生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2005年1月
イメージ

緑茶のエキス

angiogenesisに対する肺発癌そして効果の阻止および緑茶の経口投与によるA/Jのマウスのapoptosis。

茶(ツバキのsinensis)の経口投与は複数の形成そして成長を禁じるために腫瘍タイプ インする動物モデルを示されていた。 現在の調査は4に対する緑茶(methylnitrosamino) - 1の異なった集中の処置の効果を(3-pyridyl) -調査した1メチルエチルケトン(NNK)のメスA/Jのマウスの誘発の肺tumorigenesis。 NNK (体重100つのmg/kgの、i.p。)の単一の線量の後の2日、マウスは実験の終了までの飲む液体の唯一の供給源として0.1、0.2、0.4、そして0.6%の緑茶の解決(1、2、4、および水の1つのlで分解する茶固体の6 g、それぞれ)、0.02%カフェイン、または水を与えられた。 0.6%の茶準備との処置だけかなり肺腫瘍の多様性(平均+/- SE、6.07 +/-マウスごとの8.60 +/- 0.50の腫瘍対0.77、P = 0.018)を減らした。 0.6%茶との処置はまたフォンWillebrandの要因抗原(81.9 +/- 129.4 +/- 8.2、P対9.5 = 0.0018)のためのimmunostaining、反CD31抗体の汚損に基づいてより低いmicrovessel密度(血vessels/mm2の数)によって示されるようにangiogenesisを、禁じた(465.3 +/- 657.1 +/- 43.6、P対61.4 = 0.0012)。 かなりより低い血管内皮細胞増殖因子のimmunostainingスコアはまた0.6%の茶扱われたグループ(0.98 +/- 1.43 +/- 0.07、P対0.17 = 0.006)で観察された。 apoptosisの索引は細胞のapoptosis (2.51 +/- 1.57 +/- 0.11%、P対0.18% = 0.00005)の形態学上分析に基づいて0.6%匹の茶扱われたマウスからの肺アデノーマでかなりより高く結果はTUNEL方法を使用して更に確認された。 緑茶によるapoptosisのangiogenesisそして誘導の阻止は肺の発癌の阻止と密接に関連しているかもしれない。

Nutrの蟹座。 2004;48(1):44-53

前立腺癌のchemopreventionの更新。

検討の目的: 前立腺癌は2003年にほぼ200,000の最近診断された箱が付いている米国の人に最も一般に診断された内臓癌に、残る。 この病気の防止に人口の大きい区分のための病気準の費用、疾病率および死亡率の主な影響がある。 前立腺癌の防止の大きな進展は前立腺癌の防止の試験の出版物との2003年に入って来た。 この概観は他の有望な代理店の効果の下にある分子メカニズムの理解でその試験の結果、他の大規模な試験の設計、および前進を要約する。 最近の調査結果: 前立腺癌の防止の試験はfinasterideの使用が年齢にわたる人の前立腺癌の7年の期間の流行の25%の減少と55年正常なデジタル直腸の検査および最初の前立腺の特定の抗原<3.0 ng/mlとの関連付けられることを示した。 finasterideの使用はGleasonの合計7-10の腫瘍、ある性の副作用および少数の尿の徴候のわずかに高いリスクと関連付けられた。 新しい分子証拠の相当なボディは前立腺癌の危険がある状態に人の予防の代理店としてビタミンEおよびセレニウムのテストをもたらす臨床および疫学的なデータの既存のボディを支える。 疫学的な、分子証拠はまたcyclooxygenase-2抑制剤、リコピン、大豆および緑茶の有望な代理店を作る。 概要: 人口ベースの、ランダム化された段階IIIの試験の結果はfinasterideが前立腺癌を防ぐことができることを示す。 多量のデータはセレニウム、ビタミンE、ビタミンD、他の5アルファ還元酵素の抑制剤、cyclooxygenase-2抑制剤、リコピンおよび緑茶を含む潜在的な予防するものとして他の代理店の使用を、支える。 これらの代理店のいくつかは新しく大規模な段階IIIの臨床試験でテストされている。

