生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年10月

スザンヌSomersとの私のインタビュー
ウィリアムFaloon

2004年6月25日癌犠牲者の64%がより5年前に50% 5年の残存率と三十年比較される長く住んでいることをの米国の政府に得意気に発表した。1

しかし厳格な事実は私達の中の1,368,030が2004年に癌と診断されることである。 これは毎日言われている3,748人のアメリカ人に生命が決して同じであるかもしれないこと翻訳する。2

政府は統計的な改善について自慢する間、癌を存続させるには十分にそれらの幸運によって苦しむ恐しい終生のdebilitiesを無視する。 恐ろしい現実は首尾よく慣習的な癌療法と扱われるそれらが頻繁に慢性の苦痛、不況、疲労、免疫の抑制、精神減損、傷および他の副作用に苦しむことである。3-5 そのの上に、癌の生存者に通常心臓病、打撃および新しい癌を開発する高いリスクがある。6-7 元の腫瘍の再発とこれらの致命的な副作用の多数は、「5年の存続」のマイル標石が達成された後起こることができる。8-12

従ってこれは何をすべて女優および著者スザンヌSomersとの私のインタビューとしなければならないか。 スザンヌは珍しい何かを非常にしている乳癌の生存者である。 彼女がエストロゲン受容器肯定的な乳癌を経験したが、彼女は化学療法を見合わせるために個人的な決定をエストロゲン妨害の薬剤し。 その代り、スザンヌはどんな慣習的な薬の支持者を彼女の自然なエストロゲンの取り替えの薬剤に取り続けているかの反対をし。 エストロゲンが癌の再発の確率を高めるために仮定されるにもかかわらずエストロゲンの薬剤を取るための彼女の理由は彼女がホルモンの剥奪の苦悶そしてdebilityに苦しみたいと思わないことである。

スザンヌSomersは2,000,000枚のコピーに販売した自然なホルモンの取り替えの本を書いた。 彼女の本は雄弁に位置読者に訴える方法で自然な女性のホルモンの取り替えの美徳を称賛する。 スザンヌの反老化の医学の概念の有名人の地位、彼女の把握、および彼女の自発性は彼女の足音で続くように彼女の親密な私的な事情を論議する多くの女性に動機を与える。

この問題では、私達は私達に外観や質をよりよい今日する見てみたり癌の私達の危険を明日高めるかもしれない自然なホルモンの薬剤を重大な。 私達はまたスザンヌSomersの本がそれらの決定の自然なホルモンの取り替えおよび可能な長期効果を使用して生物学的により若くとどまるために女性を老化させる決定に作るいかに影響を及ぼすか論議する。

今月の問題の最も重要な暴露はどんなエストロゲンが老化の女性のボディで実際にするかの私達の詳細な調査である。 多くの専門家は考えるこのホルモンが細胞レベルでいかにに関して反応するかエストロゲンを理解するが、深刻な誤解があることを。 エストロゲンが老化する女性にいかにに規定されるかそれらが、医学界を逆さま回すかもしれない関連しているので、私達が報告する新しい科学的な調査結果。 明るいニュースは癌ことをの彼女達の危険を高めないで彼女達の青年ホルモンを楽しむ女性のための方法があるかもしれないことである。

その蟹座「治療」は致命的かもしれない:
放射線療法は打撃の危険を高める

頭頸部癌は五番目癌のほとんどの共通の形態である、けれどもほとんどの人々はこのタイプの癌をよく知られていない。 (それらのための死亡率は診断される脳腫瘍が含まれていない)と頭頸部癌高い。

放射線療法は多くの異なった頭部および首の腫瘍の処理の重要な部分で、外科の後で頻繁に使用される。 頭脳への致命的な放射の壊死は1つの潜在的な副作用である。

頭部への放射線療法のもう一つの危険は打撃の高められた危険である。 放射線療法を受け取った頭頸部癌の患者の調査は打撃率が予想以上の5回だったことが分った。13は この高い打撃の危険多くの年放射の管理の後の見つけられた。 放射線療法と打撃間の平均時間は10.9年だったが、打撃の高められた危険は放射線療法の後の15年間主張した。

あとで打撃で死になさい放射線療法と扱われる癌患者のために、公式の死因は打撃、のに癌の放射線療法打撃を推定原因である。 これは癌の治療の統計量が紛らわしいいかにのか例である。 放射線療法が癌患者を治していること政府の自慢話により、けれども長期放射の副作用は癌に帰因しない多くの死を引き起こす。

政府はより多くの癌犠牲者が5年を越えて住んでいるが自慢したり、便利に頻繁に使用される有毒な療法癌を根絶するために自身が早死にに引き起こすことができる事実をことを無視する。

