生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazineの特集号、冬2004/2005
新しい頭脳の再生の栄養素はNeuritesを育てる

脳細胞は互いにneuritesによって接続されるので伝達し合う(樹枝状結晶および軸索)。 Neuritesは長く木の枝と同じように育つ神経細胞のフィラメントそっくりの末端枝である。 神経細胞間のコミュニケーション回路部品の細道を提供するNeurites機能。

私達が老化したりので、神経関係の細道が少数だけに多数から総計で減ると同時に遅らせられた考えることで起因するneuritesの損失がある。 年齢関連のneuriteの損失の効果は細道、考える時間を処理するその思考であり点爆時間はかなり減少するすべてである。

アセチルlカルニチンarginateはアセチルlカルニチンarginateは驚かす19.5%によって新しいneuritesの成長を刺激することbrain.*の調査ショーのneuritesの成長を刺激するカルニチンの特許を取られた形態である(神経の成長因子自体多く)。 アセチルlカルニチンarginateはアセチルlカルニチンとともにneuriteの結果を高めるために機能する。1

アセチルlカルニチンは5.6%によって5日後に単独でneuriteの成長を刺激する。 アセチルlカルニチンarginateは、一方では、19.5%によって同じ期限のneuriteの結果を…三重増加よりもっと刺激する!1

均等に印象的な見つけることはアセチルlカルニチンだけグループで長いよりアセチル カルニチンarginate 21%によって作り出されたneuritesの平均長さだった。1

科学者がアセチルlカルニチンおよびアルギニンの効果を比較したときに、混合物はアセチルのカルニチンと同じ成長の結果を、すなわち5.2%単独で与えた。 この調査はアセチルl carntine arginateが倍引き起こしたことを示したより多くのneuriteの成長をアルギニンと混合したアセチルlカルニチンと比較された3.48。1

アセチルのカルニチンのarginateはあるより古いおよびAlzheimerの頭脳に健康な細胞カルシウム2+バランスで中断を引き起こし、Bアミロイドの存在によって引き起こされる毒性から脳細胞を保護する。2つの アセチルのカルニチンのarginateはまたサイズおよび形の点では脳細胞の神経伝達物質の内容を、維持したり適切な構造(形態)を、および微分(特殊化)の適切な状態で保つそれらを高める。3

アセチルLカルニチンの多数の神経学的な効果
Lカルニチン(アセチルlカルニチン)のアセチル化された形態はアセチルコリンの生産、重要な神経伝達物質の方のアセチルのグループの寄付によってアセチルコリンの解放そして統合を促進する。 アセチルlカルニチンはまたニューロンからのドーパミンの解放を高め、ドーパミンの受容器に結合するために助ける。4-8 多数の人間および動物実験はアセチルlカルニチンが頭脳で出す多数の有利なメカニズムを認可する。9-28

アミノ酸のアセチルlカルニチンは細胞内の脂肪酸の輸送そして酸化を促進する機能によってミトコンドリアのエネルギー生産を後押しする。29-31

新しいのの各カプセル
アセチルLカルニチンArginateの方式は提供する:

アセチルlカルニチン
arginateのDHCl ........... 250 mg

アセチルlカルニチン
HCl .......................... 350 mg

アセチルLカルニチンのArginateの新しい補足
1995年以来、生命延長メンバーはアセチルlカルニチンと補って、多くの利点を得てカルニチンのこの形態は出版された科学的な調査で示した。 アセチルlカルニチンarginateの発見を使うと、アセチルlカルニチンの利点は今非常に増加することができる。

アセチルlカルニチンのarginateは生命延長のこの特集号で記述されている新しいミトコンドリア エネルギー オプティマイザに 加えられた。 付加的なアセチルlカルニチンのarginateを取ることを好む人のためにまたはミトコンドリア エネルギー オプティマイザを、新しい方式前のアセチルlカルニチンの立場の補足だけを取り替えるように設計されていた取っていない。

