生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年9月
インドール3 Carbinol
I3Cは自己免疫を逆転させ、寿命を伸ばすかもしれない
Terri Mitchell著

どんな原因の老化することが、条件より古い動物は自己免疫を開発することであるかについての糸口の1つボディが自身の細胞にアレルギーになり、それらを殺し始めるという。 「自動車」は自己を意味する; 免除は殺害プロセスである。 自己免疫、か自己殺害は、好ましくない。

「autoantibodies」、または自己抗体の開発はより古い動物でそれらにワクチンを与えることによって、引き起こすことができる。 より若い動物はワクチン接種に有利な抗体の作成によって反応する。 しかしより古い動物は伝染性代理店に対して抗体、また自身のボディに対してautoantibodiesの作成によって反応する。1 抗体は特定の特徴の事を目標とするそれの熱線追尾式ミサイルのよう幾分である。 この場合、抗体はそれらの蛋白質、か部分を目標とする。 蛋白質が体の部位であることを起こればその体の部位は破壊される。 慢性関節リウマチは身体部分の自己免疫の破壊の古典的な例である。

発火は自己免疫の副作用の1つである。 必ずしもまたは見られる、それそこにありそれにもかかわらず感じ、癌を含むあらゆる主要な不治の病の後ろで潜んでいる。 発火は普通非常にすぐに来ては去って行く何かである。 免疫組織は攻撃を進水させ、侵入者は破壊され、免疫反応はおさまり、発火をそれと共に取る。 しかしAutoantiボディはそこに居るために彼らの焦点がある本質的にボディの自身の蛋白質であるので慢性の炎症性応答を、誘発する。 一定した戦いは続く。 戦いが接合箇所に集中すれば、医者はそれを「関節炎」と呼ぶ; それが腎臓にあれば、「腎炎」と呼ばれる; 等。 人体はコレステロールにautoantibodiesを作ることができる。2

炎症性病気のための通常の処置は免疫組織を抑制することである。 このアプローチは働くが、価格側の効果をもたらす。 原因自体で得ることはよい。 それがされることができたらだけでなく、自己免疫疾患に苦しむことを軽減し、また波紋を停止してもよいそして寿命を伸ばすのを助けるかもしれない。

Yeshiva大学および他の大学の薬のアルベルト・アインシュタインの大学からの研究者は最近自己免疫のマウスの調査を行なった。 マウスはインドール3 carbinol (I3C)の正常な、食餌療法量、ブロッコリーのようなcruciferous野菜からの植物の混合物およびカリフラワーを与えられた。3つは 通常調査で使用されるマウス致命的な腎臓に月内の自己免疫疾患を得る。

栄養物のジャーナルで報告されたように、I3Cが自己免疫に対して重要な保護効果をもたらしたことは調査への1年明確だった。 テストは補足が徹底的に自己免疫の腎臓病を減らしたことを示した。 補足を受け取っている動物すべてはまだ生きていた、制御の30%だけと比較されて。 後で2か月、制御すべてはI3C与えられたマウス6か月の多数はもう存続させ、少数がのそれら以上20月ほとんどの間50%を制御マウスより長く存続させたが、死んでいた。

熱の制限が自己免疫のマウスの同じ事をすることができることを別の調査が前に示されている数年行なったことに注意することは興味深い。4 熱の制限は自己免疫を逆転させ、寿命を伸ばした。 事実という2つの「処置」— I3Cおよび熱は同じ効果を誘発する質問を制限持っている。 最近補足のresveratrolが熱の制限の効果をまね、寿命を伸ばすことができることが示されていた。5 両方とも寿命を伸ばせるようにI3Cはまた熱の制限の効果の一部をまねるかもしれないか。 答えは知られないが、I3Cおよび熱の制限が両方「メチル化として知られているプロセスに」。影響を与えることに注意することは興味深い6-9 メチル化はボディに自然に起こる生化学的な反作用である。 それは多くの異なった事をもたらす場合があるが重要年齢と減ることであるである何が、自己免疫で、I3Cおよび熱の制限両方調整するそれを破壊され。10,11

