達は自然なホルモンとのhormonorestorative療法(HT)を受け取った高脂血症の20人の患者を評価した。 患者の百%答えた。 中間の血清TCは処置の後に263.5 mg/dL前におよび187.9 mg/dLだった。 血清TCは60.0%の200のmg/dLの下で落ちた。 HTと関連していた疾病率か死亡率は観察されなかった。 高脂血症および副若々しい血清のステロイドのホルモンによって特徴付けられる患者では私達の調査結果は高脂血症がステロイド ホルモンのライフサイクル関連規則のための代償的なメカニズムであること、そして広帯域ステロイド ホルモンの復帰が多くの患者の血清TCの相当な低下と関連付けられること仮説を支える。

Medの仮説 。 12月2002日; 59(6): 751-6

情緒的な無秩序のCSFのneuroactiveステロイド: pregnenolone、プロゲステロンおよびDBI。

最近複数のステロイドの混合物は多様な中枢神経系(CNS)機能のneuromodulatorsとして機能するために発見されてしまった。 私達はneuroactiveステロイドが情緒的な病気またはcarbamazepineのような気分調整の薬物の行為のモードにかかわるかもしれないかどうか疑問に思った。 neuroactiveステロイドのpregnenoloneおよびプロゲステロンのレベル、またneuropeptideのジアゼパムの結合の抑制剤(steroidogenesisを促進すると知られているDBI)は()情緒的な病気の27人の薬物なしの主題および10人の健康なボランティアからの腰椎穿刺(LP)によって得られた脳脊髄液(CSF)から、分析された。 LPの時に臨床的に弱められた気分不調な主題はより低いCSFのpregnenoloneを(n = 9、0.16 ng/ml) euthymicボランティアと比較してもらった(n = 10、0.35 ng/ml; p < 0.01)。 さらに、pregnenoloneは健康なボランティアよりLP日の気分の国家にもかかわらずすべてに情緒的に病気の主題でより低かった(n = 26、0.21 ng/ml)、(p < 0.05)。 相違は気分の国家か診断によってプロゲステロンかDBIのレベルのために見つけられなかった。 プロゲステロン、pregnenoloneおよびDBIは処置の後で情緒的に病気の主題でcarbamazepineにかなりまたは一貫して変わらなかった。 CSFのpregnenoloneは活動的な不況のエピソードの間に情緒的な病気の主題で、特に減る。 気分の規則に於いてのneuroactiveステロイドの役割へのそれ以上の研究は保証される。

Biolの精神医学。 5月1994日15日; 35(10): 775-80