生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年7月
イメージ
コルチソル
点検で危ないホルモンを保つこと
デーブTuttle著

コルチソルは圧力に多くの重大な役割を担う人体の助力を含む必要なホルモン合わせるである。 けれどもこの自然発生するホルモンは不況、アルツハイマー病および他の疾病につながった可能性としては有害な結果の年齢のボディ増加のレベル、少数の1つである。

よいニュースは、phosphatidylserine、DHEAのような栄養素の新しい研究あり、最適の健康を促進するためにコルチソルのレベルを制御するイチョウのbilobaは方法の貴重な洞察力を提供する。

低下のホルモン レベルは老化プロセスの認刻極印である。 私達が老化すると同時にボディのかなりDHEA、pregnenoloneおよびテストステロンの低下ホルモン レベルのの生産は、およびこれらの変更私達の健康に対する劇的な効果をもたらすことができる。

しかしすべてのホルモンがこのパターンに続かない。 1つの主要な例外はコルチソル、圧力に応じて解放されるホルモンである。 コルチソルがボディの重大な役割を担う間、このホルモンの余分な分泌は細いティッシュの精神機能、不況および減少の損失を含む深刻な健康の含意が、あることができる。 Cushingのシンドロームのコルチソルの極度な生産過剰は、ように起こる増加された体脂肪、減らされた骨密度および厳しい筋肉弱さで、起因する。 従って健康な範囲内のコルチソルのレベルを維持することは重大である。 幸いにも、科学者はphosphatidylserine、DHEAおよびイチョウのbilobaがあなたの体を損なうことからのこの異化作用のホルモンを保つのを助けるコルチソルのレベルを減らすことができることを発見した。

コルチソルの多くの役割
コルチソルはhypothalamic下垂体副腎の軸線の複数のホルモンの1つである。 この自動調整システムは内分泌、神経質な、および免疫組織の堅い統合を維持し、いろいろ内部および外的な刺激に絶えず反応する。1つは これボディが変更の状況の広い範囲に合わせることを可能にし存続および長寿を促進する。 この軸線が部分的に不活性になるか、または不適当に作用するとき、ボディは神経、内分泌の、および病理学の結果に終って免疫の圧力の余分な量--に、さらされるかもしれない。

ボディ経験の圧力が脳下垂体に、視床下部hypophyseal門脈の管と呼ばれる専門にされた循環システムを通してホルモンをcorticotropin解放することを送る時。 これは脳下垂体の前方の丸い突出部かACTHをadrenocorticotropinとして知られているホルモンの多くを分泌するように刺激する。 このホルモンはコルチソルが作り出される副腎皮質として知られている副腎の外の部分の活動を調整する。

ACTHの高められた分泌は副腎皮質のコルチソルそして他の関連のglucocorticoidsの高められた生産を誘発する。 またヒドロコーチゾンと呼ばれるコルチソルは、ボディのglucocorticoid活動の約95%に責任がある。 それはボディで複数の重要な新陳代謝および非新陳代謝の効果をもたらす。2 コルチソルはそれらをエネルギー源として使用できるようにする脂肪酸なしの動員を高める。 それは必要な頭脳機能のためのそれを倹約するブドウ糖の使用を減らす。 コルチソルはまたぶどう糖新生を刺激している間解放する、蛋白質か脂肪がブドウ糖に変えられるプロセス アミノ酸が修理、酵素の統合およびエネルギー生産の使用のためにことができるように蛋白質の異化(故障)を刺激する。 コルチソルはインシュリンの反対者としてブドウ糖の通風管および酸化の禁止によって役立つ。 コルチソルの主な非新陳代謝の活動は抑制の免疫組織の炎症性cytokinesの生産を含んでいて、血の流れおよび配分を改善するためにカテコラミン解放を高めおよび精神鋭利さを高める。

最初に50年代に薬剤として使用できるようにされたとき関節炎を扱うことをなぜ使用したかであるコルチソルに短期炎症抑制の特性がある。 残念ながら、コルチソルはまた長い期間の間管理されたとき免疫の反作用を弱め、その結果深刻なマイナスの効果を作り出す。 考慮されて特効薬は、コルチソル ベースの薬剤今最後の手段としてだけ、そしてそして短い間だけ使用される。 より古い個人で共通であるボディのコルチソルのハイ レベルはまた農産物の高血圧、悪い傷の治療、骨の、薄い皮無駄になる、損失、筋肉増加された腹部の脂肪、インシュリン抵抗性および睡眠の分裂に示されていた。

明らかに、コルチソルは両刃の剣である。 私達はそれなしに住むことができない私達はボディが仕事で病気または締切のような緊張に満ちた状態に、合わせるのを助けるように、にほしい。 けれども未知に残る理由のために、ボディのコルチソル規則システムは制御から回ることができ、私達が弱いので、特に老化すると同時に上昇するコルチソルの生産を有害なレベルに送る。 最近のドイツの調査はことが21のグループから54%高められた毎日のコルチソルの生産分った、すべては- 70上の人のグループへの30歳の人に…別の方法で健康だった。3つは コルチソルのレベルの適切な規則に絶対に必要なものをする老化の多数の病気でこの余分なコルチソル関係した。

