生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

薬(付録)による死

ギャリーの0によって、PhD; MD、ND Carolynの学部長; マーティン フェルドマン、MD; デボラRasio、MD; そしてドロシー スミス、PhD

テクノロジー アセスメント(OTA)のオフィス

8 Countries 1995年のヘルスケアの技術そして査定。

概要の事実
  1. 1990年に、米国の平均余命は人のための71.8年および先進国の最も低い率間の女性のための78.8年、だった。
  2. 米国の1990年の米国の乳児死亡率はすべての先進国間の配分の最下の半分の1,000の生児出生ごとの9.2、だった。
  3. 健康状態は社会経済的地位に関連する。
  4. ヘルスケアは普遍的ではない。
  5. ヘルスケアは固定予算無しでフリー マーケット システムか拡張の限定に基づいている。
  6. ヘルスケアは米国国民総生産(1993年に$800十億)の14%を占める。
  7. 連邦政府はそれが高齢者達および何人かの貧しい人々のためのヘルスケアの主要な購入者であるけれども、中央計画をしない。
  8. アメリカ人は他の先進国の人々より彼らのヘルスケア・システムにより少なく満足する。
  9. 米国の薬は高い医学の技術を専門にする; 一部の大きい米国都市にほとんどの国より磁気共鳴のイメージ(MRI)の走査器がある。
  10. 医学研究および薬剤の開発の巨大な公衆そして民間投資は運転するこの「科学技術の軍備競争を」。
  11. ヘルスケアの技術開発を抑制するためのどの努力でも医学技術の企業の否定的な影響について心配する政策担当者によって反対される。
病院
  1. 1990年に、米国に100,000人口ごとの5,480軒の激し心配の病院が、880軒の専門(精神医学、長期心配およびリハビリテーション)の病院および340軒の中央政府(軍隊、ベテランおよびネイティブ アメリカン)病院、または2.7軒の病院があった。
  2. 1990年に、33,000,000の入場のための滞在の平均長さは9.2日だった。 ベッド オキュパンシー レートは66%だった。 滞在の長さは他の国より低い短いおよび入場率だった。
  3. 1990年に、米国に1,000人口ごとの615,000人の医者、か2.4があった; 33%は初期治療(家族薬、内科および小児科)であり、67%は専門家だった。
  4. 1991年に、政府運営のヘルスケア出費は$81十億を合計した。
  5. 総米国のヘルスケア出費は1950年に$70十億からの1991年に$752十億に上がった。 出費は一人につき5重に育った。
  6. 高められたヘルスケア出費の理由は下記のものを含んでいる:
    1. 不良処置訴訟を避けるサービスの拡大を用いる防御的な薬の高い費用、もっぱら。
    2. 防御的な薬に基づく米国のヘルスケアは1つの源に従って1年ごとのほぼ$45十億、か総ヘルスケア出費の約5%を、要する。
    3. 新しい医学の技術の供給そして使用は高められたヘルスケア出費にほとんどを、論争する多くの分析者を貢献した。 これらの費用は量を示してが不可能である。
  7. ヘルスケアの費用を制御する理由の政府の試みは下記のものを含んでいる失敗した:
    1. 私用保険業者、病院システム、医者および薬剤および医学装置工業を含むヘルスケアの融資そして構成の市場の刺激および利益動機介入。
    2. 拡張は自由企業の目的である。

健康に関連する研究開発

  1. 米国は健康に関連するR & Dに他のどの国もより多くを使う。
  2. 1989年に、連邦政府はR & Dに民間産業は付加的な$9.4十億を使ったが、$9.2十億を使った。
  3. 総米国R & Dの支出は50% 1983年に1992年から上がった。
  4. NIHは米国の政府R & Dの資金の半分について受け取る。
  5. NIHは人間(1989年に$519百万)の治療の臨床試験より基礎研究(1989年に$4.1十億)に多くを使った。
  6. 臨床試験のほとんどは有効性が多くの場合未知および不審であるのに、癌のための新しい処置議定書およびエイズの複雑化を評価し、既存の処置を調査しない。
  7. 1990年に、NIHはちょうどメタ分析および費用効果分析をし始めた。
薬剤および医学装置工業
  1. 企業の$9.4十億予算の約3分の2は研究に薬剤を入れることを行った; 装置製造業者は残りの3分の1を使った。
  2. R & Dに加えて、医療産業はプロダクトの促進に総販売の24%および開発の総販売の15%を使った。
  3. 1990年に総マーケティングの費用は$5十億にあった。
  4. 多くのプロダクトは既存のプロダクト上の利点を提供しない。
  5. 公共および私用ヘルスケアの消費者はこれらのプロダクトを買う。
  6. ヘルスケア出費が問題として感知されれば、非常に有益な製薬業は問題を悪化させる。
制御のヘルスケアの技術
  1. FDAは薬剤、biologicsおよび医療機器の安全そして効力を保障する。
  2. FDAは療法の費用を考慮しない。
  3. FDAは療法の有効性を考慮しない。
  4. FDAは現在販売されたプロダクトとプロダクトを比較しない
  5. FDAはある特定の臨床問題のためのnondrugの代わりを考慮しない。
  6. それは販売するために開発費の$200新しい薬剤を持って来るように,000,000を要する。 援助薬剤の利益団体は承認審査方式のスピードをあげる新しい規則を強制した。
  7. そのような薬剤はより大きい後マーケティングの監視の条件に応じてあるべきである。 1995年現在で、これらの準備はまだ始まっていない。
  8. 多数は薬剤の前承認のテストの減少が重要な未知の毒性の可能性を開けることを論争する。
ヘルスケアのテクノロジー アセスメント
  1. 技術を評価する失敗は限られた出版されたデータ(10-20%)によって支えられた多くの共通の医療行為の例のOTAからの1978レポートの焦点だった。
  2. 1978年に、議会は医療保障およびメディケイドに助言するためにヘルスケアの技術(NCHCT)のための国民の中心を作成した。
  3. $4,000,000の年間予算によって、NCHCTは3つの広い査定を優先順位の高い技術のそして作られた医療保障への約75の適用範囲の推薦に出版した。
