生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年10月
イメージ
エストロゲンについて知らない何を

エストロゲンがである実際にもの、そしてボディではたらくいかにについての多くの誤解がある。 この広まった混乱は位置の公衆、また医学界の心にある。 結果は癌かからまた保護している間作られる悪い選択若々しいホルモンのバランスを維持するために女性がべきであるものをについてするである。

この記事は頻繁に医者によってそう今日見落されるエストロゲンについての基本的事実の覆いを取る。 それはそれから女性がべきである食餌療法の修正を明らかにする考慮するエストロゲンの薬剤を取れば。 この記事の下にある科学は非常に複雑である。 この情報を位置読者に理解できるようにするためには、私達はほとんどの人々が理解する版にエストロゲンの新陳代謝についてのこれらの新しい調査結果を翻訳するための特別な努力をした。

それにもかかわらず、この記事の少数の技術的な区域を理解している何人かの人々は難しさがあるかもしれない。 しかしこの情報は私達がこれらの重大な抗癌性の概念の完全な把握を得るためにあなたが理解しないパラグラフを再読するようにせき立てることとても極めて重要である。

単語のエストロゲンは多数の中心に恐れを打つ。 女性は乳癌とそれを一致する、科学者は「内分泌攪乱物質によってそれを一致し」、医者はホルモンの取り替えとそれを一致する。 これらの認識は正確であるか。

エストロゲンは多くの事である。 それはボディの自然なホルモンのように見える事およびボディの自然なestrogenicホルモンを含んでいる。 何かがボディのエストロゲンのようにする限り、それはエストロゲン単にでしたり、またはある、かなり、「estrogenic」。 人体の最も強く自然なエストロゲンはestradiolである。 Premarin®は人体へ不自然なエストロゲン不自然のの例、少なくとも、である。 それは妊娠した馬の尿で排泄されるエストロゲンからなされる。 一度ひどくする化学エストロゲンは開発に対する悪影響のための「内分泌攪乱物質」としてボディの中に知られているある。 これらのエストロゲンすべてはボディの生得のホルモン性システムと相互に作用している。 しかしそれらは同じ応答を誘発しない。

estradiolの水晶の顕微鏡写真。 自然なか半合成形態でEstradiolの自然なエストロゲンの最も有効のが、menopausal徴候を扱うのに使用されている。

エストロゲンをカチカチ音をたてさせる何が
「エストロゲンがいかににするか女性が乳癌(か前立腺癌を持つ人)と診断されなければが、重大であるエストロゲン受容器」はまれに述べられていない。 例えば、tamoxifenはestrogenic効果による「知られていた人間の発癌物質」であるけれどもエストロゲン妨害の効果のために「エストロゲン ブロッカー」のとして販売される。 それは骨に対する有利な効果、循環系に対するマイナスの効果をもたらす。1,2 それはエストロゲン主導の乳癌の成長を一時的に妨げたり、けれども後で新しい乳癌を促進する同じティッシュでestrogenicなる。 1 「エストロゲン」はいかにこれらの事をすべてすることができるか。

答えは、部分的に、エストロゲンに反応するボディの蛋白質のエストロゲンの受容器である。 エストロゲンは燃料のようであり、エストロゲンの受容器は機械のようである。 燃料が機械に会うとき、事は起こる。

残念ながらボディのどの区域が疑わしいか起こるものが、決まるによって。 異なった体の部位の受容器は異なっている。 すなわち、すべての機械類がある種のエストロゲンで動くが、すべての機械類が同じ事をしない。 エストロゲンは異なった体の部位の異なった事をする。 それは頭脳の1つの事および胸の別のものをする。 それは脳下垂体がボディの最もエストロゲン敏感な区域として子宮の後に二番目にあること、例えば学ぶために驚かすかもしれない。3 そうそれは乳癌の細胞を育たせる事としてエストロゲンについて考えるために正確ではない。

ちょうど数年前、研究者は2つのタイプのエストロゲンの受容器があったことを信じた: アルファおよびベータ。 それは事をかなり単純にさせた。 エストロゲンは受容器のアルファに当り、Yは起こる。 強いのエストロゲンestradiolおよびそれに大抵焦点を合わせた研究は進歩が奇妙な事が起こり続けたけれどもエストロゲンがtamoxifen依存した癌の成長を引き起こすエストロゲンの「ブロッカー」tamoxifenによりのような少なくとも胸のティッシュにいかにの影響を与えるか理解ことをで作ることができることにようである。 大いにより大きい映像の発見によって、それらの日は終わり、今では多くの研究は窓である。 コロンビアの研究者が最近嘆き悲しんだように、か」。終わるところ「4 想像されるだれでもよりそれへ多くがある。

