生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazineの特集号、冬2004/2005
ゴマLignansは劇的にビタミンEの活動を高める

ゴマおよびオイルは長く日本および中国の健康食品として考慮されてしまった。しかし 1,2のゴマの生物学的作用はただ過去10年間に識別されてしまった。 ゴマのlignansはゴマ油の1%固体部分で、ゴマのすべての有利な効果に責任がある。3

ゴマにおよびlignansに人間の健康で広い応用範囲がある。 これは人間に魚油、4,5減少LDLの酸化 6,7の禁止の脂質の過酸化反応 6-8の低下LDLのレベル DNAの変異の毒素に対して9,10および守ること の炎症抑制の索引を高めることを含める。11-13

しかしゴマのlignansについて最も重要な見つけることは複数の異なったメカニズムによってビタミンEのティッシュのレベルを(を含むガンマのトコフェロール)増加する独特な機能である。14-17 ガンマのトコフェロールの高度は特に重要なことをガンマのトコフェロール、アルファ トコフェロールが、その特に危ないタイプの遊離基(peroxynitrite基)を演劇年齢関連の無秩序の開発に於いての大きな役割癒やすがのでもつ。18,19

ビタミンEを取るための第一の目的は遊離基を抑制することである。 ここ一年で、4つの著名な学術雑誌はガンマのトコフェロールの独特な利点を確認し、ガンマのトコフェロールが補足のビタミンEの極めて重要な形態であるかもしれないことを示す記事を出版した。20-23

図1.ラットを 与えたゴマ補われた食事療法に示すかガンマのトコフェロールのかなり高い濃度を血清、レバー、ガンマのトコフェロールだけと補われる腎臓および頭脳で対それらまたは与えられたビタミンEの不十分な食事療法に拡大しなさい。

はじめて、ガンマのトコフェロールはティッシュの酸化圧力および炎症性レベルを測定した人間の調査のゴマのlignansと結合された。 結果はゴマがtocotrienolsと結合されるガンマのトコフェロールの同量と比較される25%の平均ガンマのトコフェロールの効力を後押しすることを示す。LEFの調査

増加されたガンマのトコフェロールは減らされた遊離基で起因する
スウェーデンの女性の調査では、ゴマ油との補足はトコフェロールの他の源を取らないでガンマのトコフェロールのレベル41.7%を上げた。24

動物実験では、だけガンマのトコフェロールとの補足はラットの血そしてレバーのガンマのトコフェロールの小さい集中だけで起因した。 鋭い対照では、ゴマのlignansの供給は血およびレバーのガンマのトコフェロールの高い濃度で起因した。25の 脂質の過酸化反応は細胞膜の遊離基の損傷の重要な測定である。 この調査では、脂質の過酸化反応のレベルはグループによって与えられたガンマのトコフェロールだけと比較されたsesame+gammaのトコフェロールのグループの血にレバー過酸化反応率はより低い30%だったがより低く50%だった。25

図1ショーの棒グラフはガンマのトコフェロールの相違およびガンマのトコフェロールだけ対ゴマとガンマのトコフェロール与えられた動物のグループ間のレベル グループにlignans与えた。25

別の調査では、ラットの食事療法40%へゴマを加えることはアルファ トコフェロールの血清のレベルを増加し、ガンマのトコフェロールのレベルはまた800% 26のゴマのlignans 82.8%によって酸化細胞membrane/DNAの損傷の測定を下げる機能を示した(thiobarbituric反応レバー レベル)。7

脂質の過酸化反応の 主要な副産物の図2.レベルを拡大しなさい((4-HNE) 4ヒドロキシnonenalおよび(MDA malondialdehyde)) 著しく制御、アルファ トコフェロールおよびprobucol、薬剤を下げる脂質と比較されるsesaminolの前で禁じられる。