  4. 議会は1981年にNCHCTを解散させた。 医療専門家はそれに最初から反対した。 AMAは「臨床政策解析および判断がよりよかったり作および医療専門家作の中に責任がああっている1981年に議会の前に証明した。 危険および費用、また利点を査定することは、であるずっと長年に渡るよい医学の判断の練習に中央」。
  5. 医療機器のロビーはまたNCHCTによって政府の手落ちに反対した。

ヘルスケアの適切な管理の欠乏の例

冠動脈疾患のための処置

  1. 1970年代初期以来、冠状動脈バイパス外科(CABGS)の数は政府規制か臨床試験なしに急速に上がった。
  2. 単一の容器の病気のための血管形成は1978年にもたらされた。 血管形成の最初の出版された試験は対治療1992年に行われた。
  3. 血管形成は促進されたように、CABGSの数を減らさなかった。
  4. プロシージャは両方とも患者数がより古く、病気に育つと同時に毎年総計で増加する。
  5. 使用の率は白人の患者および私用保険の患者でより高く、これらのプロシージャの使用が非臨床要因に基づいていることを提案する地理的地域によって非常に変わる。
  6. 1995年現在で、NIHの一致プログラムは1980年以来のCABGSを査定しなかったし、決してずっと血管形成を査定していない。
  7. ランドの研究者は1990年にニューヨークのCABGSを評価した。 彼らは1,300のプロシージャを見直し、見つけられた2%は不適当だった、90%は適切であり、7%は不確かだった。 1,300血管形成のために、4%不適当および不確かな38%はだった。 ランドの方法を使用して、イギリスの医者のパネルは同じ臨床場合を評価する米国のパネルが」不適当なそのプロシージャを「二度評価した。 ニューヨーク数はニュー ヨーク州が外科中心の数を限り、ニューヨークの心臓外科医の一人につき供給が国民平均の約2分の1であるので疑わしい。
  8. 推定5年の費用は血管形成のための$33,000およびCABGSのための$40,000である。 血管形成はない高い故障率による安価。
コンピュータ断層撮影(CT)
  1. 米国の最初のCTの走査器は1973年にメイヨー・クリニックに取付けられていた。 1992年までに、米国の操作上CTの走査器の数は6,060になった。 1993年に比較すると、カナダに216のCTの単位があった。
  2. 少し入手可能な情報がCTスキャンがいかにで忍耐強い結果を改善するか、または影響を与えるかある
  3. ある施設では、行われたスキャンの90%まで否定的だった。
  4. FDAによる承認はCTの走査器に要求されなかった、安全または効力のどの証拠でもあった。
磁気共鳴イメージ投射(MRI)
  1. MRIsは1978年にイギリスと1980年に米国で導入された。 1988年までに、2,800と3,000の間の1992年までに1,230単位行い。
  2. 診断正確さまたは治療上の選択の将来の比較だった5,000の30以下の調査見つけられる1994で出版される限定的な検討。
  3. 医者のアメリカの大学はMRIの調査を査定し、「弱いように17の試験の13を」、すなわち評価し、治療上の影響または忍耐強い結果に関するデータに欠けている。
  4. 完了されるOTA: 「それは病院、医者企業家および医療機器の製造業者が高利益の潜在性の商品としてMRIおよびCTに近づいた、これらのプロシージャの獲得そして使用の意志決定はこのアプローチによって非常に影響を及ぼされたこと明白であり。 要求を正当化する臨床評価、適切で忍耐強い選択および一致の供給は二次力として見られるかもしれない」。
Laparoscopic外科
  1. Laparoscopic cholecystectomyは遅い1989年に専門の外科社会の会合でもたらされた。 1992年までに、すべてのcholecystectomiesの85%はlaparoscopically行われた。
  2. 行われたcholecystectomiesの数に30%の準の増加があった。
  3. 胆嚢操作の高められた容積のために、総額は外科ごとの平均原価の25.1%低下にもかかわらず1988年と1992年の間の11.4%を、増加した。
  4. 胆嚢の外科のための死亡率はより危険度が低いのの結果としてそう多くが行われたので低下しなかった。
  5. 調査が完全処理患者で最終的に行われたときに、結果はlaparoscopic cholecystectomyが限られた活動の減らされた入院患者の持続期間、減らされた苦痛および短期間と関連付けられたことを示した。 しかし高められた胆管および主要な容器の傷害およびそれの率はこれらの率が激しい胆嚢炎を持つ人々のためにより悪かったこと提案された。 臨床試験はこの問題を明白にするために行われなかった。
  6. 相当な媒体の注意によって燃料を供給された忍耐強い要求はこれらのプロシージャの急速な採用の促進の主要な力だった。
  7. laparoscopic装置の主要な製造業者は1989年にプロシージャをもたらしたビデオを作り出した。
  8. 医者は患者の外科を行う前の2日間の訓練セミナーを与えられた。
幼児死亡率
  1. 1990年に、米国は1,000の生児出生ごとの9.2の死の率の38の先進国の幼児死亡率の第24にランク付けした。
  2. 米国の黒い幼児死亡率は白のための8.8と比較される1,000の生児出生ごとの18.6である。
乳癌のためのスクリーニング
  1. 50以下の女性の乳房撮影スクリーニングは討論の主題いままで常にだった。
  2. 1992年に、50,000人の女性のカナダの国民の乳癌の調査は乳房撮影が老化した女性40-50のための死亡率に対する効果をもたらさなかったことを示した。
  3. 国立癌研究所(NCI)は乳房撮影の推薦を変えることを断った。
  4. アメリカの癌協会は乳房撮影のより多くの調査を待つことにした。
  5. 1993年12月では、NCIは50上の女性は2年に定期的なスクリーニングが各自あるべきであるが、こと若い女性が乳房撮影から利点を得ないことを発表した。

概要

  1. 完了されるOTA: 「ない臨床価値にもかかわらず技術の散布を限るメカニズムが」。
    このレポートの解放後間もなくして、OTAは解散した。
