生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年11月

マスコミがBill Clintonの中心問題について明らかにしなかった何を
参照

1. で利用できる: http://www.americanheart.org/ presenter.jhtmlか。identifier=183. 2004年9月14日アクセスされる。

2. で利用できる: http://www.nhlbi.nih.gov/guidelines/cholesterol/atglance.htm。 2004年9月14日アクセスされる。

3. 高血圧(2003年)の防止、検出、評価および処置の共同全国委員会。 高血圧の防止、検出、評価および処置の共同全国委員会の第7レポート。 NIH書第03-5233。 Bethesda、MD: U.S. 保健社会福祉省。

4. で利用できる: http://www.umm.edu/careguides/cholesterol/cholesterol_statins.html。 2004年9月14日アクセスされる。

5. Suksompong S、Prakanratrana U、Chumpathong S、Sriyoschati Sの冠状動脈バイパスの後のPornvilawan S. Neuropsychologicalの変化は外科を接木する。 タイJ Med Assoc。 9月2002日; 85のSuppl 3: S910-6.

6. Strauss B、Paulsen G、Strenge H、Graetz S、Regensburger D、Speidel H. Preoperativeおよび冠状動脈バイパス外科に続く遅いpostoperative心理社会的な状態。 Thorac Cardiovasc Surg。 4月1992日; 40(2): 5964。

7. Scholz M、Nowak P、心肺のバイパスの心臓外科を経ている患者からの活動化させたneu-のtrophilsとのcocultureの後のendothelial細胞のベータcateninのBlaheta R、等Relocalization。 Surgを投資しなさい。 2004日5月6月; 17(3): 143-9。

8. Dacey LJ、DeSimone J、Braxton JH、等冠状動脈バイパス接木の後の術前の白血球の計算および死亡率および疾病率。 アンThorac Surg。 9月2003日; 76(3): 760-4。

9. 魏M、Kuukasjarvi P、冠状動脈バイパス接木の後のvasodilationへのcytokinesのLaurikka Jの等関係。 世界J Surg。 10月2003日; 27(10): 1093-8。

10. Bergh C、Backstrom M、Jonsson H、Havinder L、Johnsson P。 患者および配偶者両方の目: 記憶は貧乏人冠状動脈バイパスおよび血管形成の後の1から2年である。 アンThorac Surg。 9月2002日; 74(3): 689-93; 議論694。

11. Fearn SJ、ポーランド人R、Wesnes K、Faragher EBのおけ屋TL、McCollum CN。 心肺のバイパスの間の大脳の傷害: emboliは記憶を損なう。 J Thorac Cardiovasc Surg。 6月2001日; 121(6): 1150-60。

12. ニューマンMF、Kirchner JLのフィリップス ビュートBの等冠状動脈のバイパス外科の後のneurocognitive機能の縦方向の査定。 NイギリスJ Med。 2月2001日8日; 344(6): 395-402。

13. フィリップス ビュートB、Mathew J、Blumenthal JAは損なわれた生活環境基準と、等女性の性1年冠状動脈バイパス外科の後の関連付けられる。 Psychosom Med。 2003日11月12月; 65(6): 944-51。

14. Rymaszewska J、Kiejna A. Depressionおよび冠状動脈バイパスの後の心配はingを接木する。 ポールMerkuriuszのLek。 8月2003日; 15(86): 193-5。

15. Blumenthal JA、Lett HS、Babyak MAの等冠状動脈バイパス外科の後の死亡率のための危険率として不況。 尖頭アーチ。 8月2003日23日; 362(9384): 604-9。

16. 冠動脈疾患の患者のアテローム性動脈硬化のMontalescot G、Ankri A、Chadefaux-Vekemans B、等血しょうホモシステインそして範囲。 Int J Cardiol。 8月1997日8日; 60(3): 295-300。

17. Stampfer MJのMalinowの氏、Willett WC、等。 血しょうホモシステインの前向き研究および米国の医者の心筋梗塞の危険。 JAMA. 8月1992日19日; 268(7): 877-81。

18. Verhoef P、心筋梗塞のJE、等ホモシステインの新陳代謝および危険を埋めるStampfer MJ: ビタミンB6、B12およびfolateとの関係。 AM J Epidemiol。 5月1996日1日; 143(9): 845-59。

19. ロビンソンK、Mayer EL、ミラーDP、等Hyperhomocysteinemiaおよび低いピリドキサールの隣酸塩。 冠動脈疾患のための共通および独立したリバーシブルの危険率。 循環。 11月1995日15日; 92(10): 2825-30。

20. Arnesen E、Refsum H、Bonaa KH、Ueland PM、Fordeオハイオ州、Nordrehaug JE。 血清の総ホモシステインおよび冠状中心dis-は楽になる。 Int J Epidemiol。 8月1995日; 24(4): 704-9。

