生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年8月
イメージ
CoQ10のための革新的な研究そして適用
クルトJ. Samson著

Statinの更新
筋肉細胞のmitochondriaのCoQ10不足は悪い細胞呼吸で起因する。 酸化メカニズムおよびendothelial細胞の発火は冠状心臓病およびアテローム性動脈硬化の重要な要因として確認される。 ショーCoQ10の補足が循環プロセスを改善し、心筋症のような不可逆および頻繁に致命的な条件を防ぐことができる鬱血性心不全およびrhabdolmyolysis (statinの薬剤の毒性によって引き起こされる筋肉無駄になること)を立証しなさい。5

導入以来、HMG CoA還元酵素の薬剤(statins)は何百万の人々がコレステロール値を下げるのを助けた。 同時にしかし調査はLipitor® (atorvastatin)、6,7 Zocor® (simvastatin)7 Pravacol® (pravastatin) 7,8およびMevacor® (lovastatin のようなstatinの熱烈な支持者が8,9ボディ 中のCoQ10の自然なレベルを減らすことができることを示した。

Statinsは2003年に収入の推定$16十億を占める薬剤の製造業者のための収入の発生で高血圧の薬物を越えた。 これらは強力な薬剤であるが、またボディのCoQ10の生産の線量依存した減少の危険を運ぶ。 FDAはstatinのユーザーのCoQ10欠損により心血管筋肉認識を、引き起こす、ことができる、および他の問題示したことを多くの最近の調査がのにstatinの製造業者がこの潜在的な結果に患者および医者に警告するように要求しない。 逆に、CoQ10補足は見つけた多くの患者、研究者のこれらの問題を軽減できる。

カナダで販売されるStatinsはラベルを続けていくように明白にそのようなCoQ10枯渇が鬱血性心不全を用いる患者の損なわれた心臓作用をもたらす場合があることを示す予防警告要求される。 米国の政府は薬剤を取っている患者のなお一層の増加CoQ10枯渇の危険そして率かもしれない「超statins」の出現の生成にもかかわらずそのような警告を、要求しない(rosuvastatin、pitavastatin)。 Scheringすきは最近Zetia®の一世のstatinsの線量を四倍にするプロダクトを導入した。 FDAは別の強力な薬剤、2003年8月のAstra-ZenecaのCrestor®を、承認した。

Statinsのカナダの健康の警告

カナダの保健機関はカナダで販売されるstatinsがCoQ10枯渇に関する予防警告を運ぶように要求する。 ファイザーのLipitor®は次の警告を含んでいる:

ユビキノンに対する効果
(CoQ10)レベル

「患者の循環のユビキノンのレベルの重要な減少はatorvastatinと扱い、他のstatinsは観察された。 ユビキノンの潜在的な長期statin誘発の不足の臨床重大さは確立されなかった。 心筋のユビキノンのレベルの減少が境界線の鬱血性心不全を用いる患者の損なわれた心臓機能をもたらすことができることが報告された。 . .”

投資金の雑誌の11月2003日問題に書いて、エレノアLaiseジャーナリストはのための仕事に持って行ったファイザーを会社のベスト セラーのstatin Lipitorを「取った後CoQ10枯渇のメモリ損失、厳しい筋肉痛および他の徴候に苦しんだ患者に演説しないことを。 彼女はファイザーがstatins、CoQ10枯渇および深刻な副作用間の連合を認めることでこれまでに妨げたことに注意した。10

薬剤の製造業者およびFDAが問題でまだ重量を量るために持っている間、メルクの普及したZocorのメーカーは「CoQ10 simvastatinの組合せプロダクトのための1989年そして1990年にパテントに、適用した。 結合されたstatinCoQ10プロダクトが心筋症に対してだけでなく、有効であるかもしれないこと会社1989の特許出願の州、しかし肝臓障害を反映する酵素のトランスアミナーセのまた上昇値。 会社はこれまでにこれらのパテントに運動させることを断りFDAおよび他の主要な薬剤の製造業者はまだstatinsからのCoQ10枯渇の危険を認めるために持っている。