参照
  1. Lazarou J、Pomeranz BH、Corey PN。 入院させた患者の不利な薬剤反作用の発生: 前向き研究のメタ分析。 JAMA . 4月1998日15日; 279(15): 1200-5。
  2. 抗生物質の過剰使用についてのRabin R. Caution。 Newsday 。 2003年9月18日。
    2a. 疾病予防対策センター。 CDCの抗菌抵抗および抗生の抵抗一般的な情報。 で利用できる: http://www.cdc.gov/drugresistance/community/。 2003年12月13日アクセスされる。
  3. 計算のために詳しく述べなさい、見なさい「不必要な外科」。を 源: HCUPnet、ヘルスケアの費用および利用は写し出す。 医療研究および質、ロックビル、MDのための代理店。 で利用できる: http://www.ahrq.gov/data/hcup/hcupnet.htm。 2003年12月18日アクセスされる。 米国の議会の下院小委員会の手落ちの調査。 ヘルスケアの費用そして質: 不必要な外科 。 ワシントンD.C.、: アメリカ連邦政府出版局; 1976年。 で引用される: 世界カイロプラクティック連合の教育のためのMcClelland GB、基礎および研究。 世界カイロプラクティック連合の諮問委員会復員軍人援護局への証明。 2003年3月25日。
  4. 計算のために詳しく述べなさい、見なさい「不必要な入院」。を 源: HCUPnet、ヘルスケアの費用および利用は写し出す。 医療研究および質、ロックビル、MDのための代理店。 で利用できる: http://www.ahrq.gov/data/hcup/hcupnet.htm。 2003年12月18日アクセスされる。 SiuのAL、WGに人を配置しているSonnenberg FAは等健康保険のランダム化された試験の病院の不適当な使用計画する。 NイギリスJ Med 。 11月1986日13日; 315(20): 1259-66。 WGに、ベンジャーミンB. Patient人を配置するのSiuのALは不適当な入院と提供者および病院の特徴関連付けた。 AM Jの公衆衛生 。 1990年の10月; 80(10): 1253-6。 Eriksen BO、Kristiansenは、Nord E、等ある。 不適当な入場の費用: 内科の部門の医療補助そして資源の利用の調査。 JはMedを実習する 。 10月1999日; 246(4): 379-87。
  5. U.S. 保健統計のための国民の中心。 国民の人口統計は、Vol. 51、第5、2003年3月14日報告する。
  6. トマス、EJ、Studdert DM、Burstin HR、等ユタおよびコロラド州の不利なでき事そして怠慢な心配の発生およびタイプ。 Medの心配。 3月2000日; 38(3): 261-71。 トマス、EJ、Studdert DM、Newhouse JPはユタおよびコロラド州の医学の傷害の、等要する。 照会 。 1999落下; 36(3): 255-64。 [2つの参照。]
  7. XakellisのGC、Frantz R、長期心配の圧力潰瘍の防止のルイスA. Cost。 AM Geriatr Soc。 5月1995日; 43(5): 496-501。
  8. Barczakカリフォルニア、Barnett RI、Childs EJ、Bosley LM。 第4国民圧力潰瘍の流行の調査。 ADVは心配を傷つける 。 1997日7月8月; 10(4): 18-26。
  9. WeinsteinのRA。 Nosocomial伝染の更新。 EmergはDisを感染させる 。 1998日7月9月; 4(3): 416-20。
  10. Nosocomialおよびヘルスケア準の伝染の第4 10年間の国際会議。 疾病率および死亡率の週報。 2000年2月25日、Vol. 49、第7、p.138。
  11. KayserジョーンズJ、鐘JP、ハンバーガーSG。 療養所の栄養不良そして脱水: 防止および処置の重要な問題。 療養所の改良のための国民の市民の連合。 2000年6月。 で利用できる: http://www.cmwf.org/programs/elders/burger_mal_386.asp。 2003年12月13日アクセスされる。
  12. Starfield B。 米国の健康は実際に世界のベストであるか。 JAMA . 7月2000日26日; 284(4): 483-5。 米国の医療のStarfield B. Deficiencies。 JAMA . 11月2000日1日; 284(17): 2184-5。
  13. HCUPnet、ヘルスケアの費用および利用は写し出す。 医療研究および質、ロックビル、MDのための代理店。 で利用できる: http://www.ahrq.gov/data/hcup/hcupnet.htm。 2003年12月18日アクセスされる。
  14. 忍耐強い安全の全国的な投票: 100,000,000人のアメリカ人は医学間違いを直接それらに触れることを見る[新聞発表]。 McLean、VA: 国民の忍耐強い安全基礎; 1997年10月9日。
  15. 保険計理人の医療補助システムの社会は進歩委員会を練習する。 米国の悩まされていた ヘルスケア・システム 。 2003年9月13日。 で利用できる: http://www.soa.org/sections/troubled_healthcare.pdf。 2003年12月18日アクセスされる。
  16. Leape LL。 薬の間違い。 JAMA . 12月1994日21日; 272(23): 1851-7。
  17. 入院させた患者の不利なでき事のa.Brennan TA、Leape LL、地主NM、等発生および怠慢。 ハーバード医療行為の結果はI.N イギリスJ Medを調査する 。 2月1991日7日; 324(6): 370-6。
  18. 例えばキャンベル、Weissman JS、Clarridge B、Yucel R、Causino N、制度上の審査委員会で役立っている衛生学校の教職員のBlumenthal D. Characteristics: 国民の調査の結果。 Acad Med 。 8月2003日; 78(8): 831-6。