21. Aronow WS、高齢者の血しょうホモシステインと冠動脈疾患間のAhn C. Association。 AM J Cardiol。 11月1997日1日; 80(9): 1216-8。

22. BerwangerのCS、ジェレミーJY、Stansby G. Homocysteineおよび血管疾患。 Br J Surg。 6月1995日; 82(6): 726-31。

23. 年配人のBostom AG、Rosenberg IH、Silbershatz H、等Nonfasting血しょう合計のホモシステインのレベルそして打撃の発生: Framinghamの調査。 アンのインターンMed。 9月1999日7日; 131(5): 352-5。

24. 馬蝿の幼虫ML、Launer LJ、Lindemans J、Hofman A、Grobbee DE。 年配者のホモシステイン、アテローム性動脈硬化および流行する心循環器疾患: ロッテルダムの調査。 JはMedを実習する。 10月1997日; 242(4): 339-47。

25. Maresca G、Di Blasio、Marchioli RのDi Minno G.打撃および心筋梗塞を予測する測定血しょうフィブリノゲン: 更新。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 6月1999日; 19(6): 1368-77。

26. Acevedo M、Foody JM、Pearce GL、Sprecher DL。 フィブリノゲン: 外来クリニックの心血管のでき事の連合。 AMの中心J. 2月2002日; 143(2): 277-82。

27. Kienast J、Pyke SD、Haverkate F、van de Loo JC、トムソンSG。 狭心症の患者の心筋梗塞または急死の止血の要因そして危険。 血栓症および不能の狭心症の研究グループのヨーロッパの提携行動。 NイギリスJ Med。 3月1995日9日; 332(10): 635-41。

28. アスピリンの抵抗は死の危険を高める。 AHA. 3月2002日26日; 2002b.

29. Ridker PM、Stampfer MJの全身のアテローム性動脈硬化のためのRifai N. Novelの危険率: C反応蛋白質の比較、fibrino- GENのホモシステイン、脂蛋白質(a)、および周辺幹線病気の予言者として標準的なコレステロールのスクリーニング。 JAMA. 5月2001日16日; 285(19): 2481-5。

30. Lindahl BのトスH、Siegbahn A、Venge P、不安定な冠動脈疾患の長期死亡率に関連する心筋の損傷そして発火のWallentin L. Markers。 FRISCの研究グループ。 冠動脈疾患の不安定の間のFragmin。 NイギリスJ Med。 10月2000日19日; 343(16): 1139-47。

31. Ridker PM、女性の車diovascular病気の予言で発火のJE、Rifai N.のC反応蛋白質および他のマーカーを埋めるHennekens CH。 NイギリスJ Med。 3月2000日23日; 342(12): 836-43。

32. Kuller LH、Tracy RP、Shaten J、Meilahn EN。 MRFITのC反応蛋白質そして冠状心臓病の関係は場合制御の調査に入り込んだ。 多数の危険率の介在の試験。 AM J Epidemiol。 9月1996日15日; 144(6): 537-47。

33. Mendall MA、Strachan DP、Butland BKの等C反応蛋白質: 人の死亡率、心血管の死亡率および心血管の危険率を合計する関係。 Eurの中心J. 10月2000日; 21(19): 1584-90。

34. Pasceri V、Willerson JT、Yehと。 人間のendothelial細胞に対するC反応蛋白質のproinflammatory効果を指示しなさい。 循環。 10月2000日31日; 102(18): 2165-8。

35. JEを、Shih J埋める、Ridker PM Matias M、Hennekens CH。 C-の反応蛋白質の前向き研究および外見上健康な女性間の未来の車diovascularでき事の危険。 循環。 8月1998日25日; 98(8): 731-3。

36. Auer J、Berent R、Lassnig E、Eber B.C-の反応蛋白質および冠動脈疾患。 Jpnの中心J. 11月2002日; 43(6): 607-19。

37. MacDonald灯心L、ギブソンLZ、最近診断されたタイプ2の糖尿病のゴッドフリーDM、等酸化させたLDLおよび損なわれたブドウ糖の許容。 アジアPac J Clin Nutr。 2004 13 (Suppl): S65.

38. Ceriello A.はブドウ糖の許容および心循環器疾患を損なった: 後prandial hyperglycemiaの可能な役割。 AMの中心J. 5月2004日; 147(5): 803-7。

39. Calabresi L、Gomaraschi Mの高密度脂蛋白質によるFranceschini G. Endothelialの保護: ベンチから枕元への。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 10月2003日1日; 23(10): 1724-31。

40. Zulli A、Widdopに関して、ノウサギDL、Buxton BF、黒いMJ。 高いメチオニンおよびコレステロールの食事療法はendothelial弛緩を廃止する。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 8月2003日1日; 23(8): 1358-63。

41. Ridker PM、Rifai N、JEを埋めているローズLコックNR。 最初心血管のでき事の予言のC反応蛋白質および低密度脂蛋白質のコレステロール値の比較。 NイギリスJ Med。 11月2002日14日; 347(20): 1557-65。

42. Guize L、Benetos A、トマスF、Malmejac A、Ducimetiere P. Cholesterolemiaおよび合計の、心血管および癌の死亡率。 220,000人のグループの調査。 Bull Acad国民Med。 1998 182(3):631-47.

