生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2004年6月
イメージ
糖尿病

レプチンはAMP活動化させたプロテイン キナーゼの活動化によって脂肪質酸の酸化を刺激する。
レプチンはadipocytesによって分泌する調整の滋養分、エネルギー支出および神経内分泌機能の極めて重要な役割を担うホルモンである。 レプチンはブドウ糖の脂肪酸そして通風管の酸化を刺激し、「lipotoxicityとして」知られている機能減損をもたらす場合があるnonadiposeのティッシュの脂質の蓄積を防ぐ。 レプチンの新陳代謝の効果を仲介する信号を送る細道は未定義に残る。 5' - AMP活動化させたプロテイン キナーゼ(AMPK)はアセチルの補酵素Aのカルボキシラーゼ(ACC)の活動の禁止によって有効に筋肉の脂肪質酸の酸化を刺激する。 AMPKは細胞エネルギーの状態を監察するためにイーストから人間へのおよび「燃料計」として機能節約されるheterotrimeric酵素である。 従ってここに私達はレプチンが選択式に骨格筋のAMPK (alpha2 AMPK)のalpha2触媒作用の亜単位のリン酸化そして活発化を刺激すること、レプチンのための前に未知の信号を送る細道の確立を示す。 AMPKの早い活発化は筋肉で直接機能するレプチンによってより遅い活発化がhypothalamic共鳴した神経系の軸線によって作用するレプチンによって決まる一方起こる。 AMPKの活発化に平行して、レプチンはそれにより筋肉の脂肪酸の酸化を刺激するACCの活動を、抑制する。 AMPKの活発化を妨げることはレプチンによって刺激されるACCのリン酸化を禁じる。 私達のデータは筋肉の脂肪質酸の新陳代謝に対するレプチンの効果の主な仲介人としてAMPKを識別する。

性質。 1月2002日17日; 415(6869): 339-43

部分最適の補酵素Qの状態の訂正はタイプIIの糖尿病患者のベータ細胞機能を改善できるか。
ミトコンドリアの呼吸の活動への刺激は増加された血しょうブドウ糖がベータ細胞によってインシュリンの分泌を換起するという信号のtransductionのメカニズムの重大な部品である。 グリセロール3隣酸塩シャトルの有効な機能はこの点で重要、このシャトルの率制限酵素であり--ミトコンドリアのグリセロール3隣酸塩デヒドロゲナーゼ(G3PD)--人間のタイプ齧歯動物のIIの糖尿病患者のベータ細胞でこの無秩序のためのモデルである同様にunderexpressed。 補酵素Q10 (CoQ)の部分最適のティッシュのレベルは更にG3PDの活動を損なうと期待できる。 日本からの臨床レポートは補足のCoQが頻繁にタイプIIの糖尿病患者のベータ細胞機能そしてglycemic制御を改善するかもしれないことを提案する。 従ってG3PDの効率の援助によるそして呼吸のチェーン機能ことを、の訂正がCoQの部分最適の状態の糖尿病性のベータ細胞のブドウ糖刺激されたインシュリンの分泌を改善することが、提案される。

Medの仮説。 5月1999日; 52(5): 397-400

糖尿病の酸化防止剤の有利な効果: ブドウ糖の毒性に対する膵臓のベータ細胞の可能な保護。
酸化圧力は糖尿病性の条件の下で作り出され、糖尿病を持つ患者で多分さまざまな形の組織の損傷を引き起こす。 この調査の目標はタイプ2の糖尿病の膵臓のベータ細胞の機能障害の進行の酸化圧力の介入を検査し、タイプ2の糖尿病の処置の酸化防止剤の潜在的な実用性を評価することだった。 私達は酸化防止処置が(NアセチルLシステイン[NAC]、ビタミンC、またはEと両方)生後6週に始まった糖尿病性C57BL/KsJ-db/dbのマウスを使用した; その効果は生後10のそして16週に評価された。 腹腔内のブドウ糖負荷試験に従って、保たれたNACの処置はインシュリンの分泌をブドウ糖刺激し、適度に血ブドウ糖のレベルを減らした。 NACを伴って使用されたとき単独でしかしわずかに有効使用されたときビタミンCおよびEは有効ではなかった。 インシュリンの分泌に対する効果は酸化防止剤の同じセットがnondiabetic制御マウスに与えられたときに観察されなかった。 膵臓の組織学的の分析はベータ細胞の固まりが未処理のマウスのより酸化防止剤と扱われた糖尿病性のマウスでかなり大きかったことを明らかにした。 考えられる原因として、酸化防止処置は慢性のhyperglycemiaで、ベータ細胞の固まりの酸化圧力の原因の減少によって引き起こされるapoptosis仮説を支えるベータ細胞拡散の率を変えないでベータ細胞のapoptosisを抑制した。 酸化防止処置はまたインシュリンのdegranulationの範囲をさせるインシュリンの内容およびインシュリンmRNAの量をより少なく明白に維持した。 なお、膵臓およびduodenalホメオボックスの要因1 (PDX-1)の表現は、ベータ細胞特定のトランスクリプション要因、酸化防止処置の後で小島の細胞の核心でもっとはっきり目に見えた。 結論として、私達の観察は酸化防止処置が糖尿病の有利な効果を出すことができることを示す生体内のベータ細胞機能の保存と。 見つけるこれは糖尿病を扱うための酸化防止剤の潜在的な実用性を提案し、糖尿病のベータ細胞の機能障害の酸化圧力の含意にそれ以上のサポートを提供する。