  19. 医療専門家内の可能な利害衝突。 HealthDayNews。 2003年8月15日。
  20. 世界保健機構。 新聞発表の報告#9. 2001年12月17日。
  21. Angell M。 学術の薬は販売のためであるか。 NイギリスJ Med 。 5月2000日18日; 342(20): 1516-8。
  22. McKenzie J.の利害衝突か。 医学ジャーナルは独立した医者[コピー]見つけることの方針を変える。 ABCニュース。 2002年6月12日。
  23. Crossen C. Tainted Truth: アメリカの事実の 処理 。 ニューヨーク、NY: Simon & Schuster; 1994.
  24. 不利な薬剤のでき事および潜在性の不利な薬剤のでき事の怒りDW、Cullen DJ、地主N、等発生。 防止のための含意。 ADEの防止の研究グループ。 JAMA . 7月1995日5日; 274(1): 29-34。
  25. ヴィンチェンツォC、スタナップN、不利な事件を報告しないためのCrowleyマーフィーM. Reasons: 経験的な調査。 J Eval Clin Pract 。 2月1999日; 5(1): 13-21。
  26. Wald H、Shojania KG。 事件報告。 : Shojania KG、ダンカンBW、マクドナルドKM、等、ED。 ヘルスケアをより安全にさせる: 忍耐強い安全練習の批判的な見方 。 ロックビル、MD: 医療研究および質のための代理店; 2001年: 荒れ4.の証拠のレポート/テクノロジー アセスメント第43。 AHRQ書01-E058。
  27. Grinfeld MJ。 医学のエラー報告についての討論。 精神医学の時 。 2000年4月。
  28. G王IIIの協力者の悪事のHermodson A. Peerの報告: レポートへの決定の観測者の態度の定性分析対ないレポートの非倫理的な行動。 応用コミュニケーション研究のジャーナル 。 2000;(28), 309-29.
  29. ギルマンAG、Rall TW、Niesように、テイラーP.グッドマンおよびギルマンの治療法の病理学の基礎。 ニューヨーク、NY: ペルガモン出版物; 1996.
  30. Kolata G.ニューヨーク・タイムズのニュース・サービス。 私達の薬剤が失敗するとだれが気遣うか。 サンディエゴの連合人権擁護者 。 1997年10月15日: E-1,5.
  31. Melmon KL、Morrelli HFのホフマンのBB、Nierenberg DWのED。 MelmonおよびMorrelliの臨床薬理学: 治療法の基本原則 。 第3 ED。 ニューヨーク、NY: McGraw丘、Inc. 1992年。
  32. ムーアTJ、Psaty BMのFurbergのCD。 薬剤の安全で機能する時間 。 JAMA . 5月1998日20日、279 (19)日: 1571-3。
    32 a.Cullen DJの怒りDW、小さいSDのたる製造人JB、Nemeskal AR、Leape LL。 事件の報告制度は不利な薬剤のでき事を検出しない: 品質改良のための問題。 Jt Comm J Qual Improv 。 10月1995日; 21(10): 541-8。
  33. 怒りDW。 薬剤および不利な薬剤反作用: 私達はいかに心配されていてあるべきであるか。 JAMA . 4月1998日15日; 279(15): 1216-7。
  34. Dickinson、JG。 FDAは複雑な薬剤の名前の努力を倍増するように努める。 Dickinson 「sのFDAは見直す 。 3月2000日; 7(3): 13-4。
  35. Cohen JS。 過量: 製薬会社に対する言い分 。 ニューヨーク、NY: Tarcher-Putnum; 2001.
  36. Stenson J。 少数の居住者は医学の間違い、調査の発見を報告する。 Reutersの健康。 2003年2月21日。
  37. ヘンリーJ. Kaiser Familyの基礎、公衆衛生のハーバード学校による調査。 方法: ICRによって行なわれる野外作業-国際的なコミュニケーション研究、4月11日- 2002年6月11日
  38. 米国の病院のとらわれのカリフォルニア、RaehlのCL、Franke T. Clinicalの薬学サービス、病院の薬学の職員を置くこと、および薬物の間違い。 Pharmacotherapy 。 2月2002日; 22(2): 134-47。
  39. Barker KN、Flynn EAのコショウGAは、DW、Mikeal RLを減じる。 36の医療施設で観察される薬物の間違い。 アーチのインターンMed 。 9月2002日9日; 162(16): 1897-903。
  40. LaPointe NM、Jollis JG。 入院させた心血管の患者の薬物の間違い。 アーチのインターンMed 。 6月2003日23日; 163(12): 1461-6。
  41. 、Murff HJ AJ、ForsterピーターソンJF、Gandhi TKは、DWを減じる。 病院からの排出の後で患者に影響を与える不利なでき事の発生そして厳格。 アンのインターンMed 。 2月2003日4日; 138(3): 161-7。