プロットは厚くなる
エストロゲン受容器関連の受容器と呼ばれるエストロゲンの受容器の全体の新しいクラスがあることが今発見されてしまった。 これらの受容器はボディの自然なエストロゲンに答えない。5,6 それらはxenoestrogens (外側、または環境からのエストロゲン)によって代りに活動化させる。7 殺虫剤およびtamoxifenはエストロゲン受容器関連の受容器を活動化させるxenoestrogensの2つの例である。8,9は これらの受容器についての異常な事、前に未知エストロゲンの機械類の全新しいクラスを表すことである。 だけでなく、これらの受容器はすべてをする「自然な」エストロゲンに答えるエストロゲンの受容器缶詰になるためにことができるが、エストロゲン一種いかにののエストロゲンするかまた主な影響がある。6つは この新しいクラスの受容器の発見環境のエストロゲン(「内分泌攪乱物質」ボディの正常な新陳代謝と)が干渉する、理解しよりよく自然なエストロゲンの使用を可能にするかいかに研究者が、はじめて定義することを。

Estradiolは癌細胞の成長を停止する
強い」ホルモンestradiol停止敏感な癌細胞はいかにこの増加からの「ホルモン的にできるか。 その質問への答えは国立癌研究所 、10のジャーナルで最初に書かれ、 ので少なくとも1977年。11 成長から停止したestradiolがtamoxifenと扱われた癌細胞知られていた。 Tamoxifenはエストロゲンを妨げ、癌の再発を防ぐために2から5年を後乳癌の処置働かせ次に通常反対をする。 することを仮定するものをのそれが反対を始めるとき12-14そうestradiolをする。 この困惑はいかに解決することができるか。

2001年に、研究者はtamoxifenの故障プロダクトが最近発見されたエストロゲン受容器関連の受容器の1つと相互に作用し、普通エストロゲンによって活動化させるある特定の遺伝子の活動化からのそれを保つことをはじめて報告した。8,15は これtamoxifenおよび他の総合的なエストロゲンがいかに働くか理解するための全新しい眺望を開けた。 重要な糸口は既にあってしまった。

発見されるエストロゲンの補足因子
エストロゲン受容器関連の受容器によって相互作用に加えて、tamoxifenおよび他のxenoエストロゲンは更に別の新しい発見と相互に作用している。

実験室では、研究者はエストロゲンの受容器を活動化させるためにエストロゲンを、単独で得る、ことができる。 すなわち、実験室の設定で、どのエストロゲンの燃料でも動きのエストロゲン機械類およびセットの事を活動化させる。 現実の世界では、これは起こらない。 現実の世界では、エストロゲンはエストロゲンの受容器を活動化させるためにグループとして調整する多くの要因の1つだけである。

ボディはする蛋白質を「coactivators」および「corepressorsとして知られているように」。 これらの蛋白質は大きく、複雑な「塊を作成する甲状腺剤のようなエストロゲンそして他のホルモンに付ける彼ら自身を」。 それは活動化させるか、または前に帰因したものが単独でエストロゲンに抑制しなさいだけことこれらの塊ないのエストロゲンである。 すなわち、調査のなんとエストロゲン実験室でするか提示はするために実際に起こるものがと人体に少し持つかもしれない; 現実の世界では、他の蛋白質はショーを動かす。 これはホルモンの研究のための大胆で新しい領域である。

ちょうど重要なこれらのエストロゲンがいかにのするか決定かにcoactivatorおよびcorepressor蛋白質であるかいかに例はのここにある。 Corepressor SSN6は細胞のエストロゲンの効果を妨げる。 すなわち、SSN6蛋白質は機械類を締める。 エストロゲンの燃料は(エストロゲンはすべてに浮かぶことができる)利用できるが、corepressor SSN6が働いている限り機械類は始まらない。 それはエストロゲンの効果を中和する。 しかし何かがこの蛋白質とエストロゲンの効果を湿らせるかわりに干渉すれば、それらを高める。 さらに、エストロゲンのブロッカーはエストロゲンの増強物に回る。16 健全な親友か。 coactivatorsおよびcorepressorsの重要性は誇張することができない。 それらは両方のエストロゲンの受容器および最近発見されたエストロゲン受容器関連の受容器によって相互に作用している。 乳癌の危険を減らすやがて読むので、これらの「coactivators」をある意味では調整する女性のための自然な方法があるかもしれない。

エストロゲンのImposters
人体によって製造された3つの主なタイプのエストロゲンはestradiol (ベータestradiol 17)、エストリオルおよびestroneである。 Estradiolは最も強く、癌細胞の成長と関連付けられるので最も恐れられているである。 Estroneはestradiolの代謝物質で、より少なく有効である。 エストリオルは安全なホルモンの取り替えとして推薦されるほどもう一つの代謝物質ですが、温厚考慮される。さらに 17-19、人体はほとんどだれでも述べない11他のestradiolの代謝物質を含んでいる。