43. Kashyap ML。 コレステロールおよびアテローム性動脈硬化: 現代的な見通し。 アンAcad Medシンガポール。 7月1997日; 26(4):517-23.

44. Gonzalez MA、Selwyn AP。 心循環器疾患のEndothelial機能、発火および予想。 AM J Med。 12月2003日8日; 115のSuppl 8A: 99S-106S.

45. フィリップスGB、Pinkernell BH、Jing TY。 人の冠動脈疾患のhypotestosteronemiaの連合。 Arterioscler Thromb。 5月1994日; 14(5): 701-6。

46. Migdalis糖尿病性の患者に於いてのendothelinのcarotidアテローム性動脈硬化の、Kalogeropoulou K、Iiopoulou V、等進行および役割。 Res Commun Mol Pathol Pharmacol。 2000日7月8月; 108 (1-2): 27-37。

47. Sundell J、健常者のインシュリン抵抗性と減らされた冠状vasoreactivity間のLuotolahti M. Association。 J Cardiolはできる。 5月2004日15日; 20(7): 691-5

48. Shah SV、Alam MG。 アテローム性動脈硬化に於いての鉄の役割。 AM Jの腎臓Dis。 3月2003日; 41 (3つのSuppl 1): S80-3.

49. Kraml P、Potockova J、Koprivova H、等Ferritin、酸化圧力および冠状アテローム性動脈硬化。 VnitrのLek。 3月2004日; 50(3): 197-202。

50. 危険率として有機性鉄または冠動脈疾患のマーカーのArmaganijan D、Batlouni M. Serumのferritinのレベルそして他の表示器。 Port Cardiol Rev。 2月2003日; 22(2): 185-95; 議論197-201。

51. Minqin R、ワットF、Huat BT、鉄および亜鉛のHalliwell B. Correlationは新興のatherosclerot- ICの損害の損害の深さと水平になる。 自由なRadic Biol Med。 3月2003日15日; 34(6): 746-52。

52. Packard CJ、O'Reilly DS、Caslake MJの等冠状心臓病の独立した予言者として脂蛋白質準のホスホリパーゼA2。 スコットランドの冠状防止の研究グループの西。 NイギリスJ Med。 10月2000日19日; 343(16): 1148-55。

53. Welin L、Eriksson H、ラーションBの等トリグリセリド、年配の人の主要な冠状危険率。 1913年に耐えられる人の調査。 Eurの中心J. 6月1991日; 12(6): 700-4。

54. CarlsonのLA、Bottiger LEのAhfeldtのPE。 ストックホルムの前向き研究の心筋梗塞のための危険率。 血しょうトリグリセリドおよびコレステロールの役割に14年のfol-の低焦点を合わせること。 アクタMed Scand。 1979 206(5):351-60.

55. Viles Gonzalez JF、Fuster V、Corti R、Badimon JJ。 激しい冠状シンドロームの危険度が高い冠状プラクの開発のHDLのコレステロールの出現の重要性。 Curr Opin Cardiol。 7月2003日; 18(4): 286-94。

56. Spieker LE、Sudano I、Hurlimann Dの等高密度脂蛋白質はhypercholesterolemic人のendothelial機能を元通りにする。 循環。 3月2002日26日; 105(12): 1399-402。

57. フィリップスGB、Pinkernell BH、Jing TY。 心筋梗塞のための主要な危険率は人の冠動脈疾患のある程度の主要な予言者であるか。 新陳代謝。 3月2004日; 53(3): 324-9。

58. Hak AE、Witteman JC、de Jong FH、Geerlings MI、Hofman AのポールHA。 内生男性ホルモンの低水準は年配の人のアテローム性動脈硬化の危険性を高める: ロッテルダムの調査。 J Clin Endocrinol Metab。 8月2002日; 87(8): 3632-9。

59. Dobrzycki S、Serwatka W、Nadlewski S、等。 内生性のホルモン レベルおよび冠状心臓病のextensivenessおよび男性の左心室の放出の一部分間の相関関係の査定。 J Medは投資する。 8月2003日; 50 (3-4): 162-9。

60. ウーSZ、Weng XZ。 心筋の虚血に対するandrogenic準備および62人の年配のオスの冠状心臓病患者の心臓機能の治療上の効果。 Chin Med J (イギリス)。 6月1993日; 106(6): 415-8。

61. Channer KSのジョーンズのTH。 テストステロンの心血管の効果: 「男性の月経閉止期」の含意か。 中心。 2月2003日; 89(2): 121-2。

62. 英国KMの馬RPのジョーンズのTH、ダイバーMJ、Channer KS。 低線量のtransdermalテストステロン療法は慢性の安定したアンギーナの人のアンギーナの境界を改良する: ランダム化されて、二重盲目、偽薬調査を制御した。 循環。 10月2000日17日; 102(16): 1906-11年。

63. フィリップスGB、Pinkernell BH、Jing TY。 心筋梗塞のための主要な危険率は人の冠動脈疾患のある程度の主要な予言者であるか。 新陳代謝。 3月2004日; 53(3): 324-9。