(この調査の著者は頻繁に余分生命の年を買うので頭頸部癌の患者が放射線療法を断ることを推薦しない。 頭部か首に放射線療法を受け取った患者は彼らの打撃の危険を減らすために一層の警戒を取るべきである。)

エストロゲンのジレンマ
女性がmenopausal年に入ると同時に、困難な決定に直面する。 ボディのエストロゲン、プロゲステロン、DHEAおよび他の重大なホルモンの自然な生産は健康を維持する必要があり、活力は急速に低下する。 月経閉止期の個々の効果が広く変わる間、ほとんどの女性は腺がもはや重大な生理学的なプロセスを調整するのに必要とされるホルモンを作り出さないので苦しむ。 不況、過敏症および短期記憶の経過は、熱いフラッシュと共に、共通のmenopausal不平夜発汗する、および不眠症である。

科学的な調査は一般に所定のエストロゲンの薬剤が(Premarin®およびPrempro™)心臓発作の発生を高めること、14-19打撃を 、19-21 および卵巣癌、22-35および 多分他の病気示す。 ますます女性はPremarin®およびPrempro™と関連付けられる致命的な副作用なしでエストロゲンの反老化の利点を得ることを希望して「自然な」エストロゲンの薬剤に転換している。

自然なエストロゲンの薬剤がインドール3 carbinol (I3C)のような補足と共にの自然なエストロゲンの取り替えの支持者の消費の胸の細胞増殖、支持者果物と野菜を、36-50 resveratrol刺激することを 確認すること、51-61 ガンマの、62-67melatonin 、68-75genistein トコフェロール、76-91 および緑茶。92-97 これらの食餌療法の修正の癌予防の効果は科学文献でよく立証される。 しかし心配は食餌療法の修正が絶対保護エストロゲンの薬物誘発癌に対して相談するかどうか私達が確かに知らないこと残る。 生命延長は今月の問題で特色になるエストロゲンの記事のこれらの論争の的になるトピックに演説する。

スザンヌSomersの本を読めば、適切で自然なホルモン補充療法に帰因した多数のすばらしい利点の学ぶ。 馬の尿から得られる薬剤に対していわゆる「bioidentical」のestradiol (エストロゲンの自然な形態)の利点を、押売りしている巧妙な医者をようにPremarin®読む。

私達の義務は潜在的な発癌性の効果かに対して守っている間する健康なホルモンのバランスを維持するために今するべきであるものをに関して女性が理性的な選択をことができるように事実情報を運ぶことである。 私達は自然なエストロゲンの薬剤の最も低く有効な線量推薦される以前持っているが何人かの女性が反老化の効果のために今取っているestradiol (エストロゲンの有効な形態)の比較的ハイ レベルについて心配する。

エストロゲンの「安全な」水平のあるか。
Premarin®およびPrempro™についての否定的な調査に応じて、何人かの医者は自然なエストロゲンの薬剤がより安全な代わりであることを信じる。 これらの自然なエストロゲンの薬剤の多数はestradiolから人体でなされるエストロゲンのこの形態と同一であるために総合される成っている。

しかし人体で作り出される安全なエストロゲンがいかにに関して実際にあるか論争がある。 科学的な調査は自然にエストロゲンのハイ レベルを作り出す老化する女性はエストロゲン刺激された癌(胸、卵巣、endometrial)のより大きい率があることを示す。98-101 出版された文献はestradiolの減らされたレベルを持つ女性にエストロゲン刺激された癌のより低い率があることの提示でまた一貫している。102,103

Postmenopausal女性は自然なプロゲステロンの有無にかかわらずますますbioidenticalのestradiolの薬剤を、取っている。 女性の自身の卵巣分泌されたestradiolと自然、「同一」であるのでこのタイプのホルモン補充療法の要求を支持する医者、それはPremarin®の長期使用と関連付けられた同じ危険を提起しない。 これらの医者はまた生理学的な(正常な)レベルを維持するために自然なプロゲステロンときちんとバランスをとられる、血のestradiolのレベルは監視される限りこのタイプのエストロゲンの取り替えが安全であることを示し。

評論家は自然なestradiolの薬剤が総合的なホルモン補充療法の前の養生法よりより少なく危険であるかどうか誰も知らないこと満たす。 彼らは十分なデータが作り出される前に高線量のestradiolの使用の十年かかるかもしれないことを指摘する。 高線量のestradiolの薬剤について心配するそれらはそれらに類似した管理された長期調査なしでPremarin®およびPrempro™の安全の明らかにされた問題が確実である場合もないことそれを信じる。

胸の細胞に対するエストロゲンの面倒な効果

癌危険の観点から、高線量のestradiolの薬剤の使用は2つの理由で面倒である:

1. 生理学的な(正常な)レベルのEstradiolは胸の細胞の成長そして乗法を刺激する。 これは乳房の増殖として知られている。 増殖はこの例一部のボディ、胸の細胞の数の増加である。 乳房の増殖は乳癌の開発のための前駆物質そして危険率である。104,105

