生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年5月
黄斑の退化に於いての栄養物の役割
デニスL. Gierhard、PhD著

概要および予言
ゼアキサンチンは最も新しい酸化防止剤の1ついままで常にで、人間の食事療法の自然発生する部品だった。

もっともらしい理論はゼアキサンチンが適切な目の機能および保護のための「批判的に必要な栄養素」であるかもしれないこと他を支えるために推測提言される。3つは この理論行動を変え、目の減少年齢関連の退化に果物と野菜の食餌療法の消費を高める必要性を提案する。 証拠はルテインのより食事療法からのゼアキサンチンのハイ レベルを得ることは補足が好ましいかもしれないことを示す困難かもしれないことを提案し。 ルテインと比較される独特なそれによりよい親脂性の酸化防止およびphotoprotectantする特性および微妙な構造相違があるのでゼアキサンチンが目のティッシュによって好まれるという十分な証拠がある。

ゼアキサンチンの3-6のmg /dayの食餌療法の補足は退化的な眼疾患を引き締める危険を減らすかもしれない。 かなりより高くゼアキサンチン(ない異性体のmesoゼアキサンチン)の食餌療法取入口は高いリスクのためのまたは黄斑の退化および激流の高度の徴候の個人のために重要かもしれない。 ゼアキサンチンと関連付けられる他の医療補助はまた注意された。

近い将来に、私達ははっきり退化的な眼疾患のゼアキサンチンの重要性を定義するように基礎研究、動物実験および試みる客観的な二重盲目臨床試験を期待してもいい。 食餌療法の酸化防止剤およびゼアキサンチンの高い取入口が危険を減らし、退化的な眼疾患ことをの進行を遅らせることの要因であるために示されることは本当らしい。 他の重要なphytonutrientsは目の老化の効果の遅延のゼアキサンチンと共働作用して機能するためにがまた本当らしい。 科学が最も重要で退化的なメカニズムを明瞭にするおよび遺伝学が遺産問題およびメカニズムでライトを照らすので、補足はこれらの必要性に対応する市場にある。 激流の流行および進行がゼアキサンチンの結合された研究および目の栄養の生物化学の前進から寄与することは将来ややそれ以上に見て、本当らしい。33は この前進退化的な眼疾患に結ばれた医療保障の支出の成長の肯定的な経済的な影響があることができる。 多分同じ影響は目および黄斑の退化の糖尿病性の複雑化に関して見られる。 今日米国のほぼ15,000,000人の乾燥した黄斑の退化の被害者および方法の多くによって、減らされた発生および進行率は歓迎されている。

薬剤およびバイオ企業はぬれた黄斑の退化の破壊の効果を扱うための冷たいレーザーそしてangiogenesisの抑制剤を開発している。35の これらの処置はほとんどすべて単一の分子か不必要な血管を防ぐか、または破壊するために単一の細道を目標とする。 ゼアキサンチンが目のための単一の最も重大な栄養素であるかもしれない間、価値は多数の栄養素の高い食餌療法取入口と共に多分ある。 最終的に栄養の介在(目の早い侮辱そして圧力を調整するため防ぎ、)および複雑にされた治療の集中性がある(ぬれた黄斑の退化の非常に遅く、積極的な血管の成長のために)。

次世代は生命以内にそれらの重要な事柄を見られる。 一方、時日曜日で健康(の多く果物と野菜、減らされた脂肪および増加された魚油)食べ、ゼアキサンチンおよび他の酸化防止剤のあなたの食餌療法取入口を高め、止め、それらの余分ポンドをたばこを吸うことを失い、心循環器疾患のためにあなたの危険率を見、あなたの目を保護できる。

著者について
Gierhart先生は1973年および1974年にオハイオ州立大学から彼のBSおよびMSの程度を受け取り、食糧の彼のPhDおよび1978年にコーネル大学からの産業微生物学を得た。 ZeaVisionを創設する前に、Gierhart先生はApplied Food Biotechnology、Inc.の食糧/供給の原料の会社の創設者そして大統領だった。 応用食糧人間工学を創設する前に、Gierhart先生は2人のFortune 500の食品会社のための団体の研究計画を指示した。

参照

1. ルテインおよびゼアキサンチンの年齢関連の黄斑の退化のための危険の減少へのmaculaのluteaのカロチノイドのSchalch W. Possibleのの貢献、: 検討。 HKJ Ophthalmol。 4(1).