64. 英国KM、Mandour Oの馬RPの等冠動脈疾患の人に正常な冠状angiogramsの人より男性ホルモンの低レベルがある。 Eurの中心J. 6月2000日; 21(11): 890-4。

65. 1年の葉酸の補足の後でKS、Chook P、Chan LL、等ホモシステインのレベルの長期改善および幹線endothelial機能に懇願しなさい。 AM J Med。 5月2002日; 112(7): 535-9。

66. Doshi S、McDowellはIの堀S、ルイスM、Goodfellow J. Folate冠状心臓病の患者のendothelial機能を改善する。 Clin Chemの実験室Med。 11月2003日; 41(11): 1505-12。

67. 、堀SJがホモシステインの低下の独立したメカニズムによって、等葉酸冠動脈疾患のendothelial機能を主として改善すればDoshiのSN、McDowell。 循環。 1月2002日1日; 105(1): 22-6。

68. Paradisi G、Cucinelli F、Mele MC、Barini A、Lanzone Aの後menopausal女性のCaruso A. Endothelial機能: 葉酸の補足の効果。 ハム雑音Reprod。 4月2004日; 19(4): 1031-5。

69. Penaはように、ウィルトシャーEの紳士R、Hirte CのCouper J.の葉酸タイプ1の糖尿病を持つ子供そして青年のendothelial機能を改善する。 J Pediatr。 4月2004日; 144(4): 500-4。

70. 堀SJ、Lang D、McDowell、等Folate、ホモシステイン、endothelial機能および心循環器疾患。 J Nutr Biochem。 2月2004日; 15(2): 64-79。

71. Doshi S、McDowellはIの堀S、ルイスM、Goodfellow J. Folate冠状中心dis-の容易さの患者のendothelial機能を改善する。 Clin Chemの実験室Med。 11月2003日; 41(11): 1505-12。

72. Gokce NのKeaney JFジュニア、Frei Bは、等長期アスコルビン酸の管理冠動脈疾患の患者のendothelial vasomotor機能障害を逆転させる。 循環。 6月1999日29日; 99(25): 3234-40。

73. Jeserich M、Schindler T、Olschewski M、Unmussig M、ちょうどHのSolzbach U.のビタミンCは冷たいpressorテストによって高血圧査定されるhypercholesterolaemiaまたは必要の患者のepicar-のダイヤルの冠状動脈のendothelial機能を改善する。 Eurの中心J. 11月1999日; 20(22): 1676-80。

74. Deng YB、Xiang HJ、チャンQの李のCL。 ビタミンCの静脈内の管理の川崎の病気そして効果の後の上腕動脈のendothelial機能の高解像のultrasonographyによる評価。 Circ J. 10月2002日; 66(10): 908-12。

75. 陵L、肇SP、高M、Zhou QC、李YLのXia B.のビタミンCは高脂肪の食事の後で冠状中心dis-の容易さの患者のendothelial機能を維持する。 Clin Cardiol。 5月2002日; 25(5): 219-24。

76. Singh Nの墓J、テイラーPD、MacAllister RJの歌手の先生。 「健康な」食事療法と健康でより古い主題の管機能の激しく、長期ビタミンCの効果。 Cardiovasc Res。 10月2002日; 56(1): 118-25。

77. Chin JPの投げ矢AM。 HBPRCA Astra賞。 hypercholesterolaemic主題のendothelial機能の治療上の復帰: 魚油の効果。 Clin Exp. Pharmacol Physiol。 10月1994日; 21(10): 749-55。

78. Goodfellow J、Bellamy MF、Ramsey MWは、等オメガ3の海洋の脂肪酸との食餌療法の補足高脂血症の主題の全身の大きい動脈のendothelial機能を改善する。 J AM Coll Cardiol。 2月2000日; 35(2): 265-70。

79. De Caterina R、Spiecker M、Solaini G、等。 不飽和脂肪酸によるendothelial活発化の阻止。 脂質。 1999の34のSuppl: S191-4.

80. スミスAR、ハーゲンTM。 老化の管のendothelial機能障害: Akt依存したendothelial一酸化窒素のシンターゼのphosphory-のlationおよび部分的な復帰の損失(R) -アルファlipoic酸。 Biochem Soc Trans。 12月2003日; 31 (Pt 6): 1447-9。

81. ジョーンズW、李はX、Qu ZC、Perriott L、Whitesell RR、JMよろしいです。 endothelial細胞のアルファlipoic酸の通風管、リサイクル、および酸化防止行為。 自由なRadic Biol Med。 7月2002日1日; 33(1): 83-93。

82. チャンWJのFrei B.のアルファlipoic酸は人間の大動脈のendothelial細胞のTNFアルファ誘発NFkappaB活発化および付着の分子の表現を禁じる。 FASEB J. 11月2001日; 15(13): 2423-32。

83. Morcos M、Borcea V、Isermann B、等糖尿病の患者のendothelial細胞傷害そしてalbu-のminuriaの進行に対するアルファlipoic酸の効果: 探険の調査。 糖尿病Res Clin Pract。 6月2001日; 52(3): 175-83。

