生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年11月
イメージ
ほう素
骨、接合箇所、ニューロンを維持し、前立腺癌の危険を減らすよろしいです
スティーブンB. Strum、M.D.、FACP著
前立腺癌を専門にしている医学の腫瘍学者

エストロゲン取り替え療法に対するほう素の取入口の効果はない12人の後menopausal女性を含む人間の調査で分析された。 患者は119日間ほう素の0.25 mgから毎日成っているほう素不十分な食事療法があった第1だった。 これは同じ患者が1日あたりの3 mgの線量でほう素の補足を受け取った48日の期間に先行していた。 患者はまた十分なマグネシウムの取入口の期間の間に対マグネシウムの不足調査された。 後menopausal骨粗しょう症の女性で見られるそれらに類似しているマグネシウムによって引き起こされる変更や尿カルシウムの高められた損失を含むほう素の剥奪。 但し、1日あたりのほう素の3 mgを受け取っている女性でカルシウムおよびマグネシウム両方の尿の損失はかなり特に食餌療法のマグネシウムが低かったら、減少した。 また血しょうによってイオン化されたカルシウム、ベータestradiolおよびテストステロンの増加されたレベルは注意された。12

ビタミンDの<=>のほう素の相互作用
ほう素はビタミンD (cholecalciferol)に関して行為の骨の新陳代謝に対する付加的で統合的な効果を明示する。 ビタミンDはカルシウムの吸収そして利用に影響を与え、また腫瘍の細胞増殖の遅延に関して主要な抗癌性の効果をもたらす。13 ビタミンDは胃および小腸を通してカルシウム吸収を高める。 血しょうカルシウム レベルの上昇に対するほう素の効果は、一部にはビタミンDに対する高める効果が原因であるかもしれない。14 再度、ビタミンDおよびカルシウムの行為の骨の完全性を維持するためにほう素はように助手、バックアップ代理人、および/または世話役機能している。

関節炎に対するほう素の効果

セリーンのプロテアーゼ(例えば、PSA)のような酵素の阻止はほう素の抗癌性の効果に関連して述べられた。 ほう素の新陳代謝の活動の文献の検討では、追跡はまたほう素によって等他の酵素活性の規則を強調した。15 例えば、ほう素はcyclooxygenase (コックス)およびlipoxygenase (ロックス)を禁じるために示されていた。 これら二つの酵素は炎症性滝を仲介し、炎症性条件に対して指示される療法に適切である。 ほう素のそのような炎症抑制の機能はコックスIIおよびロックスの酵素の減少がプロスタグランジンE2 (PGE2)の減少およびleukotrienesのような他の好ましくないeicosanoidsをもたらすので、はっきり抗癌性の効果に適切である。 アラキドン酸のこれらのホルモン性の故障プロダクトは2003年6月の生命延長雑誌の前立腺癌の記事で論議され、図解されていた。 私達は今angiogenesisおよび癌の成長のための重大な刺激を表すこの細道の下で続くそのオメガ6の脂肪酸の新陳代謝がことをわかっている。

非常に同じプロスタグランジンおよびleukotrienesは退化的な接合箇所病気および骨関節炎のような炎症性条件の仲介人である。 PGE2およびleukotrienesは共同膨張、限られた共同動きおよび他の関節炎の不平に問題を起こすことで関係した。 グルコサミンの硫酸塩のような反関節炎の代理店はコックスIIおよびPGE2の阻止によってベータ核要因Κの抑制によって(NfkappaB) — proinflammatory cytokine働く。18,19 またほう素に関節炎の条件のことを減少で行為の同じようなモードがあるという証拠がある。20-22 これらの調査結果は土のほう素の低水準が付いている世界の区域にほう素のより高い土のレベルとの地域と比較して関節炎に苦しんでいる人々のより高いパーセントがあることを示す証拠によって臨床的に支えられる。 また20%から70%まで同じ時間間隔に偽薬を改良した受け取った人の10%だけ間だれがほう素によって注意された主観的な改善(動きのより少ない苦痛)の6 mgの毎日の補足を受け取ったかほう素の取入口が通常3-10 mgの世界の区域で、関節炎の推定発生が0から骨関節炎の20人の患者の調査の10%.23まで及ぶ一方ほう素の取入口が1 mgまたは1日あたりのより少しの世界の区域で、関節炎の推定発生、50%及ぶ疫学的な証拠がある。24

ほう素の源
ほう素はプラム、赤いブドウ、りんご、ナシおよびアボカドのような非柑橘類のフルーツにある、またであるマメ科植物およびナットの跡の鉱物。 それはコーヒーおよび赤ワインの相当数にまたある。 乾燥されたフルーツは新鮮な果物よりほう素の大いに多量を含んでいる。 例えば、新しいプラムは(g) 1 100グラムのあたりほう素の0.45 mgを含んでいるが、ほう素が現在人間の食事療法の必要な要素としては考慮されないが乾燥されたプルーン(約12個のプルーン)の同じ重量はboron.1の2.15 mg、多くの科学者を信じる含んでいる人間の通常の食餌療法のほう素の消費によってが大人のための1-2のmg /dayである必要な「ultratrace」element.35として状態に値することを。 しかしほう素の条件は1日あたりの9-12 mg高いかもしれない。

