生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年5月
イメージ
予防の血のテストへの広範囲ガイド
ペニーの男爵によって

総および自由なテストステロン
自由なテストステロンは男性および女性のパネルに含まれている。

テストステロンは人、女性の卵巣、および人および女性両方の副腎の睾丸で作り出される。 人では、テストステロンの生産は脳下垂体と睾丸のLeydigの細胞によって作り出されるluteinizingによって(LH)刺激される。 テストステロンのレベルは年齢75によって若い大人のレベルのおよそ65%に落ちる年齢と普通低下する。 テストステロンのこの低下は見られる老化の人の重要な生理学的な変更に部分的に責任がある。

テストステロンの2%以下人および女性両方の血清の「自由な」(uncomplexed)州に普通ある。 およそ50%は性のホルモン結合のグロブリン(SHBG)およびアルブミンへの残りに区切られる。 人では無力か不妊を評価するのに、自由なテストステロン(男性ホルモン、か「男性のホルモン」)レベルが使用されるかもしれない。 女性では、自由なテストステロンのハイ レベルは示すpolycystic卵巣および、一般により少し、卵巣癌を表しているhirsutism (表面および箱の余分な毛の成長、特に)、頻繁にかもしれない。 女性の増加されたテストステロンはまた低いエストロゲンのレベルを提案する。 女性の自由なテストステロンの低水準は心臓病のリビドー、不況および高められた危険の損失をもたらす場合がある。

総テストステロンは(complexedおよびuncomplexed)男性(LHの分泌およびLeydigの細胞は、生殖腺機能減退症の生殖腺および副腎機能、診断、hypopituitarism、Klinefelterシンドロームおよび無力作用する)と女性(卵巣の腫瘍、副腎皮質の腫瘍、および生来の副腎の増殖を雄性化するステインLeventhalシンドローム)に差動診断との援助のために有用である。

Pregnenolone
Pregnenoloneはmitochondria内のコレステロールから直接作られ、次々とボディがテストステロン、エストロゲン、コルチソルおよびアルドステロンを含むDHEAそして他のステロイド ホルモンを、製造する物質である。 それはDHEAおよびプロゲステロンに変える; 女性では、プロゲステロンへのこの転換はある特定の癌の危険を減らすためにエストロゲンとバランスを作成するので、特に重要である。 退化的な病気の出現で、pregnenoloneのレベルは一般に抑制される。

DHEA-S (dehydroepiandrosteroneの硫酸塩)
DHEAは副腎の皮層機能を測定する。 二十代の間に最高になるこのホルモンの上昇値はCAH (生来の副腎の増殖)を表す、副腎皮質ホルモンを作り出す副腎の損なわれた機能に起因する無秩序のグループかもしれない。 DHEAの低水準はメモリ損失、不況、余分な脂肪の蓄積、慢性の炎症性無秩序の心臓発作、アルツハイマー病および多くの高められた危険に人をし向けるかもしれない。 DHEAはこの記事の端に記述されている男性および女性の試験板の部分である。

Estradiol
非妊娠した女性では、estradiolは最も一般に測定されたタイプのエストロゲンである; レベルは月経中変わり、低速一定したレベルに月経閉止期の後で減る。 女性のestradiolの増加されたレベルは胸またはendometrial (子宮のライニング)癌の高められた危険を示す。 人では、estradiolは女性で低いよりずっと量で作り出されhypothalamicおよび下垂体機能を示す。 テストステロンの減らされたレベルと共にestradiolの増加されたレベルは排尿する減らされた性のドライブおよび機能を示すかもしれない。 人では、estradiolおよびテストステロンのレベルは一緒にテストされるべきである。 老化の男性に頻繁にたくさんのestradiolがある。 このテストは男性および女性のパネルに含まれている。

ホモシステイン
アミノ酸のホモシステインの上昇値は冠動脈疾患および血栓症(打撃)の開発のための独立した危険率であるために示されていた。 データはまた葉酸レベルが落ち込んでいればホモシステインのレベルが(普通ホモシステインの破壊を助ける)不況の患者で上がるかもしれないことを示す。 ホモシステインのレベルは付随の不況と増加する。20は 男性および女性のパネルにホモシステイン テスト含まれている。

