生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年6月

テロリストを恐れているか。
ウィリアムFaloon

過去の32か月のために、マスコミはテロリズムの脅威の毎日の記述を運んだ。 それは人間が既に生物的不滅を達成し、私達が直面する死の唯一の危険がテロリストのせいであるようにある。

残念ながら、これは事実ではない。 毎日、6,500人は年齢関連の病気からの米国で、大抵死ぬ。 このページのテーブルは国家2001年。1の15の一流の死因をリストしたものだ

連邦政府はほぼ3,000アメリカ人の生活を要求した2001年9月11日のでき事の結果として出費の大暴れにあった。 しかし2001年に合計2,416,425人のアメリカ人は死んだ。 テロリストはこれらの死のおよそ0.001%を担当した。2

私達は暴力に対する防衛が人間の必要性常にであることがわかる。 しかしはじめて歴史で今日住んでいる私達に劇的にそれらの健康な寿命を伸ばす機会がある。 残念ながら、政府は意味を持った医学研究に税ドルの多くの十億はテロリズムに対して守るのに使用されているが、比較的少なく使う。

何ほとんどを恐れているか。
アメリカの癌協会は563,700の癌の死がおよそ1,544人のアメリカ人は世界の驚くべき病気 の1つがもとで毎日死ぬことをこれが意味する2004年。3に起こることを予測する。

人々は癌でどうしても突然死なない。 それらは頻繁に失敗の高い比率がある長年の療法によって苦しむ。 癌の診断が作られれば、人の生命はひっくり返される。 化学療法会議は癌が完全に根絶されないという毎日の恐れおよび副作用を苦しませることと共に癌犠牲者のスケジュールを、支配する。

15の導く原因の
米国の死、2001年

ランク

死因

パーセント
合計の

1.

心臓病

700,142

29.0

2.

蟹座

553,768

22.9

3.

Cerebrovascular病気
(打撃、等)

163,538

6.8

4.

慢性のより低い呼吸
病気(COPDの気腫、
等)

123,013

5.1

5.

事故(無意識
傷害)

101,537

4.2

6.

糖尿病

71,372

3.0

7.

インフルエンザおよび肺炎

62,034

2.6

8.

アルツハイマー病

53,852

2.2

9.

nephrotic腎炎
シンドロームおよびnephrosis

39,480

1.6

10.

敗血症(血の伝染)

32,238

1.3

11.

計画的な自己害
(自殺)

30,618

1.3

12.

慢性の肝臓病および肝硬変

27,035

1.1

13.

高血圧
高血圧の腎臓病

19,250

0.8

14.

攻撃(殺人)

17,386

0.7

15.

パーキンソン病

16,544

0.7

源: 米国の死亡率の保健統計のための公共の使用データ テープ、2001年、国民の中心、疾病予防対策センター2003年。

蟹座恐怖症はコロンおよび直腸癌、頭部MRIsおよび全身スキャン除外するように脳腫瘍を除外するように内臓の敵意を除外するために数億のドルがcolonoscopiesのような診断手順に毎年使われるほど流行するようになった。4,5は これらの診断試験高く、不便、頻繁に危ない。 けれどもアメリカの癌協会はより多くのアメリカ人が癌の死亡率を減らす希望のこれらの診断手順を経るようにせき立てる。

生命延長の私達は診断を支持してすべてが、主に残存率を改善する早期診断に頼るかわりに癌、他の不治の病、そして老化することのための治療の発見を、励ますための政府によるより協調された努力を見ることを望み。

健康な人命のスパンを伸ばすためにより多くのお金の出費に加えて政府は民間会社は研究により多くのお金を使うことを現在防ぐ制御の手綱をゆるめる必要がある。 発見するために個人的に資金を供給された科学者、お金を制限している間政府が治る方法をテロリズムから保護するために出費を増やし続ければ年齢関連の病気および老化することは十分ではない。

2004年3月では、私達は500,000人が毎月訪問した普及したウェブサイトの調査を行なった。 尋ねられた場合癌がもとで死ぬか、または、被告の66%のテロ攻撃より恐ろしい癌のより恐ろしいかどうか34%はテロ攻撃についてもっと心配したが。6 生命延長ウェブサイトに、92%は8%だけはテロリストのより恐ろしかったが、癌をより恐れていた。7

これらの調査の結果はアメリカ人がはるかに安全に癌がテロ攻撃から考えること彼らに対してもっと容易に治療が可能な完全に保護されるであることを知っている感じることを示し。

政府は蟹座に対して進歩と干渉する
連邦政府は癌のための治療を見つけることにより多くの資源を割振らないこと十分につまらない。 しかし絶対に粗野である何が政府およびFDAが癌患者に高度療法へのアクセスをいかに特定否定するかである。

2000年に、私は書いた「表皮の成長因子の受容器のブロッカーとして知られていた制癌剤のクラスについての社説を」。利用できる 証拠がそれからこれらの薬剤を示したが8 FDAは遅らせていた彼らの承認をある癌患者の生命を救うことができる。 私達はこれらの薬剤がすぐに実験療法を試みて喜んでだった癌犠牲者に使用できるようにされるようにせき立てた。

結局、大規模な人間の調査からの結果は最初の研究程に印象的ではなかった。 しかしFDAは承認し、ある特定のタイプの癌に対して有効であるErbitux®ように結局両方の薬剤Iressa®を。 問題は過去の4年、それらの承認のFDAの遅れのためにこれらの薬剤から死んだ寄与したかもしれない多くの癌患者にわたってのそれある。 Erbitux®は、例えば、2004年2月12日まで公認。9ではなかった

反angiogenesisの潜在的な利点を記述した別の社説の1998年に、私示した薬剤を入れる:

「科学的な証拠はこれらの潜在的な人命救助療法がOrwellianの薬物承認のぬかるみで長びくことをこれらの(反angiogenesisの)薬剤が癌患者で既に試みられたかもしれないが政治現実は定めることを示す。 今日の癌患者はFDAの控室に坐る彼らの病気に」。屈する前に望んで住む許可を許可される10

新しい薬剤の承認のFDAの遅れの批判で、私は書いた: 「癌のための治療が今日見つけられたら、生きているほとんどあらゆる癌患者はFDAの前に死ぬ承認した進歩の薬剤を」。

余りにも多くの癌犠牲者のために、私の予言は悲しげに本当であることをなるかもしれない。 2004年2月27日に、FDAは最初の反angiogenesisの薬剤、血液の供給に腫瘍を離れて窒息によって働くAvastatinTMを承認した。11 Avastatin™は治療ではないが、患者は30%より長く標準的な療法と比較される住み何人かの末期の患者は幾年もの間住んでいた。

FDAは前立腺癌の薬剤を遅らせる
前立腺癌は30,000アメリカの人以上毎年殺す。2002年 に12背部は、段階IIIの調査の結果ある驚くべき結果を示した。 、人はProvenge®と呼ばれた免疫があ後押しワクチンを受け取った転移させた前立腺癌と偽薬と比較されて病気の進行なしで行ってが8ワクチンを受け取らなかった人より倍本当らしかった6か月。 しかし癌ワクチンは7のGleasonのスコアを持つ人でだけ有能またはより少しだった。 (Gleasonのより高いスコアはより積極的なタイプの前立腺癌を表している。13)

FDAは代理店が実験薬剤から寄与するかもしれない小群の回顧の分析を可能にしないのでこの調査の結果を受け入れることを断った。 FDAの承認を得るためには、会社はたくさんの7またはより少なくGleasonから人の真新しい調査を始めさせる。

しかし元の調査の患者に、および2004年1月に発表される結果は続き続ける会社印象的である。 7のGleasonのスコアまたはより少しの試験を書き入れた75人の患者の、Provenge®癌ワクチンを受け取るそれらは30かの数か月後に生きて3.7倍本当らしかった。 これは生きているProvenge®のグループの53%に偽薬のグループの14%だけと比較されて翻訳する。 Provenge®のグループはまた偽薬のグループのの長く平均苦痛なしの赦免に2倍残った。14 残念ながら、この人命救助癌療法は2005年によくまで公認ではないかもしれない。

2004年1月26日の示されるこの嘆かわしい遅れのウォールストリート・ジャーナルの社説に:

「私達はなぜ働くかそれが働く、知っていることがわかり。 あらゆる理性的な規定する環境では、それは販売するためにProvenge®を促進する理由である。 しかしこれは私達が述べているFDAである。 諮問機関が承認を」。推薦した月後Iressa®で置かれた代理店、別の目標とされた癌療法、なぜなら15

FDAが医学の進歩をいかに妨げるか

薬品会社は癌細胞の成長と干渉するために薬剤を開発するようにドルの十億を投資している。 残念ながら、これらの薬剤のほとんどは遅段階の癌患者の存続を拡張しなかった。 臨床調査のいくつかでは、腫瘍の収縮は観察されるが、患者はまだ死ぬ。 しかし専門家はこれらの薬剤が結局癌の処置の重要な役割を担うこと確信させて残る。

これらの薬剤が働いていない1つの理由は通常取締管理を脱出するのに癌細胞が使用する成長因子の1だけを抑制することである。 科学者は腫瘍によって使用される20以上の成長因子の知っている。 遅段階の乳癌の細胞は、例えば、angiogenesisを引き起こす6つの成長因子多数を表現するかもしれない。 癌細胞は癌細胞が表皮の成長因子(EGF)に応じて超増殖することを可能にする細胞膜の腫瘍やoverexpressの受容器に新しい血管を引くためにこれらの成長因子を出す。

人間の調査は癌細胞が非常に抵抗力があるようになるために変異した遅段階の患者のangiogenesisの抑制剤またはEGFの受容器のブロッカーをテストした。 何人かの医者はこれらの薬剤が病気プロセスで先にテストされたら、よりよく働くことを信じる。 1つの問題はFDAが通常他の証明された療法をすべて失敗したそれらの患者だけに新しい制癌剤のテストを制限することである。 残念ながら、私達は癌細胞が新しい療法にいつも露出される変異させることがわかる。 前の療法を失敗した患者のだけ新しい制癌剤のテストによって、効力の途方もない重荷はこれらの新しい混合物に置かれている; すなわち、最も積極的な段階の癌細胞を殺すとこれらの薬剤は期待される。

何人かの専門家は反angiogenesisおよび成長因子のブロッカーを使用して巧妙な処置が複数の薬剤のカクテルの使用によって決まるかもしれないこと癌細胞によって使用されたすべての知られていた存続の要因を妨げる1つに注意する。 それは異なったメカニズムによって働く複数の抗ウィルス性の薬剤が何人かの人々のための処理しやすい病気に条件を回したカクテルに結合されるエイズの処理の成功を平行にする。 残念ながら従って、FDAは1つの実験薬剤だけにほとんどの癌の試験を一度に制限し、完全な応答か治療の達成の確率を高める複数の薬剤の組合せのアプローチを禁止する。

文化知識に基づいて、同時に早段階の癌患者のangiogenesisの抑制剤そして成長因子のブロッカーの広い範囲をテストすることは論理的だったようであろう。 そのようなテストは他の細胞毒素療法がまたはその後まもなく管理されることその時に考慮されるかもしれない。

3の ページで 2続けられる