Curr Opin Urol。 5月2004日; 14(3): 143-9

EGCGは細胞の実行可能性の抑制およびapoptosisの誘導をもたらす人間胸の癌腫MCF-7の細胞のtelomeraseを調整する。

Telomeraseは胸の癌腫の>90%で上がり、従って乳癌療法および癌の診断の研究のためのターゲットとして多くの関心を引いた。 正常な細胞の成長に影響を与えないで癌細胞の成長を禁じることができる食餌療法の部品は新しい癌予防のアプローチの開発のかなりの関心を引いている。 調査はことを(-) -示した緑茶からのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)は癌細胞に対する成長の抑制的な効果を与える。 ここでは、私達はEGCGの線量依存の処置が(20-100%)潜在性を形作る生殖かコロニーを禁じたおよびまた減らされた細胞の実行可能性(およそ80%の阻止)示すが、調査される異なった時間ポイントで人間胸の癌腫MCF-7の細胞で正常な乳房の細胞の成長に対する悪影響をことをもたらさなかった。 48および72 hのためのEGCGの処置は著しく非EGCG扱われた細胞(8-14%)のそれと比較されたMCF-7細胞のapoptotic細胞(32-51%)のパーセントを増加した。 EGCGによって減らされた細胞の実行可能性の可能なメカニズムおよび胸の癌腫の細胞のapoptosisの誘導を識別するためには、私達はEGCGの線量依存が付いているMCF-7細胞の処置がtelomeraseの活動(40-55%)を禁じた分り、またhTERT、telomeraseの触媒作用の亜単位のmRNAの表現(40-55%)をことが禁じた。 付加的な調査はEGCGがまたtelomeraseの阻止はhTERTの規則と関連付けられたことを示したhTERTの蛋白質の表現を禁じたことを示した。 ともに、私達の結果は示し従ってEGCGが細胞の実行可能性の抑制およびapoptosisの誘導をもたらす人間胸の癌腫MCF-7の細胞のtelomeraseを調整することを乳癌に対して新しいchemopreventiveおよびpharmacologically安全な代理店としてEGCGの開発に分子的機序を提供する。

Int J Oncol。 3月2004日; 24(3): 703-10

HTLV-1キャリアの周辺血のリンパ球のHTLV-1プロウイルスの負荷は緑茶の飲むことによって減少する。

人間のT細胞のlymphotropicウイルスのタイプ1 (HTLV-1)は大人のT細胞の白血病(ATL)およびHTLV 1準のmyelopathy/熱帯spastic paraparesis (HAM/TSP)と原因として関連付けられる。 循環のリンパ球のHTLV-1プロウイルスの負荷の高レベルがATLおよびHAM/TSPのための危険であると考えられるので循環のHTLV-1プロウイルスの負荷の減少はこれらの扱いにくい病気を防ぐかもしれない。 私達の前の調査(Jpn Jの蟹座Res 2000年; 91: 34-40) 緑茶のポリフェノールがATLの細胞の生体外の成長を禁じることを示された、またHTLV 1感染させたT細胞。 現在の調査はHTLV-1キャリアに対する周辺血のリンパ球のHTLV-1プロウイルスの負荷に対する緑茶のポリフェノールの生体内の効果を調査することを向けた。 私達はcapsulated緑茶のエキスの粉の管理の有無にかかわらずHTLV-1プロウイルスDNAを検査するために83のasymptomatic HTLV-1キャリアを募集した。 三十七の主題は5か月間HTLV-1プロウイルスの負荷の測定によって1日あたりの緑茶のエキスの粉の9つのカプセルの毎日の取入口(規則的な緑茶の10個のコップと同等の)、および46の主題がlibitum緑茶のカプセルの取入口なしに広告の住んでいた後追われた。 HTLV-1 DNAの実時間PCRの定量化はasymptomatic HTLV-1キャリア間のHTLV-1プロウイルスの負荷の広い変化の範囲を明らかにした(HTLV-1プロウイルスの0.2-200.2枚のコピーは1000匹の周辺血のリンパ球ごとに荷を積む)。 5か月間capsulated緑茶の毎日の取入口は制御と比較してかなりHTLV-1プロウイルスの負荷を減少した(P = 0.031)。 これらの結果は緑茶の飲むことがHTLV 1感染させたリンパ球の拡散を生体内で抑制することを提案する。