提案された線量は1日あたりの3つから4つのカプセルである。

参照

1. Taglialatela G、Navarra D、Olivi Aの等アセチルLカルニチンのアルギニン アミドによって刺激されるPC12細胞のNeuriteの結果。 Neurochem Res。 1月1995日; 20(1): 1-9。

2. Scorziello A、Meucci O、Calvani Mの等アセチルLカルニチンのアルギニン アミドはcerebellar微粒の細胞のベータ25 35誘発のneurotoxicityを防ぐ。 Neurochem Res。 3月1997日; 22(3): 257-65

3. 人間の神経ラインHCN-1Aに対する神経の成長因子およびアセチルLカルニチンのarginylのアミドのWestlund KN、Lu Y、WerrbachペレーズK、等効果。 Neurosci Int J Dev。 10月1992日; 10(5): 361-73。

4. Tolu P、Masi F、ラットの長期アセチルLカルニチンの管理のLeggio Bの等効果: I.激しい圧力の露出の方にmesocorticolimbic区域のドーパミンの出力および保護を高めた。 Neuropsychopharmacology。 9月2002日; 27(3): 410-20。

5. Sershen HのHarsing LGジュニア、アセチルLカルニチンのBanay-Schwartz Mの等老化の頭脳のdopaminergicシステムに対する効果。 J Neurosci Res。 11月1991日; 30(3): 555-9。

6. Harsing LGジュニア、Sershen H、Toth Eの等アセチルLカルニチンはラットの体のstriatumのドーパミンを解放する: 生体内のmicrodialysisの調査。 Eur J Pharmacol。 7月1992日21日; 218(1): 117-21。

7. Toth EのHarsing LGジュニア、アセチルLカルニチンのSershen Hの等細胞外のアミノ酸に対する効果はラットの頭脳の地域で生体内で水平になる。 Neurochem Res。 5月1993日; 18(5): 573-8。

8. Florio T、Meucci O、Grimaldi M、等若者の頭脳のadenylateのcyclaseの活動に対するアセチルLカルニチンの処置の効果および老化させたラット。 Eur Neuropsychopharmacol。 6月1993日; 3(2): 95-101。

9. Ando S、Tadenuma T、田中Y、等老化のラットのカルニチンによる容量そしてコリン作動性のシナプス機能の学習の強化。 J Neurosci Res。 10月2001日15日; 66(2): 266-71。

10. Sorbi S、Forleo P、Fani C、クロスオーバー二重盲目、Piacentini S.退化的なcerebellar失調症の患者のL acetylcarnitineとの偽薬制御臨床試験。 Clin Neuropharmacol。 2000日3月4月; 23(2): 114-8。

11. 匿名。 アセチルLカルニチン。 Altern MedのRev. 12月1999日; 4(6): 438-41。

12. Passeri M、Cucinotta D、Bonati PAの等穏やかに気違いじみた年配の患者の処置のアセチルLカルニチン。 Int J Clin Pharmacol Res。 1990;10(1-2):75-9.

13. Kalaria RN、Harik SI。 人間の脳およびmicrovesselsのカルニチンのアセチルトランスフェラーゼの活動はアルツハイマー病で減る。 アンNeurol。 10月1992日; 32(4): 583-6。

14. Napoleone P、Ferrante F、Ghirardi Oの等Sprague-Dawleyのラットの頭脳の年齢依存した神経細胞の損失: 長期アセチルLカルニチンの処置の効果。 アーチGerontol Geriatr。 1990年の3月4月; 10(2): 173-85。

15. Virmani A、頭脳のneuropathologyに於いてのカルニチンのエステルのBinienda Z. Role。 Med Molの面。 2004日10月12月; 25 (5-6): 533-49。

16. アセチルLカルニチンの補足による老化逆転のハーゲンT、Wehr C、エームズB. Mitochondrialの腐食およびN tertブチル アルファ フェニル基nitrone。 アンN Y Acad Sci。 11月1998日20日; 854:214-23。