ホモシステインのための安全な「正常な」範囲

科学的な調査結果からの明確なメッセージはホモシステインのための安全な「正常な」範囲がないことである。 正常なホモシステインは5から血の1リットル(umol/L)あたり15のmicromolesまで及ぶことができることを商業実験室が示す間、疫学的なデータはことを6.3原因の上のホモシステインのレベル心臓発作の急で進歩的な危険明らかにする(アメリカの中心連合のジャーナル循環11月15日1995年、PPを見なさい。 2825-30)。 1つの調査はホモシステインの各3 umol/L増加により心臓発作の危険の35%の増加を引き起こしたことが分った(疫学1996年のアメリカ ジャーナルを見なさい; Vol. 143、第9、845-59)。

ホモシステインのレベルが7-8のumol/Lの下で保たれることを生命延長が推薦するという1つの理由はビタミンB6の大量服用達成、できるTMGおよび他のホモシステイン低下栄養素を取る時でさえ現実的にこれがベストについて老化人であることである。

右への図表はアメリカの中心連合の調査の結果を説明する: ホモシステインのレベルの増加増加は冠動脈疾患のための高められた危険に関連する。 危険のレベル: 15.0 =危険度が高い; 9.0 =軽度の危険; そして7.0 =危険度が低い。


ホモシステインの積み過ぎは300%心臓発作の危険を高める

心臓病の前の歴史無しの健康な米国の医者の調査からのデータは非常に高いホモシステインのレベルが5年の期間にわたる心臓発作の危険の三重増加より多くと関連付けられることを示した。 見つけるこれは14,916人のオスの医者(JAMA 1992年)を含んでいた医者の健康の調査の一部として出版された。 高いホモシステインが心臓病のための独立した危険率であることをFraminghamの中心の調査および他の調査は確認した。

C反応蛋白質(CRP)
発火はアテローム性動脈硬化および心臓病の開発そして進行のための主病原性のあるメカニズムである。 アテローム性動脈硬化は本質的に傷害への炎症性応答、低密度脂蛋白質(LDL)の高血圧、喫煙、食事療法の金持ち、およびhyperglycemiaのような、特にである。 これらの刺激はコレステロールの脂蛋白質の通風管と共に、本当らしい形態幹線壁に沿うatherosclerotic 「脂肪質の縞」のための基礎分子の分泌を引き出す。

これらの危険率はおよびatheroscleroticプラクTリンパ球の中で活動化させて炎症性細胞大食細胞、肥満細胞の魅力そして蓄積を促進し続ける。 酸素奪い取られた血管がずらされたプラク材料の部分と詰まるようになると同時に慢性の発火によって引き起こされるこのプラクの中断により心臓発作を引き起こすかもしれない。

C反応蛋白質は全身の発火の非常に敏感なマーカーで、冠状心臓病21および他の心循環器疾患の強力な 予言者として現れた。

感度が高いCRPテストは血管疾患の非常に初期で血のC反応蛋白質の存在を、でき、食事療法測定、補足、または炎症抑制療法の適切な介在を可能にする。

C反応蛋白質の上昇値はまたタイプをII糖尿病、年配者の表面上は健康な人々 23人のアルツハイマー病および不況の認識能力 22損失開発する危険と関連付けられるためにあった。 なお、アテローム性動脈硬化そして心臓病のための危険率は、煙ることおよび高血圧のような、高感受性CRPテストによって検出することができるC反応蛋白質の血レベルを24上げる 男性および女性の鋼板の試験の部分である。

自由な、complexed PSA (前立腺特定の抗原)
男性のパネルの一部として提供されて、PSAは前立腺癌を提案するかもしれない非常に敏感なマーカーである。 また前立腺によって関連付けられる治療上の養生法の効力を監視することを使用するかもしれない。

前立腺癌の危険は総PSAの絶対量を定めることまたは比較される自由なPSAのパーセントを計算することによってPSAを査定することができる(uncomplexedとcomplexed)合計するために。 ニューイングランドの医療ジャーナルの調査は正常なデジタル直腸の検査(DRE)を持つ患者の25%ことが分ったおよび4.0-10.0 ng/mlの総PSAのレベルに前立腺癌があった。25 同じ研究グループで、研究者は前立腺癌の危険が血清の自由なPSAのパーセントの減少と増加したことを計算した。

PSAの上昇値が必ずしも前立腺癌に信号を送らないかもしれない前立腺癌はPSAの表現と一緒に常に伴われないかもしれないことが注意されるべきで。 レベルは尿路感染症および燃え上がらせた前立腺の前で高いかもしれない。