調査はI3Cと扱われる自己免疫疾患(ループス)の人間で行なわれる間、人々の長寿のI3Cの潜在的影響についての私達に大いに告げない。12 調査で、I3Cはエストロゲンを下げることに対するすばらしい効果をもたらしたが、自己免疫自体に対して弱かった。 ステロイドはI3Cの潜在的な効果と干渉するかもしれ調査は長期効果についての結論を出すには余りにも短かった。

従って質問は残る: 自己免疫の改善によって、I3Cは人間の長寿を高めるでしようか。 時間は告げる。 その間彼らのI3Cの補足を取った齧歯動物が120の人間年の等量でニューヨークの実験室で疾走していたと、考慮しなさい。

参照

1. Borghesi C、老化させたマウスの免疫の後の十字の(自動) -反応抗体のNicoletti C. Increase: 細胞および分子調査。 Int J Exp. Pathol。 4月1994日; 75(2): 123-30

2. AlvingのCR、コレステロール、コレステロールの共役およびliposomesへのSwartz GM Jr.の抗体: アテローム性動脈硬化および自己免疫のための含意。 Immunol CritのRev。 1991;10(5):441-53.

3. Auborn KJ、チーM、沿XJの等寿命は自己免疫傾向がある(NZB/NZW) F1マウスで与えたインドール3 carbinolとmented食事療法のしなやかのに延長される。 J Nutr。 11月2003日; 133(11): 3610-3。

4. Ogura M、Ogura H、ロレンツE、Ikehara SのよいRA。 malnu-のtritionのないUndernutritionは自己免疫の(MRL/IおよびBXSB)マウスのLy1 Bのリンパ球の数そしてproporのtionsを制限する。 Proc Soc Exp. Biol Med。 1990年の1月; 193(1): 6-12。

5. Howitz KT、Bitterman KJ、Cohen HYは、等sirtuinsの小さい分子の活性剤Saccharomyces Cerevisiaeの寿命を伸ばす。 性質。 9月2003日11日; 425 (6954): 191-6。 Epub 8月2003日24日。

6. モールスMA、LaGreca SD、チョンFL、アミンSG。 4によって引き起こされる肺tumorigenesisおよびDNAのメチル化(methylnitrosamino) - 1 (3 - pyridyl) - 1メチルエチルケトン(NNK)とA/JのマウスのNNKの新陳代謝そして傾向に対するインドール3 carbinolの効果。 蟹座Res。 1990年の5月1日; 50(9): 2613-7。

7. Slattery ML、Curtin K、アンダーソンK、等コロンの腫瘍の食餌療法取入口とKi-rasの突然変異間の連合: 人口ベースの調査。 蟹座Res。 12月2000日15日; 60(24): 6935-41。

8. Miyamura Y、Tawa R、エネルギー制限の小泉Aの等マウスのレバーのDNAのメチル化の年齢準の変更に対する効果。 Mutat Res。 3月1993日; 295(2): 63-9。

9. Sohn OS、Fiala ES。 1995年。 xenobiotic新陳代謝の指定ラットのレバー酵素とラットのレバーおよびコロンのAOM誘発DNAのグアニンのメチル化に対する食餌療法の制限および絶食の効果。 Nutrの蟹座。 1995;23(1):13-22.

10. Yung Rの光線D、Eisenbraun JKは、等heterozygous dnmt1の予想外の効果年齢依存したDNAのhypomethylationおよび自己免疫の突然変異を無効にする。 J Gerontol Biol Sci Med Sci。 6月2001日; 56(6): B268-76.

11. 紀元前のリチャードソン。 細胞機能の規則に於いてのDNAのメチル化の役割: 自己免疫、老化および癌。 J Nutr。 8月2002日; 132 (8つのSuppl): 2401S-2405S.

12. McAlindon TE、Gulin J、陳T、Klug T、Lahita R、SLEの女性のNuite M.イントール3 carbinol: エストロゲンの新陳代謝および病気の活動に対する効果。 ループス。 2001;10(11):779-83.