投資金の記事で引用されるファイザーの役人によると尊重された医学の研究者その時にによるLipitor複数の調査が「CoQ10枯渇の心血管の危険の警告されてテストされていたと考慮している製薬会社は臨床試験の間に心筋文書化してないずっと意外な声明に対する「特定の効果」を。

「ますます普及したコレステロール低下薬剤HMG CoAの還元酵素の抑制剤(statins)による必要な栄養素CoQ10の枯渇警報の1つにとって関心のあるレベルから」、はピーターLangsjoenジャーナルBiofactorsで昨年出版されるstatinsおよびCoQ10枯渇の動物および人間の調査の広範囲の評価のテキサス東の大学のノートの先生、 育った より高いstatinの潜在的能力および線量と着実に収縮ターゲットLDLコレステロールとの6つは、CoQ10不足の流行そして厳格著しく増加している」。

今では36,000,000人のアメリカ人2001年に国立衛生研究所によって、多数は古い指針の下に出される修正されたターゲット コレステロールの指針の下で13,000,000からのの上の治療上のstatinの介在のための候補者、である。 けれどもCoQ10枯渇の問題は副作用および警告ラベルの条件を処理する規定する環境の内で未解決に残る。

「私達は米国の鬱血性心不全の伝染病の真っ只中に現在ある。 . . 私達は私達の患者に中心機能ことをにとって極めて重要な栄養素の広まった不足の作成によって不注意に害をしていないことを医者がそれ絶対にである私達の義務確信しているので」先生を書くLangsjoen。

Langsjoen先生はカシの芝生の支持者のキリストの医療センターで心不全の協会の先生を、結合したMark Silver、心室の機能障害の早いマーカーとして心筋のdiastolic機能を測定するのにCoQ10レベルが使用されるかもしれないかどうか定めるための調査の設計を示すことのIL。11

それらはstatinsがHMG CoA還元酵素、レバーのコレステロールそしてCoQ10統合を禁じる率制限ステップを禁じることを推論した。 CoQ10が酸化的リン酸化の間に心筋の細胞の重要な役割を担うので、ATPの評価CoQ10行為は潜在的な中心問題の早期警報表示器として使用されるかもしれない。 いくつかのベースライン心血管および新陳代謝の測定の後で各主題のために、研究者は提案する、彼ら受け取る処置の3かそして6かの数か月後に繰り返されてベースライン レベルが3かから6か月間1日あたりの20 mgの口頭atorvastatin (Lipitor®)を、確立される。 statin療法の3かから6か月の間に悪化したdiastolic左の心室機能の減らされた測定を示している患者はそれからフォローアップのechocardiogramおよび血CoQ10のレベルの測定を用いる3か月間1日あたりの300 mgを、受け取る。 目的はCoQ10補足がstatin誘発の心不全を逆転できるかどうか見ることである。

生化学的な協会テキサス大学オースティン校で、Flora Pettit研究者の先生はCoQ10がstatinの毒性への感受性を査定し、どの患者がCoQ10補足から寄与するかもしれないか定めることことをで有用かもしれないことを発見した。

彼女はジャーナル薬剤の新陳代謝 および薬剤相互作用でstatins の低水準が患者の自身の血しょうがこの毒性を場合によっては逆転させた付け加える細胞培養の人間のリンパ球に有毒であること報告した。しかし 血しょうへの12加えるCoQ10は見つけられたこれらの患者、Pettitおよび同僚の何人かの細胞の毒性の逆転の単独で血しょうより有効だった。

Coumadin®およびCoQ10
CoQ10は普及した血シンナーのワルファリン(Coumadin 「干渉する)の効果とかもしれないことを何人かの医者が提案する間、デンマークの研究者によるJyette Engelsen Laegerのためのデンマークの医学ジャーナルUgeskriftで出版された試験 および同僚はCoQ10補足(1日あたりの100 mg)と24人の患者のグループで観察された長期ワルファリンに対する臨床抗凝固薬の効果間の連合を見つけなかった