Premarin®およびPrempro™は馬からベータestradiol 17からおよびダース エストロゲンの代謝物質よりもっと成っている薬剤である。20は 人体によって、他のエストロゲンの薬剤と、またはエストロゲンとこれらの人造の薬剤一般に製造されたあらゆるエストロゲンと混同するべきではない。 これらの薬剤を取っている女性の調査からのデータはできないし、他のホルモンの取り替え薬剤か療法に外挿法で推定されるためにべきではない。 これは重要な点である: Premarin®はエストロゲンでが、代りに多くのエストロゲンのエストロゲン1である。 異なったエストロゲンは異なった効果を作り出す。 Premarin®およびPrempro™の製造業者は馬のエストロゲンが人間で独特な効果をもたらし、確実にすることを論争した。

たくさんの調査は人体のPremarin®の効果と他のエストロゲン プロダクトの効果の重要な違いを示す。 Transdermal estradiolは、例えば、Premarin®が反対をするかもしれない一方トリグリセリドおよびLDLの酸化を減らすかもしれない。transdermal estradiolはかもしれなくないが21 Premarin®はC反応蛋白質(中心のための陰性)を増加するかもしれない。22 Premarin®からのtransdermal estradiolへの変更はトリグリセリドをかなり減らすかもしれない。23の エストロゲン パッチは口頭エストロゲンがかもしれなくない一方血圧を減らすかもしれない。24は これらおよび他のたくさんの調査エストロゲンの薬剤が評価されている異なった効果を示す。 だけでなく、Premarin®/Prempro™と他の薬剤の違いがあるが、他の薬剤間に同様に相違がある。

中和のエストロゲン: アジア利点
日本の女性はアメリカ人より彼女達の血のestradiolのハイ レベルがあるために報告されたけれども彼らに乳癌の大いにより危険度が低いのがある。25,26 なぜか。 研究者はそれに環境要因とするべき遺伝学より多くがあることを信じる。 日本語および他のアジア人が西部の生活様式を採用するとき、危険は増加する。27,28は アジア食事療法ボディ ハンドルのエストロゲンがいかにはるかに重要よりであるかどの位エストロゲンがそれ扱うことをエストロゲンへの応答を調整する、強力な証拠は示す事を含むかもしれ。 研究はエストロゲンの受容器の数とxenoestrogensへの応答の日本および西部の女性間の重要な相違を示す。29-31 これらの相違は最近発見されたエストロゲンのcoregulatorsの介入を提案する。 食餌療法の要因はこれらの要因を活動化させるか、または非活動化できる従ってあらゆる女性が彼女の自身のエストロゲンを調整できることをある程度は意味する。

研究者は広くアジア利点の3つの面を調査した: 大豆、野菜および緑茶。 それぞれは乳癌の劇的により危険度が低いのと関連付けられる。

豆乳の36オンスを日飲むことは週の内の20-27% estradiolのレベルを減らすことができる。32,33 大豆は「強い」エストロゲンを中和する乳癌から保護するエストロゲンの代謝物質にそれらを変えるイソフラボンを含んでいる。人間 胸の腫瘍と植え付けられたマウスが大豆濃縮物および緑茶を与えられたときに34、腫瘍サイズは72%。35エストロゲンの受容器のアルファが またおそらく減った、大豆および緑茶の組合せがエストロゲンの補足因子が付いている遺伝のレベルで働かせていた徴候、減った。 日イソフラボンの40ミリグラムはタンパのH.リーMoffittの蟹座の中心からの調査に従ってかなり女性の「強い」エストロゲンのレベルを、FL減らした。36は これら少数だけの大豆の有利な効果を示す多くの調査である。

化学エストロゲンの効果の大豆のホルモン性の利点を示す別の実験ではメス猿が経口避妊薬を与えられたときに、コルチソルは撃ち、DHEAおよびテストステロンは落ちた。 それらがPremarin®を与えられたときに、同じ事は起こった。 しかし猿がイソフラボンが付いている大豆蛋白を正常化された彼らのホルモン与えられた時。37

エストロゲン関連の遺伝子を活動化させたことを研究が示したときに、数年前に、genisteinについての不安、大豆のイソフラボンがあった。 何人かの人々人間に大豆の利点についての圧倒的に肯定的なデータがあった不運な人である大豆を消費することを避けるべきである平均にこれを取った。 Genisteinはエストロゲン敏感な乳癌に対する有利な効果のための「よいエストロゲン」と呼ばれた。38 それは現実の世界ではない条件の下に続いてgenisteinの否定的な研究のほとんどが1人の研究者によって発生させたこと、現れた(他のすべてのエストロゲンの奪い取られた)入るgenisteinの非常にハイ レベルのような癌細胞に。

3の ページで 2続けられる