2. 胸の細胞が育つように刺激されるおよびestradiolで境界にDNAの写しの間違いで高められた危険がある老女は。 これは細胞が新しい細胞に分かれるたびに、新しい細胞のDNAがわずかに変わるので起こる。 多数の細胞分裂の後で、細胞増殖を調整する遺伝子に突然変異で結局起因できるこれらの変化は集まる。 細胞拡散を調整する遺伝子の突然変異の蓄積はすべての癌の根本的な原因である。 酸化防止剤、antimutagenic植物のエキスおよび他の栄養素の消費は癌の危険性がエストロゲンの薬剤を取っている女性で下がるかどの程度まで癌をもたらすが、それは知られないある特定の遺伝子の変化を減らす。106,107

ある疫学の研究の検査はestradiolへのより長い露出に応じて乳癌の高められた危険を示す。 私達はページのタイトルを付けられた「Estradiol療法についての面倒な事実の12サイド・バーで要約したこれの15の例を」。

それはestradiolの薬剤にpostmenopausal女性を置くことがこの有効なエストロゲンへの一生涯の被曝量を高めていること明らか、疫学の研究が増加の乳癌の危険に示す何かである。 私達が今月の問題で、しかし論議すると同時に、これらの疫学の研究は頻繁にかなりestradiolが胸の細胞で加える効果を変えるかもしれない食餌療法の要因を説明しない。 最終的にestradiolの自然なプロゲステロンのアジェバント使用が乳癌のための危険を下げる、これがまだ十分に文書化されなかったこと、示されている。

従ってestradiolの「安全な」線量は確立されるかどうか1つが尋ねるとき、この時に答えは、癌危険の見通しから、いいえある。 しかしそれは老化する女性がエストロゲンの利点の奪い取られるべきであること意味しない。 適切なホルモン補充療法の多数の反老化の効果はまだ癌の危険性を上回るかもしれない。 私達は老化の否定的な面の多数を防ぎ、逆転させることに於いての適切で自然なホルモンの復帰の役割に実際今月の雑誌のほとんどを捧げている。

ESTRADIOLの薬療法についての面倒な事実

estradiolについての次の15の事実はestradiolの薬療法を熟視するそれらについての乳癌についての正当な心配を提案する:

1. 乳癌(より長い露出へののための高いリスクがあるために幼年期で早く月経になり始める女性
estradiol)104-110

2. 乳癌(estradiolへの短い露出)のためのより危険度が低いのが111-113あるために幼年期で後で月経になり始める女性

3. 時期早尚に生まれた女性は乳癌(estradiolへのより高い露出)のための高いリスクが114ある

4. 早い月経閉止期が乳癌(estradiolへの短い露出)のためのより危険度が低いのが115-118あるのをあった女性

5. 外科月経閉止期が乳癌(estradiolへの短い露出)のためのより危険度が低いのが119-122あるのを早くある女性

6. 遅い月経閉止期が乳癌(estradiolへのより長い露出)のための高いリスクが123,124あるのをある女性

7. 骨粗しょう症が乳癌(estradiolへのより低い露出)のためのより危険度が低いのが125-127あるのを経験する女性

8. 強い骨が乳癌(estradiolへのより高い露出)のための高いリスクが128あるのを持っている女性

9. 無食欲症が乳癌(estradiolへのより低い露出)のためのより危険度が低いのが129,130あるのを経験する女性

10. 太りすぎまたは肥満である女性は乳癌(estradiolへのより高い露出)のための高いリスクが131-136ある

11. より高い女性は乳癌(estradiolへのより高い露出)のための高いリスクが137,138ある

12. より若い年齢で子供に耐える女性は乳癌(おそらくestradiolへのより少ない露出)のためのより危険度が低いのが139-141ある

13. 看護する女性は乳癌(おそらくestradiolへのより少ない露出)のためのより危険度が低いのが142-145ある

14. より多くのアルコールを消費する女性は乳癌(estradiolへのより高い露出)のための高いリスクが146-148ある

15. 規則的に運動する女性は、太りすぎである人、乳癌(estradiolへのより低い露出)のためのより危険度が低いのが149-156ある

この15ポイントは疫学の研究に基づいてestradiolへの露出の増加が乳癌の相応じて高められた危険で起因すること、示す。 しかしこれらの疫学の研究は乳癌の危険に対する食餌療法の修正の効果を明らかにしない。 この重大なトピックの徹底的な議論は今月の問題で現われる。

注: 約estradiolの上の事実のいくつかはまたエストロゲンの前駆物質の周辺転換にもう一つの有効なエストロゲンであるestroneに(アンドロステンジオンのような)関係する。

3の ページで 2続けられる