  42. Gandhi TKのWeingartのSN、Borus Jの等歩行の心配の不利な薬剤のでき事。 NイギリスJ Med 。 4月2003日17日; 348(16): 1556-64。
  43. 薬物の副作用は4. Reutersの1つを打つ。 2003年4月17日。
  44. Vastag B. Payの: リタリンはコカインと同じように機能する。 JAMA . 8月2001日22-29日; 286(8): 905-6。
  45. Rosenthal MB、Berndt ER、Donohue JM、フランクRG、Epstein AM。 消費者への処方薬の昇進。 NイギリスJ Med 。 2月2002日14日; 346(7): 498-505。
  46. ウォルフSM。 直接に消費者広告教育か感情の昇進か。 NイギリスJ Med 。 2月2002日14日; 346(7): 524-6。
  47. Ibid.
  48. 米国の一般会計のオフィス。 人的資源の議長、小委員会および政府間の関係、政府操作の委員会、衆議院へのレポート: FDAは検討のPostapprovalの危険1976-85年に薬剤を入れる 。 ワシントンD.C.、: 米国の一般会計のオフィス; 1990:3.
  49. 偽の要求の訴えられる巨大製薬会社。 MSNBCのニュース。 2003年7月11日。 で利用できる: http://msnbc.com/news/937302.asp?0sl=-42&cp1=1。 12月17,2003日アクセスされる。
  50. Suh DC、Woodall BS、Shin SK、Hermes De Santis ER。 入院させた患者の不利な薬剤反作用の臨床および経済的な影響。 アンPharmacother 。 12月2000日; 34(12): 1373-9。
  51. Agger WA。 抗生の抵抗: オフィスのそして農場の不自然な選択。 ウィスコンシンの 医学ジャーナル 。 2002年8月。
  52. Nash DR、Harman J、Wald ER、Kelleher KJ。 上部の呼吸器管の伝染を用いる子供のために初期治療医者によって規定する抗生物質。 アーチのPediatr Adolesc Med 。 11月2002日; 156(11): 1114-9。
  53. Schindler C、Krappweis J、Morgenstern I、ドイツの子供のための全身の抗生物質のKirch W. Prescriptionsは0のそして6年の間に老化した。 Pharmacoepidemiolの薬剤Saf 。 3月2003日; 12(2): 113-20。
  54. Finkelstein JA、Stille C、Nordin Jの等米国の子供間の抗生の使用中、1996-2000年の減少。 小児科 。 9月2003日; 112 (3つのPt 1): 620-7。
  55. Linder JA、Stafford RS。 コミュニティ初期治療医者による咽頭炎を搭載する大人の抗生の処置: 国民の調査1989-1999年。 JAMA . 9月2001日12日; 286(10): 1181-6。
  56. 薬剤耐性のページ。 ウェブサイト疾病予防対策センター。 で利用できる: http://www.cdc.gov/drugresistance/community/。 2003年12月17日アクセスされる。
  57. で利用できる: http://www.health.state.ok.us/program/cdd/ar/。 2003年12月17日アクセスされる。
  58. で利用できる: http://www.librainitiative.com/life/en/libra_initiative.html。 2003年12月17日アクセスされる。
  59. Ohlsen KのTernes T、抗生物質のWerner Gの等下水の黄色ブドウ球菌のconjugationalの耐性遺伝子の移動の影響。 Microbiolを囲みなさい 。 8月2003日; 5(8): 711-6。
  60. Pawlowski SのTernes T、Bonerz Mは、等下水および地上水のサンプルのestrogenic活動のそのままおよび生体外の査定を結合した。 Toxicol Sci 。 9月2003日; 75(1): 57-65。 Epub 6月2003日12日。
  61. Ternes TA、Stuber J、Herrmann N、等Ozonation: 廃水からの医薬品、造影剤および麝香の芳香の取り外しのための用具か。 水Res 。 4月2003日; 37(8): 1976-82年。
  62. Ternes TA、Meisenheimer M、医薬品のMcDowell Dの等飲料水の処置の間の取り外し。 Sci Technolを囲みなさい 。 9月2002日1日; 36(17): 3855-63。
  63. Ternes T、Bonerz M、廃水の中立医薬品および液体クロマトグラフィーelectrosprayのタンデム質量分析による川のシュミツトT. Determination。 J Chromatogr A. 12月2001日14日; 938 (1-2): 175-85。
  64. 固体段階の抽出による都市廃水のfluoroquinoloneの抗菌性の代理店のGolet EM、ハンノキAC、Hartmann A、Ternes TA、Giger W. Traceの決定および蛍光性の検出を用いる液体クロマトグラフィー。 肛門のChem 。 8月2001日1日; 73(15): 3632-8。
  65. Daughton CGのTernes TA。 環境の医薬品そしてパーソナル ケア プロダクト: 微妙な変更の代理店か。 健康Perspectを囲みなさい 。 12月1999日; 107のSuppl 6:907-38。
  66. Hirsch RのTernes T、Haberer K、Kratz KL。 水生環境の抗生物質の発生。 Sciの合計は囲む 。 1月1999日12日; 225 (1-2): 109-18。
  67. 地方自治体の汚水処理の植物私のエストロゲンのTernes TA、Stumpf M、ミューラーJ、Haberer K、Wilken RD、Servos M. Behaviorおよび発生。 ドイツ、カナダおよびブラジルの調査。 Sciの合計は囲む 。 1月1999日12日; 225 (1-2): 81-90。
  68. Hirsch RのTernes TA、Haberer K、Mehlich A、Ballwanz F、Kratz KL。 液体クロマトグラフィーelectrosprayのタンデム質量分析による異なった水コンパートメントの抗生物質の決定。 J Chromatogr A. 7月1998日31日; 815(2): 213-23。
  69. Coste J、Hanotin C、非ステロイドの炎症抑制の代理店のLeutenegger E. Prescriptionおよび医原性の悪影響の危険: 1072人のフランスの一般医師の調査。 Therapie 。 1995日5月6月; 50(3): 265-70。
  70. Kouyanou K、Pitherのセリウム、Wessely S. Iatrogenicの要因および慢性の苦痛。 Psychosom Med 。 1997日11月12月; 59(6): 597-604。
  71. 高度の上皮性癌の重大な検討のアベルU. Chemotherapy。 Biomed Pharmacother 。 1992;46(10):439-52.