処置。13

さらに、ランダム化される、調査は偽薬制御二重盲目、クロスオーバー方法危険が最低であることずっと説得力のある議論を示す。 それにもかかわらず、ワルファリンの患者は彼らの医者に相談するように助言され、最初の2週(既にほとんどの場合行われるの凝固時間(プロトロムビンtime/INR)を、特に何か、注意される科学者)査定するために頻繁に彼らの血液検査の結果を監視する。

筋ジストロフィー
CoQ10療法を受け取っている筋ジストロフィーの患者はイタリアでピサ大学で先生によってルシアMiglioreおよび同僚調査に従って彼らの未処理の同等よりより少ないcytogeneicおよびDNAの損傷を、かなり示した。 それらは13人の患者の白血球の染色体およびDNAの変化によって測定されるように核DNA (nDNA)の損傷の基底のレベルを比較した。14

年齢で29から74まで及び、筋ジストロフィーの複数の形態と示す主題はubidecarenoneの2週間のコースを受け取った10人の患者の小群、CoQ10アナログと比較された。 未処理の筋ジストロフィーの患者はCoQ10を受け取っている均等に一致させた個人と比較された染色体の損傷(micronucleatedリンパ球の頻度)の増加されたレベルを示した。

「第一次DNAの損傷のレベルのわずかな減少だけ観察され、突然変異誘発の1月2004日問題の基盤を酸化させたが報告された、ubidecareどれも受け取っている患者療法の後でmicronucleated細胞の頻度の統計的に重要な減少を」は科学者示した。

蟹座
複数の興味深い調査はある特定の癌に対するCoQ10の効果で報告された。 悪性の細胞が補酵素Q10に非常に別様に答えることがグラナダ、分られるスペインの大学の悪性および非悪性の前立腺癌の細胞、先生および同僚のホセL. Quiles違いの調査。15

CoQ10補足は非悪性の細胞に影響を与えないでかなりPC3癌ラインの細胞の成長を下げた。 著者は調査結果が確認されれば、癌療法の補酵素Q10を使用して「新しく、興味深い」アプローチを示すかもしれないことに注意した。

再生
CoQ10はローマ、イタリアの神聖な中心のカトリック大学で内分泌学の協会で先生に従ってAntonio Manciniおよび同僚戦いの男性の不妊の精子細胞の健康の役割を、担うかもしれない。16

より早い調査では、彼らはCoQ10が精液液体にあり、不妊の人の精液の運動性にそれらを除いてvaricoceleに直接、不妊と関連付けられたpampiniform静脈の網状組織の膨張関連したことを見つけた。

どの新陳代謝の異常でもvaricoceleの患者の さまざまな 精液変数の役割を担ったかどうか定めるために32人のvaricoceleの患者および健康な男性制御の精液液体そして血しょうのCoQ10のジャーナル新陳代謝によって評価される配分で出版されるフォローアップ。

研究者は従ってそのような患者が不完全な運動性に翻訳するかもしれない減らされたエネルギー利用およびperoxidative損傷により敏感かもしれないことを提案する低い精液の集中および運動性に関連させて高い細胞CoQ10レベルがvaricoceleの主題の精液液体のCoQ10のかなり高い比率を、報告した。 更に、調査結果は条件にかかわる可能な分子欠陥を示すかもしれない。

女性はまた生殖保護利点を示す。 preeclampsiaの間に、遅段階の妊娠、女性の約7%に影響を与える生命にかかわる無秩序は浮腫、高血圧およびタンパク尿に苦しむ。 CoQ10の血清のレベルは先生を報告されるエンリケTeranキトのエクアドルの大学のpreeclampsiaの患者科学者でひどく減る。17

ジャーナル遊離基および生物的薬 で出版された調査ではTeran先生および彼の同僚はpreeclampsiaの18人の健康な妊婦、12人の主題、および妊娠しているまたは高血圧ではなかった22人の女性のグループのCoQ10の集中を測定した。 正常な妊婦では、CoQ10レベルはnonpregnant女性でよりかなり高くまたはpreeclampsiaとの高だった。 CoQ10の中間のレベルは健康な妊婦の1.08、非妊娠した女性の0.86、およびpreeclampsiaの女性の0.70だった。

3の ページで 3続けられる