2. Seddon JM。 栄養物および年齢関連の眼疾患。 VNIS Backgrounder。 3(1).

3. Semba RD、Dagnelie G。 ルテインおよびゼアキサンチンは目の健康のための条件付きで必要な栄養素であるか。 Medの仮説。 10月2003日; 61(4): 165-72。

4. Krinsky NI、Landrum JTの骨のRA。 目に於いてのルテインおよびゼアキサンチンの保護役割の生物的メカニズム。 Nutr AnnuのRev。 2003:23:171-201.

5. Krinsky NI。 キサントフィルの保護役割のための可能な生物的メカニズム。 J Nutr。 3月2002日; 132(3): 540S-542S.

6. Roche NDI。 で利用できる: http://www.fda.gov/のohrms/事件要領書/dockets/95s0316/rpt0096_01.pdf。 2004年2月27日アクセスされる。

7. Snodderly DM。 カロチノイドおよび酸化防止ビタミンによる年齢関連の黄斑の退化に対する保護のための証拠。 AM J Clin Nutr。 12月1995日; 62 (6suppl): 1448S-1461S.

8. Zaripheh Sのキサントフィルの生物学的利用能に影響を及ぼすErdman JW Jr.の要因。 J Nutr 3月2002日; 132(2): 531S-534S.

9. ロバPerlman JA、Millen AE、Ficek TL、Hankinson SE。 港を少し食べる証拠のボディは慢性疾患の延期でルテインのための保護役割およびzeaxan-薄くなる。 概観。 J Nutr。 3月2002日; 132(3): 518-524S.

10. フォードES、劉S、Mannino DM、Giles WH、スミスSJ。 米国の大人間の血のビタミン、カロチノイドおよびセレニウムのC反応蛋白質の集中そして集中。 Eur J Clin Nutr。 9月2003日; 57(9) 1157-63。

11. Suzuki K、Ito Y、Ochiai J、等肥満間の関係および日本語の酸化圧力およびinflamma-のtionの血清のマーカー。 アジアPac Jの蟹座Prev。 2003日7月9月; 4(3): 259-66。

12. Granado F、Olmedillo B、Blanco I. Nutritionalおよび人間の健康のルテインの臨床関連性。 Br J Nutr。 9月2003日; 90(3):487-502.

13. Nishino H. Murakosh M李Tの等癌のchemopreventionのカロチノイド。 蟹座の転移のRev. 2002年; 21 (3-4): 257-64。

14. 咀嚼BPの公園JS。 免疫反応のカロチノイドの行為。 J Nutr。 1月2004日; 134(1): 257S-261S.

15. Gonzalez S、Astner S、W、Goukassian D、Pathak MA。 食餌療法のルテイン/ゼアキサンチンは毛のないマウスの紫外B誘発の表皮のhyperproliferationそして激しい発火を減らす。 JはDermatolを投資する。 8月2003日; 121(2) 399-405。

16. Toyoda Y、トムソンL、Langner A、等ゼアキサンチンのティッシュのdistri-のbutionに対する食餌療法のゼアキサンチンの効果およびウズラのルテイン。 IOVS. 4月2002日; 43(4): 1210-21。

17. 骨のRA、Landrum JT、Tarsis SL。 人間の黄斑の顔料の予備の同一証明。 視野Res。 1985;25(1):1531–5.

18. Bernstein PS、Khachik F、Carvalho LS、Muir GJ、肇DY、Katz NB。 人間の目のティッシュのカロチノイドそして代謝物質の同一証明そしてquantitation。 Exp.はResを注目する。 3月2001日; 72(3): 215-23。

19. Handelman GJ、Dratz EA、Reay CC、ヴァンKuijk JG。 人間のmaculaおよび全網膜のカロチノイド。 Investig Ophthalmolの気力Sci。 6月1988日; 29:850-5。

20. 骨のRA、Landrum JT、フェルナンデスL、Tarsis SL。 高性能液体クロマトグラフィーによる黄斑の顔料の分析: 網膜の配分および年齢は調査する。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 1988;29(6):843–9.