  72. SchulmanのKA、Stadtmauer EA、Reed SDはmetastatic乳癌のためのautologous hematopoietic茎細胞の移植と高線量の化学療法と、等慣習的線量の化学療法の経済分析比較した。 骨髄の移植 。 2月2003日; 31(3): 205-10。
  73. カウフマン、FDAに$500,000,000を支払うM. Drugmaker。 製造業問題はscheringすきで見つけた ワシントン ポスト 。 2002年5月18日: A01.
  74. 米国の議会の下院小委員会の手落ちの調査。 ヘルスケアの費用そして質: 不必要な外科 。 ワシントンD.C.、: アメリカ連邦政府出版局; 1976年。 で引用される: 世界カイロプラクティック連合の教育のためのMcClelland GB、基礎および研究。 世界カイロプラクティック連合の諮問委員会復員軍人援護局への証明。 2003年3月25日。
  75. Leape LL。 不必要な外科。 健康Serv Res 。 8月1989日; 24(3): 351-407。
  76. 世界カイロプラクティック連合の教育のためのMcClelland GB、基礎および研究。 世界カイロプラクティック連合の諮問委員会復員軍人援護局への証明。 2003年3月25日。
  77. Coile RC Jr.のインターネット主導の外科。 Russ Coilesの健康は向く 。 6月2003日; 15(8): 2-4。
  78. 外科の練習のGuarner V. Unnecessary操作。 医療倫理の深刻な含意を用いる私達の時のトピック。 Gac Med Mex 。 2000日3月4月; 136(2): 183-8。
  79. Rutkow IM。 米国の外科手術: 1979年から1984年。 外科 。 2月1987日; 101(2): 192-200。
  80. Rutkow IM。 米国の外科手術。 それから(1983年)そして今(1994年)。 アーチSurg 。 9月1997日; 132(9): 983-90。
  81. Linnemann MU、Bulow HH。 epiduralカテーテルの挿入の後の伝染。 Ugeskr Laeger 。 7月1993日26日; 155(30): 2350-2
  82. Seres JL、ニューマンRI。 外科徴候の見通し。 制御のための含意。 Clin Jの苦痛 。 6月1989日; 5(2): 131-6。
  83. Kosecoff J、Chassinの氏に関して、等不適当な使用は説明するヘルスケア サービスの使用中の地理的な変化を駐車するか。 3つのプロシージャの調査。 JAMA. 11月1987日13日; 258(18): 2533-7。
  84. テクノロジー アセスメント、米国議会のオフィス。 医学の技術の効力そして安全の査定。 Washington D.C.: テクノロジー アセスメント、米国議会のオフィス; 1978.
  85. チュニスのSR、米国のGelband H.のヘルスケアの技術。 健康政策 。 1994日10月12月; 30 (1-3): 335-96。
  86. 滞在のZhan C、ミラーM. Excess長さ、入院の間に医学の傷害に帰することができる充満および死亡率。 JAMA . 2003;290:1868-1874.
  87. 病院の傷害は患者への重要な脅威を与え、ヘルスケアの相当な増加は満たす[新聞発表]。 ロックビル、MD: 医療研究および質のための代理店。 2003年10月7日。 http://www.ahrq.gov/news/ress/pr2003/injurypr.htm。
  88. WeingartのSN、Iezzoni李。 ライトが明るい医学の傷害を捜すこと。 JAMA . 10月2003日8日; 290(14): 1917-9年。
  89. MacMahon B. PrenatalのX線の露出および幼年期癌。 Jの国民の蟹座Inst 。 5月1962日; 28:1173-91。
  90. 保健物理学の社会。 で利用できる: http://hps.org/publicinformation/ate/q1084.html。 2003年12月17日アクセスされる。
