生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年9月
イメージ
甲状腺剤の不足
新陳代謝の溶解を防ぐこと
Raphael Kellmanによって、MD

甲状腺剤の機能障害はまた太りすぎの人々間のインシュリン抵抗性に、特に貢献でき頻繁に糖尿病へそのような場合前駆物質である。 膵臓によって作り出される28,29インシュリンは余分なカロリーの貯蔵で起因する。 しかしインシュリン抵抗性で、細胞はインシュリンの行為により少なく敏感になる。 従ってその結果ボディはインシュリンをますます作り出し、正常な血糖レベル、hyperinsulinemiaとして知られている条件を維持することを試みる。 高いインシュリンのレベルはまた食欲を刺激する: ブドウ糖が低下を水平にするとき食糧来ることを保つ、インシュリンは頭脳に信号を送る。 従って、時結果で扱いにくい体重増加が最少の必要性、食べ始める。 食事療法が糖尿病に終って、落ちるために出力されるインシュリン「膵臓を引き起こすことができる貧乏人のために多くの年にわたる高いインシュリンの出力は燃え尽き」。 いくつかの調査は甲状腺機能低下症が糖尿病と関連付けられることを提案する。30

甲状腺剤と視床下部下垂体の軸線間の関係は3つのタイプの甲状腺機能低下症で起因する。 第一次甲状腺機能低下症は甲状腺剤の不足自体から二次および第三甲状腺機能低下症はpituitaryおよび視床下部を含むが、それぞれ起こる。 第三甲状腺機能低下症では、視床下部は圧力に応じて保護的に締まり、甲状腺ホルモンの低水準を作り出す。31 慢性の疲労のシンドロームおよびfibromyalgiaに頻繁につながれて、この条件により伝染の方に低い体温、傾向、および低い甲状腺剤の他の新陳代謝の結果を引き起こすことができる。 mitochondria、エネルギーと私達を供給する細胞構造を搭載する問題により、視床下部のこの抑制を引き起こすかもしれないことが32提案された。 mitochondriaの機能障害がまた甲状腺機能低下症の結果であるので、プロセスがボディでいかにの相互にするかここに再度私達に例がある。

体重増加は同様に原因になることができる甲状腺機能低下症の効果である。 対応する新陳代謝の減速および体重増加に応じて、患者はそれから基底の代謝率がさらに体重増加を遅れ、もたらす悪循環を始めるT3の生産を下げることができる彼らのカロリー摂取量を下げるかもしれない。 私はT4へのT3の不十分な転換の手段としてあまり知られていないアキレス腱の反射の回復テストおよびバーンズの基底の温度を甲状腺機能低下症が肥満の場合で関係するかどうか確認する使用する。 前に述べられるそれらに加えて他の複数の血液検査はまたT3およびT4レベルを、逆T3を含んで、T3通風管、T4正確に測り、甲状腺剤の鋼板の試験を完了する。

甲状腺剤およびホルモン性の不均衡
甲状腺剤機能はTSHが作り出されるpituitaryを刺激するために相互に機能する副腎機能に密接に結ばれる。 adrenalsがよく働かなければ、甲状腺剤およびpituitaryは頻繁に影響を受けている。 副腎の不均衡はコルチソルのレベルによって測定することができる。 従って圧力は甲状腺剤のための唾液テスト、シグナリング悩みによって測定されるようにコルチソルの導レベル、増加するインシュリンそしてそれにより、時として、コルチソルのインシュリン抵抗性そして生産過剰へ導くことを上げがちである。33,34の 超過分コルチソルによりT3にT4の減少された転換へ導くことによって甲状腺剤の表現の減少、活動的なホルモンを引き起こす。

プロゲステロン エストロゲンの不均衡は減少された甲状腺剤機能からの甲状腺剤の機能、また結果と同様に干渉できる。 エストロゲンおよび甲状腺ホルモンは効果の反対に持っている: エストロゲンはカロリーを脂肪に回す甲状腺ホルモンは脂肪質のカロリーをエネルギーに回す。 従って(TSHの血レベルが正常である時でさえ)プロゲステロンが低いエストロゲンが支配的であるとき甲状腺機能低下症の徴候があったら、高いエストロゲンのレベルは原因でもよい。35,36 体重増加はまたプロゲステロン エストロゲンのバランスをひっくり返すことができる。 エストロゲンのこの効果を妨害するためには、私は一般に項目プロゲステロンの使用をクリーム状になる推薦する。 プロゲステロンのハイ レベルは害をすることができる前にボディのエストロゲンの受容器の場所を活動化させ、エストロゲンを使用する。 プロゲステロン エストロゲンのバランスは月例唾液テストまたはプロゲステロンおよびエストロゲンの血液検査によって定めることができる。

