生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年10月
イメージ
CWランドルフJr.、MD
Bioidenticalのホルモン補充療法の開拓者
デーブTuttle著
CWランドルフJr.、MD

医学の確立の彼の同僚のように、CWランドルフJr.、MDは、衛生学校の総合的なホルモンの利点を教えられた。 その結果、彼は幾年もの間忠実に月経閉止期の徴候を取り除くためにそれらを規定した。 やがてしかし彼は彼の患者が経験していたものではなかったか彼の教授が彼に教えた何をことを意識し始めた。

「私の患者私を右のタイプのホルモンを使用する重要性を確認するために導いた」は先生を言うランドルフ。 「製薬会社が主張したものをにもかかわらず、私は深刻な副作用を経験した凝血および乳癌を含む患者に会った。 従って私は利用できた選択を研究し始めた。

「私はジョンR.リー、Natural Progesterone呼ばれたMDによって結局優秀な本を読んだ: 驚くべきホルモンの多数の役割。

私は先生が総合的な薬剤の否定的な影響なしでプロゲステロンのレベルのバランスをとり直すのを助けることができる皮クリームを見つけたことをリー学んだ。 この認識は大量の反射および発見をもたらした。 最終的に私は安全で、有効な療法をホルモン性のバランスを元通りにすること開発し使用するbioidenticalのホルモンだけ」。

個性化された処置、最適の結果
ランドルフ先生はいろいろな患者を扱った。 大部分それらが女性である間、2-3%は人、頻繁に彼女のホルモンをバランスをとってもらった女性の夫かパートナーである。 彼の典型的な患者はpremenopausalおよび約48歳である。 彼女は彼のオフィスに彼女が熱いフラッシュ、疲労、体重増加、不眠症、減らされたリビドーおよび腟の乾燥を経験しているのではじめて来る。 患者はまた一般に気分変動が、容易に苛立っている、彼女が普通忘れている事を言う言わなかったし、霧深い考えることがあり、そして頻繁に電話番号をある。 さらに、多くの女性はfibrocystic胸を持っている。

「患者が私のオフィスを訪問するとき、Iは最初に完全な歴史をし、健康診断」、先生を言うランドルフ。 「それから私は3人間のエストロゲン(エストリオル、estradiolおよびestrone)、プロゲステロン、テストステロン、DHEA (dehydroepiandrosterone)、およびコルチソルのために実習指導を発注する。 結果が利用できるときこれらのホルモンのレベルを彼らが彼女が経験している徴候をいかに説明するか論議するために、私は患者と再度会い。 それから私は彼女が生命に先に持っていたバランスを元通りにするためにホルモン性の不足を除去する治療上の養生法を規定する。

「徴候が穏やかなら、私は約3か月の彼女に会うことを頼む彼女は厳しいsymptomatologyがあれば、Iは6から8週の任命をセットアップした。 当然、私は彼女は彼女の個性化された療法について論議するべき問題が」。あれば彼女をすぐに呼ぶように常に励ます

ランドルフ先生は容易さに、ない病気によって彼の患者を月経閉止期がナチュラル プロセスであることの説明置く。 彼は変更が出来事の順序を作り出すホルモン性の欠損によって引き起こされることに注意する。 プロゲステロンはエストロゲンは同様に低下し始める前に変わらないが、最初に落ちる。 テストステロンは最後に低下する。 次第にこれらのホルモンをそのうちに取り替えることによって、患者はより多くのエネルギーがよりよく感じ、眠り、そしてある。

「多くの患者混同する私のオフィスで」は彼説明する着く。 「それらは恐れから総合的なホルモンを取ることを止めるか、または副作用のために経験した。 それらはであり失われ、答えを捜す。 私は合成物質が自然な分子から、変わる得られるが従って製薬会社はパテントを得ることができることを説明する。 本物に類似した間、それらは同一ではない。 化学構造へのこれらの変更はそれらがホルモンの時折深刻な副作用の価格の仕事の一部を行うようにする。 これはホルモンが「キー」受容器「ロックへのその適合」。であるのである キーがロックに完全に合わなければ、否定的な結果は頻繁に起こる。

「これは患者のための悪いニュースであるが、製薬会社は相当な利益でこれらのゆがんだホルモンのアナログを販売できる。 ますます女性(および人)これらの事実を確認すると同時に、常に増加する数のbioidenticalのホルモン補充療法に転換している」。

