生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年10月
患者は薬剤のアクセス上のスーのFDAを支持する

それは有望で新しい抗癌性の薬剤を承認するためにほぼ7年の平均食品医薬品局を取る。 ほとんどの末期症状の患者のために、それはほぼ速くない十分に。 今度は忍耐強い支持者は裁判所に代理店に承認審査方式を流線形にさせるFDAを持って行っている。

7月末頃では、ワシントン州の法的根拠は進化の薬剤へのよりよいアクセス、末期症状の患者のためのヴァージニア ベースの擁護団体のためのアビゲイルの同盟に代わって米国の地方裁判所のFDAそして保健社会福祉省を訴えた。 訴訟によってはFDAの曲がった薬物承認プロセスが効果的に末期症状の癌患者にそれにより憲法上の権利に違反する実験抗癌性の薬剤へのアクセスを、否定することが争う。

同盟の創設者フランク バローズは2つの実験抗癌性の薬剤へのアクセスを得ることを不運にも試みることの後で屈される2年前に年齢21で癌に彼の娘アビゲイルの名にちなんでグループを名付けた。 グループの訴訟はまた失敗された従来の療法の後で実験薬剤を試みるように彼らの医者によってせき立てられた他の同盟の患者が直面する苦闘を詳しく述べる。 同盟の患者のどれも薬剤会社の臨床試験に加わった非常に限られたグループに得られなかった。

訴訟はFDAで特別な最初の承認を有効性を与え示す、他の公認の処置の選択無しで患者への販売そして配分を呼ぶ実験薬剤に可能にするために。 FDAは訴訟のコメントの未決の検討を差し控えていた。

ビタミンAは放射線療法の保護を提供する

子宮頸癌・、前立腺癌または大腸癌のための処置を受け取っている個人は口頭ビタミンAの取得によって放射線誘発のproctopathyの効果からの重要な救助を見つけることができる。

下痢、緊急、直腸の苦痛、直腸の出血および糞便の不節制によって特徴付けられる放射線誘発の肛門の潰瘍は前立腺および骨盤の敵意の照射の後に起こるかもしれない6か月または多く。 放射線誘発の肛門の潰瘍を持つ二重盲目の偽薬制御の試験の、オスおよびメスの患者で首尾よく口頭ビタミンAと扱われた。*試験のグループは71の年齢の中央値の14人の男性そして2人の女性から成っていた。 登録された患者の、13は前立腺癌のために扱われた、2つは子宮頸癌・のために扱われ、1つは直腸癌のために扱われた。 8人の患者はビタミンA (8000のIUのために)毎日二度ランダム化され、8人の患者は偽薬のためにランダム化された。 3かの数か月後で、8人の患者(88%)の7つにフィッシャーの厳密なテストに対偽薬の8人の患者(25%)の2基づいて徴候変数の重要な減少があった。 偽薬への5つのnonrespondersはそれからビタミンAの同じ治療上の線量を与えられ、処置に好意的に答えた。 研究者はビタミンによって扱われた被験者が偽薬と比べてproctopathyの徴候の重要な減少を示したことを結論を出した。 改善された直腸機能および減らされた出血は直る傷に帰因し、ビタミンAの特性を修理する。

参照

*Levitsky、proctopathy慢性の放射の処置のためのJ.の等口頭ビタミンA: ランダム化された管理された試験。 胃腸病学、2003,124 (4)、Suppl。 1.

アスピリンはTiclopidine有効である

アフリカ系アメリカ人の打撃の患者の主要な調査はアスピリンが再発打撃、心臓発作および管の死を防ぐことの規定のantiplatelet薬剤のticlopidineように同じように有効であると見つけられた早く停止した。

アフリカ系アメリカ人は二度およそ他の人種集団と比較される打撃を持っている危険にけれども頻繁に臨床試験で不十分に表示されていたり。 従って、医学の研究者は突進長老派Stで本部に置かれたアフリカ系アメリカ人のAntiplatelet打撃の防止の調査(AAASPS)を形作った。 シカゴのルークの医療センター。 AAASPSプログラムは60軒以上の病院で1,809人のアフリカ系アメリカ人の患者および米国で医療センターを含んだ。