ゴマが有害な遊離基の減少したレベルで持っていることを図2は驚くべき効果に示す。

ゴマがビタミンEをいかに後押しするか
人間および動物実験では、ゴマのlignansはアルファおよびガンマのトコフェロールの増加のティッシュおよび血レベルに示されていた。25,27は これの重大さガンマのトコフェロールのレベルが人間のティッシュおよび血で上がりにくいことである。 1つの理由はレバーからのティッシュ(アルファ トコフェロールの運搬体蛋白質)にビタミンEを運ぶ唯一の運搬体蛋白質が他のトコフェロールことをへのほぼ2つから1つの比率のアルファ トコフェロールの輸送で非常に選択的であることである。アルファ 上のガンマのトコフェロールの価値を示す調査で証明されたように強力な酸化防止効果をもたらすか渡される何が比較的に少なガンマのトコフェロールは細胞膜に行きつく、けれどもことをこれが意味する28。

人間および動物実験はゴマかlignansとの補足がすべてのトコフェロールのレベルのことを上昇の同じような効果を作り出すことを示す。 1つの調査では、ラットのガンマのトコフェロールのレバー、頭脳、腎臓および血清のレベルは与えられるか、の後で単独でガンマのトコフェロールをまたは与えられることガンマのトコフェロールおよびゴマを測定された。

ガンマ トコフェロールだけ与えられたグループはティッシュの1グラムあたりガンマのトコフェロールの3だけnmolおよび血の1リットルあたり3つのmicromolesのレバー、腎臓、頭脳および血レベルを増加した。 与えられたゴマにおよびガンマ トコフェロールはティッシュで一緒に、ラット1リットルあたり1グラムあたり25-30 nmolのガンマのトコフェロールのレベルがおよび血で30 nmolあったときに、833から1000%間の増加はゴマと比較しなかった。26は またこの調査ガンマのトコフェロール(ガンマCEHC)の代謝物質の尿の排泄物がゴマ補われたラットの50%を落としたことを、助けがゴマに与えられるグループののティッシュおよび血レベルの劇的増加を+ガンマのトコフェロール説明する要因示した(図3)を見なさい。

脂質の過酸化反応の 主要な副産物の図3.レベルを拡大しなさい((4-HNE) 4ヒドロキシnonenalおよび(MDA malondialdehyde)) 著しく制御、アルファ トコフェロールおよびprobucol、薬剤を下げる脂質と比較されるsesaminolの前で禁じられる。

ゴマはゴマがいかにガンマを後押しし、アルファ トコフェロールがボディで水平になるかトコフェロール(トコフェロールのガンマのヒドロキシラーゼ 、かCYP-3Aを)破壊する特定の酵素を、17,26禁じる更に明白にする。

生命延長は人間のゴマLignansをテストする
ゴマのこれらの驚くべき出版された調査に応じて、生命延長はガンマのトコフェロールおよびゴマのlignansを含んでいる補足を取った人々がどうなるか見るために臨床試験を行なった。

酸化圧力および発火の3つのマーカーは人間の被験者のグループの血でベースラインを確立するために測定された。 グループはtocotrienolsと1つのグループある特定のガンマのトコフェロールとそれから別のものはゴマのlignansとガンマのトコフェロールの同量を受け取ったが、分けられた。

測定された酸化圧力および発火の3つの血のマーカーは次のとおりだった:

  1. Dityrosine
  2. Isoprostane
  3. PLGF-1

dityrosineのマーカーはチロシンとのperoxynitriteの根本的な反応、すべての人間蛋白質で見つけられるアミノ酸によって引き起こされる深いティッシュ蛋白質の酸化の血清のレベルを測定する。29 チロシンは最も容易にperoxynitrite基によって攻撃されるアミノ酸である。 Peroxynitriteは無秩序の多くで関係した非常に強力な遊離基である。 ガンマのトコフェロールは反応する、またはトラップ、あらゆる相当な程度へのperoxynitrite基である唯一のトコフェロール。18 ガンマのトコフェロールtocotrienolのグループと比較されて、ガンマのトコフェロール ゴマを取るそれらは補足の2週後に血清のdityrosineの酸化レベルの45%の減少を示した。