ランドルフ先生の専門知識は彼が各患者のための処置を個性化することを可能にする。 何人かの女性はまだ彼女達の期間を過して、彼はボディが自然にそれらを単独で停止するまでそれらがほしいと思うそれらの女性のための期間を続けるために彼女達の療法を調節する。 しかし彼はほとんどの女性はこの月例でき事と来る悪化がほしいと思わないこと見つけた。 さらに、彼は患者の血液検査の特定の結果にホルモン性の養生法を合わせる。

「各人個人であり、1つのサイズは完全にすべてに」、はランドルフ先生のノート合わない。 「皆が同じ線量を得る薬剤の薬剤ととは違って、私は個性化する。 各女性は異なった率でホルモンを製造する、従って適量と特定でなければならない。 ほとんどの女性は若い大人とホルモンの同量から始まりが、時間低下が変わりこれらの低下の率始める。

「それはだれが十分なプロゲステロンを作るか40上の女性に会うことはまれである。 但し、卵巣の小胞およびボディ脂肪質の店はエストロゲンのレベルを、エストロゲン プロゲステロンの不均衡に終って遅い40年代まで安定した保つ。 プロゲステロンが平均120で速く時間を計るより低下するのでエストロゲンは、この不均衡時間が過ぎると同時により大きくなる。 けれどもほとんどの医者は事をいろいろ否定的な結果を経験する彼らの患者のためにより多くのエストロゲンを規定することによってより悪くさせる。 最終的にそれらは私のオフィスに作る方法を」。

各ホルモンに独特な役割がある
先生が彼の患者に会うときランドルフ、彼はバランスの彼らのホルモンを得る死活的重要性を説明する。 彼はbioidenticalのホルモンとの取り替え療法が患者がより若かったときにあった平衡をいかに元通りにすることができるか各ホルモンにボディで自身の機能がある、記述することに注意し。 「それは決して余りに遅くない」と彼は言う。 「次第にシステムへのホルモン、再導入することによってより若いレベルにあなたの体に衝撃を与えないであなたのホルモンを元通りにすることができる。 そうすることの利点は大きい」。

先に注意されるように、プロゲステロンは通常低下し始める最初のホルモンである。 ランドルフ先生は彼女達の遅い40年代および早い五十年代の他の女性はまだプロゲステロンの若々しいレベルを作り出しているがプロゲステロンの不足の彼女達の二十年代末で若い女性に会った。 こういうわけでホルモンのテストおよび個性化された処置はとても必要である。 プロゲステロンはプロゲステロンが不十分なとき妊娠が起こることができる、不成功は共通であるように必要であり。 このホルモンはまた新しい骨を造るためにosteoblastの開発を促進する。 従ってそれはエストロゲンおよびテストステロンに同様に変えることができこれら二つのホルモン間の平衡の維持を助ける。

女性のエストロゲンは胸の開発および女性の特徴のために重要である。 それは女性が排卵するとき、子宮のライニング十分に厚く卵を受け入れることであるポイントまで子宮を造るのを助ける。 エストロゲンは腟の潤滑のために重要であり、osteoclastsの行為の遅延によって骨の損失(再吸収)を停止するために働く。 余分な量に時それによりまた子宮および胸両方で急速な細胞増殖を引き起こし、癌を促進できる。

プロゲステロンのレベルが低下し、エストロゲンが集中高く残るとき、エストロゲンの優勢は起こる。 「これは中年の間にほとんどの女性のための典型的な状況である」、先生を言うランドルフ。 「よくみられる症状は体重増加、熱いフラッシュ、夜発汗する、減らされたリビドー、PMS、砂糖の渇望および悪い認識機能である。 適切な療法はどんな伝統医学が元通りにするために」。推薦するかのバランスの厳密な反対をプロゲステロンのレベルを後押しすることである

DHEAは反老化のためのもう一つの重要なホルモンである。 それはリビドーを増加し、エネルギー、倍力睡眠を与え、そしてすべてのタイプの癌の発生を減らすことができる。 ランドルフ先生は通常彼がまた規定するけれども、口頭補足を好む人のための25-50 mgを推薦するtransdermal DHEAはクリーム状になる。

テストステロンは女性のために重大、余りにである。 このホルモンはリビドーを後押しし、抗鬱剤の利点がある。 それはまた腟の萎縮と助け、時々プロゲステロン推薦される(および老女のためのエストロゲン)と共に。 卵巣は通常1日あたりのテストステロンの1-1.5 mgを作り出す、老化プロセスはこれらの量を劇的に下げることができる。 ランドルフ先生は通常transdermalクリーム状になるよりより高い吸収率があるsublingual低下を規定する、(15%対90%)。