84. Kunt T、Forst T、ウィルヘルムAは高度のglycationの端の突き棒のuctsとの刺激の後で、等アルファlipoic酸管の細胞粘着の分子1の表現および人間のmonocytesのendothelial付着を減らす。 Clin Sci (Lond)。 1月1999日; 96(1): 75-82。

85. ヘルナンデス ディアズS、マルチネーゼLosa E、フェルナンデスJarne E、等重大でない心筋梗塞の食餌療法のfolateおよび危険。 疫学。 11月2002日; 13(6): 700-6。

86. hyperhomocysteinemiaのCzeizel E、Kalina A.の公衆衛生制御および結果。 Orv Hetil。 10月2003日5日; 144(40): 1981-9年。

87. Mostafa S elD、穀倉DD、Garrett L、Whaley RF、elSekate Mの心循環器疾患の危険率に対するビタミンCのKiker M. Beneficialのの効果。 Jエジプトの公衆衛生Assoc。 1989;64(1-2):123-33.

88. Brouwer IA、E-F Zock PL、Wever等不整脈のn-3脂肪酸そして発生の補足の取入口のランダム化された管理された臨床試験の理論的根拠および設計: ソファー。 Eur J Clin Nutr。 10月2003日; 57(10): 1323-30。

89. ハリスWS、公園Y、Isley WLの心循環器疾患および長い鎖のオメガ3の脂肪酸。 Curr Opin Lipidol。 2月2003日; 14(1): 9-14。

90. ヤマイモD、Bott-Kanner G、Genin I、Shinitzky M、Klainman E。 心循環器疾患のための危険率に対するオメガ3の脂肪酸の効果。 Harefuah。 12月2001日; 140(12): 1156-8 1230。

91. 高TL、黄YZ。 reperfusionに対するlipoic酸の効果はシステムを発生させる遊離基によって引き起こされた不整脈およびmyocardiacの活動電位の変化を引き起こした。 Sheng李Xue Bao。 4月1991日; 43(2): 149-55。

92. Coombes JSの力SK、ハミルトンKLは、等心臓性能を後ビタミンEおよびアルファlipoic酸と補われた老化させたラットの虚血改善した。 AM J Physiol Regul Integr Comp Physiol。 12月2000日; 279(6): R2149-55.

93. Vodoevich VP。 飽和させたおよび虚血性心疾患および高血圧の不飽和の血の内容に対するlipoic酸、ビオチンおよびピリドキシンの効果脂肪酸。 Vopr Pitan。 1983日9月10月; (5): 14-6。

94. Shih JC。 lipoic酸の日本のウズラそして効果のアテローム性動脈硬化。 連邦機関Proc。 5月1983日15日; 42(8): 2494-7。

95. Pollice PF、バラ色RN、愚かいRJ、Puzas JE、Schwarz EM、O'Keefe RJ。 口頭pentoxifyllineは人間の周辺血のmonocytesから腫瘍の壊死の要因アルファの解放を禁じる: 総共同部品の無菌にゆるむことのための潜在的な処置。 Jは共同Surg AMの骨を抜く。 7月2001日; 83-A (7): 1057-61。

96. Neuner P、Klosner G、Schauer E、等Pentoxifyllineは生体内で人間の周辺血の単核の細胞によって、IL-6、IL-8および腫瘍の壊死の要因アルファ ベータの解放をIL-1調整する。 免疫学。 10月1994日; 83(2): 262-7。

97. Boldt J、Brosch Cのpentoxifyllineの予防する使用のパイパーのSN、等年配の車ダイアックの外科患者のpostoperative器官機能の影響。 Critの心配Med。 5月2001日; 29(5): 952-8。

98. McCarty MF。 心血管の危険の中央仲介人としてInterleukin6は慢性の発火、煙ること、dia-のbetesおよび内臓の肥満と関連付けた: 必要な脂肪酸、エタノールおよびpentoxifyllineの規則。 Medの仮説。 5月1999日; 52(5): 465-77。

99. Bruynzeel I、van der Raaij LM、Willemze R、Stoof TJ。 Pentoxifyllineは皮膚endothelial細胞に人間のT細胞の付着を禁じる。 アーチDermatol Res。 3月1997日; 289(4): 189-93。

100. Lenoble Giovannangeli M。 pentoxifyllineの薬理学の新しい面。 J MAL Vasc。 1989年; 14のSuppl A: 35-41。

101. Hansen PRの川辺の低地AM、チーJH、Ledet T、Rasmussen LMのAndersenのCB。 Pentoxifyllineはneointimal形成を禁じ、幹線傷害の後でeling constrictive管のremod-を刺激する。 J Cardiovasc Pharmacol。 11月1999日; 34(5): 683-9。

102. Hofbauer RのFrass M、Gmeiner Bの扱う人S、Speiser W、Kapiotis S。 緑茶のエキスのepigallocatechinの没食子酸塩はendothelial細胞の単一層を通して好中球のtransmigrationを減らせる。 Wien Klin Wochenschr。 4月1999日9日; 111(7): 278-82。

103. Deana R、Turetta L、Donella-Deana Aは、等緑茶のepigallocatechin 3没食子酸塩蛋白質分解および非蛋白質分解アゴニストによって誘発される細道に信号を送る血小板を禁じる。 Thromb Haemost。 5月2003日; 89(5):866-74.

