生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2004年8月
イメージ
CoQ10のための革新的な研究そして適用
クルトJ. Samson著

1983年に、生命延長基礎は米国に補酵素Q10 (CoQ10)を導入した。 過去の21年にわたって、何百もの調査は神経学的な老化から心臓病まで及ぶ健康の無秩序のためのCoQ10補足の安全そして有効性を確認した。

けれども米国の医学の確立および中央政府薬剤の調整装置はずっとこれらのindingsを包含して躊躇している
より大規模な試験までの意見を確保して完了される。 進行中の複数の主要な調査によってCoQ10は医学の訓練の範囲を渡るより広い受諾の先端であることができる。

理解CoQ10
一般に補酵素Q10と言われたユビキノンは、人体の事実上あらゆる細胞で遍在のために最初にそう示された。 先生に従ってカールFolkersのCoQ10発酵の統合、CoQ10の開拓者きちんと「ビタミンQ」、は名前を変更され、こうして必要な栄養素のパンテオンの合法的な場所を取るべきである。

2つの主要な理論はCoQ10がいかにに関して病気かからの最適の健康そして再生の達成で助けるか述べられた。 利用できる細胞が最もそれを、中心、頭脳、腎臓および骨格筋を含んで要求するそれらの体の部位にエネルギーの量を、特に高める機能は最初にある。 2番目に、CoQ10から得られる普通ボディに害を与える危ない遊離基の酸素種を掃除するので有効な酸化防止効果の結果であると利点の多数は考えられる。

核心(DNAと)およびGolgiの滑らかで、荒い小胞体、リボゾーム、複合体、mitochondria、リソソームおよびcentriolesを含む細胞器官を搭載する細胞質、示す細胞。 Endocytoticおよびexocytotic小胞は細胞の血しょう膜に含まれている。

Folkers'先生の探求および遺産は努力が学術の薬の最前線にCoQ10について情報を持って来続けているたくさんの研究者によって続けていかれている。 いくつかの励ます調査は2003年に尊重された医学および学術雑誌および早く2004年までに出版された。 生命延長は文献を調査し、ここに最も重要なハイライトのいくつかを示す。

CoQ10および腎不全
栄養および 環境の薬のジャーナルでは、CoQ10研究はDrsを開拓する。 CoQ10を示すadjunctive療法として非常によく設計されていた試験の結果は透析のための必要性を減らすか、または避けるある場合病気の末期の腎臓を持つ患者に於いての強力な役割があるかもしれないことをRam SinghおよびAdarsh Kumarは報告した。1

ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験では、研究者はCoQ10処置を減らされた進行見つけ、末期の病気の患者、そのほとんどの大半の腎臓の機能障害をできた12週の試験の間に透析を中断逆転させた。 科学者が主題のより小さい数を含む2000年に出版したパイロット・スタディで追われるレポート。

末期の腎臓病は血清のクレアチニンおよび尿素窒素のレベルの対応する増加を用いるマーク付き器官の収縮そして進歩的な機能障害を、作り出す。 有毒廃棄物プロダクトのレベルは血で腎臓がそれらボディから明確できないので集まる。

忍耐強い経るhemodialysis。

先生Singhおよび彼の同僚は忍耐強い透析またはベースライン状態にもかかわらず出力されたクレアチニンの整理の増加および尿とCoQ10扱われた患者の血清のクレアチニンおよび尿素窒素の低レベルを、かなり文書化した。 偽薬を受け取る主題と比較されたときもっとかなり、CoQ10患者の数半分だけ調査の終わりに透析を要求した。

研究者はまた酸化防止ビタミンEのかなりの増加を報告し、thiobarbituric酸の反応物質のような酸化圧力、ジエンの血しょうレベルは活用する、およびmalondialdehydeはすべて劇的に下ったが扱われた主題のCおよびベータ カロチン。

5人の患者に付き1人が答えなかったが、研究者はCoQ10補足が透析の状態にもかかわらず末期の患者の腎臓機能を改善する結論を出し、ことを透析のための必要性を遅らせるか、または避けることができる。 彼らは調査(1日あたりの180 mg)で使用されるそれらより大量服用が他のより大きい改善そして応答で起因するかもしれないことを提案した。

