生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年10月

スザンヌSomersとの私のインタビュー

私達は老化を逆転させることを蟹座がなぜ防ぐか
複数の有望な反老化療法はそれらをより最も古い大人必要とするまさに人々に否定されている。 癌の恐れは高齢者が老化の生物学的作用を逆転させるかもしれない他の代理店および青年ホルモンを取らないという主な理由である。 問題はより古い細胞が細胞伝播を調整するために責任があるより変異する遺伝子を含んでいることである。 従ってより古い細胞は癌性になることにより傾向がある。 estradiolのような成長刺激的な代理店が高齢者のボディに加えられるとき、ある特定の癌の危険は増加するようである。157,158

私は生命延長基礎遭遇で癌の危険性を高めるかもしれないのでそれを支配しなければならないため私達が潜在的な年齢逆転療法を発見するとき欲求不満をこと私達言うことができない。 こういうわけで私達はスザンヌSomersの新刊書の非常に詳細なレポートをした。 スザンヌはそのホルモンによってが(癌予防の栄養素の茄多と共に)彼女彼女の乳癌の再発を危険にさらして喜んでである自然な青年の取得によって彼女のホルモンなしでよりもむしろそれほど見、よりよく感じる。 彼女が出会った致命的な影響および乳癌のスザンヌの戦いの細部を読んだ後いつ彼女のホルモン、の奪い取られて彼女の個人的な視点を助け見ることができない。 しかしそれは彼女の厳密な足音に続くべきであること意味しない。

私達が私達の体の老化の有害な影響を克服するべきならスザンヌの本から豊富に明確であることである何が癌のための治療があることは重大である。 蟹座は老化させた人々に反老化のホルモンtelomereの長さの増加によって高める、および正常に機能しない老化させた幹線壁を訂正する循環系を活性化させる新しい方法の全必要量を細胞長寿を否定している、薬剤障害物である。

例えば、生命延長は老化させた人のテストステロンの取り替え療法の反老化の利点についての多数の記事を出版した。159-173 悲しい事実はこの青年促進のホルモンの奪い取られることそう多くの老人が既に前立腺癌を経験することである。 テストステロンの取り替えは人の前立腺癌の危険を高めないようではない。 興味深いことに、調査は老化させた人の前立腺癌の危険を高めるestradiolののはハイ レベルであるかもしれないことを示す。174-176 (老化の人は頻繁にestradiolに彼らのテストステロンを変える。) 問題は前立腺癌が明示すれば、テストステロンは禁忌とされる、老化の人は他の退化的な疾患の不況、無力、血管疾患、骨粗しょう症、貧血症および多くを含んでいるホルモンの剥奪の深刻な結果に耐えなければならないことであり。177-198

解決は何であるか。
生命延長基礎は長く癌のための治療を見つけることが国民優先順位べきであることを支持してしまった。 だけでなく、2人毎にの1つ、および3人の女性毎にの1は、彼らの一生、199の間に癌を開発しが、癌の恐れは否定し認可された反老化療法への人々のアクセスを老化させる。 従って癌はだけでなく、直接1,500人を毎日殺すが、によりまたそれらに青年ホルモン、telomereの健康な幹線機能を元通りにすることができるエクステンダーをおよび療法を否定することによって無数の他の死を引き起こす。

病気から他では死のう563,000人のアメリカ人および治療癌は今後生きた12か月である。 治療癌およびゲートはかなり正常な老化の多くの面を逆転させ、多分翌年にわたる年齢関連の無秩序で他では死ぬ生きた人間百万人保つ有効な反老化療法に開発する。

新聞の第一面で頻繁に論議される癌を見ない。 今日の超現実的な世界では、ただの脅されたテロ行為は何百万のアメリカ人は癌および他の関連の病気から無言で苦しみ、死ぬが、マスコミの注意をつかむ。 癌と診断されるそれらのために国際的なでき事上の心配は厳しい現実に癌を打っても、ボディは治療効果がある療法に可能な終生の副作用に苦しむこと下位に置かれる。 スザンヌSomersの本は癌の現実を引き出し、難しい選択の患者は作らなければならない。 スザンヌは反老化療法として自然なホルモンの取り替えを支持する、けれども彼女の感じによりよい今日をするまさにホルモンは彼女の癌が繰り返す危険を高めるかもしれない。 私達は今月の問題の乳癌患者が直面するジレンマに演説する。

