生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazineの特集号、冬2004/2005
全大豆の補足の美徳

1997年に、生命延長基礎は最初の高集中(40%)のイソフラボンの大豆のエキスをもたらした。 理論はその当時イソフラボンが、genisteinのような、多数の医療補助に責任がある大豆の多分部品だったことだった。1-2

近年、genisteinの有利な効果および他の大豆のイソフラボンは多数の出版された調査で示されていた。 最も著名な調査は国立癌研究所のジャーナルで出版され、21,852人の日本の女性含まれた。 調査結果は彼女達の食事療法のほとんどのイソフラボンを持つ女性は望ましくない胸の細胞群体を開発するためのより危険度が低いのがあったことを明らかにした。3つは これほとんどの大豆を持っている望ましくない細胞群体の大いにより低い率を消費する人を明らかにした出版された調査の無数を確認する。4-7

同時に、大豆の他の要素はまた助けが彼らの食事療法の大量の大豆を消費するアジア人口の健康そして長寿を説明すること効果を示した。 最も印象的な最近の調査の1つは最も高い量の大豆プロダクトを食べた人が最も低い量を消費した人と比較された望ましくない細胞群体を開発する多分47%才だったことを示した。 natto (発酵させた大豆)の多量を消費した人では、望ましくない前立腺の細胞群体の形成の発生は驚くべき75%減った!8

大豆の他の要素が重要な細胞の保護影響を提供するかもしれないという増加する証拠に応じてメンバーはずっと過去7年間使用していること付加的な利益を提供するかもしれない発酵させた大豆のnattoと同じ標準化されたイソフラボンのエキスを、提供する新しい公式は開発された。

大豆のnattoはイソフラボンの吸収を高め、発酵プロセスによって貢献される他の栄養素を提供する。9,10は genistein、daidzein、等の高められた吸収新しい極度の吸収性の大豆のイソフラボンの1つのカプセルだけ毎日要求されること十分に重要かもしれない。

新しいののちょうど1つのカプセル
極度の吸収性の大豆のイソフラボンは提供する:
Genisteinおよび前駆物質
isoformのgenistin ................. 25.8 mg
Daidzeinおよび前駆物質
isoformのdaidzin ................. 25.0 mg
Glyciteinおよび前駆物質
isoformのglycitin ................. 4.7 mg
発酵させた大豆のnatto
(イーストから) ................. 435 mg

この新しい方式で使用される発酵させた大豆のnattoは新しいイースト(細菌の代りに)発酵プロセスを組み込む。 日本の研究者はこのタイプのイーストからの培養された流体培養基が望ましくない乳房の細胞群体の開発そして伝播を禁じることが分った。11

日本の食餌療法のイソフラボンの食糧消費の調査に基づいて、新しい極度の吸収性の大豆のイソフラボンのちょうど1つのカプセルは食事療法でより多くのgenisteinおよびdaidzeinを(50 mg)より一般の日本人消費する提供する。12-15 典型的なアメリカの食事療法は、一方では、頻繁にこれらの細胞保護のイソフラボンのより少しにより1 mgを提供する。16

メガ大豆のエキス プロダクトと比較されて、新しい極度の吸収性の大豆のイソフラボンはメガ大豆のエキス プロダクトよりはるかに完全な大豆の補足を提供するが、もう要しない。

メガ大豆のエキスのカプセルが(イソフラボンおよびnattoのエキスだけ含んでいない)この特定の方式を使用するために好む人のためにまだ利用できることに注目し。

参照

1. Ari Babaknia、M.D.の大豆、あなたの出版健康、地下鉄のデジタル出版をを改善するための右の蛋白質; 2003.

2. 実験Medicineの前進の蟹座の防止の食餌療法のPhytochemicalsおよび処置、Vol. 401およびBiology 1996年。 CH. 7: 大豆Isoflavavonoidsおよび蟹座防止、87-100。

3. 山元町S、Sobue T、Kobayashi M、等日本の大豆、イソフラボンおよび乳癌の危険。 Jの国民の蟹座Inst。 6月2003日18日; 95(12): 906-13。

4. リーHP、Gourley L、Duffy SWの等シンガポールの乳癌の危険に対する食餌療法の効果。 尖頭アーチ。 5月1991日18日; 337(8751): 1197-200。

5. Hirose K、但馬K、浜島町N。 menopausal状態に従う乳癌の危険率の大規模な、病院ベースのケース コントロール研究。 日本J蟹座Res。 2月1995日; 86(2): 146-54。

6. Setchell KD。 性質の選択的なエストロゲンの受容器の変調器(SERMs)からの大豆のイソフラボン利点そして危険。 J AM Coll Nutr。 10月2001日; 20(5): 354S-362S.

7. 角ロスPL、ジョンAJ EM、Canchola等Phytoestrogenの取入口およびendometrial癌の危険性。 Jの国民の蟹座Inst。 8月2003日6日; 95(15): 1158-64。

8. Sonoda T、Nagata Y、Mori M、等。 日本の食事療法そして前立腺癌の場合制御の調査: 従来の日本語の可能な保護効果は食事療法する。 蟹座Sci。 3月2004日; 95(3): 238-42。

9. Slavin JL、Karr SC、尿のisoflavonoidの排泄物の習慣的な食事療法処理するHutchins AM、等大豆の影響および大豆の線量。 AM J Clin Nutr。 12月1998日; 68 (6つのSuppl): 1492S-1495S.

10. Hutchins AM、Slavin JL、Lampe JW。 尿のisoflavonoidのphytoestrogenおよびlignan排泄物後発酵させ、unfermented大豆プロダクトの消費。 J AMの食事療法Assoc。 5月1995日; 95(5): 545-51。

11. Gotoh T、Yamada K、Ito A、等味噌およびtamoxifenによる、単独でそして組合せのNニトロソ基を含N methylurea誘発のラットの乳房癌のChemoprevention。 Jpn Jの蟹座Res。 5月1998日; 89(5): 487-95。

12. 新井Y、Uehara M、佐藤Y、等食餌療法取入口の中のイソフラボンの比較、phytoestrogenの取入口の正確な推定のための血しょう集中および尿の排泄物。 J Epidemiol。 3月2000日; 10(2): 127-35。

13. 日本語間のイソフラボンのWakai K、Egami I、Kato K、等食餌療法取入口そして源。 Nutrの蟹座。 1999;33(2):139-45.

14. Kimira M、新井Y、Shimoi K、等フラボノイドの日本の取入口および食糧からのisoflavonoids。 J Epidemiol。 8月1998日; 8(3): 168-75。

15. ウーはLos Angeles郡のアジア系アメリカ人の女性の自己報告された大豆のイソフラボンのレベル対ああ、Yu MC、Tseng CCの等血しょうイソフラボン水平になる。 発癌。 1月2004日; 25(1): 77-81。 Epub 10月2003日10.日。

16. de Kleijn MJ、van der Schouw YT、食餌療法のphytoestrogensのウイルソンPWの等取入口は米国のpostmenopausal女性で低い: Framinghamの調査(1-4)。 J Nutr。 6月2001日; 131(6): 1826-32。