糖尿病。 12月1999日; 48(12): 2398-406

練習の前向き研究および米国の男性の医者間の糖尿病の発生。
客観的--非インシュリン依存した糖尿病(NIDDM)の規則的な練習とそれに続く開発間の連合を将来検査するため。 設計--5年間のフォローアップを含む将来のグループ調査。 関係者--医者の健康に加わっている21,271人の米国のオスの医者は診断された糖尿病、心筋梗塞、cerebrovascular病気およびベースラインで癌の、40から84老化させて年調査し、放す。 疾病率のフォローアップは完全な99.7%だった。 主要な結果の測定--NIDDMの発生。 結果--ベースラインで、情報は活発な練習および他の危険の表示器の頻度について得られた。 フォローアップの105,141人年の間に、NIDDMの285の新たな問題は報告された。 NIDDMの年齢調節された発生は1週(Pの傾向、.001以下)あたりの少なくとも5回に運動させるそれらの1 100,000人年あたり214の場合に活発な練習でより少しをより一度毎週従事させた人の1 100,000人年あたり369の場合から及んだ。 1週あたりに少なくとも一度運動した人は0.64のNIDDMの年齢調節された相対的な危険(RR)があった(95%のCL、0.51から0.82; P = .0003) より少しに頻繁に運動させた人と比較される。 NIDDMの年齢調節されたRRは練習の増加する頻度と減った: 0.77今度ばかりは毎週、2のための0.62に1週あたりの4回、および1週(Pの傾向、.0002)あたりの5のまたはより多くの回の0.58。 NIDDMの危険の重要な減少は年齢およびボディ固まりの索引両方のための調節の後で主張した: RR、0.71 (95%のCL、0.56から0.91; P = .006) のために少なくとも一度1週あたりにより少しより、およびP週間の傾向、練習の増加する頻度のための.009と、比較した。 煙ること、高血圧および他の冠状危険率のためのそれ以上の制御は物質的にこれらの連合を変えなかった。 NIDDMの危険への練習の反対の関係は太りすぎの人間で特に顕著だった。 結論--練習はボディ固まりの索引を調節の後でさえもNIDDMの開発を減らすようである。 高められた身体活動はNIDDMの第一次防止への有望なアプローチであるかもしれない。

JAMA. 7月1992日1日; 268(1): 63-7

女性の非インシュリン依存した糖尿病の身体活動そして発生。
非インシュリン依存した糖尿病(NIDDM)の第一次防止に於いての身体活動の潜在的な役割は主として未知である。 私達は87,253人の米国の女性の将来のグループのNIDDMの規則的で活発な練習検査したとそれに続く発生間の連合を34-59年を老化させ、1980年に診断された糖尿病、心循環器疾患および癌の放す。 8年間のフォローアップの間に、私達はNIDDMの1303の場合を確認した。 1週あたりの活発な練習で少なくとも一度従事した女性は毎週運動しなかった女性と比較された0.67のNIDDMの年齢調節された相対的な危険(RR)が(pより少なくより0.0001)あった。 ボディ固まりの索引のための調節の後で、危険の減少は重要に統計的に減少したが、残った(RR = 0.84、p = 0.005)。 分析が結果として身体活動のレベルの確認の後の最初の2年と徴候NIDDMに制限されたときに、運動した人の年齢調節されたRRは0.5、および年齢およびボディ固まり索引によって調節されたRRだった0.69だった。 1週あたりに少なくとも一度運動した女性の間で、明確な用量反応の勾配は練習の頻度に従ってなかった。 糖尿病の家系歴は練習の効果を変更しなかったし、練習の危険の減少は肥満およびnonobese女性間で明白だった。 糖尿病の年齢、ボディ固まりの索引、家系歴、および他の変数のための多変数の調節は練習と見つけられた減らされた危険を変えなかった。 私達の結果は身体活動がNIDDMの第一次防止への有望なアプローチであるかもしれないことを示す。