生命延長の私達は癌犠牲者がまだ副作用がない彼らの病気のための治療にアクセスできないことのひどい位置に置かれることそれが嘆かわしいことを考える。 過去の二十年のために、私達の非営利組織は癌研究が古めかしいFDAの方針によっていかに妨害されるか露出した。 私達はFDAがいかに有望な癌療法のための臨床調査を遅らせるか、または否定するか示した。 私達はFDAが制癌剤の臨床テストをように薬剤は効力を示さないという保証いかに処理するか明らかにした。 私達は癌の研究者の開拓に対してFDAの警察州の攻撃で報告し、これが科学界で作成する息を詰まらせるような効果。200-211 私達の明白な位置は癌および年齢関連の病気のための治療が私達の一生の間に発見されるべきならFDAの全体主義の権限は廃止されなければならないことに残る。 政治バイアスがない科学的な環境でだけ癌複雑な病気は治る。

乳癌患者はエストロゲンを否定されるべきであるか。

多くの誤解はエストロゲンによって担われる彼女達の第一次胸の腫瘍を取除いてもらったあり、現在残りの病気の明白な印がない女性の役割に関して。

胸の腫瘍の3分の2はエストロゲンの受容器の陽性であり、これらの患者の半分だけエストロゲンの効果を減らす介在に答える。 最近まで、tamoxifenはエストロゲン敏感で早く、高度の乳癌の処置のための選択の薬剤だった。 しかしTamoxifenは異常な血液凝固によって引き起こされるendometrial癌、子宮の肉腫、目の無秩序および病気の高められた発生と関連付けられる。212の 多くの腫瘍は結局tamoxifenとの処置に対して抵抗力があるようになる。213 3分の1からまたは最初にホルモン的に敏感だった成長を促進するために腫瘍が他の細道を開発するのでので腫瘍が育つのにホルモンを使用しない患者の2分の1はエストロゲンの受容器を(tamoxifenのような)妨げたりまたはエストロゲンの生産を禁じる処置、どちらかから寄与しない(すなわち、エストロゲンまたはプロゲステロンの受容器の陽性はない)。214

医者はますますエストロゲンの生合成の禁止によってエストロゲンのレベルを抑制するaromataseの抑制剤の薬剤を見ている。 より新しい、第三世代のaromataseの抑制剤は(Arimidex®、Femara®およびAromasin®のような)前生成の薬剤よりエストロゲンのレベルの減少で有効である。213,215-19

現在の理論はエストロゲンがエストロゲンに敏感なティッシュの成長を刺激するので首尾よくエストロゲン受容器肯定的な乳癌のために扱われる女性がボディのエストロゲンのレベルを減らすことを向けるべきであることである。220は 1つの最近の調査aromataseの抑制剤Aromasin®が2から3年一定期間に渡ってtamoxifenと比較された32%乳癌の再発を減らしたことを示した。 この調査の問題はAromasin®が減る間、戻った乳癌tamoxifenの全面的な残存率およびAromasin®のグループがかなり違わない率は221それ乳癌患者に十分なエストロゲンを否定することは癌の再発率をである減らすが、ことができるまた他の健康上の問題をこと起こすことであるか。 私達はこれに答えをまだ知っていないが、テストステロンの切除療法を経る前立腺癌を持つ人で、危ない副作用はテストステロンの剥奪によって直接引き起こされる。196

別の調査では、aromataseの抑制剤Femara®は40%以上2.4年後に偽薬と比較されたで少数の乳癌の再発起因した。 この調査はFemara®のグループで減らされた全面的な死亡率の方に傾向を、とはいえ統計的に重要示した。 熱いフラッシュ、共同苦痛および筋肉痛に関してFemara®を、より多くの毒性は生活環境基準の統計的に重要な低下に取っている患者のために貢献した。 また傾向は偽薬(4.5%対5.7%;)を取った人よりFemara®を取った患者のための骨粗しょう症のより新しい診断の方に報告された。215

