生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年1月
西部の食事療法は前立腺癌の危険を高めるかもしれない

前立腺癌は10日本のより米国で倍共通であり、典型的な高脂肪のアメリカの食事療法が責任にすることであるかもしれないことを新しい研究は提案する。

この仮説を確認するためには、研究者は前立腺の取り外しを経た前立腺癌を持つ50の日本の人を検査した。 関係者の半分は名古屋、日本に残りの半分はロスアンジェルスに住んでいたが、CA.住んでいた。 すなわち、人全員は同じような遺伝の背景、異なった食餌療法の習慣および生活様式があった。 研究者はすべての関係者からの取除かれた前立腺、また血および尿サンプルを検査した。 彼らはまた人にインタビューし、彼らの医療記録を見直した。

調査結果は平均より重いにあったように、米国に住んでいる日本の人は彼らの天然日本の同等より大いに悪い食餌療法の習慣が持ちより多くの体脂肪を、血であった5原産の日本の人より倍より多くのトリグリセリドがあることを提案する。

なお、2グループからの取除かれた前立腺の実験室の検査は癌のDNAが食事療法が癌性前立腺の遺伝の構成に影響を与えるかもしれないことを提案する2つのサンプルで別様に整理されたことを示した。

これらの調査結果は2003年6月30日にシカゴのアメリカの泌尿器科連合の会合で示された。 概要はまた泌尿器科学の5月2003日ジャーナルで出版された。 結果は医学ジャーナルの出版物のために現在準備されている。

— Marc Ellman、MD

Endometrial癌の危険性を減すために示されているPhytoestrogens

Endometrial癌はプロゲステロンへの循環露出なしでエストロゲンへの長期暴露と関連付けられる。 大豆のイソフラボンおよび亜麻のlignansは癌をもたらすかもしれない細胞分裂を促進するセルブロックのエストロゲンの能力でエストロゲンの受容器に不良部分によって弱いestrogenic効果を、およびもたらす。

国立癌研究所のジャーナルで出版される調査ではカリフォルニア州北部の蟹座の中心の研究者はendometrial 500人の女性からの食糧消費報告する、endometrial癌と診断された滋養分を診断前の文書化する35から79歳のcancer.*の調査官によって集められるデータのphytoestrogenの取入口と減らされた危険間のリンクを、1年。

これらは470の一致させた制御と比較された。 アンケートは食糧にphytoestrogensの3つのクラスの取入口を含めた: イソフラボン(を含むgenisteinおよびdaidzein)、coumestansおよびlignans。

イソフラボンおよびlignan取入口はendometrial癌の危険と逆に関連していた: イソフラボン(約2.7 mgまたは多く)およびlignansの最も高い消費は制御とおよそ半分比較されるによって(約0.2 mgまたは多く) endometrial癌の危険性を減らした。 Postmenopausal女性はほとんどの利点を示した。 前に大豆の取入口のために観察されるphytoestrogensによる保護は、大豆のphytoestrogensが準癌の予防の効果に責任がある混合物であることを提案する。

— Carmia Borek、PhD

*角ロスPL、ジョンEM、ステュワートSL AJ、CancholaリーMM。 Phytoestrogenの取入口およびendometrial癌の危険性。 J. Nat。 蟹座Inst 8月2003日6日; 95(15): 1158-64。

新しい調査は骨の形成に於いてのケイ素の役割を支える

医学ジャーナル骨の2つの最近の調査はケイ素、地殻、演劇の2番目に新し豊富な要素骨の形成に於いての重要な役割理論を支える。

最初の調査では、研究者は「生理学的な集中のOrthosilicic酸人間のosteoblastそっくりの細胞のコラーゲンのタイプ1の統合を刺激する分り、osteoblastic微分を報告される」、が高めることをケイ素が(orthosilicic酸として) 人間body.1の骨の形成に対するstimulatory効果をもたらすかもしれないことが研究者。

別の調査では、科学者は食餌療法のケイ素がおよそ3,000のアメリカの人および前menopausal女性のより大きい骨のミネラル密度と関連付けられた、ないことが分った後menopausal女性で。2 研究者に一致して、これらの調査結果は「[骨の再吸収を防ぐことのよりもむしろ骨の形成に於いてのケイ素の]役割に一貫している。 Orthosilicic酸は骨に対する同化効果の重要な栄養素であることを現れる」。

生命延長のインタビュー、ロンドンのセントトーマスの病院の先生が、「ケイ素言った研究者はRavin Jugdaohsingh取入口非常にの現代食品加工および精製が減らされた原因人間の食事療法の主要コンポーネント、である、水処理および浄化、およびhydroponic条件の下の野菜の成長。 動物実験は骨格成長とケイ素が正常な成長のために重要であることを、とりわけ示した。

「現在、骨粗しょう症のためのほぼすべての処置(か低い骨の固まり、副甲状腺のホルモンを除いてどれも、骨の故障を減らすことによって)、実際に増加の骨の形成働かないが(すなわち、新しい骨を作りなさい)。 ケイ素は低い骨の固まりにこうして療法または骨の形成を高めることによって骨粗しょう症の新型を提供できる。 ケイ素はまたアテローム性動脈硬化にこうして人間の健康に於いてのより広く有利な役割を持つかもしれない、持っている反atherosclerotic特性を、そして結合組織(すなわち、皮、毛および釘)とつながり」。

— Marc Ellman、MD


参照

1. Reffitt DM、Ogston N、Jugdaohsingh Rは、等Orthosilicic酸人間のosteoblastそっくりの細胞のコラーゲンのタイプ1の統合そしてosteoblastic微分を生体外で刺激する。 骨。 2月2003日; 32(2):127-35.
2. Jugdaohsingh Rの等シリコーンの取入口はFraminghamの子孫のグループの人そしてpremenopausal女性の骨のミネラル密度の主要な食餌療法の決定要因である。 骨。 5月2003日; 32(5): S192.