生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年6月
イメージ
Pregnenoloneの再充電
このあまり知られていないホルモンによっては疲労が戦い、記憶、そして多くを後押しし。
デーブTuttle著

老化の最もいら立たしい面の1つはメモリ損失である。 忘れていて温和車のキーをまたはアルツハイマー病衰弱させるどこに残したかかどうか、精神機能のこの減少は私達に挑戦し、私達の青年の精神活力のために長くさせる。

従来、少しが悪化の頭脳機能についてすることができる科学者は考えた。 しかし新しい研究はこの種類の精神低下が避けられなくないこと示した。 科学者によってはpregnenoloneと呼ばれる自然発生するホルモンがだけでなく、記憶および集中を改善するが分り、また疲労が戦い、関節炎、速度の傷害の回復を取り除き、そして気分をことが高める。

必要なホルモン
テストステロン、エストロゲン、コルチソル、DHEAおよびpregnenoloneは人間残存のために必要の自然なホルモンの系列のメンバーである。 これらのホルモンすべては互いに付す4つのカーボン リング構造を含み非常に類似しているようである。しかし構造の1小さい相違は機能の劇的な変化を作り出す。 テストステロン、「男性の」ホルモンは、エストロゲン、「女性の」ホルモンと化学的にほんの少しだけ異なっている。 けれどもこのマイナーなdissimilarityにより人は胸を発達させるために顔の毛および女性を育てる。

これらのホルモンが公有地で持っているもう一つの事はコレステロールから作られることである。 頻繁にけなされて間、コレステロールはボディが複数の必要な生物的反作用のために使用する不可欠な原料である。 それはカルシウムのビタミンD、吸収、および胆汁の生産の生産に要求される。 コレステロールはまた必要髄鞘、頭脳および脊髄の神経を囲む脂肪質のコーティングを作るためにである。

体細胞のそれぞれはmitochondriaを含んでいる。 エネルギー生産と主に含まれて、これらの細胞器官はまたpregnenoloneにそれを回すためにコレステロールの分子からの少数の側鎖を打ち切る酵素を含んでいる。 この酵素は他のよりあるティッシュそして器官で活発であり、その結果ある体の部位は他よりより多くのpregnenoloneを作り出す。 このホルモンの根本資料は副腎、レバーおよび生殖腺である(睾丸および卵巣)。 科学者はからのことを他の体の部位からの血頭脳の障壁pregnenoloneがまたを通って頭脳で運ばれるかわりにコレステロール製造することができることを発見した。 これはpregnenoloneが記憶、集中および気分のようないろいろ頭脳関連の機能にかかわることを示す最近の調査結果を支える。

時々それらのホルモンの母となぜ言われるかであるPregnenoloneはまた他のホルモンに変えることができる。 脳下垂体によって解放されるホルモンはこれらの転換を調整する。 ボディは必要性によってDHEAかプロゲステロンにpregnenoloneを、特定時に変えることができる。 次に、両方のホルモンはアンドロステンジオン、テストステロンおよび他の男性ホルモン、またestradiolおよび他のエストロゲン含んでいる性ホルモンへの直接前駆物質を作り出すために化学的に処理することができる。 プロゲステロンの分子はまたコルチソル(いわゆる「ストレス・ホルモン」)およびアルドステロンを変えることができる(血圧の規則にかかわる)作るために。 ボディがpregnenoloneを含まなかったらこれのどれも可能ではない。

明らかに、pregnenoloneはすべての年齢の人々の必要なホルモンである。 平均若い大人は1日あたりの約14 mgを作り出す。 しかし他のホルモンと同じようにpregnenoloneの生産は年齢と低下する。 年齢75で、ボディはボディのpregnenoloneの供給が減少すると同時に年齢35.2で、そうする他の関連のホルモンの供給をしたより約60%をより少ないpregnenolone作り出す。 これは科学者をホルモン レベルのこの劇的な低下の結果老化およびカウンターの時計を回す方法としてpregnenoloneの補足を考慮するために導いた。

より少ない疲労、より多くの持久力
頭脳のpregnenoloneの集中が血しょうで見つけられるそれらより大いに高いので3 それはこのホルモンにいくつかの精神利点があっても不思議ではない。 複数の古典的な調査はより多くの持久力を提供している間pregnenoloneの経口投与が疲労を減らすことが分った。4つ 1つの実験に付き、5人の大学生は枯渇を作り出した機械の一定したペースで訓練した。 異なった時に、それらは口頭pregnenolone、口頭副腎の皮層のホルモンを与えられるか、またはプロゲステロンを注入した。 pregnenoloneだけ3時間の操業の間にスコアの重要な影響があった。

飛行士の調査はpregnenoloneが彼らの仕事の彼らの作用および認識を改善したことが分った。 14の主題は50に毎日pregnenoloneのmgを取り、ビデオ ゲームのためのジョイスティックのように作動した自動記録装置によってテストを行った。 研究者は改善が管理の2週の間に経験された飛行士その後数日間続いた累積効果をもたらしたことが分った。

別の実験では、pregnenoloneの25-75 mgは8人の革カッター、12人の旋盤オペレータおよび77人の光学労働者に毎日与えられた。 労働者が「重圧の下でなかったときに偽薬と比較された少し利点の間」、生産性は仕事関連の圧力のレベルがより高かったときに上がった。 再度、効果は調査の長さより長持ちした。 主題はまたより少しを容易に疲れさせ、仕事の要求に対処よりよくできたことに感じた。 副作用はこれらの調査の何れかで報告されなかった。