人は、当然、テストステロンを同様に必要とする。 若い成人男子の睾丸は10-15 mg日刊新聞を、年齢のこの生産の鉛錘作り出す。 テストステロンの集中は人が彼らの中間40年代にあるとき落ち始める。 年齢55によって、ほとんどの人に時々andropauseと言われる条件に終って低いテストステロンのレベルが、ある。 これは結局性機能または興味の疲労、認識低下および損失のような徴候を作り出す。 何人かの人にまた熱いフラッシュがあり、夜は発汗する。 女性に月経の終わりのような明らかな、目に見える変更がないので、andropauseは単に老齢期としてこれらの否定的な変更を離れて書くためにまれにそれがであるもののために、一流の人確認されない。 実際には、同様に容易に女性のホルモン性の不足があるbioidenticalのホルモン補充療法と修正可能のホルモン性の不足は責任にすることである。

食事療法、有利なまた補足
ホルモン性のバランスが健康な老化の必要な面の間、ランドルフ先生は他の要因が役割を同様に担うことを確認する。 彼はそうされれば運動し循環系に延長された刺激を提供する有酸素運動に励ます患者を焦点を合わせるように。 彼はまた低炭水化物の食事療法、しかしない厳しいAtkins式プログラムを支持する。 複雑な炭水化物だけ精製された砂糖か白パン無しで、消費されるべきである。 鶏、魚および七面鳥は彼の好まれた蛋白質の源である。 赤身は、まったく消費されたら、控え目に食べられるべきである。

ランドルフ先生はより古い個人のためのいろいろな補足を推薦する。 よいmultivitaminおよびmultimineral皆のための必要な基礎である。 さらに、彼はホルモン性の新陳代謝のための最高の栄養サポートを保障するために付加的なBのビタミンを提案する。 Lグルタミンおよび消化酵素は理想的な消化力および腸の活動を促進するが、CoQ10およびオメガ3の脂肪酸は心血管の健康および認識機能に要求される。 他の提案は血糖レベルを安定させるためにアセチルLカルニチンおよび骨の健康のためのカルシウムおよびマグネシウム含んでいる。 ランドルフ先生は頻繁に各患者の特定の必要性に基づいて付加的な推薦をする。

圧力がコルチソルのレベルに対するマイナスの効果をもたらすので、圧力管理はまた重要である。 そして、当然、皆は積極性を必要とする。 「事を出し、しなさい、人生を楽しみなさい」、ランドルフ先生は助言する。 「否定的な変更は避けられなくない。 あなたのホルモン性のバランスを元通りにし、熟した、老齢期にあなたの能力全員とそのまま住むことができる。 彼または彼女がbioidenticalのホルモン療法について知っているかどうかあなたの医者に尋ねなさい。 それらがそれに気づいていなかったら、持っていることによって多くのかどうかそれらに尋ねなさい、多分学習に開いている主題の本を落としなさい。 但しあなたの医者が無知からそれらを推薦しても、決して総合的なホルモンの薬剤を取ってはいけない。 bioidenticalのホルモンが優秀であることを先入観のない考慮とのだれでも意識する。 そして適切な直線のあなたのホルモンを得る場合、事は下り始める」。

先生ランドルフ、訪問www.SafestHORMONES.comに連絡するかまたは866-628-6337を料金無料で呼ぶため。 彼の新刊書はホルモンの 地獄からホルモンの井戸にある。

先生。 ランドルフの補足の推薦
ホルモン性がバランスは、他最高の長寿そして生活環境基準のために必要補足である
最適の健康を促進するために必要でであって下さい。 すべての高齢者のための先生の提案はここにあるランドルフ:

補足

推薦された毎日の適量

利点

2每日生命延長

2つのタブレット

基本的なmultivitamin/ミネラル基礎

B複雑完了しなさい

1つのタブレット

ホルモンを新陳代謝させるために重要

極度のCoQ10

4つの30 mg softgels (最低)

エネルギー生産のための補足因子

メガEPA/DHA

2-4のsoftgels

認知および心血管の健康

Lグルタミン

各食事が付いている1つのカプセル

倍力栄養吸収、免疫機能

極度の消化酵素

各食事が付いている2つのカプセル

高められた消化力、腸機能

アセチルLカルニチン

2-4のカプセル

反老化は、血糖を安定させる

カルシウム クエン酸塩

食餌療法の源による3-6のカプセル、

骨の健康

マグネシウムのクエン酸塩

食餌療法の源による2-4のカプセル、

骨の健康は、筋肉けいれんを防ぐ