ニューイングランドの医療ジャーナルで出版された別の調査では調査官は4.1 ng/ml (バイオプシーが現在推薦される)からのPSAの締切りを境界推薦した下げることを。 現在の境界で、「若者の癌の82%および老人の癌の65%」。逃されることが定められた26,27 しかし4.1 ng/mlの現在確認された締切りの下のレベル前立腺癌と温和な前立腺の病気の間で区別するかもしれなくない。

2.5 ng/ml上のPSAのレベル、か12年以下に行われるPSAのダブル タイムは、不安の原因であるかもしれない。

プロゲステロン
女性の試験板で含まれたプロゲステロンのレベルは(レベルは排卵の中間周期、時の間に最も高い) menstrual/排卵周期を追跡し、マーカーとして卵巣および副腎の腫瘍とleuteal卵巣嚢腫(増加されたレベル)のために使用されるかもしれない。 減らされたレベルはamenorrhea (月経の欠乏)、妊娠の胎児死およびtoxemiaと関連付けられる。 オーストラリアのアデレードの運動生理学の実験室は最近プロゲステロンおよびエストロゲンのレベルが脂肪質の新陳代謝、またより低い感知された努力のレベルの(月の中頃)持たれていた高められた率に最も高くあったときにことをピーク ホルモン レベルの時の間に練習からのより多くの利点を提案する時の間に運動した女性報告した。28

proinflammatory cytokines TNF-a、IL-6、IL 1bおよびIL-8のための全身の発火そしてテスト
C反応蛋白質の存在が発火を示す間、(C反応蛋白質を調整する)のためのテストは特定のproinflammatory cytokines発火の根本的な原因を識別するかもしれない。

Cytokinesはボディのほぼあらゆる細胞によって総合され、「圧力に応じてだけ一般に」。作り出される細胞成長因子である 主に白血球(白血球)、cytokinesへの分泌されてホストの応答をから伝染、免疫反応、発火および外傷調整しなさい。 Cytokinesはproinflammatory (病気を悪化させれば)炎症抑制であるかもしれない(発火を減らし、直ることを促進しなさい)。 ある調査は病気への感受性が親および炎症抑制のcytokines間の不均衡に起因するかもしれないことを提案する。29

また不況が直接proinflammatory (主にIL-6) cytokinesの生産を刺激するまたは細胞免疫反応(すなわち、延長された伝染および遅らせられた治療の燃料によって支えられるcytokineリリース)のことを調整によって間接的に生産を刺激することができるという数々の証拠がある。30

親炎症性cytokineのパネルは血の最も危ない炎症性cytokinesの異常にハイ レベルを検出する: 腫瘍の壊死のベータ要因(TNF-a)、interleukin1 (IL 1b)、interleukin6 (IL-6)、およびinterleukin8 (IL-8)。

腫瘍の壊死の要因アルファ
TNF-aに生物作用の広い範囲があり、TNF-aのための受容器はほぼすべての細胞で見つけられるかもしれない。 主に活動化させた大食細胞、TNF-aによって作り出されて好中球の方の腫瘍の細胞に対するcytolytic (有害)およびcytostatic (抑制の)効果、およびショーのchemotactic (敏感な)活動を持っている。 ハイ レベルは敗血症、自己免疫疾患、さまざまな感染症、慢性関節リウマチ、炎症性腸疾患および移植の拒絶の場合で見られるかもしれない。

TNF-aの上昇値はまた高血圧の人々、31にあり、 心臓病の危険とIL-6とともに関連付けられるかもしれない。32 Verdeccia等による調査で、TNF-aのレベルは幹線流れ仲介された膨張が高血圧および慢性の発火によって影響されたら確認する高血圧の有無にかかわらず人で測定された。 調査官は高血圧のグループで血圧が抗高血圧薬の薬物と制御されたかどうかそれをにもかかわらず、幹線流れ仲介された膨張かなり損なわれた見つけた。 このグループはまた制御の血圧にもかかわらず耐久性がある発火を示すTNF-aのハイ レベルを示した。 この調査は血圧が制御の下にある時でさえ、hypertensivesはまだ慢性の炎症性侮辱によって引き起こされる幹線壁の裏地への連続的な損傷(endothelial機能障害)に苦しむことを示した。 これらの調査結果はどの位内部の壁の(endothelial)幹線損傷が起こっているかTNF-aが査定することができるようにhypertensivesはテストされる血があるべきであることを示す。 TNF-aのレベルが高ければ、炎症性滝を抑制する積極的な療法は考慮されるべきである。

7の ページで 4続けられる

生命延長基礎を今結合しなさい