生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年8月
イメージ
CoQ10のための革新的な研究そして適用
クルトJ. Samson著

CoQ10および頭脳
ニューヨークの医者そして外科医のコロンビア大学の大学で研究者が行なった調査はcerebellar失調症の17人の患者の頭脳のCoQ10不足を見つけおよび/または萎縮し、補足の療法に敏感なataxicシンドロームを提案する。18は CoQ10補足を管理する前後に科学者動物と1つの人間の題材の異なった頭脳の地域のCoQ10の配分を検査した。 実験ラットでは、CoQ10の低水準は小脳で見つけられたが、相対的な割合は血、器官およびティッシュで類似していた。

人間の題材では、CoQ10の毎日の補足は血およびレバーのレベルを増加したが、頭脳のCoQ10レベルは4つの頭脳の地域に低く残った。

それにもかかわらず、調査結果はCoQ10枯渇および保護メカニズムに小脳の「選択的な脆弱性」を提案する、Drsに従って。 アリNainiおよびサルバトーレDiMauro。

黄斑の退化
ジャーナルOphthalmologica では、Janos Feher、ローマ、イタリアの大学の研究者先生は、CoQ10が網膜の顔料の上皮ことをのmitochondriaの性能の改善によって年齢関連の黄斑の退化を用いる患者の網膜機能を改善することができることを報告した。19

先生Feherおよび仲間は早い年齢関連の黄斑の退化とCoQ10、アセチルLカルニチン、polyunsaturated脂肪酸およびビタミンEを含んでいた準備を使用して診断された14人の患者を扱った。 一致させた制御グループは単独でビタミンEを受け取った。 いくつかのテストは3か、6か、9か、12か、そして24か月にそれから行われた。

CoQ10混合物を受け取っている患者ではすべての機能は3かの数か月後にわずかに制御グループの関係者間の退化そして視覚機能はゆっくり低下し続けたが、改善され、2年の調査の期間中水平に残った。

パーキンソン病
パーキンソン病の患者の調査では、日CoQ10の360 mgは4週だけ間管理され、偽薬と比較された穏やかな徴候の改善を作り出す。 より重要、パーキンソンの徴候機能を測定する確立された臨床テストは偽薬のグループと比較されたCoQ10補われた患者で性能のかなりよりよい改善を示した。20

この新しい調査はCoQ10の1200のmgを消費している日パーキンソンの患者が運動能力、動きおよび偽薬のグループと比較された精神機能の低下の44%の減少を示したことレポートの昨年確証を助けた。 この高線量CoQ10を受け取るそれらはまた日刊新聞の生きている仕事を行う改善された機能を示した。 この16月の調査はそのCoQ10で驚くべき遅らせた病気、パーキンソンの薬剤がしない何かの進行をだった。21

結論
この記事ショーで輪郭を描かれる多くの調査として生物医学の研究者はCoQ10が腎不全、心臓病、筋ジストロフィーおよび黄斑の退化広範囲にわたる無秩序に対して有望な効果を示すことを発見している。 主流の開業医によってCoQ10の病気防ぐ機能の、CoQ10の広まった受諾鍵を開けるように試みる臨床試験の常に生成する数にもかかわらずおよび中央政府健康の調整装置は研究の調査結果の後ろでずっと遅れ続ける。 CoQ10のより大きく、よりいろいろな調査として引き受けられ、この重大な栄養素が注意をそれ得るとき広められる結果は日より近く引くようである値する。

参照

1. SinghのRB、Kumar A. Randomizedの末期の腎不全を用いる患者の補酵素Q10の二重盲目の、偽薬制御の試験。 J NutrはMedを囲む。 2003;13(1):13-22.

2. SinghのRB、Neki NS、補酵素Q10のKartikey Kの等最近の心筋梗塞を用いる患者のアテローム性動脈硬化の危険に対する効果。 Biochem Molの細胞。 4月2003日; 246 (1-2): 75-82。

3. Mortensen SA。 慢性の中心の失敗のureのadjunctive療法として補酵素Q10の概観。 Q-のsymbiolの」–多国籍試験の理論的根拠の設計そして終点。 Biofactors。 2003;18(1-4):79-89.