104. Kawai K、Tsuno NH、Kitayama Jの等Epigallocatechinの没食子酸塩はCD11bに不良部分によってCD8+のT細胞のadhe-のsionそして移動を減少させる。 JのアレルギーClin Immunol。 6月2004日; 113(6): 1211-7。

105. 荷車引きDS、Catravas JD、Odoms K、Denenberg A、Malhotra V、Wong時間。

Epigallocatechin 3没食子酸塩、緑茶の得られたポリフェノールは、IL-1培養された呼吸の上皮細胞のベータ依存したproinflammatory信号TRANSのductionを禁じる。 J Nutr。 5月2004日; 134(5): 1039-44。

106. アーメドS、Wang N、Lalonde M、ゴールドバーグVM、Haqqi TM。 緑茶のポリフェノールのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)のdifferen-はtially人間のchondrocytesのマトリックスのmetalloproteinase1そして-13のinterleukin1のベータ誘発の表現を禁じる。 J Pharmacol Exp. Ther。 2月2004日; 308(2): 767-73。

107. M、Dell'Aica I、Calabrese Fの等緑茶による好中球の制限夫人: 発火、準のangiogenesisおよび肺線維症の阻止。 J Immunol。 4月2003日15日; 170(8): 4335-41。

108. Flaten H、Hostmarkの、Kierulf Pの等魚油の濃縮物: 変数に対する効果は心循環器疾患に関連していた。 AM J Clin Nutr。 1990年の8月; 52(2): 300-6。

109. フォンSchacky C、Angerer P、Kothny W、Theisen K、Mudra H。 冠状アテローム性動脈硬化に対するオメガ3の食餌療法の脂肪酸の効果。 ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 アンのインターンMed。 4月1999日6日; 130(7): 554-62。

110. Daviglus ML、Stamler J、致命的な心筋梗塞のAJ、等魚の消費量そして30年の危険Orencia。 NイギリスJ Med。 4月1997日10日; 336(15): 1046-53。

111. Kremer JM。 慢性関節リウマチのn-3脂肪酸の補足。 AM J Clin Nutr。 1月2000日; 71 (1つのSuppl): 349S-51S.

112. ジェームスMJのギブソンのRA、Cleland LG。 食餌療法のpolyunsaturated脂肪酸および炎症性仲介人の生産。 AM J Clin Nutr。 1月2000日; 71 (1つのSuppl): 343S-8S.

113. De Caterina R、endothelial白血球の付着の分子に対する食事療法と食餌療法の部品のMassaro M. Effects。 Curr Atheroscler Rep。 11月1999日; 1(3): 188-95。

114. Yaqoob PのカルダーのPC。 幹線壁のN-3 polyunsaturated脂肪酸そして発火。 Eur J Med Res。 8月2003日20日; 8(8): 33754。

115. ドイツJB、Lokesh B、Kinsella JE。 腹膜の大食細胞のeicosanoidの生合成に対する食餌療法の魚油の効果は食餌療法N-6 polyunsaturated脂肪および合計の食餌療法脂肪両方によって影響を及ぼされる。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 10月1988日; 34(1): 37-45。

116. De Caterina R、Spiecker M、Solaini G、等。 不飽和脂肪酸によるendothelial活発化の阻止。 脂質。 1999の34のSuppl: S191-4.

117. Khalfoun B、Thibault F、Watier H、等Docosahexaenoicおよびeicosapentaenoic酸はinterleukin6の生体外の人間のendothelial細胞の生産を禁じる。 ADV Exp. Med Biol。 1997 400B: 589-97。

118. Das国連。 心循環器疾患のn-3脂肪酸の有利な効果: しかし、なぜそしていかにか。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 12月2000日; 63(6): 351-62。

119. ジェームスMJのギブソンのRA、Cleland LG。 食餌療法のpolyunsaturated脂肪酸および炎症性仲介人の生産。 AM J Clin Nutr。 1月2000日; 71 (1つのSuppl): 343S-348S.

120. De Caterina R、Spiecker M、Solaini G、等。 不飽和脂肪酸によるendothelial活発化の阻止。 脂質。 1999の34のSuppl: S191-4.

121. 激しい関節炎のHerbaのUrticaeのdioicaeのantirheumatic有効性のためのChrubasik S. Evidence: パイロット・スタディ。 Phytomedicine。 1997 (4):105-8.