コルチソルは解放される
圧力への応答

主要な生命ストレッサー(慢性)
• 離婚
• 家族の死
• 延長された病気
• 窮乏
• 仕事場の不幸

日常生活のストレッサー(激しい)
• 交通渋滞
• ビル支払うこと
• 家族の張力
• 騒音
• 群集
• 睡眠の妨害
• 分離
• 空腹
• 危険

不況およびAlzheimerで関係させる
コルチソルのレベルは緊張に満ちたでき事と直面されるとき健康な個人の多くを5重に増加する。 それらに伴う毎日の口論および苦脳および撹拌は私達皆のより大きいコルチソルの生産と関連付けられる。 しかし誰かは憂鬱な無秩序がある時、さらにもっとコルチソルのレベルの増加; 実際、かなりの証拠は高められたcorticotropin解放に二次hypercortisolemiaが憂鬱な無秩序の病因にかかわることを提案する。4つの マイナーな緊張に満ちたでき事は傷つきやすい個人の高められたadrenocortical活動そして不況をもたらしこれらの緊張に満ちたでき事と関連付けられる高いコルチソルのレベルは次々と落ち込んだ患者の状態を悪化できる。 分泌の脈拍の数はコルチソルの生産の高い日歩に示されるようにこれらの個人で、増加する。

研究者はコルチソルが気分および行動に影響を与えることができる分り、記憶を破壊し、そしてリコールすることが。健康な ボランティアへの5管理のコルチソルは抑制制御、注意の規則、および計画のようなprefrontal皮質機能と、関連付けられるプロセスを変えるために示されていた。 コルチソルに神経伝達物質との重要な相互作用が、neuropeptidesおよび憂鬱な徴候と関連付けられる頭脳回路はある。 高いコルチソルのレベルがまた心循環器疾患および他の病状に脆弱性を高める内分泌、新陳代謝、親炎症性の、および止血の要因に影響を与えることができるので、それは不況が冠動脈疾患のための独立した危険率でも不思議ではない。 より悪い、繰り返しの憂鬱な徴候は更にhypothalamic下垂体副腎の軸線のためのフィードバックの細道を損ない、より深い不況に既に落ち込んだ個人を送ることができる海馬に累積傷害で起因する。

コルチソルはまたアルツハイマー病の進行の役割を担う。 海馬は新しい記憶の獲得、検索および強化と密接に関連付けられる。 余分なコルチソルのレベルは萎縮および記憶減損に終って海馬に対するneurotoxic効果を、もたらす。コルチソルの レベルがアルツハイマー病の人々の認識減損のある程度と直接関連していることが6ジェノバ、分られるイタリアの大学で行なわれる調査。従って 7つにまたこれらの患者多くDHEAの硫酸塩(DHEA-S)、および劇的により高いコルチソルの低レベルがあった: Alzheimerのない個人よりDHEA-Sの比率。 これはDHEAの補足ことをに特につながれたときコルチソルのレベルの減少がAlzheimerと人々を扱うのを助けることができることを提案する。

記憶および認識低下に対するコルチソルのマイナスの効果はAlzheimerを持つ人々に限られない。 4年の縦方向調査は増加するコルチソルのレベルおよび明確な記憶の減損および別の方法で健康な個人の選択的な関心の性能間の重要な関係を見つけた。8つは コルチソルの生産のこの長期上昇DHEAおよび他のneuroprotectiveホルモンの低下のレベルに照し合わせてさらにもっと問題となる。 実際、何人かの科学者は今特にこれが保護男性ホルモンのホルモンの減らされた分泌と共に起こるとき頭脳の老化が生命中の増加するコルチソルのレベルへの累積露出によって決まることを信じる。 コルチソルはまたneurodegenerationにかかわる炎症性leukotrienesの統合に責任がある中央酵素である5 lipoxygenase (5ロックス)の酵素の表現を高める。 これらの相互関係はコルチソルの生産を制御する重要性に下線を引く。

Phosphatidylserineはコルチソルを減らす
Phosphatidylserineは細胞のための必要な栄養素、および細胞膜を構成する大きい分子をまとめるのを助けるいくつかのリン脂質の1つである。 Phosphatidylserineは神経細胞で特に豊富である。 調査はこれらの細胞が他の細胞と蓄積の促進によって伝達し合うphosphatidylserineの助け、ドーパミンのような神経伝達物質の貯蔵および解放ことを示した。9 Phosphatidylserineはまた各細胞の支持ホメオスタティスで重要である。

Phosphatidylserineは膜機能を管理する外見上膜のマトリックスのこれらの蛋白質の多数を固定する蛋白質を、助けピーク効率で作動するようにそれらがする。 phosphatidylserineによって促進される機能は満たされた原子(イオン)の細胞、動き、分子メッセージの伝達、細胞の動きおよび形の変更、および細胞に細胞コミュニケーションからの廃棄物の細胞そして出口に細胞にそしてから栄養素の記入項目が含まれている。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2