isoprostaneのマーカーは遊離基によって与えられる細胞膜の損害の量を測定する。また 脂質の過酸化反応と呼ばれる30,31細胞膜の損傷は、細胞膜の脂肪酸の遊離基の連鎖反応である。 通常、脂質の過酸化反応は癒やされる前に正常な分子を破壊する遊離基で起因する。 ビタミンEとの補足はかなりisoprostaneの生成を減らし、大動脈の損害区域を減らすために示されていた。32 ガンマのトコフェロールtocotrienolのグループと比較されて、ガンマのトコフェロールおよびゴマを取るそれらは補足の2週後に血清のisoprostaneのレベルの22%の減少を示した。

PLGF-1マーカーは人間のatherosclerotic危険のための非常に敏感で新しいテストである。 胎盤で最初に識別されたので「胎盤がある成長因子」のための33のPLGF-1立場。しかし 34大人のためPLGF-1のハイ レベルはatherosclerotic損害を表しているである。 PLGF-1は管の平滑筋細胞の成長を刺激し、atherosclerotic損害に大食細胞を募集し、腫瘍壊死の要因の生産を調整し、そして望ましくないangiogenesisを刺激する。35 動物モデルで、PLGF-1の阻止はatheroscleroticプラクの成長および幹線壁の炎症性反作用を両方抑制した。 PLGF-1は不安定な幹線壁のプラクの存在のためのマーカーとして考慮されるかもしれない。36 ガンマのトコフェロールtocotrienolのグループと比較されて、ガンマのトコフェロール ゴマを取るそれらは補足の2週後に11.5%に血清PLGF-1のレベルの減少を示した。

これがから始まる既にベースラインPLGF-1危険の最も低い1%にだった健康な集団だったので、ガンマのトコフェロール ゴマのグループの11.5の減少は印象的だった。 推定上、普通高いPLGF-1レベルがある幹線壁の機能障害との人々はこの非常に敏感な炎症性マーカーを下げた補足からより大きい利点を得る。 同じは被験者のこの健康なグループと比較されるベースライン酸化ストレス度が非常に高い老化する人々のために当てはまる。

遊離基および炎症性損傷のこの3つの進められた測定に基づいて、ゴマのlignansとガンマのトコフェロールはtocotrienolsとより高いガンマのトコフェロールより有効な25%である。

これらの最近の調査結果についてとても印象的である何がそれ同じでない前の調査である、偽薬か制御グループとゴマを比較しなかった。 その代り、この人間の調査は非常に高いtocotrienolsの効果と安価のゴマを比較した。 tocotrienolsは性質の最も有効で自然な酸化防止剤として考慮される。 tocotrienolsよりよい25%を働かせるとけれどもゴマは見つけられた。

これは標準化されたゴマのlignansの価格が比較的適度である一方tocotrienolsが高価であるので、ビタミンの消費者のためのすばらしいニュースである。

参照

1. Budowski P、Markley KS。 ゴマ油の化学および生理学特性。 ChemのRev. 1951年; 48:125-51。

2. Namiki、M、Kobayashi、ゴマのT. Science。 Asakura Shoten、東京、日本。 1989.

3. 福田Y、Osawa T、Namiki Mはゴマのantioxidative物質で、等調査する。 Agric Biol Chem。 1985;49:301-306.

