生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年9月
発火および老化の頭脳
Dale Kiefer著

アルツハイマー病のneuriticプラクに伴うMicroglialの細胞は普通休止状態である。 それらは発火に応じてだけ活動化させる、従って存在は頭脳の発火の確実な印である。 、ハンティントン6およびアルツハイマー病のような退化的な神経疾患の患者の頭脳の 大きな割で現在が、数はまた別の方法で健康な年配の個人で上がる。 これはある特定の程度のneuroinflammationが何もの通常の結果もっとより進められた年齢であることを意味する。2 全く、何人かの科学者は認識低下が老化プロセスで早く始まり、年齢を進める避けられない結果であることを提案した。従って 7制御の発火は推定上終局のメモリ損失および認識低下を防ぐことに興味を起こさせられただれでも寄与できる。

発火への二重細道
ちょうど最後の十年に、科学者は炎症性挑発に応じてボディによって作り出された主酵素を発見した: cyclooxygenase-2 (COX-2としてよりもっとよく知られている)。 COX-2は発火滝の重要なリンクとして識別された。 COX-1とは違って、COX-2は上昇を与える基質として役立つ強力な2およびeicosanoidsとして知られている発火仲介人の可能性としては有害なクラスへのアラキドン酸への細胞の改宗者の細胞膜のリン脂質、それから、ことを発火研究の間にボディにだけ明らかにしたある: プロスタグランジンおよびleukotrienes。 eicosanoidsの1人の研究者の注意された、「アラキドン酸解放そして生産が発火」1のための前提条件であるので eicosanoidsは二重炎症性細道の難解な点を形作る2つの酵素の行為によってアラキドン酸から総合される: cyclooxygenase (コックス)およびlipooxygenase (5ロックス)。

コックス蛋白質は2つの用紙を取る: COX-1およびCOX-2。 COX-1の行為は一般に有利である。 しかしCOX-2の活動は一般に有害である。 COX-2はアラキドン酸に苦痛および発火の強力な制動機であるプロスタグランジンを総合するために酸素の分子を挿入する。 5ロックスは炎症性leukotrienesにアラキドン酸を変える。

NSAIDの薬物は両方のCOX-2酵素およびより優しい兄弟、COX-1の活動の妨害によって発火を扱う。 しかしCOX-1は胃ライン保護に必要である; COX-1の活動とのそう干渉により簡単な不快及ぶ胃の妨害をから危ない出血の潰瘍に引き起こすことができる。 従って処方薬の新しいコックス2抑制剤のクラスは人気に(例えばCelebrexおよびVioxx)ロケットで行った。 より選択的な行為は効果的にNSAIDsの慢性の使用と可能である悲惨な副作用を最小にしている間発火を取り除く。

研究者は炎症抑制の代理店が、COX-2抑制剤のようなハンティントンに、実行可能な療法をだけでなく、提供するまた調査しているというAlzheimerおよびパーキンソン病のような他の神経退化的な病気のための可能性を。 それはコックス細道が炎症性プロスタグランジンを発生させることよくとり上げられる。 しかし医学研究は主として5ロックス、二重アラキドン酸の発火細道の第2枝を形作る酵素の可能性としては有害な効果を無視した。 最近の調査が報告したと同時に、5ロックスは老化準の神経退化的な病気のpathobiologyの重要な役割を担うかもしれない。8

5ロックスはアレルギー反応の役割を担う有効な炎症性仲介人であるために知られている炎症性leukotrienesを発生させる。 それらはまた虚血およびアテローム性動脈硬化の役割を担うかもしれない。9 打撃、外傷性の脳損傷およびアルツハイマー病はまた5ロックスおよびleukotrienesの活動につながった。2つは 最近の調査の結果5ロックスの効果を無視することが逆効果であるかもしれない間、COX-2を妨げるそれを示す。 実際、COX-2抑制剤を使用してCOX-2の活動を妨げるにより実際に5ロックスのレベルはかもしれ、発火を更に増加する、よりよくよりもむしろより悪くする。2つは 5ロックスの細道による有害なleukotrienesの統合の方のアラキドン酸の転移によってこの「反動」の発火明らかに引き起こされる。

この問題への明らかな解決は5ロックスを妨げることができる炎症抑制の養生法へ薬剤の付加である。 幸いにも、そのような物質ははるかに重く研究されたNSAIDsおよびCOX-2抑制剤に補足物として精査の下だけに最近来てしまったが、ある。

1つの5ロックスの阻止調査では、研究者は推測した、組合せで使用されたとき「2つの細道の抑制剤は添加物、また更に互いに作用し合うneuroprotective効果をもたらすかもしれない。「調査の端によって、彼らは5ロックスの抑制剤が「かなりコックス3つの抑制剤の効果を」。増強したことを結論したコックス抑制剤 との炎症抑制療法がneuroprotectiveであるかもしれない間、調査結果が単に提案する2、かなり、ことコックスを結合する療法および5ロックスの抑制剤はかなりより有効証明するべきである。

炎症抑制療法の約束
頭脳のフィードバック ループは複数のfactorial病気の処置に単純化したアプローチを可能にしない。 予想通り、米国医師会医学総合誌の最近の調査は単独でCOX-2阻止が臨床的に診断されたアルツハイマー病ことをの進行の遅延で非効果的だったことが分った。 これらの結果が十分に炎症抑制療法の約束を実現するために二重炎症性細道の阻止が必要かもしれない研究の成長するボディを補強することは本当らしい。 炎症抑制療法はある病気の進行を遅らせるかもしれない間、徴候が現われるずっと前にneurodegenerative病気の被害を防ぐか、または逆転させるために炎症抑制の代理店を取り始めることは、必要かもしれない。

参照

1. パリDの等ABのvasoactivity: 炎症性反作用。 アンN Y Acad Sci (提供される日付無し) pp.97-108。

2. Klegerisは単核の食細胞のneurotoxicityから等Cyclooxygenaseおよび5つのlipooxygenaseの抑制剤保護する。 老化のNeurobiol 2002年(23) 787-794。

3. Teismann P、等Cyclooxygenase-2はパーキンソン病のneurodegenerationで器械である。 PNAS 2003年; 100 (9):5473-5478.

4. Pompl PN、等。 筋萎縮性側索硬化症のtransgenicマウス モデルに於いてのcyclooxygenase-2抑制剤のための治療上の役割。 FASEB J. 2003年; 10.1096/fj.02- 0876fje

5. Scali C、等。 選択的なcyclooxygenase-2抑制剤のrofecoxibは頭脳の発火を抑制し、excitotoxic退化からコリン作動性ニューロンを生体内で保護する。 神経科学2003年; 117:909-919.

6. Sapp等、ハンティントン病気の頭脳の反応microglialの早くおよび進歩的な蓄積。 Neuropathol Exp. Neurol 2001年; 60(2): 161-172.

7. Jorm AF、等。 痴呆の流行: 文献の量的な統合。 アクタPsychiatr Scand 1987年; 76: 465-479.

8. Uz Tの等神経の5の老化準の規則- lipoxygenaseの表現: 神経の脆弱性に於いての推定の役割。 FASEB 1998年; 12: 439-449.

9. 人間のatherogenesisの間に幹線壁内の5 lipoxygenaseの細道の表現を拡大するSpanbroek R等。 PNAS 2003年; 100:12381243.

  • ページ
  • 1
  • 2