  91. Gofman JW。 蟹座および虚血性心疾患の病因の医療処置からの放射: 用量反応は100,000人口ごとの医者と 調査する。 サンフランシスコ、カリフォルニア: CNRは予約する; 1999.
  92. Gofman J W. Preventingの乳癌: 専攻学生の物語、この病気の証明された、予防可能な原因 。 第2 ED。 サンフランシスコ、カリフォルニア: CNRは予約する; 1996.
  93. Sarno JE。 治療の腰痛: 心ボディ関係 。 ワーナーは予約する; 1991.
  94. SiuのAL、WGに人を配置しているSonnenberg FAは等健康保険のランダム化された試験の病院の不適当な使用計画する。 NイギリスJ Med 。 11月1986日13日; 315(20): 1259-66。
  95. WGに、ベンジャーミンB. Patient人を配置するのSiuのALは不適当な入院と提供者および病院の特徴関連付けた。 AM Jの公衆衛生 。 1990年の10月; 80(10): 1253-6。
  96. Eriksen BO、Kristiansenは、Nord E、等ある。 不適当な入場の費用: 内科の部門の医療補助そして資源の利用の調査。 JはMedを実習する 。 10月1999日; 246(4): 379-87。
  97. Showalter E. Hystories: ヒステリーの伝染病および現代媒体 。 ニューヨーク、NY: コロンビア大学の出版物; 1997.
  98. Fugh-Berman A. Alternativeの治療。 : スミスB、Steinem G、ミンクG、Navarro M、およびMankiller WのED。 米国の女性の歴史への読者の友達。 ニューヨーク、NY: Houghton Mifflin; 1998. で利用できる: http://college.hmco.com/history/readerscomp/women/html/wh_001200_alternativeh.htm。
  99. ThackerのSB、Stroup DのチャンM. Continuousのの労働(Cochraneの検討)の間に胎児の査定のために監察する電子心拍数。 : Cochraneの図書館、問題1 2003年。 オックスフォード: 更新ソフトウェア。
  100. ColeのC. Admissionの電子胎児監視は新生児の結果を改善しない 。 J Fam Pract 。 6月2003日; 52(6): 443-4。
  101. ネルソンHD、Humphrey李、Nygren P、Teutsch SM、アランJD。 Postmenopausalホルモン補充療法: 科学的な検討。 JAMA . 8月2002日21日; 288(7): 872-81。
  102. ネルソンHD。 査定はホルモン補充療法の寄与し、害を与える: 臨床応用。 JAMA . 8月2002日21日; 288(7): 882-4
  103. Fletcher SW、Colditz GA。 防止のためのプロゲスチン療法とエストロゲンの失敗。 JAMA . 7月2002日17日; 288(3): 366-8。
  104. Rossouw JE、アンダーソンGLの無経験RL、等; 女性の健康の率先の調査官のための執筆グループ。 健康なpostmenopausal女性のプロゲスチンとエストロゲンの危険そして利点: 校長は女性の健康の率先によってランダム化される制御された試験に起因する。 JAMA . 7月2002日17日; 288(3): 321-33。
  105. Rutkow IM。 米国、1979年から1984年のObstetricおよび婦人科操作。 Obstet Gynecol 。 6月1986日; 67(6): 755-9。
  106. 家族の練習のニュース 。 1995年2月15日: 29.
  107. Sakala C. Medicallyの不必要な帝王切開の生れ: シンポジウムへの紹介。 Soc Sci Med 。 11月1993日; 37(10): 1177-98。
  108. VanHam MA、van Dongen PWの帝王切開のMulder J. Maternalの結果。 10年の期間の間の帝王切開の内部操作中およびpostoperative母性的な複雑化の回顧調査。 Eur J Obstet Reprod Biol。 7月1997日; 74(1): 1-6。
  109. Weiner J. Smokingおよび癌: 巻きたばこ用紙: 企業が私達をすべていかに煙らすことを試みているか 。 国家 。 1996年1月1日: 11-18。
  110. Tobacco.org。 タバコのタイムライン。 で利用できる: http://www.tobacco.org/resources/history/tobacco_history.html。 Acccessed 2003年12月16日。
  111. Lasser KE、アレンPD、Woolhandler SJ、Himmelstein DU、ウォルフSM、Bor DH。 2002年。 規定の薬物のための新しいブラック ボックスの警告そして回収のタイミング。 JAMA . 5月2002日1日; 287(17): 2215-20。
  112. Injuryboard.com。 一般会計のオフィスの調査は療養所の乱用のライトを取除く。 2003年7月17日。 で利用できる: http://www.injuryboard.com/view.cfm/Article=3005。 2003年12月17日アクセスされる。
  113. WeingartのSN、McLウイルソンR、Gibberd RW、医学の間違いのハリスンB. Epidemiology。 西J Med 。 6月2000日; 172(6): 390-3。
  114. Blendon R、Schoen Cは、等5ヶ国の調査米国のヘルスケア・システムの欠陥を露出する。 健康の出来事 。 2002年5月/6月。
  115. 薬の協会。 適用範囲のない心配: ほんのわずか、余りに遅く 。 2002年5月21日。 共用運命: Uninsuranceのコミュニティ効果 。 2003年3月6日。
  116. 米国の保健社会福祉省および米国の法務省。 FY 1998年のためのヘルスケアの欺瞞そして乱用の制御プログラムの年報。 1999年4月。 FY 2001年のためのヘルスケアの欺瞞そして乱用の制御プログラムの年報。 2002年4月。
  117. 居住者の乱用は米国の療養所[コピー]の大きな問題である。 CNNのテレビ。 2001年7月30日
    117 a。 で利用できる: http://www.house.gov/waxman。 2003年12月17日アクセスされる。
  118. Mitka M. Unacceptableのの療養所の死はunautopsied。 JAMA . 9月1998日23-30日; 280(12): 1038-9
  119. 新しいデータはノースカロライナに「sの療養所の居住者ある。 ノースカロライナの医学の検討、株式会社。 2003年7月21日。
  120. WeinsteinのRA。 Nosocomial伝染の更新。 EmergはDisを感染させる 。 1998日7月9月; 4(3): 416-20。
  121. 医療保障及びメディケイド サービスのための中心。 議会へのレポート: 療養所の比率を職員を置く最低の看護婦の妥当性: 段階IIの最終報告 。 2001年12月24日。
  122. 療養所[新聞発表]の危ない職員レベルのレポートを退去させている消費者団体はトムソンの手紙を批判する。 ワシントンD.C.、: 療養所の改良のための国民の市民の連合。 2002年3月22日。
  123. Bergstrom N、Braden B、Kemp M、シャンペンM、圧力潰瘍の発生および危険レベル間の関係のルビー色E.の複数の場所の調査、予防の介在の人口統計学の特徴、診断および規定 。 J AM Geriatr Soc。 1月1996日; 44(1): 22-30。
  124. SHマイル。 偶然の療養所の死を隠すこと。 HECのフォーラム 。 9月2002日; 14(3): 224-34。
  125. CoreyのTS、WeakleyジョーンズB、Nichols GR第2、Theuer HH。 療養所の患者の不自然な死。 J法廷のSci 。 1月1992日; 37(1): 222-7。
  126. ロイド ジョーンズDM、マーティンは、Larson MGの死因として冠状心臓病をコードするための死亡証明書の徴税D. Accuracy。 アンのインターンMed 。 12月1998日15日; 129(12): 1020-6。
  127. トマスDRのZdrowskiのCD、ウイルソンMMの等亜急性の心配の栄養不良。 AM J Clin Nutr 。 2月2002日; 75(2): 308-13。
  128. ロビンソンはある。 意志の破壊による死。 私達が忘れている。 アーチのインターンMed 。 11月1995日13日; 155(20): 2250-1。
  129. Capezuti E、Strumpf NE、エバンズLK、Grisso JA、Maislin G。 物理的な制限の取り外しと落下間の関係と療養所の居住者間の傷害 J Gerontol Biol Sci Med Sci 。 1月1998日; 53(1): M47-52.
