生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年3月

危ない薬
ウィリアムFaloon

FDAは承認する薬剤が「金庫」。であることを主張する このシャラードは急速に倒れている。 PBSのテレビの調査シリーズ 前線は 危ない処方薬の衝撃的なexposéおよびこの非道が起こるようにすることのFDAの共謀関係を乾燥した。1

前線の 生産者は最初にずっと市場から引っ込んだである薬剤を調査した。 撮影が始まった後、現在および前のFDAの従業員は与えることを実際に続くものがの代理店の中で強力な批評を申し出始めた。 物語が展開した薬剤の安全についてのドキュメンタリーを、FDAへ 焦点 移すことの上で終わる前線自体を作るよりもむしろように。

ドキュメンタリーの主な重点は安全を定める自身のプロダクトの薬剤の会社の研究のFDAの信頼だった。 調べられる 前線としてFDAは代理店が医学研究を行なうことのビジネスにないので、臨床試験を行なわない。 FDAは代りに薬品会社が堤出する結果を見直す。 これは新しい薬剤のFDAの承認のための基礎が頻繁に薬剤を作るまさに会社が提供する「安全データ」であることを意味する!

前線は 2003年11月17日乾燥された1時間放送の世界--にこの不審な薬剤の承認のにせ物をさらした。 最もぞっとするような発表をしたのはFDAの薬剤の評論家だった。 これらの現在および前のFDAの従業員は高レベルのFDAの役人によって薬剤の危険がはっきりあったが、明らかにするか無視されるか、または隠された発生を。 多くの傷害および死の後やっと撤回されるか、またはrelabeledこれらの薬剤はあった。 すべてのFDAの従業員の調査は危なく、非効果的な薬剤に好ましい検討を与えるためにそれらが代理店の他圧力をかけられたことを重要な数が感じたことを示した。

この冒険談の最も不合理な部分はFDAのサプリメントへの消費者のアクセスを制限するように試みの史的記録である。 FDAは偽って補足が危険を隠したことを意味する。 けれども栄養素の安全そして効力を支えるデータは通常薬剤の安全を証明するためにFDAが頼る会社後援された調査に対して独立した源から、来る。

前線は 余りにも多くの場合で、製薬会社が供給する安全データが傷が付き、変えられてことを、示した処方薬の毒性からの傷害そして死の警急数で結果が。 不利な薬剤反作用からの死はまれにニュースを作らないほど平凡になった。

過去18年間、生命延長は粗く薬剤の承認のこの不正なシステムを批判した。 欠けていたどんな生命延長を「内部」があったか危ない薬剤を承認することを FDAが製薬業といかに共謀するかとりわけ示すデータは前線によって集まった。 さらに妨害はFDAが有毒な薬剤が傷害の後でさえも市場に残るようにし、死が報告される例である。 FDAに危ない薬剤に対して公衆の「保護」の役割について残る信頼性の形跡があったらこの 前線の ドキュメンタリーは断片にそれを引き裂いた。 皇帝(FDA)ははっきり衣服(信頼性)がない。

利用できる前線「sのFDAのExposéテープ

前線の放送を「 sのFDAのexposé逃したら、適度な費用のためのビデオテープのそれを得ることができる。
生命延長はずっと昔にFDAと承認されるべき危なく、非効果的な薬剤を可能にする製薬産業間の険悪な関係を露出した。

証拠にもかかわらず私達は深く製薬会社の影響がFDAをいかにによって浸透させたかこれらの不正を指すことを、私達驚いた集めた。 そういうわけで私達は会員にこの 1時間 前線のビデオ(かDVDを)提供することを整理した。 だけでなく、このドキュメンタリーはあなたのための驚嘆的事件であるが、ひどくFDAがアメリカの公衆の健康をいかにについて危険にさらすか懐疑的かもしれない他の人を再び集めるのを助ける。

この前線のドキュメンタリーの 小売値は$29.95である。 会員は$24.95だけのためにそれを発注できる。 4枚またはより多くのコピーが発注されれば、価格はテープごとの$22.46に減る。 この前線の ドキュメンタリーを 発注するため、呼出し1-800-544-4440。

薬剤は頻繁に働かない
思いがけない入場では、英本国で最も大きい薬品会社を持つ上級管理者はほとんどの規定の薬が半分のでそれらを取る患者動作しないことを示した。

アレンRoses先生はGlaxoSmithKlineに遺伝学の世界的な副大統領である。 彼は個々の薬剤への私達の遺伝子と私達の応答間の関係を調査する薬の枝の国際的レベルの開拓者である。 2003年12月8日に、イギリス新聞はロンドンの科学的な会議を言っている先生を引用したRoses:

「大部分の薬剤人々の30か50%でだけはたらく」。は2

Roses先生はどの薬がそれらのために働くかそれを、科学者患者に予測する簡単な遺伝学テストを与えられた数年のうちに予測した。 製薬会社は目指した助けられなかった人々の50%を新しい薬剤を合わせるのに情報を使用できる。

それはプロダクトのほとんどがほとんどの患者で非効果的のが、これは最初に非常に年長の薬剤の主任が公表したことである製薬産業内の公然の秘密である。 Roses'先生の入場はFDAの評論家が前線に言ったことを 確証する—不法に承認される多くの危ない薬剤はだけでなく、あるが頻繁に最小限にだけ有効である!

消費者はコーデックスに対して部分的に勝つ
調整された処方薬からの悪影響が一流の死因の間、政府はサプリメントがどうかして危ないこと風変わりな概念の彼らの市民を誤解させる。

欧州連合は積極的に加盟国で市民が使用する補足が健康を損う危険性を示さなかったのにビタミン ミネラル補足のための最高の上部限界の潜在的能力を置くように努めている。

Codex Alimentariusの任務(コーデックス)は人間の摂取のための「金庫」はどんな潜在的能力であるか定めるために栄養素を見直し、評価するように確立された。 目的は「調和させている」ビタミンの意味された危険に対して世界中で消費者を守るためにこれらの最高の上部限界の潜在的能力をある。

熟考の年後で、コーデックスは推薦された食餌療法の手当(RDA)を採用しようとサプリメントで正当な最高の潜在的能力としてしていた。 これは消費者が事実上利点を得ない潜在的能力で栄養プロダクトでそう低く起因しよう。 例えば、ビタミンB6のための上部の安全な限界は出版された科学文献で文書化された肯定的な効果を提供しない2ミリグラム低かったかもしれない。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2