4. ChavaliのSR、Zhong WW、Forse AA。 食餌療法のアルファ リノレン酸はTNFアルファを高め、IL-6、LPに応じてのIL-10を減らす: マウスのomega6およびomega3脂肪酸のデルタ5の不飽和化に対するsesaminの効果。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸3月1998日; 58(3): 185-91。

5. ラットの胸大動脈によるprostacyclinの統合に対するゴマおよび肝油Tahir、KEH、Hamad、AM、Ageel、MA、等効果。 アーチInt Pharmacodyn Ther 1988日3月4月; 292:182-8。

6. Miura S、渡辺J、さまざまで自然な酸化防止剤の佐野Mの等CU (2+)に対する効果-低密度の脂蛋白質の仲介された酸化修正。 Biol Pharm Bull。 1月1995日; 18(1): 1-4。

7. Kang MH、酸化損傷に対するLDLを生体外で保護することのゴマのlignansの行為のNaito M. Mode。 生命Sci。 2000;66(2):161-7.

8. Ikeda S、Kagaya M、Kobayashi Kは、等食餌療法のゴマのlignansラットの脂質の過酸化反応を与えたdocosahexenoic酸に減らす。 J Nutr Sci Vitaminol。 (東京) 8月2003日; 49(4): 270-6。

9. 平田F、Fujita K、Ishikura Yの等人間のゴマのlignansのHypocholesteremicの効果。 アテローム性動脈硬化。 1996. 4月26日; 122(1): 135-36。

10. Nakabayashi A、北川町Y、Suwa Yの等アルファ トコフェロールはラットのsesaminのhypocholesteremic行為を高める。 Int J Vitam Nutr Res。 1995;65(3):162-8.

11. Kang MH。 Katsuzaki H、2,2'のOsawa T. Inhibition - azobis [2,4-dimethylaminovaleronitrile] sesaminolsによる誘発の脂質の過酸化反応。 脂質。 10月1998日; 33(10): 1031-6。

12. resveratrolのKapadia GJ、Azuine MA、Tokuda H、等Chemopreventiveの効果、エプスタイン・バール・ウイルスの早い抗原の活発化の試金およびマウスのsesamol、ゴマ油およびひまわり油は二段式発癌の皮を剥ぐ。 Pharmacol Res。 6月2002日; 45(6): 499-505。

13. Uchida M、Nakajin S、Toyoshima S、等sesamolの抑制的な効果および脂質の過酸化反応の関連混合物。 Biol Pharm Bull 1996年; 19:623-6。

14. Kamal-Eldin A、フランクJ、Razdan A、等トコフェロールに対する食餌療法のフェノール混合物の効果、ラットのコレステロールおよび脂肪酸。 脂質2000年; 35:427-435。

15. Kamal-Eldin A、Pettersson DのAppelqvistのLA Sesamin (ゴマ油からの混合物)は広告のlibitumに与えられるラットのトコフェロールのレベルを増加する。 脂質1995年; 30:499-505。

16. Cooney RV、Custer LJ、食餌療法のゴマのOkinaka Lの等血しょうトコフェロールに対する効果は水平になる。 Nutrの蟹座。 2001;39(1):66-71.

17. Parker RS、Sontag TJ、Swanson JE。 sesaminによるトコフェロールそして阻止のチトクロームのP4503A依存した新陳代謝。 Biochem Biophys Res Commun。 11月2000日2日; 277(3): 531-4。

18. Christen S、Woodall AA、Shigenaga MKの等ガンマ トコフェロールはのようなmutagenic electrophilesを引っ掛けない(X)はアルファ トコフェロールを補足し、: 生理学的な含意。 Proc国民のAcad Sci米国。 4月1997日1日; 94(7): 3217-22。

19. Kontush A、Spranger Tのドイツ国Aの等アテローム性動脈硬化のマーカーとして血しょうの親脂性の酸化防止剤: アルファ カロチンおよびガンマ トコフェロールの役割。 アテローム性動脈硬化5月1999日; 144(1):117-22.

