生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年6月
イメージ
Vladimir Turovsky
東この療法士の独特な練習で西に会う
Jon VanZile著

Vladimir Turovskyはロシアのバレエ ダンサーおよび重量挙げ選手を使用する彼の技術を学んだ。

としてスポーツ療法士およびTurovsky、モスクワのボディービル連合のリハビリテーションの専門家は国際的レベルの運動選手が傷害から回復し、ピーク状態を取り戻すのを助けた。 前にそれ、彼はOrthopedicsのモスクワの協会でバレエ ダンサーおよび運動選手と働いた。

1993年に、Turovskyは米国に移住し、東洋の薬の程度を得ることによって彼の教育を完了した。 対の影響東洋の薬および従来の療法および栄養物形態彼の臨床練習の基礎明るい島の統合的な薬、フロリダの中心でこれらの。

個人化された、統合的なアプローチ
彼の医院で、Turovskyは疾患、筋肉傷害および肥満を接合するために衰弱させる病気によって引き起こされる慢性の苦痛から及ぶ無秩序の広い範囲を持つ患者に会う。

問題無し問題、Turovskyの仕事密接に非常に個人的な議定書を設計する彼の患者と。 彼の患者は一種の注意をまれに10分および標準的な、万能型の規定を得るためにほとんどの患者が幸運である医者のオフィスで今日見られて得ない。

その代り、Turovskyの練習は補足、マッサージ、刺鍼術、強さの勧める訓練、栄養物および従来の西部の薬に頼る医学の伝統のベストを世界中から組み込む。 彼の目的は人々を固定問題の代りに直し、徴候の代りに病気を扱うことである。

これは1人の最近の患者のための場合、肥満に苦しんでいる34歳の女性だった。 そう多くの患者と同じように、肥満は疲労、睡眠問題および他のいろいろな健康問題によって行ったので彼女の伴われた問題だけではなかった。

Turovskyは彼女の療法を彼が彼の患者全員のための処置を始める方法始めた: 1時間以上のための彼女との坐り、彼女の生活様式、食事療法、医学背景および彼女の個人的な目的を論議することによって。

「それは非常に詳細である」と彼はこの最初の会合の言う。 「誰かが腰痛と入って来れば、私達は睡眠、栄養の習慣、関係および圧力述べようと思っている。 それすべての問題」。

この場合、患者は彼女の:物理的な問題が彼女の緊張に満ちた生活様式が原因だったことを報告した。 巧妙なビジネスのせき立てられたシングル マザー、また所有者、彼女は太りすぎ、hypoglycemia、甲状腺機能低下症および適当な不況の開発に貢献した条件だった。

Turovskyは彼女が重量また彼女の情緒的健康および他の慢性の条件を失う彼女の必要性にだけでなく、対応するすべての区域で改良したことを確かめたいと思った。 彼は週間刺鍼術の会議、変更された食事療法、行動および認識に勧めること、練習および広範囲のビタミンおよび補足の養生法推薦した。

彼女は夕食の前に300にオトギリソウの1日に2回mg、chamomileの浸出液(沸騰によるエキス)の250のml 1日に2回、1日に2回Lカルニチンの5-HTP (自然に得られたアミノ酸)の500 mg、500 mg、およびVitamin B Complexを一日に三回取るべきだった。

規定は働いた: 後で6週、彼女はエネルギー報告した、9ポンドの彼女の食事療法、改善された睡眠および健康な、安定した減量のより大きい制御の劇的増加を。

代わりとなり、伝統医学の結合
この個人的で、統合的なアプローチはTurovskyの医院で典型的である。 彼はボディが物理的な、精神、感情的な部品が付いている一連の関連付けられたシステムであることを信じる。 こういうわけでTurovskyは他の療法と共に彼の患者に頻繁に勧めを提供する。 彼は時々緊急の医学の介在のための慣習的な医者に彼の患者を差し向ける。

「私の処置は利用できるすべての部品から顧客用である: 刺鍼術、マッサージ、栄養の補足、食餌療法療法」とTurovskyは言う。 「必要性があれば、私は送る慣習的な医者との評価そして処置のためのそれらを」。

薬の方のTurovskyの態度は彼が物理的な文化およびスポーツのためのモスクワ ベースの全ロシアの研究所とモスクワの衛生学校のリハビリテーション、栄養物および療法で古典的に訓練されたロシアの彼の経験によって強く影響を及ぼされた。

ロシアの、代わりとなり、従来の医者では衛生学校に行かなければなりビタミンおよびハーブとの補足は広く受け入れられる。 慣習的な医者は米国で「代わり」として記述されている医者を持つ緊密なチームで頻繁に働く。

