生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年2月
イメージ
知力を改善する「強さ補足」の
先生によってエドワードR. Rosick

主流の薬のある人々はあらゆる費用ことをで彼らの若く、しなやかな体格の維持にだけ反老化の研究者および医者がであることを信じる興味がある快楽主義的なロット。 しかし私の経験では何も真実からそれ以上であることができなかった。 私は反老化の医者の大半が彼らの患者を彼らの心鋭いおよびそのままな記憶を保つことの彼らのベストをである、しかしまた見、感じさせ続けることのだけでなく、支持者ことが分る。

鋭い心およびしなやかな図の維持に興味を起こさせられるそれらのためにクレアチンはな取得補足である。 多数はクレアチンをようにだけ筋肉固まりを維持し、練習の性能を改善するのに運動選手、ボディービルダーおよび他の適性の熱狂者が使用する普及した補足知っている。 健康な、明確考える心の維持をしかし刺激的で新しい科学的な証拠はクレアチンがだけでなく、退化的な神経疾患の人々を助けることができる示したりまた皆についてことをちょうど助けるかもしれない。

保存は強くおよび健康押し進ませる
クレアチン、アミノ酸メチオニン、グリシンから成り立つ混合物およびアルギニンは1835年に肉エキスから、発見され、隔離された。 人間は腎臓、レバーおよび膵臓、店のクレアチンを中心を含む筋肉のほとんど、作り出す。 クレアチンが早い19世紀以来知られている間、ない20世紀の終わりがしたまで補足として取られたとき、クレアチンが筋肉固まりをことを加えることの重要な助けである場合もあることを科学者は発見する。

500ずっと以上の十分研究された調査はクレアチンの補足が皆人および女性の若者を助け、筋肉適性を古維持し、筋肉固まりのsarcopenia、年齢関連の損失および強さのような老化の最も衰弱させる効果の一部を、避けることができる行なわれた提示である。 2月2003日に出版された調査はレジスタンス・エクササイズの細い筋肉固まりおよび強さの利益に対する250の補足の効果を検査した。 すべての補足の、クレアチンは一貫して若くのの細い筋肉固まりそして強さをおよび古い増加した少数の1つだった。1 別の調査はにクレアチンの補足の潜在的な人間工学的の価値の300の調査に見直した2003年の、完了されて出版した: 「クレアチンの補足が第」は2のいろいろな練習の仕事のためのふつうは効果がある栄養の人間工学的の援助のようであることを科学的な証拠の優位示す

維持エネルギーのために必要
クレアチンは再生のアデノシン三リン酸、またはATPに於いての役割によって練習容量および筋肉固まりを高める。 ATPはボディの第一次「エネルギー分子」で、細胞でエネルギーとして使用される。 有用な類似は電気を作り出すためにボディの自然な燃料の同じように天燃ガスが現代発電所で燃えるのでATPについて考えることである。 ボディでは、ATPは破壊されるか、または生化学的なエネルギーを作り出すために「」、燃える。 この生化学的なプロセスの間に、ATPは隣酸塩分子の1つを失い、アデノシン二リン酸、かADPに変わり、それはここにクレアチンがとても極めて重要になることである。 ボディでようにクレアチンの隣酸塩貯えられる、またはクレアチンリン酸、あきらめるか、または、隣酸塩分子より多くのエネルギーを作るのに使用することができるより多くのATPを作り出すADPへの寄付による再充電ADPクレアチン。 ATPを再充電するクレアチンなしで私達は文字通りエネルギーのために「空腹」である。

エネルギーのための頭脳の渇き
フットボールの試合を見る時次に、攻撃的なか防御的なラインのより大きいプレーヤーの1人を吟味しなさい。 それから彼の体のどんな部分がほとんどのエネルギーを消費するか想像することを試みなさい。 それは彼の木のような腕であるか。 彼のバレル サイズの箱か。 またはのは運動場をくまなくその350ポンド フレームを運ばなければならない彼の大きい足である、か。

意外な答えは上のどれもではない。 ほとんどのエネルギーを必要とする人体の部分は小さいの頭骨の頭脳に存在する灰白質の3ポンドの固まり。 人間の脳が人の総体重より1-3%だけを構成する間、ニューロン(頭脳の活動的な神経細胞)の十億はボディの合計によってATP得られるエネルギーの15-20%を使用する。

ATPから得られるエネルギーが神経修理のために頭脳によって、作り出し、包み、神経伝達物質を分泌し、ニューロンが互いに伝達し合うと見られるbioelectrical排出に動力を与えるのに使用されている。 活発毎日のあらゆる秒であるこのbioelectricalプロセスはナトリウムの急速で、連続的な交換および神経の膜、ナトリウムおよびカリウム イオンをあちこちに動かすために膜の中の生化学的な「ポンプによって」決まるプロセスを渡るカリウム イオンによって起こる。 これらのあらゆる面で重要なナトリウム カリウム ポンプに動力を与えるのにニューロンのATPの45%多くが使用されるかもしれないと推定されていた。