  130. フィリップスCD、Hawes Cの揚げ物はある。 療養所の物理的な制限の使用の減少: それは費用を増加するか。 AM Jの公衆衛生 。 3月1993日; 83(3): 342-8。
  131. SHマイル物理的な制限によって引き起こされるアーヴァインP. Deaths。 Gerontologist 。 12月1992日; 32(6): 762-6。
  132. Annas GJ。 医学的な緊急事態の物理的な制限の最後のリゾートの使用。 NイギリスJ Med 。 10月1999日28日; 341(18): 1408-12。
  133. Parker K、SHマイル。 bedrailsによって引き起こされる死。 J AM Geriatr Soc。 7月1997日; 45(7): 797-802。
  134. SHマイル。 偶然の療養所の死を隠すこと。 HECのフォーラム 。 9月2002日; 14(3): 224-34。
  135. Katz PRのSeidel G.の療養所の死体解剖。 医者の態度および練習パターンの調査。 アーチのPatholの実験室Med 。 1990年の2月; 114(2): 145-7。
  136. 米国の先輩のOvermedication。 Reutersの健康。 2003年5月21日。
  137. HMOsによる規定の平均数は増加する。 薬剤の利点は向く 。 9月2002日12日; 14(8)。
  138. Kaiser家族の基礎。 処方薬は向く 。 2001年11月。
  139. ウィリアムスのBR、Nichol MB、Lowe B、Yoon PS、McCombs JSの年配者のための住宅ケア設備のMargolies J. Medicationの使用。 アンPharmacother 。 2月1999日; 33(2): 149-55。
  140. AARP. 医療保障および処方薬。 で利用できる: http://www.aarp.org/prescriptiondrugs。 2003年12月16日アクセスされる。
  141. カリフォルニアは疑わしい価格操作の機構[新聞発表]上の巨大製薬会社Mylanとの$100百万複数の州の解決に達する。 サクラメント、カリフォルニア: 司法長官のオフィス、カリフォルニア州法務省; 2000年7月12日。
  142. 司法長官は巨大製薬会社との解決に達する。 WRALのニュース。 2003年3月7日。 2003年12月16日アクセスされる。
  143. 最終的な笛を吹くこと。 観測者。 2001年11月25日。 で利用できる: http://education.guardian.co.uk/businessofresearch/comment/0,9976,606260,00.html。 2003年12月16日アクセスされる。
  144. AARP. 私のための食糧補足はある。 で利用できる: http://www.aarp.org/Articles/a2003-03-07-supplements.html。 12月16,2003日アクセスされる。
  145. Bernabei R、Gambassi G、癌を持つ年配の患者の苦痛のLapane Kの等管理。 賢明な研究グループ。 疫学による老人の薬剤の使用の組織的査定。 JAMA . 6月1998日17日; 279(23): 1877-82。
  146. AP通信。 パネルは発癌物質としてエストロゲンを示す。 ワシントン ポスト 。 2000年12月16日: A05.
  147. エストロゲンによっては卵巣癌の危険がハイキングする。 MSNBCスタッフおよびワイヤー レポート。 2002年7月16日。 Grady D. Studyは骨の損失のためにホルモン療法を使用しないことを推薦しない。 ニューヨーク・タイムズ 。 2003年10月1日。
  148. アンダーソンGL、JuddのHL、Kaunitz AM、等婦人科癌に対するプロゲスチンとエストロゲンの効果および関連診断手順: 女性の健康の率先のランダム化された試験。 JAMA . 10月2003日1日; 290(13): 1739-48。
  149. Chlebowski RT、Hendrix SL、Langer RD、等乳癌のプロゲスチンとエストロゲンの影響および健康なpostmenopausal女性の乳房撮影: 女性の健康の率先のランダム化された試験。 JAMA . 6月2003日25日; 289(24): 3243-53。
  150. Wassertheil-Smoller S、Hendrix SL、Limacher M、等。 postmenopausal女性の打撃に対するプロゲスチンとエストロゲンの効果: 女性の健康の率先: ランダム化された試験。 JAMA . 5月2003日28日; 289(20): 2673-84。
  151. プロゲスチンとShumaker SA、Legault C、RappのSR、等エストロゲンおよびpostmenopausal女性の痴呆そして穏やかな認識減損の発生: 女性の健康の初めの記憶調査: ランダム化された管理された試験。 JAMA 2003年; 289:2651-62。
  152. Beral V; 百万人の女性は共作者を調査する。 百万人の女性の乳癌そしてホルモン取り替え療法は調査する。 尖頭アーチ 。 8月2003日9日; 362(9382): 419-27。