21. 骨のRA、Landrum J、Himeギガワット、Cains A、人間の黄斑のカロチノイドのZamor J. Stereochemistry。 IOVS. 5月1993日: 34(6): 2003-40年。

22. Seddon JM、Ajani UA、Sperduto RD、等食餌療法のカロチノイド、ビタミンA、CおよびEおよび進められた年齢関連の黄斑のdegenera-のtion。 JAMA. 11月1994日9日; 272(8): 1413-20。

23. Wald G. Humanの視野およびスペクトル。 科学。 1945;101:653–658.

24. Nussbaum JJ、Pruett RCのDelori F. Historicのの見通し: 黄斑の黄色い顔料。 最初の200年。 網膜。 10月1981日12月; 1(4): 296-310。

25. Yeum KJ、テイラーAの独特の味GのラッセルRM。 人間レンズのカロチノイド、retinoidsおよびトコフェロールの測定。 Investig Ophthalmolの気力Sci。 12月1995日; 36(13): 2756-61。

26. Lyle BJのロバPerlman JA、Klein BEK、Klein R、Greger JL。 ビーバーのダムの目の事件の年齢関連の核激流の酸化防止取入口そして危険は調査する。 AM J Epidemiol。 5月1999日1日; 149(1): 801-9。

27. Lyle BJのロバPerlman JA、Kleinは、等年齢関連の核激流の血清のカロチノイドおよびトコフェロールおよびinci-のdenceある。 AM J Clin Nutr。 2月1999日; 69(2): 272-7。

28. ロバPerlman JA、Lyle BJ、Klein R、等。人口ベースの調査のビタミンの補足の使用および事件の激流。 アーチOphthalmol。 11月2000日; 118(11): 1556-63。

29. Chasan-Taber L、Willett WC、Seddon JM、等。 カロチノイドおよびビタミンAの取入口の前向き研究および米国の女性の激流のextrac-のtionの危険。 AM. J. Clin。 Nutr。 10月1999日; 70(4): 509-16。

30. ブラウンL、Rimm EB、Seddon JM、等。 カロチノイドの取入口の前向き研究および米国の人の激流の抽出の危険。 AM. J. Clin。 Nutr。 10月1999日; 70(4): 517-24。

31. ジェイクスPF、ChylackのLTジュニア、Hankinson SE、等長期栄養取入口および早い年齢関連の核レンズのopacities。 アーチOphthalmol。 7月2001日; 119(7): 1009-19。

32. Berendschot TT、Broekmans WM、Klopping-Ketelaars IA、Kardinaal AF、ヴァンPoppel Gの年齢関連の激流のための栄養の決定要因そして可能な危険率に関連するヴァンNorren D.レンズの老化。 アーチOphthalmol。 12月2002日; 120(12): 1732-7。

33. 目のテイラーA. Nutritionalそして環境の影響。 Boca Raton、FL: CRCの出版物; 1999:215-50.

34. 国民の目の協会。 で利用できる: http://www.nei.nih.gov/。 2004年2月27日アクセスされる。

35. 日曜日H、Nathans J。 黄斑の退化の挑戦。 Sci AM。 2001Oct; 285(4): 68-75。

36. Weiter JJ、Delori F、Dorey CK。 環状の黄斑の退化の中央スパーのing。 AM J Ophthalmol。 9月1988日15日; 106(3): 286-92。

37. 骨のRA、Landrum JT、Mayne ST、ゴーメッツCM、ティボールSE、Twaroska EE。 AMDの有無にかかわらず供給の目でment黄斑のブタ: 場合制御の調査。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 1月2001日; 42(1): 235-40。

38. Schalch W、Dayhaw Barker P、Barker FM II。 人間の網膜のカロチノイド。 : 目の栄養および環境の影響。 Boca Raton、FL: CRCの出版物; 1999.

39. 第3国民の健康および栄養物の検査の調査でulopathy年齢関連のレインコートへの食事療法のロバPerlman JA、フィッシャーAI、Klein R、等ルテインおよびゼアキサンチンおよび血清および関係。 AM J Epidemiol。 2001;153:424–432

40. AREDSの研究グループ。 年齢関連の眼疾患の調査(AREDS): ビタミンCおよびEとの高線量の補足のランダム化された偽薬制御臨床試験、年齢関連の黄斑の退化および視野の損失のためのベータ カロチンおよび亜鉛。 AREDSのレポート#8.のアーチOphthalmol。 10月2001日; 119(10): 1417-36。

41. 疾風のCR、ホールNFのフィリップス ディディミアム、マーティンCN。 年齢関連の黄斑の退化のルテインおよびゼアキサンチンの状態そして危険。 Opthalmolの気力Sciを投資しなさい。 6月2003日; 44(6): 2461-5。

42. Sujak A、Gabrielska J、Grudzinski W、Borc R、Mazurek P、Gruszecki WI。 酸化損傷に対する脂質のmem-のbranesの保護装置としてルテインそしてゼアキサンチン: struc-のtural面。 アーチBiochem Biophys。 11月1999日15日; 371(2): 301-7。