「私達は伝統医学が付いている全体薬を並べない」とTurovskyは言う。 「そこの統合的な薬の平均物理療法、薬物および現代診断方法へであるいろいろなアプローチ、刺鍼術からの何でも、マッサージおよびハーブ」。は

ロシアでは、自然な薬およびハーブの独特な特性で訓練される医者は特別な薬学を通してそれらを分配する。 「ロシアの相違と」はTurovsky言う私達が米国で利用できる同様に多くの補足を持たなかったことである。

Turovskyは「adaptagenic」ハーブの使用中のある区域の西部の同等に先んじてある補足へのアクセスの欠乏にもかかわらずそれを、ロシアの薬あった、特に言う。 ここに米国で、彼はまだシベリアの朝鮮人参、中国のマグノリアおよびrhodiolaを含む彼の練習のadaptagenicハーブを、使用する。 rhodiolaが事実上未知に残るけれども、シベリアの朝鮮人参および中国のマグノリアは米国の侵害をしている。

「これらのadaptagenicハーブ圧力に適応を促進する」はとTurovskyは言う。 「それらは促進する回復および治療、外の圧力を否定することおよび高められた性能を可能にすることを」。

栄養物のほかにいろいろ条件を扱うために、Turovskyはまた刺鍼術に回る。 「米国の刺鍼術で苦痛の管理ツールとして見られる」と彼は言う。 「しかし、東洋の薬は完全な薬である。 それは刺鍼術に加えてハーブ、マッサージ、練習および栄養物を使用し、あらゆる病状で使用することができる」。

刺鍼術は苦痛の精神圧力のような機能性問題を、睡眠障害、頭痛および他のタイプ、および性機能障害特によく使用する。

個人的な養生法: 練習、食事療法および補足
Turovskyは彼が説教するものを練習する。 36で、彼は練習の訓練、食事療法および補足の注意深い養生法に続く熱心な運動選手である。 助力筋肉が緊張に満ちた試しから回復する間、彼の個人的なビタミンおよび草の養生法は持久力および強さを維持するように設計されている。

朝では、彼は有機性アロエ ジュースの100つのml、および其の日遅くなってから乳しよう蛋白質の50グラムおよびクレアチンの5グラムの組合せを飲む。 解決する前の30分、彼は500枝鎖のアミノ酸のmgを、活用されたリノール酸の1000のmg、およびアルファlipoic酸の250 mgに取る。

これらの補足はデマンドが高い試し中の彼を支えるのを助ける。 その後、彼は500にオメガ3の脂肪酸のビタミンCの1000 mgと共に回復を、および酸化防止剤として1200のmg促進するためにタウリンおよびグルタミンのmgをそれぞれ取る。 夕方では、彼は300にテストステロン解放を促進するためにtribulusおよびZMA (亜鉛マグネシウムのアスパラギン酸塩)のmgを取る。

最高の利点、また安全で、有効なプロダクトを得補足の議定書を始める前にサプリメントに興味がある人々が知識がある専門家に相談するべきであることに栄養物の専門家、Turovskyは重点を置く。 または彼らは生命延長基礎の病気の処置および議定書の本のような広範囲、確実な資源に相談してもいい。

目的はあなたの必要性すべてに対応し、総健康および長寿を促進する療法を作成することべきである。

「頻繁に腰痛の患者は彼らの背部のある針がほしいと思うかもしれし、消え、刺鍼術を薬物の代わりにする」とTurovskyは言う。 「しかし腰痛のような徴候はちょうど明示である。 ちょうど徴候を扱えば、より深い病気を押上ることを終える。 主義は病気自体を扱うことである。 問題患者との問題ではなくと扱う患者を」。

幸いにも、統合的な薬はTurovskyが米国に動いたときに1993年にあったより今より受け入れられて。 それ以来、彼は回転内部の患者-彼らの生命の代替医療を組み込むように努めていて患者が運転されたヘルスケア--を、ますます目撃した。

この回転はによって一部には消費者に少なくとも広範囲に作る生命延長基礎のような組織、科学的に認可されたヘルスケアの入手可能な情報運転された。 Turovsky彼自身は生命延長雑誌に頼り、彼の控室のそれを表示する。

しかし現代進歩とTurovskyはまだ改善の余地を見る。

「確かに、私は西部の医学界でより多くの受諾があればあるのが常であったが私はと」、彼を言った知らないよりはるかに普及しているさまざまな代わりとなる療法がと言う。 「それらは患者とより普及している」。