調査は既にnoncardioembolic ischemic打撃を経験してしまったアフリカ系アメリカ人の患者の再発打撃そして他の管のでき事を防ぐことのアスピリンそしてticlopidineの効力そして安全を定めるように設計されていた。 1,809人の患者の、907人の患者はアスピリンの1日あたりの650 mgを受け取ったがticlopidineの1日あたりの受け取られる902任意に500ミリグラム(mg)。 調査はどの薬物を取っていたか研究者も関係者も知っていなかったこと二重盲目、だった。

調査は2003年10月まで動くことになっていたが調査が完了へ続くことアスピリンよりかなりよいがあるticlopidineの1%のチャンスよりより少しがあったことを統計分析が示したときに国立衛生研究所によって任命されたデータおよび安全監視台によって2002年7月に停止させた。 分析は試験が完了に続いたら再発打撃の危険の減少のticlopidineよりかなりよいアスピリンの40%から50%の可能性を示した。

「決定のデータおよび安全監視台調査あった基づいてに潜在的無益のticlopidine使用のために停止するため第一次調査結果終点および小さい可能性、しかし潜在性のために深刻不利でき事の中でticlopidine扱われる患者」、示した研究者で彼等の記事米国医師会医学総合誌の2003 6月 11日出版された、問題で。*

6.5年間のフォローアップ後で、ticlopidineのグループの106人の患者はアスピリンのグループの86人の患者だけ打撃があったが、それに続く打撃を経験した。 さらに、ticlopidineの患者の9つにアスピリンの患者の8だけと比較された心臓発作があった。 各グループは調査の期間の間に18"を管の死」経験した。

「私達はticlopidineが大幅に再発打撃、心臓発作および死のことを減少のアスピリンよりよいと考えた。 私達はそれを見つけなかった」、シカゴの突進の医科大学の調査の著者の先生を言ったフィリップGorelick。

さらに、ticlopidineのグループはアスピリンのグループ(全面的な28.9%対29.9%)よりわずかに深刻で、非深刻で不利なでき事を経験した。 ticlopidineの患者の、アスピリンのグループの患者の2.2%だけと比較される3.4%の開発されたかなり低い白血球のカウント。 下痢は頻繁にticlopidineのグループでアスピリンのグループ(0.2%対0.3%)よりわずかに報告された。 但し、主要な消化器の出血はアスピリンのグループ(0.4%対0.9%)の中により頻繁に起こった。

アスピリンはticlopidineより大いに比較的安価である。 月のticlopidineの供給はアスピリンは1日あたりのペニーだけ要するが容易に$100を超過できる。 さらに、血液検査はticlopidineの使用の最初の3か月の間に2週毎に行われなければなり費用および不便に更に加える。

「アスピリン他の主要なantiplatelet代理店より大いに比較的安価、すぐに利用できる、使いやすいであり、比較的安全」、は研究者を完了した。 「何人かのnoncardioembolic ischemic打撃の患者の打撃の防止療法としてアスピリンに優っていることは」。は困難かもしれないことを他の代理店との接戦の比較示す

「私達のデータは質問に黒い非cardioembolic ischemic打撃の患者のthienopyridineのticlopidineの優越性を呼び、ticlopidineがこれらの患者の再発打撃そして専攻学生の管のでき事の防止のためのアスピリンより優秀でまずないことを提案する。 なお、ticlopidineはより少なく好ましく、深刻となる恐れがある不利なでき事のプロフィールがあるかもしれない。 従って、アスピリンはであるnoncardioembolic ischemic打撃を持つアスピリン耐久性がある黒い患者の適度な最初上等の防止の代理店」。

— Marc Ellman、M.D。

参照

*GorelickのPB、等アスピリンそして黒い患者の再発打撃の防止のためのticlopidine: ランダム化された試験。 JAMA 6月2003日11日; 289(22): 2947-57。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2