有効な記憶増強物
高齢者達が老化の否定的な結果について尋ねられるとき、メモリ損失はリストの上に通常ある。 寿命の忘れられない瞬間をリコールする無力は(また更に重要な文書を残したところ)せいぜいいら立たしく万一のことがあっても、衰弱する。 複数の要因は記憶のこの低下に責任がある。私達が 老化すると同時に5、頭脳のneurotransmissionシステムの作用は悪化する。 これはマイナーな低下から厳しい変化まで及ぶアセチルコリンとして知られている主神経伝達物質の解放の否定的な変更をもたらす(アルツハイマー病の場合にはように)。 脳細胞の作成はまた海馬で、少なくとも減少する。 科学者はpregnenoloneが効果的に両方のこれらの要因を戦うことが分った。

Pregnenoloneおよび硫酸化された形態のpregnenoloneの硫酸塩は、意外にも小さい線量の記憶そして精神機能のマジックを働ける。 これはそれらが2つの受容器の複合体で同時に動作するのである。 Pregnenoloneの硫酸塩はGABAaとして知られている受容器の複合体の活動を減らせる。 GABAは文字通り頭脳を冷却するすべての活動から燃え尽きることから神経細胞を保護する神経伝達物質である。しかし 6たくさんのGABAは頭脳を緩慢にさせる頭脳機能を弱めることができる。 膜透過性のGABA誘発の変更の範囲の変更によって、pregnenoloneはより古い個人に普通起こるGABA伝達の増加を減らせる。7つは これ精神鋭さの老化の頭脳の低下を妨害する。

Pregnenoloneはまたグルタミン酸塩の受容器のNMDA (NメチルDアスパラギン酸塩)のサブタイプの活動を高めることによって同等化の反対側を働かせる。 グルタミン酸塩は行為の再充電を頭脳高め、それを日の活動を扱うことができるようにする主要なexcitatory神経伝達物質である。 これらの二重変更は認知過程と最も複雑な頭脳の部分の高められたアセチルコリン解放を引き起こす。8

Pregnenoloneはまた脳細胞のより大きい成長を促進する。 最近の調査はpregnenoloneの硫酸塩がラットのhippocampusesのneurogenesisの通常の年齢関連の低下を妨害したことを明らかにした。5つは 研究者新生の細胞がニューロンに区別する歯状のgyrusの細胞増殖の55%の増加を見つけた。 この効果は単一の注入の後の数週の間、長続きがする利点が進行中の補足から達成できることを提案する続き。 当然あればより多くの脳細胞、より多くのあなたが保つためにが本当らしい記憶が。

さまざまな動物実験は学習および記憶のpregnenoloneの有効性を高めることの示した。 若者および老化させたラットのフランスの調査はより古いラットはpregnenoloneの硫酸塩の低レベルがかなりあったことを見つけた。9つは 空間的な記憶のさまざまな面を測定した2当惑の劣った実行とこれ関連付けられた。 より古いラットがpregnenoloneの硫酸塩と注入された7時間後、両方の当惑でかなりよりよい行った。 またpregnenoloneの硫酸塩の少なくとも一部が血頭脳の障壁を交差できたことを示すより古いラットの血しょうそしてhippocampusesのホルモンの量に劇的で相対的な増加があった。 研究者はのpregnenoloneの代謝物質含むメカニズムが記憶強化に責任があったかもしれないこと改善の7時間のタイム・ディレイがそのような物だったことに注意した。

他の科学者は調節された学習の仕事のためのpregnenoloneの利点を探検した。 これらはどの動物がで水または食糧のような刺激に近づくことを許されるためにレバーを作動させることを学ぶか嫌な経験の記憶を測定する、また補強は実験する受動か活動的な回避の練習を含む。 1つの実験では、3 -および16ヶ月のマウスは装置を減らさないことを学ぶことを含んだ受動回避の仕事を行った。10 pregnenoloneの硫酸塩の注入を受け取る前に、より古いマウスは記憶保持で相当な欠損を示した。 しかしpregnenoloneの硫酸塩のpretraining注入の後で24時間の遅れの後のより古いマウスの保持の性能は線量依存した方法で改良した。

結果のそれに続く比較はhippocampusesでラットのpregnenoloneの硫酸塩の学習の性能と集中間の肯定的な相関関係を示した。 興味深いことに、そのような相関関係はホルモンのレベルの間で見つけられなかったし、海馬が主にpregnenoloneが記憶強化の役割を担うかところでであることを提案する皮質または扁桃体のような他の頭脳区域で変わる。

他の複数の調査はこれらの結果を確認した。 1つはラットの頭脳にフランスでUniversite deリールで注ぎこんだpregnenoloneの硫酸塩を行った。11は もっとそして50%によって科学者注入がだけでなく、よく知られた環境の認識記憶を改善した、また後押しされたアセチルコリン解放ことが分った。 これはpregnenoloneと重大な神経伝達物質のアセチルコリン間のリンクに下線を引く。

別のフランスの調査はpregnenoloneと認識性能間の関係を検査した。記憶 減損の12匹のラットは正常な記憶性能と動物と比較された低いpregnenoloneの硫酸塩の集中を表わした。 pregnenoloneの硫酸塩の脳内の注入はこれらの記憶欠損を逆転させた。 研究者はまた注入が劇的にneurogenesis (新しい脳細胞の作成)を増加したことが分った。 これらの調査結果はpregnenoloneの硫酸塩が認知過程に影響を及ぼすことができるより古い主題の範囲を特に示す。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2