17. Mazzio E、Yoon KJ、Soliman KF。 neuroblastomaの細胞の1メチル4 phenylpyridiniumの毒性に対するアセチルLカルニチンのcytoprotection。 Biochem Pharmacol。 7月2003日15日; 66(2): 297-306。

18. Pettegrew JW、Klunk私達、アルツハイマー病のアセチルLカルニチンのPanchalingam K、等臨床のおよび神経化学効果。 Neurobiolの老化。 1995日1月2月; 16(1): 1-4。

19. Spagnoli A、ルッカU、Menasce Gの等アルツハイマー病の長期アセチルLカルニチンの処置。 神経学。 11月1991日; 41(11): 1726-32。

20. Carta A、Calvani M、Bravi DのBhuachallaのSN。 アセチルLカルニチンおよびアルツハイマー病: コリン作動性球を越える病理学の考察。 アンN Y Acad Sci。 9月1993日24日; 695:324-6。

21. Rai G、ライトG、二重盲目スコットLの等偽薬はAlzheimerの痴呆の患者のアセチルlカルニチンの調査を制御した。 Curr Med Res Opin 1990年; 11:638-647。

22. 老年性の頭脳のL acetylcarnitine療法の効力そして許容範囲のBonavita E. Study。 Int J Clin Pharmacol Ther Toxicol。 9月1986日; 24(9): 511-6。

23. Cucinotta D、Passeri M、ベントゥーラSの等穏やかに気違いじみた年配の患者の処置のアセチルLカルニチン(ラック)との多中心の臨床偽薬制御の調査。 薬剤の開発Res 1988年; 14:213-6。

24. Tempesta E、Casella L、Pirrongelli Cの等落ち込んだ年配の主題のL acetylcarnitine。 クロスオーバーの調査対偽薬。 薬剤Exp. Clin Res 1987年13:417-23。

25. Garzya G、Corallo D、不況に苦しんでいる老年性の患者に対するL acetylcarnitineの効果のFiore Aの等評価。 薬剤Exp. Clin Res 1990年; 16:101-106。

26. DiグィリオAM、Gorio A、Bertelli Aの等アセチルLカルニチンは糖尿病性動物の坐骨神経そして腰神経の脊髄の物質Pの損失を防ぐ。 Int J Clin Pharmacol Res。 1992;12(5-6):243-6.

27. Gorio A、DiグィリオAM、Tenconi Bの等自治の糖尿病性のニューロパシーのペプチッド変化はアセチルLカルニチンによって防いだ。 Int J Clin Pharmacol Res 1992 12 (5-6): 225-30。

28. Cavallini G、Caracciolo S、Vitali G、Cavallini G、Caracciolo S、Vitali G、等カルニチン対性機能障害の処置の男性ホルモンの管理、落ち込んだ気分および疲労は男性の老化と関連付けた。 泌尿器科学。 4月2004日; 63(4): 641-6。

29. Aureli T、Miccheli A、Ricciolini Rの等老化する頭脳: ラットの頭脳エネルギーおよびリン脂質の新陳代謝に対するアセチルLカルニチンの処置の効果。 31Pおよび1H NMR分光学による調査。 頭脳Res。 1990年の8月27日; 526(1): 108-12。

30. Ebeling P、Tuominen JAの競技場J、等。 生体内で人間筋肉のブドウ糖および脂質新陳代謝が付いているアセチルLカルニチンの連合: hyperinsulinemiaの効果。 新陳代謝。 12月1997日; 46(12): 1454-7。

31. Paradies G、Ruggiero FM、Petrosillo Gの等老化させたラットからの心臓mitochondriaのカルニチンacylcarnitineのtranslocaseの活動: アセチルLカルニチンの効果。 機械式の老化するDev。 10月1995日13日; 84(2): 103-12。