心血管の前進
CoQ10は心臓myopathyに終って動脈および心筋のティッシュの慢性の発火に対して有効であるために示されていた。 さらに、日本およびオーストラリアの研究者、また米国の科学者調査は鬱血性心不全に対してそして二次心臓でき事を防ぐことでおよび他の所で、一貫して患者が最初の心臓発作に苦しんだ後補足の有効性を示した。

分子細胞生物学では、Drs。 SinghおよびKumarはCoQ10の利点を戦いのアテローム性動脈硬化、増加する存続で示し、取るそれらを含む心臓発作の患者のそれに続く心臓でき事の危険を、減らす別のもののランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査の結果を出版し薬剤を脂質下げる。2

科学者は最初の心臓発作の後の1年間口頭CoQ10の1日あたりの120 mgを受け取っている73人の患者間で扱われた主題が未処理の同等(45%対24.6%)より少数の心臓でき事にかなり苦しんだことを報告した。 CoQ10グループは重大でない心臓発作(25.3%対13.7%)およびかなり未処理の患者より少数の死のほぼ50%のより低い発生があった。

更に、研究者はビタミンEおよび保護高密度脂蛋白質(HDL)の血しょうがレベルCoQ10患者およびthiobar-bituric酸の反応物質、malondialdehydeおよびジエンの共役でかなり高かった制御グループでより低かったことを見つけた。 先生に従ってSingh、各グループの患者の半分がlovastatinを取っていたことstatin療法およびCoQ10補足上の心配に関して、注意することは重要である。

昨年、注目される研究者の先生がSvende Aage Mort-ensen導いた維持療法の一部としてコペンハーゲン大学病院の中心の中心のデンマークの科学者は発表した大きい、2年の多国籍試験の進水を「確立する慢性の心不全を用いる患者に於いてのCoQ10の未来の役割を」。3

二重盲目はの多中心の試験補足CoQ10を取る慢性の心不全を用いる患者の疾病率および死亡率データを見直す。 ペーパーに問題を捧げたジャーナルBiofactorsの 調査の設計そして終点の発表で、国際的なCoQ10連合の第3会議で、Mortensen先生注意したその二重盲目の、偽薬制御の試験に示した1,000人以上の患者の生物エネルギーの酸化防止剤の利点を示した。 改善された練習容量、中立結果を示す13の調査の3だけの減らされた入院、さまざまな血行力学変数の重要な改善は「圧倒的な経験」、彼書くであり。

「こうして、利用できる制御データに基づいて、CoQ10は有効な約束であり慢性の心不全への安全なアプローチ」、Mortensen先生は完了した。

Mortensen先生はまた調査の偽薬を受け取る一致させた制御と比較された1か月間毎日30 mgか100 mg補足を取る99の健康な男性の主題のCoQ10の検査の血清の集中に加わった。

プラハの医学能力の病院で、二重盲目の試験、彼およびチェコの科学者はランダム化されたこれではCoQ10の中央ベースライン血清のレベルを確認した。 CoQ10の30 mgとの補足は44%のCoQ10のベースライン集中の増加でCoQ10の100 mgを受け取ったグループの108%の増加は注意されたが、起因した。 これらの変更は、ベースラインCoQ10レベルにもかかわらず、偽薬を年齢受け取った、または体重グループと比較されたCoQ10と補われた主題の両方のグループでかなりより高かった。

昨年末、京都の大学院の医科大学院の大学の日本の科学者はCoQ10が激しいウイルスの心筋炎から心筋を保護するというそれ以上の証拠、中心の壁の生命にかかわる伝染を加えた。4

Chiharu岸本町および同僚先生はCoQ10の利点を測定するためにthioredoxinの表現を使用して酸化損傷およびDNAの傷害のある程度を、測定するためにencephalomyocarditisのウイルスの緊張のマウスをおよび心筋層で8ヒドロキシ2' deoxyguanosine感染させた。 科学者は存続が心筋のCoQ10および血清のクレアチンのキナーゼ(心筋の損傷のマーカー)のマーク付きの減少のかなり増加されたレベルを持つ扱われたマウスで約3倍より高かった、ことを見つけた。 更に、DNAの損傷を示す心筋のthioredoxinの規則は扱われたマウスでかなりより低かった。 研究者はCoQ10 (補足)の前処理がウイルスの心筋炎、また酸化圧力の厳格および心筋層のDNAの損傷を減らすことができることを結論を出した。

3の ページで 2続けられる