クレアチンおよびNeurodegenerativeの無秩序
重要なATPは頭脳機能におよびクレアチンいかにこうしてあるか意識するとき、頭脳のクレアチンの新陳代謝の先天的な間違いによって特徴付けられるある特定の遺伝病が重要で神経学的な欠陥に引き起こすことができる驚きとして来るべきではない。 頭脳のクレアチンの新陳代謝、GAMT (guanidinoacetateのmethyltransferase)の不足の最初の先天的な間違いは1994年。3で、臨床的に記述されていた

GMATの不足は頭脳のクレアチンのレベルがほとんど検出不可能のautosomal劣性無秩序である。 この遺伝の不足は進化の遅れ、精神遅滞、スピーチの不能および筋肉弱さとして生命に早く明示する。 調査はこの無秩序の患者による口頭クレアチンの補足が遅い助けまた更に最も衰弱させる徴候のいくつかを逆転できることを示した。 AGAT (アルギニン: グリシンのamidinotransferaseの)不足は頭脳の最低またはクレアチンの新陳代謝が精神遅滞、言語無秩序および悪く良い運動能力で起因しないもう一つのautosomal遺伝病である。3 2人の姉妹の調査で4つを老化させ、AGATの不足の6年、クレアチンの補足により良い運動能力で急速な進歩および一般的な認識開発の増加を引き起こした。

3つの致命的な神経疾患
最近の調査はクレアチンがクレアチンの新陳代謝の遺伝病でまた中枢神経系のnongenetic無秩序でだけでなく、助けることができることを示した。 パーキンソン、ハンティントンおよびアルツハイマー病のような破壊的な神経疾患がクレアチン動力ATPエネルギー新陳代謝の酸化圧力そして減損のような病因の基本的で生化学的なプロセスを、共有することが多くの頭脳の研究者によって今仮定される。 クレアチンの補足がかなりずっと多くの神経疾患のさまざまなよくみられる症状を改善できることをこの理論を、動物モデルの変化および支えるためには、時として、人間の調査は示している。 クレアチンがATPのエネルギー・システムにによってとまた直接酸化防止剤ことをとして機能これを「ブスター」達成することができると考えられている。4

パーキンソンは先生によってジェームス パーキンソン1817年に最初に記述されていた慢性の神経疾患、ロンドンの医者である。 その時以来、ある限られた医学療法はこの進歩的な病気を扱うために開発されたけれどもパーキンソン病を引き起こすものにより科学者はまだ知らない。 substaniaのnigraとして知られている頭脳の区域のニューロンは退化し、死ぬことである知られている何が、ドーパミンの減らされたレベルをもたらす、重大な頭脳の神経化学物質。 パーキンソンのよくみられる症状は休息の震え、剛性率、バランス問題および不況を含んでいる。

科学者がパーキンソンの原因を捜し続ける間、何人かの医学の研究者はATPの減損がシステムをエネルギー発生させ、ニューロンへの酸化損傷が1.5百万人のアメリカ人に影響を与えるこの病気の病因の重要な役割を担うかもしれないことを仮定している。 酸化防止剤としてATPのレベルおよび仕事の後押しを助けることができるクレアチンのような5つの補足はパーキンソン病の安全で、有効な戦闘機として多分検査されている。 最近の動物実験はかなり有望で、クレアチンの補足がパーキンソンで見られるドーパミンの枯渇および神経の損失両方から保護できることを示す。 人間の調査が出版されない間、5,6、それは酸化防止有効な頭脳として機能し、ATP機能を後押しできるクレアチンのような補足がパーキンソンのことを戦いの貴重な用具であると証明するかもしれないと考える意味を成している。

クレアチンの補足はまたハンティントンの病気に対する戦いの貴重な武器であると証明するかもしれない。 この荒廃の、不可逆神経学的な、遺伝病はアメリカ人25万に影響を与え、歩き、考え、話し、推論する機能のそれらを奪う。 現在、有効な治療はハンティントンの病気のためにない。 けれどもここに再度、クレアチンの補足は病気の最も衰弱させる効果の一部の改善に有用であると証明するかもしれない。 1998調査はラットのハンティントンそっくりの悩障害に対してクレアチンの補足によって提供された重要な保護を見つけた。7 完了される調査の著者「クレアチンまたはcyclocreatineの経口投与細胞ATPの集中を緩衝、ハンティントンの病気のneuropathologicalおよび臨床表現型を」。はまねる動物モデルの細胞死を減少できる よいニュースはハンティントンの病気の患者に対するクレアチンの10グラムの日効果を検査した2003年7月に出版された調査から現れた。8 1年後に、補足のクレアチンを取った患者は彼らの精神状態、クレアチンがハンティントンの病気と関連付けられた神経学的な退化を停止できたという印の測定可能な変更を示さなかった。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2