122. Riehemann K、Behnke Bのイラクサ(Urticaのdioica)からのSchulze-Osthoff K. Plantのエキスは、antirheumatic治療、proinflammatoryトランスクリプション要因NFkappaBを禁じる。 FEBS Lett。 1月1999日8日; 442(1): 89-94。

123. Obertreis B、Ruttkowski T、Teucher T、Behnke BのSchmitz H.元ヴィヴォのlipopolysaccharideの生体外の阻止はextractumのurticaeのdioicaeのfoliorumによって人間の全血の腫瘍の壊死の要因アルファそしてinterleukin1のベータ分泌を刺激した。 Arzneimittelforschung。 4月1996日; 46(4): 389-94。

124. Straub RH、Scholmerich Jの慢性の炎症性病気–副腎および性ホルモンの代理の患者の副腎皮質ホルモンとDHEAのZietz B. Replacement療法。 Z Rheumatol。 2002 59: Suppl 2:108-118。

125. Kawano H、Yasue H、北川町Aの等Dehydroepiandrosteroneの補足は人のendothelial機能およびインシュリンの感受性を改善する。 J Clin Endocrinol Metab。 7月2003日; 88(7): 3190-5。

126. バレット帽カナーE、Knaw KT、円SSC。 dehydroepiandrosteroneの硫酸塩、死亡率および心循環器疾患の前向き研究。 NイギリスJ Med。 12月1986日11日; 315:1519-24.

127. Casson PR、アンダーソンRN、Herrod HGは、等生理学的な線量の口頭dehydroepiandrosterone postmenopausal女性の免疫機能を調整する。 AM J Obstet Gynecol。 12月1993日; 169(6): 1536-9。

128. Simoncini T、Mannella P、Fornari L、Varone G、Caruso A、Genazzani AR。 Dehydroepiandrosteroneは直接ゲノムおよびnongenomicメカニズムによってendothelial一酸化窒素の統合を調整する。 内分泌学。 8月2003日; 144(8): 3449-55。

129. Blackwell GJ、Radomski M、ビタミンKによる人間の血小板の集合のMoncada S. Inhibition。 Thromb Res。 1月1985日1日; 37(1): 103-14。

130. ビタミンK2のSeyama Y、Hayashi M、Takegami H、Usami E. Comparativeの効果および実験動脈硬化のビタミンE。 Int J Vitam Nutr Res。 1月1999日; 69(1): 23-6。

131. 燻製の魚Galperin M、Galilly R、Danenberg HD、Brenner T. Dehydroepiandrosteroneは選択式にアストロサイトの腫瘍壊死要因アルファそしてinterleukin6 [interlukin-6の訂正]の生産を禁じる。 Neurosci Int J Dev。 12月1999日; 17(8): 765-75。

132. Haden ST、Glowacki J、Hurwitz S、Rosen CのLeBoff氏。 血清のdehydroepiandrosteroneの硫酸塩に対する年齢、女性のIGF-IおよびIL-6レベルの効果。 CalcifのティッシュInt。 6月2000日; 66(6): 414-8。

133. Reddi K、Henderson B、Meghji Sの等lipopolysaccharide刺激された人間の繊維芽細胞によるInterleukin 6の生産はnaphthoquinone (ビタミンK)の混合物によって有効に禁じられる。 Cytokine。 4月1995日; 7(3): 287-90。

134. で利用できる: http://www.nhlbi.nih.gov/public/Aug00/sept00.pdf。 2004年9月14日アクセスされる。

135. Landmesser U、Hornig BのDrexler H. Endothelial機能: アテローム性動脈硬化の重大な決定要因か。 循環。 6月2004日1日; 109 (21のSuppl 1): II27-33.

136. Endemann DH、電気Schiffrin。 Endothelial機能障害。 J AM Soc Nephrol。 8月2004日; 15(8): 1983-92年。

137. チャンHJ、チョンJ、Choi SYの等トレッドミル テストの間の大げさな血圧の応答の患者のEndothelial機能障害。 Clin Cardiol。 7月2004日; 27(7): 421-5。

138. Tu L、魏W、劉早く必要な高血圧の患者のX、Deng Y、Yu S. Endothelial機能そして頸動脈の壁厚化。 J Tongji Med大学。 1999 19(4):288-90, 303.

139. ロドリゲスPorcel M、Lerman LO、Herrmann J、Sawamura T、Napoli C、Lerman A. Hypercholesterolemiaおよび高血圧は冠状endothelial機能に対する互いに作用し合う有害な効果をもたらす。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 5月2003日1日; 23(5): 885-91。

140. Najemnik C、Sinzinger H、Kritz H. Endothelialの機能障害、アテローム性動脈硬化および糖尿病。 アクタMed Austriaca。 1999;26(5):148-53.

141. Maggi FM、Raselli S、Grigore L、Redaelli L、Fantappie SのCatapanoのAL postprandial段階の脂蛋白質の残りそしてendothelial機能障害。 J Clin Endocrinol Metab。 6月2004日; 89(6): 2946-50。

142. Saini HK、Arnejaように、Dhalla NS。 心血管の機能障害に於いてのコレステロールの役割。 J Cardiolはできる。 3月2004日1日; 20(3): 333-46。

143. ファンJのアテローム性動脈硬化の病因の渡辺T. Inflammatory反作用。 J Atheroscler Thromb。 2003;10(2):63-71.