43. 年配の人間の脳の技術N、Haitema T、Garnett K、Fitch K、Dorey K. Carotenoid、トコフェロールおよびretinolの集中。 J Nutrの健康および老化。 2004年(出版物で)。

44. トムソンL、Toyoda Y、Langner A、等ウズラの光誘導光受容体の細胞死の高い網膜のゼアキサンチンおよび防止。 IOVS. 11月2002日; 43(11): 3535-49。

45. トムソンL、Toyoda Y、Delori Fは、等zeaxan薄いの長期食餌療法の補足ライト傷つけられた日本のウズラの光受容体の死を減らす。 Exp.はResを注目する。 11月2002日; 75(5): 529-42。

46. Dorey CK、チェンKM、Gierhart DL、技術NE。 レンズのzeaxan-の食餌療法の処理はウズラで薄くなる。 ARVO. 2003年; 抽象的な#207/B182。

47. HammondのBRジュニア、ジョンソンEJのラッセルRM、等人間のmacu-のlarの顔料密度の食餌療法の修正。 Investig Ophthalmolの気力Sci。 8月1997日; 38(9): 1795-801。

48. Garnett KM、Guerra LH、子ヒツジJD、等ルテインまたはゼアキサンチンとの補足への血清および黄斑の顔料の応答。 Assoc Resの気力Ophthalmol。 2002年; 43:2820 (ABS)。

49. 骨のRA、Landrum JT、Guerra LH、Ruiz CA。 ルテインおよびゼアキサンチンの食餌療法のしなやかなmentsは人間のこれらのカロチノイドの黄斑の顔料の密度および血清の集中を上げる。 J Nutr。 4月2003日; 133(4): 992-8。

50. ジョンソンEJ、HammondのBR、Yeum KJ、等ルテインの血清およびティッシュのconcentra-のtions間の関係およびゼアキサンチンおよび黄斑の顔料密度。 AM J Clin Nutr。 6月2000日; 71(6): 1555-62。

51. 石のCL、血および食事療法のルテインのThornquist MD、Neuhouser ML、等食事療法および生活様式の相互的関係。 J Nutr。 3月2002日; 132(3): 525S-530S.

52. Olmedilla B、Granado F、Blanco IのヴァケロスM、激流および年齢関連の黄斑のdegenera-のtionの患者のCajigal C. Lutein: 長期補足の調査。 J Sciの食糧Agric。 2001;81:904–9.

53. MassacesiのAL、等。 AMDの防止に対する黄斑のカロチノイドの口頭一口のplementationの効果。 ARVO 2001年; 抽象的な#1261。

54. Olmedilla B、Granado F、BlancoはIのヴァケロスM. Luteinしかしアルファ トコフェロールのしなやかなmentation年齢関連の激流を持つ患者の視覚機能を改善する。 栄養物。 1月2003日; 19(1): 21-24。

55. より豊富なSP等。 ルテインの酸化防止一口のplementationの試験。 ARVO 2002年; mtgのabst #2542。

56. Beatty Sの水酸化カリウム溶液H、フィルM、Henson D、Boulton M。 年齢関連の黄斑の退化の病因に於いての酸化圧力の役割。 Surv Opthalmol。 9月2000日10月; 45(2): 115-34。

57. Ueda T、Ueda Tの福田S、等脂質のヒドロペルオキシド誘発の腫瘍の壊死のfac-の岩山(tnf) –ウサギの角膜のアルファ血管内皮細胞増殖因子そしてneovacularization: TNFの阻止の効果。 Angiogenesis。 1988;1(2):174-184.

58. アームストロングD、Ueda T、Ueda Tの等脂質のヒドロペルオキシドは腫瘍壊死要因–アルファ血管内皮細胞増殖因子および血小板得られた成長因子の表現によってウサギの網膜の網膜のneovascu-のlarizationを刺激する。 Angiogensesis。 1988;2(1):93-104.

59. Davies NP、Morland AB。 糖尿病で一致する色: 結晶レンズおよび黄斑の顔料の光学濃度。 Investig Ophthamolの気力Sci。 1月2002日; 43(1) 281-9.

60. ニルソンSE、Sundelin SP、Wihlmark U、Brunk UT。 培養された網膜のブタのment上皮細胞の老化: 酸化反作用、lipofuscinの形成および青く軽い損傷。 DOC Opthalmol。 1月2003日; 106(1): 13-6。

61. Khachik F、Bernstein PSの花輪DL。 人間および猿の網膜のルテインおよびゼアキサンチンの酸化プロダクトの同一証明。 Ophthalmolの気力Sciの投資。 8月1997日; 38(9): 1802-11。