複数の問題は人工的にエストロゲンを下げる薬剤を使用する敏感な乳癌患者にホルモン的に直面する(明白な残りの病気無しで)。 まず、乳癌の細胞にもはやエストロゲンの受容器がない癌細胞に変異する高い傾向がある。 これらの変異する癌細胞はエストロゲンを要求しないし、ボディで広がるのに他の成長因子および細道を使用しない。 従って最初にエストロゲン依存した乳癌と診断される多くの女性のためにエストロゲン剥奪療法に他の器官システムに必ずしも特に長期的に答えない、転移するかもしれないエストロゲン受容器の表現を失い、細胞。222

もう一つの問題は大きい脂肪質の固まり(か肥満エストロゲンの超過生産で)起因できることである時としてaromatase阻止療法にもかかわらず。223,224 卵巣のエストロゲンの生産がないpostmenopausal女性で、脂肪細胞は頻繁に「腺のように作用し」、細胞分裂およびこうして癌の成長を高めるエストロゲンの豊富な量を局部的に分泌する。225,226の 胸のティッシュはpostmenopausal女性の脂肪で主として、特に構成される。 実際に、腫瘍のestradiolの集中は頻繁に腫瘍のローカル エストロゲンの統合に一貫した周囲の正常なティッシュで見られる集中より高い。227の 調査は肥満の女性に乳癌の高い比率そして再発があることを示す。131,228-230 これはより高いインシュリンおよびレプチンのレベル両方と関連していることができより高いエストロゲンは、肥満で見られて水平になる。 インシュリンは癌細胞の成長の有効な促進者である。231-247 レプチンはホルモンその制御脂肪新陳代謝である。 レプチンがエストロゲンの独立者であるかもしれない積極的な乳癌の特徴を促進できることが提案された。 レプチン血しょうレベルは総体脂肪に関連し、特に高い濃度は肥満の女性に起こる。248 なお、最近のメタ分析は現在利用できる乳癌の処置上の生活様式の修正の重要性を補強しているpostmenopausal女性の体格指数と血しょうエストロゲンのレベル間の強い相関関係を明らかにした。217,249,250

腫瘍学者はますます規定し薬剤をエストロゲン受容器肯定的なpostmenopausal乳癌患者にaromatase禁じる。 短期的に、これは特に「治療を引き起こすためにこのエストロゲン剥奪療法が」。十分な癌細胞の成長を妨げることができれば適切な療法であるかもしれない しかし長期に残りの乳癌の細胞によってが十分に理解されない長期副作用をもたらす、エストロゲン剥奪療法に対して抵抗力があるように変異させ、なる危険がある。

エストロゲンのサプレッサー(aromataseの抑制剤の薬剤)を取らないこと代りにエストロゲンの薬剤の取得によって反対をしないためのズザンヌSomersを批判することは容易である。 雄弁に彼女の本で示されるズザンヌの議論は、そうそれである維持の健康なホルモンのバランスがよりよく全面的な精神および肉体的健康の維持によって保護であるかもしれない。 今月の問題かの記事のいくつかで明らかにされるスザンヌのどんな状態、バックアップする証拠がある。

この討論への驚くべき面はこれらの単語を読んでいる私達の多数が今日これらの困難な選択に将来直面するかもしれないことである。 1つの選択はホルモンの剥奪の苦悶に耐えることである; 他の選択は若々しいホルモンのバランスを元通りにする薬剤の取得によって癌の再発の危険性を高めることである。 どちらの選択も癌患者のための慰める選択ではない。

読者はaromatase阻止療法の長期使用が現在医学の確立内の激しい討論の主題であることに注意するべきである。 一致は達される時でさえ、外見上残りの乳癌がない女性がホルモンの復帰にいかに近づくべきであるか解決しない。

生命延長が押す筈だったと同時に著名な癌ジャーナルは特にそれらがそのような療法の長期結果に関連しているように、aromatase禁止療法の臨床試験の批評を出版した。 批評の著者、ミハエルBaum、状態先生: 「私は私達に全面的な存続の結果が」。あるまで適切なリスク-便益解析のためのそれを計算されるには余りに早く考慮する

3の ページで 3続けられる