144. 投げ矢AMのChinダスティングJP。 脂質および内皮。 Cardiovasc Res。 8月1999日1日; 43(2): 308-22。

145. Kusterer K、Pohl T、Fortmeyer HPは、等慢性の選択的なhypertriglyceridemiaラットの内皮依存したvasodilatationを損なう。 Cardiovasc Res。 6月1999日; 42(3): 783-93。

146. 劉L、肇SP、冠状心臓病の年配の患者のendothelial機能のpostprandial hypertriglyceridemiaの高M. Influence。 フーナン イKe Da Xue Xue Bao。 6月2002日28日; 27(3): 259-62。

147. Toikka JO、Ahotupa M、Viikari JSは健康な若者のendothelial機能障害そして高められた生体内のLDL酸化に、等絶えず低いHDLコレステロールの集中関連している。 アテローム性動脈硬化。 11月1999日1日; 147(1): 133-8。

148. Campuzano R、モヤJL、ガルシアLledo A、等アテローム性動脈硬化の臨床明示のない患者の心血管の危険率に関連するEndothelial機能障害およびintima媒体の厚さ。 Esp Cardiol Rev。 6月2003日; 56(6): 546-54。

149. Ambrose JA、Barua RS。 喫煙および心循環器疾患のpathophysiology: 更新。 AM Coll Cardiol。 5月2004日19日; 43(10): 1731-7。

150. Poreba R、Skoczynska A、冠状動脈硬化の患者のendothelial機能に対する喫煙のDerkacz A. Effect。 ポールのアーチMed Wewn。 1月2004日; 111(1): 27-36。

151. Puranik R、Celermajer DS。 煙ることおよびendothelial機能。 Prog Cardiovasc Dis。 2003日5月6月; 45(6): 443-58。

152. Campia U、サリバンG、ブライアントMB、Waclawiw MA、Quon MJ、Panza JA。 インシュリンはインシュリンの感受性または脂質のプロフィールの内皮依存したvasodilationの独立者を損なう。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 1月2004日; 286(1): H76-82.

153. Furuta M、Tsunoda K、Arita M、Nanjo KのタイプIIの糖尿病のSanke T.の内皮依存したvasodilation。 Rinsho Byori。 11月2003日; 51(11): 1111-5。

154. Higashi YのYoshizumi M. Endothelial機能。 日本Rinsho。 7月2003日; 61(7): 1138-44。

155. Shinozaki K、Kashiwagi A、Masada Mの損なわれたendothelial機能のOkamura T. Molecularのメカニズムはインシュリン抵抗性と関連付けた。 Currの薬剤はCardiovasc Haematol Disordを目標とする。 3月2004日; 4(1): 1-11。

156. Najemnik C、Sinzinger H、Kritz H. Endothelialの機能障害、アテローム性動脈硬化および糖尿病。 アクタMed Austriaca。 1999;26(5):148-53.

157. タイプ1の糖尿病を持つ子供のJarvisalo MJ、Raitakari M、Toikka JO、等Endothelial機能障害および高められた幹線intima媒体の厚さ。 循環。 4月2004日13日; 109(14): 1750-5。

158. Bakker SJ、IJzerman RG、Teerlink T、Westerhoff HV、Gans RO、Heine RJ。 中央肥満のゾル性細胞質のトリグリセリドそして酸化圧力: 余分なアテローム性動脈硬化、endothelial機能障害およびベータ細胞の失敗間のミッシング リンクか。 アテローム性動脈硬化。 1月2000日; 148(1): 17-21。

159. Blannの広告、Bushell D、Davies A、Faragher EB、ミラーJP、McCollum CN。 フォンWillebrandの要因、内皮および肥満。 Int J Obes Relat Metab Disord。 12月1993日; 17(12): 723-5。

160. Yu YRの李のHL、YuのHL、Wang C、Pu S。 肥満の主題のインシュリン抵抗性と内皮依存したvasodilatation間の関係。 ZhonghuaイXue Za Zhi。 9月2003日10日; 83(17): 1467-70。

161. ライオンCJの法律に関して、Hsueh WA。 Minireview: adiposity、発火およびatherogenesis。 内分泌学。 6月2003日; 144(6): 2195-200。

162. Mitu F、Mitu M.の運動および管の内皮。 Rev. Med Chir Soc Med Nat. Iasi。 2003日7月9月; 107(3): 487-93。

163. Edwards DG、Schofield RS、Lennon SL、ピアースGL、Nichols WW、Braith RW。 冠動脈疾患の人のendothelial機能に対する練習の訓練の効果。 AM J Cardiol。 3月2004日1日; 93(5): 617-20。

164. Higashi Y、Yoshizumi M. Exerciseおよびendothelial機能: 健常者および高血圧の患者に於いての内皮得られた一酸化窒素および酸化圧力の役割。 Pharmacol Ther。 4月2004日; 102(1): 87-96。

165. Gokce N、Vita JA、Bader DS、等冠動脈疾患の患者の上部および下の先端のendothelial機能に対する練習の効果。 AM J Cardiol。 7月2002日15日; 90(2): 124-7。

166. De Caterina R、Lenzi S。 アテローム性動脈硬化の起源そして進行に於いてのLDLの役割: atherosclerotic損害の起源そして開発のpathobiological概念および内皮の役割。 G Ital Cardiol。 2月1998日; 28(2): 158-67。