尖頭アーチ。 9月1991日28日; 338(8770): 774-8

健康で若い男性の激しいインシュリンの応答とビタミンKの取入口間の関係は自ら申し出る。
激しいインシュリンの応答に対する膵臓機能に対するビタミンK (VK)の効果を、特に評価するためには、25人の健康で若いオスのボランティアはブドウ糖の75 gの口頭負荷を与えられ、平均毎日VKの取入口は1週間の食糧チェック リストによって推定された。 後低く、(<20)高い(>または=25)体格指数(BMI)の主題を除いて、残りの16人の関係者はVKの取入口に従って3つの半等しいグループに分けられた。 低いVKの取入口のグループの血VKの状態は高い取入口のグループ(5つのサンプルのそれより粗末の中間数でありがちだった: プロトロムビンの時間; 12.2sおよび蛋白質誘発VKの不在要因II対12.5; 15 mAU/ml対23)、しかし絶食血しょうブドウ糖の状態は両方のグループ間で著しく異なっていなかった: [血しょうブドウ糖(ページ); 86のmg/dl対87、immunoreactiveインシュリン(IRI); 5.3 microU/ml対6.7、HbA1c; 4.9%対4.8]。 但し、ブドウ糖のローディングの後の30分に、高い取入口のグループ(145のmg/dl対160)のそれらより高くがちだった低いVKの取入口のグループのページおよびIRIはより低かった(52.3 microU/ml対36.1)。 低いVKの取入口のグループのInsulinogenicの索引は(増加IRI/incrementalのページ、0-30分)高い取入口のグループ(0.9対0.4)のそれよりかなり低かった。 これらの結果はVKがブドウ糖の許容の激しいインシュリンの応答の重要な役割を担うかもしれないことを提案した。

糖尿病Nutr Metab。 2月1999日; 12(1): 37-41

サーモンピンクのカルシトニン-実験室齧歯動物で信号を送る損なわれたレプチンの状態の滋養分の有効な抑制剤。
レプチンおよびamylinのアナログのサーモンピンクのカルシトニン(sCT)のanorectic有効性を比較するためには、齧歯動物はsubcutaneous注入と1日に扱われた。 食事与えられたC57Bl/6Jのマウスでは、レプチンおよびsCTはエネルギー取入口を減らし、付加に機能した。 C57Bl/6Jのマウスが食事に対して美味しい高熱の補足として供給でレプチン抵抗力があるようにチョコレートのなった後、エネルギー取入口の彼らのsCT誘発の減少はチョコレート(強い減少)および食事の取入口の差動変更を持つ食事与えられたマウスでより顕著だった(増加を軽視しなさい)。 エネルギー取入口のsCT誘発の減少のための用量反応関係は食事与えられたC57Bl/6Jのマウスでおよび2つの肥満の緊張、ob/obのマウスおよびmelanocortin-4受容器の致命的なの(MC4-r-KO)マウス、また野生タイプおよび脂肪質の(fa/fa)ラットで分析された。 C57Bl/6Jのマウスと比較されて、MC4-r-KOのマウスのsCTによって引き起こされた滋養分の減少は、調査された線量の範囲上のob/obのマウスのほぼ不在、減少し。 C57Bl/6Jのマウスと比較されて、野生タイプのラットはsCTにより敏感に答え、効率は脂肪質の(fa/fa)ラットでほんの少しだけ減った。 従って、レプチンの信号を送ることの遺伝的に引き起こされた失敗はsCTの行為を減らすが、それは効果的に美味しい、高脂肪-機能レプチンの抵抗の食事療法誘発の肥満の状態の高い砂糖の食事療法の取入口を禁じる。

J Physiol。 6月2002日15日; 541 (Pt 3): 1041-8

4の ページで 3続けられる