20. フリートリッヒMJ。 への「E」またはない「E」、健康に於いてのビタミンEの役割および病気は質問である。 JAMA. 8月2004日11日; 292(6): 671-3。

21. Galli F、Stabile AM、Betti M、等。 前立腺癌の細胞増殖に対するアルファの効果およびガンマ トコフェロールおよびcarboxyethylのhydroxychromanの代謝物質。 アーチBiochem Biophys。 3月2004日1日; 423(1): 97-102。

22. Wagner KH、Kamal-Eldin AのElmadfaのI.Gammaトコフェロールはビタミンを過少見積りしたか。 アンNutr Metab。 2004;48(3):169-88.

23. Hensley K、Benaksas EJ、Bolli R、等。ビタミンEの新たな観点: 生物学および薬のガンマ トコフェロールおよびcarboxyelthylhydroxychromanの代謝物質。 自由なRadic Biol Med。 1月2004日1日; 36(1): 1-15。

24. Lemcke-Norojarvi M. Cornおよびゴマ油は健康なスウェーデンの女性の血清のガンマ トコフェロールの集中を高める。 J Nutr。 2001; 131: 1195-1201.

25. Yamashita K、Nohara Yは、Katayama K.のゴマのlignansおよびガンマ トコフェロール ラットのビタミンEの活動を作り出すために共働作用して機能する。 J. Nutr。 12月1992日; 122 [12]: 2440-6。

26. Ikeda S、Tohama T、Yamashita K. Dietaryのゴマおよびlignansは2,7,8 trimethyl2 [2' - carboxyethyl] -禁じるガンマ トコフェロールに与えられるラットの尿への6-hydroxychroman排泄物。 J Nutr。 5月2002日; 132(5): 961-6。

27. Yamashita K、Lisuka Y.のゴマおよびlignansはラットのビタミンEの活動のマーク付きの強化を与えた低いトコフェロールの食事療法に作り出す。 脂質11月1995日; 30 [11]: 1019-28.

28. Hosomi A、Arita M、佐藤Yの等ビタミンEのアナログの生物活動の決定要因としてアルファ トコフェロールの移動蛋白質のための類縁。 FEBS Lett。 6月1997日2日; 409(1): 105-8。

29. Giulivi C、Traaseth NJ、Davies KJ。 チロシンの酸化プロダクト: 分析および生物的関連性。 アミノ酸。 12月2003日; 25 (3-4): 227-32。 Epub 7月2003日29日。

30. Cracowski JL、Durand T、人間の脂質の過酸化反応のbiomarkerとしてBessard G. Isoprostanes: 生理学、薬理学および臨床含意。 傾向Pharmacol Sci。 8月2002日; 23(8): 360-6。

31. ロバーツLJ、翌日にJD。 生体内で酸化圧力の索引としてF (2)の- isoprostanesの測定。 自由なRadic Biol Med。 2月2000日15日; 28(4): 505-13。

32. Pratico D、Tangirala RK、Rader DJの等ビタミンEはisoprostaneの生成を生体内で抑制し、ApoE不十分なマウスのアテローム性動脈硬化を減らす。 Nat. Med。 10月1998日; 4(10): 1189-92。

33. Heeschen C、Dimmeler S、Fichtlscherer Sの等激しい胸痛の患者の胎盤がある成長因子の予想価値。 JAMA. 1月2004日28日; 291(4): 435-41。

34. Maglione D、Guerriero V、蛋白質のための人間の胎盤のcDNAのコーディングのViglietto Gの等分離は管の透磁率の要因に関連していた。 Proc国民のAcad Sci米国。 10月1991日15日; 88(20): 9267-71。

35. Luttun A、Tjwa M、月L、等PlGFの処置によるischemicティッシュのRevascularization、および反Flt1による腫瘍のangiogenesis、関節炎およびアテローム性動脈硬化の阻止。 Nat. Med。 8月2002日; 8(8): 831-40。

36. Autiero M、Luttun A、Tjwa M、等胎盤がある成長因子および受容器の血管内皮細胞増殖因子の受容器1: angiogenicおよび炎症性無秩序のischemicティッシュのrevascularizationそして阻止の刺激のための新しいターゲット。 J Thromb Haemost。 7月2003日; 1(7): 1356-70。