4. 岸本町C、富岡N、中山町Yのマウスの実験心筋炎に対する補酵素Q10のMiyamoto M. Antioxidantの効果。 J Cardiovasc Pharmacol。 11月2003日; 42(5): 588-92。

5. 運動の補酵素Q10の効果のRosenfeldt F、Hilton D、Pepe S、Krum H. Systematicの検討、高血圧および心不全。 Biofactors。 2003;18(1-4):91-100.

6. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 HMGのCoA還元酵素の抑制剤の臨床使用および補酵素Q10の準の枯渇。 動物および人間の出版物の検討。 Biofactors。 2003;18(1-4):101-11.

7. Passi S、Stancato A、Aleo E、Dmitrieva A、Littarru GP。 Statinsは他の酸化防止剤およびPUFAに影響を与えないで血しょうおよびリンパ球のugiquinol/ユビキノンを下げる。 Biofactors。 2003;18(1-4):113-24.

8. Mortensen SA、Leth A、Agner EのRohde M.のHMG CoA還元酵素の抑制剤との処置の間の血清の補酵素Q10の線量関連の減少。 Med Molの面。 1997年; 18 (suppl): S137-S144.

9. Folkers K、Langsjoen P、Willis R、等Lovastatinは人間の補酵素Qのレベルを減らす。 Proc国民のAcad Sci米国。 1990年の11月; 87(22): 8931-4。

10. Laise、E。 Lipitorのジレンマ。 投資金。 2003年11月。

11. 銀MA、Langsjoen PH、Szabo S、Patil HのZelinger A. Statinの心筋症か。 diastolic LVの性能のstatin誘発の変更の補酵素Q10療法のための潜在的な役割: 臨床原始colの記述。 Biofactors。 2003;18(1-4):125-7.

12. Pettit FHのハープ奏者RF、Vilaythong J、儲T、ティッシュ文化の人間のリンパ球へのstatinの毒性のShive W. Reversal。 相互薬剤のMetabolの薬剤。 2003; 19(3):151-60.

13. Engelsen J、Neilsen JD、Hansen KF。 長期戦争のfarinの処置に対する患者の戦争のfarinの適量に対する補酵素Q10およびイチョウのbilobaの効果。 ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御のクロスオーバー試験。 Ugeskr Laeger。 4月2003日28日; 165(18): 1868-71。

14. Migliore L、Molinu S、Naccarati A、Mancuso M、Rocchi A、ミトコンドリアの病気の患者のcyto遺伝およびDNAの損傷のSicilano G. Evaluation: 補酵素Q10療法の効果。 突然変異誘発。 1月2004日; 19(1): 43-9。

15. Quiles JL、ラミレス トルトサMC AJのFarquharson等補酵素Q10は特異的に悪性および非悪性の前立腺癌のリン脂質のヒドロペルオキシドのglu-のtathionateの過酸化酵素の遺伝子発現そして遊離基の生産を緩和する。 Biofactors。 2003;18(1-4):265-70.

16. Mancini A、Milardi D、Conte Gの等補酵素Q10: 別の生化学的な変化はvaricoceleの患者の不妊につながったか。 新陳代謝。 4月2003日; 52(4): 402-6。

17. Teran E、Racines-Orbe、ビベロS、Escudero C、Molina G、Calle A. Preeclampsiaは血しょう補酵素Q10のレベルの減少と関連付けられる。 自由なRadic Biol Med。 12月2003日1日; 35(11): 1453-6。

18. Naini A、ルイスVJ、Hirano M、Dimauro S. Primaryの補酵素Q10の不足および頭脳。 Biofactors。 2003;18(1-4):145-52.

19. Feher J、Papale A、Mannino G、Gualdi Lの年齢関連の黄斑の退化の処置のためのBalacco Gabrielli C. Mitotropicの混合物。 新陳代謝のアプローチおよびパイロット・スタディ。 Ophthalmol。 9月2003日10月: 217(5): 351-7。

20. 紛砕機T、Buttner T、Gholipour AFのKuhn W. Coenzyme Q10の補足はパーキンソン病を患者の穏やかな徴候の利点に与える。 Neurosci Lett。 5月2003日8日; 341(3): 201-4。

21. Shults CW、Oakes D、早いパーキンソン病の補酵素Q10のKieburtz Kの等効果: 機能Alの低下の遅延の証拠。 アーチNeurol。 10月2002日; 59(10): 1541-50。