自己免疫の甲状腺疾患
30および50の年齢間の女性の低いプロゲステロンは自己免疫のhypothyroiditis、か免疫の刺激の結果として支配的なエストロゲンによって橋本の病気を、もたらすかもしれない。 この条件では、ボディの免疫組織は甲状腺の自滅に終って甲状腺剤の細胞の部品に抗体を、開発する; とりわけ、甲状腺剤の過酸化酵素への抗体およびthyroglobulinは病的なまでに発生する。 そのような場合の25%また遺伝の性質に起因するかもしれない。 甲状腺剤の免疫組織によるこの攻撃は細胞質の細胞mitochondria、エネルギー生産者、および甲状腺剤の進歩的な破壊自体への損傷で起因する。 圧力はまた他のタイプの発火およびアレルギーでそれから起因できるこのミトコンドリアの応答を誘発できる。 ミトコンドリア機能を改善するためには、私達はN acetylcysteine (グルタチオンへの前駆物質)、補酵素Q10を使用し、レバーのためのアルファlipoic酸、酸化防止剤および補酵素Q10.37をこの処置また再生するためにまた働く神経の健康はレバーのコレステロールおよび脂肪レベルを改良し、胆嚢を助ける。

原因を捜すこと
徴候および有機性機能障害の両方処理に加えて、他の可能な原因となる要因をすべて識別し、除去することは重要である。 これらは下記のものを含むかもしれない:

ヨウ素不足。 ヨウ素はT4およびT3の重要な部品である。 食餌療法のヨウ素不足が今米国でほとんど非存在であるが、何人かの人々ケルプ、海藻、またはヨウ素タブレットによって彼らのヨウ素取入口を補う必要がある。 ヨウ素はまたのようなサプリメントに他の跡の鉱物をヨウ素、マグネシウム、亜鉛、銅として、およびチロシンとして健康マンガンように機能そのような最適の内分泌のために必要とされて含んでいる甲状腺剤及びLチロシンのComplex™のカプセル、甲状腺ホルモンへの前駆物質ある。38

毒性/重金属。 毛の分析によって定められる金属の毒性は静脈内および口頭キレート化と、演説することができる。 セレニウムの補足はまたグルタチオンの過酸化酵素、アスパラガスで、ニンニク見つけられる混合物およびきのこと共に働くことによって重金属を取除くのを助けることができる。39,40は 血液検査セレニウムの補足が必要であるかどうか定めることができる; その場合、Semethylselenocysteine帽子を含む複数の選択が、ある。

カンジダ。 カンジダはイーストおよびイースト抗体の繁茂のための腰掛けのテストを使用して検出される。 イーストを、砂糖およびムギは食事療法から除去してカンジダを飢えさせるのを助ける。 この無秩序に苦しんでいる人々は食事療法から蜂蜜およびフルーツ砂糖を最初は除去するべきで次に食事療法にゆっくりそれらを後で再導入する。 Twinlabのイースト戦闘機はビオチン、繊維、健康な腸の環境を支えるためにacidophilus、およびハーブ含んでいる。

環境の放射。 放射はチェルノブイリの原子炉の災害の結果としてウクライナで起こったように甲状腺剤への自由根本的な損害を与えることができる。 細胞のmitochondriaは遊離基の損傷にまた傾向がある。 私はこれらの装置が放射の比較的低水準を作り出すのに(を含む電話)電子携帯電話を消すことをおよび枕元夜におよび電気装置プラグを抜くことを推薦する。 食糧の電磁波がまた問題となるので無農薬食品を食べることはまた可能な限り推薦される。

甲状腺機能低下症の処理
T4の口頭、総合的な用紙を取る患者のための慣習的な処置呼出し。 Synthroid®の普及したのは約8,000,000人のアメリカ人によってそのような薬物、使用される。 TSHの血レベルが常態に戻るまで特に副作用がより問題となるである高齢者達に適量をゆっくり進めることは重要である。 この薬物は通常生命の間取られなければならない。

私は多くの人々が乾燥させたブタの甲状腺剤であるArmour®の甲状腺剤によりよく答えることを発見した。 ニューイングランドの医療ジャーナル の最近の記事は Synthroid®のよりArmour®の甲状腺剤を搭載する気分そして頭脳機能の大きい改善を要求した。私が Armour®の60-120 mgの線量との処置を始めることを推薦する41は一ヶ月の甲状腺剤および次に再試験を乾燥させた。

乾燥した頭皮および毛損失と共に疲労の不平を言われる彼女の早い40年代の私の患者、女性の1つ。 彼女は10ポンドを得、不況の不規則な期間を過した。 彼女の血液検査の結果が「正常な」範囲にあったので、彼女は医者から1つの医者によって規定された経口避妊薬およびProzac®までの医者に、行った。 彼女が私に相談したときに、私は彼女のTSHのレベルが3 mµ/mlだったことに気づいた; 正常範囲の内であるとしかし考慮されるこのスコアは、低い甲状腺剤を示すかもしれない。 私はArmour®の甲状腺剤によって彼女を経験的に扱った。 私はまた彼女のadrenalsをテストし、hypofunctioning、そしてこうしてPanaxの規定されたashwagandhaおよび朝鮮人参ことが分り。処置 の後の42,43の2週、女性は彼女のエネルギーを取り戻し、私に言った、「私にある私の生命背部が!」 重量また消え彼女は持ち上がった8週の10ポンド、常態に戻った彼女の皮および彼女の気分を落とした。

3の ページで 3続けられる