蟹座Sci。 7月2004日; 95(7): 596-601

緑および紅茶は脂質、酸化防止剤およびfibrinolyticメカニズムによってアテローム性動脈硬化を禁じる。

茶は世界の最も広く消費された飲料、水をまくために二番目にただである。 緑茶が心臓病の低い発生および東洋の癌による紅茶より健康であることをほとんどのlaypersonsおよび科学者は信じる。 ここでは、私達は長期補足の後で正常なハムスターとアテローム性動脈硬化のハムスター モデルの緑および紅茶の最初の用量反応の比較を報告する。 茶は両方ともそれを減らすより低い線量26-46%およびそれを減らす大量服用との禁止のアテローム性動脈硬化で均等に有効48-63%だった。 アテローム性動脈硬化は3つのメカニズムによって禁じられた: hypolipemic、酸化防止、およびantifibrinolytic。 アテローム性動脈硬化と3つのメカニズム間に重要な相関関係があった。 正常な動物では、茶によりまた血しょう低密度の脂蛋白質(LDL)、LDL/高密度脂蛋白質の比率、トリグリセリド、脂質の過酸化物、低密度の脂蛋白質の脂質の過酸化物およびフィブリノゲンで改善を引き起こした。 隔離された低密度の脂蛋白質のoxidizabilityはまたすべてのグループで減った。 従って緑および紅茶は人間の同等の線量、確認の人間の介在および疫学の調査で均等に有効および茶の利点のための提供のメカニズムだった。

J Agricの食糧Chem。 6月2004日2日; 52(11): 3661-5

冠動脈疾患の開発に対する緑茶の取入口の効果。

背景: 緑茶、日本の普及した飲料は、アテローム性動脈硬化を防ぐかもしれない多くのpolyphenolic酸化防止剤を含んでいる。 この調査は緑茶の消費が冠動脈疾患(CAD)および心血管およびcerebrovascular予想の減らされた発生と釣合良く関連付けられるかどうか定めるように設計されていた。 方法および結果: 研究グループは冠状血管記録法(109人の患者および重要な冠状狭窄症を用いる外の94人の患者)を経た203人の患者から成り立った。 CADのための予言者は分析され、心血管患者およびcerebrovascularでき事は続かれた。 緑茶の消費はCAD (3.5+/-0.3個のコップ/日とのそれらのよりCADなしで患者でかなり高かった対5.9+/-0.5; p<0.001)。 緑茶の取入口とCADの発生間の反対関係は観察された(p<0.001)。 1日あたりの緑茶の取入口は多変数の記号論理学の回帰分析(確率の比率に基づいてCADのための独立した予言者だった: 0.84および95%の信頼区間: 0.76-0.91). それに対して、緑茶の取入口はコックス比例した危険モデルに基づいて心血管およびcerebrovascularでき事の予言者ではなかった。 結論: 緑茶の消費は日本の現在の調査の人口のCADのより低い発生と関連付けられた。 従って、緑茶の患者は、まずないの彼らCADを持つべきである消費する。

Circ J. 7月2004日; 68(7): 665-70

緑の差動効果はapolipoproteinのEブランクのマウスの確立されたアテローム性動脈硬化対成長のカテキンを茶得た。

背景: 酸化圧力は管の傷害およびatherogenesisで関係し、酸化防止処置はpreclinical調査で好ましい結果を示した。 これにもかかわらず、酸化防止療法は臨床試験で利点を示さなかった。 臨床試験の酸化防止剤の失敗はアテローム性動脈硬化がまだ展開している間動物モデルの利点が酸化防止剤の早い開始からの結果であるかもしれない一方アテローム性動脈硬化が既に確立していた後そのような療法が始まるので部分的にそうかもしれない。 方法および結果: この仮説をテストするためには、私達は展開に対するepigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)、緑茶から得られた主要な酸化防止剤の効果を評価し、hypercholesterolemic apolipoproteinのEブランクのマウスにatherosclerotic損害を確立した。 頸動脈にperiadventitial袖口の傷害によって作り出された確立された天然大動脈のatherosclerotic損害および展開のatherosclerotic損害は21のそして42日のEGCG (10のmg/kg)またはPBSの毎日の腹腔内の注入との処置後にマウスで査定された。 EGCGの処置はローカル維管束組織および全身循環の酸化防止容量の増加で起因し、管の平滑筋の細胞増殖および酸化還元反応に敏感な遺伝子の活発化を生体外で減らした。 EGCGはPBSの処置(P<0.05)と比較された55%および73% 21のそして42日に袖口誘発の展開のatheroscleroticプラクのサイズを、それぞれ減らした。 逆に、EGCGに大動脈の湾曲で確立された損害に対する効果か大動脈の残りがなかった。 結論: 私達のデータは酸化防止EGCGが特異的にapolipoproteinのEブランクのマウスことをの確立されたアテローム性動脈硬化に影響を及ぼさないでatherosclerotic損害を展開させることを減ることを提案する。

循環。 5月2004日25日; 109(20): 2448-53

4の ページで 3続けられる