別の調査では、骨関節炎の接合箇所に隣接する骨はより少なくひびの患者からの制御骨そして骨より鉱化されがちである。 興味深いことに、そのような例の骨のサンプルにほう素のかなりより低い集中がある。25

最後に、S-adenosylmethionine (同じ)の反関節炎の効果は非ステロイドの炎症抑制の代理店(NSAIDs)としかしNSAIDsと見られる毒性なしで見られるそれらと同等であることを示す調査がずっとある。27-29 また興味深いほう素のための同じの非常に高い類縁を示すレポートは。30は 興味深い考察ほう素の消費およびほう素の血レベルへの関係の関節炎の徴候の減少の同じの効力を評価することである。

頭脳機能に対するほう素の効果

NSAIDsの医学の適用とほう素の生物的特性間に多くの平行がある。 これらの共用利点は親炎症性cytokinesの規則にかかわる共通のメカニズムおよびコックスIIおよびロックスの酵素のそれに続く減少が原因であるかもしれない。 これらのメカニズムは前立腺癌の発生とうまく行けば前立腺癌の処置のほう素の使用中の減少に関節炎およびほう素の関係を患者で見られるそれらのようなほう素の肯定的な臨床利点に説明を提供する。 NSAIDsの常用はかなりアルツハイマー病の発生を減らすことが今一般に受け入れられるので、31,32 それはペーパーが認識機能に対するほう素の肯定的な効果で出版されても不思議ではない。33

頭脳の電気生理学および認識性能に関連してほう素の機能役割を調査する人および女性のPenland等によっての行なわれる実験(表2)を見なさい。 調査結果は十分なほう素(対kcal/日およそ3.25 mg boron/2000 kcal/日およそ0.25 mg boron/2000)と健康な老人および女性で間、ほう素の対食事療法奪い取られた食事療法で比較される。 患者の機能認知を含む技術を行うおよびpsychomotor仕事は査定され、ほう素奪い取られた食事療法の間に重要な減損を示した。 ひらめきパターンは脳波図(EEG)を使用して評価され、ほう素奪い取られた食事療法の患者で低頻度の活動の高められた割合を示した。 同じような調査結果は頻繁に一般的な栄養不良および重金属の毒性に応じて観察される。 著者はそのようなデータからほう素が人間の脳機能および認識性能の重要な役割を担うようであること、そしてほう素が人間のための必要な栄養素であることを結論を出した。26

ほう素: 他の機能

ホウ酸の解決(3%)は劇的に細胞外のマトリックスの行為によって直る傷を改良しそれ生体外で得られた見つける。34

調査される機能

ほう素奪い取られた食事療法

ほう素十分な食事療法

pの価値

手先の器用さ
目手の調整
注意
認識
符号化および短期記憶
長期記憶

減らされる

正常

<0.5

脳波図(EEG)
分光分析

 

 

 

低頻度の活動

より高く

より低い

<0.5

高周波活動

より低い

より高く


表2: 認識性能および脳活動に対するほう素の剥奪の効果。 多数の調査では、老人および女性はほう素で十分な食事療法と比較して低ほう素の食事療法の認識機能で重要な減損を統計的に示した。 EEGの活動は低ほう素の食事療法の患者でまた異常だった。26

ほう素の毒性

1870年代では、ホウ酸ナトリウム(ホウ砂、ほう素の形態)に食糧を維持する機能があったことが定められた。 次の50年にわたって、防腐剤としてホウ酸塩が評価され、魚、肉、クリームおよびバターのpalatabilityを拡張するのに使用された。35は 1904年にホウ酸塩の消費と関連付けられた毒性のための潜在性の最初の証拠起こった。 ホウ酸の1日あたりの500 mgに消費している人間のボランティアは減らされた食欲、悪心、腹部の不快および下痢の徴候があった。 これが報告された後、食糧防腐剤および好みの増強物としてほう素の使用は非常に低下し、50年代半ばまでにほう素は食品工業で本質的に世界的に禁止された。 皮肉にも、ほう素はneurotoxic 36であるために示されていたけれども広まった使用に残るために取り替えられた グルタミン酸ナトリウムと。

ほう素の混合物は大量服用でテストされるすべての種に有毒であるが発癌性またはmutagenicではない。37は ほう素のラットの進化の毒性調査「1日あたりの1 kgあたりほう素の9.6 mgの観察された悪影響のレベル(NOAEL)を定めなかった。 人間のほう素の毒物学の調査は60 kg (132ポンド)個人のためのほう素の18 mgの毎日の取入口と一致するほう素の0.3 mg/kgの最高の毎日の取入口まで安全を示した。38

高い血清のホウ酸を持つ4人の患者は単一の後で水平になる、10-297グラムの激しい摂取は1983年1月と1985年8月間のロッキー山脈の毒および薬剤の中心(RMPDC)に報告された。 このような場合、全身の効果は不在だった。 1983-4年に、ホウ酸の露出の364の場合はありそうな慢性の摂取からの1不運だけのRMPDCに、報告された。 この場合、嘔吐、悪心、下痢および腹部のけいれんはあった。 これらの観察は重要な中毒がホウ酸の単一、激しい摂取に起因してがまずないことを提案する。39

Pinto等によるレポートはホウ酸の摂取がビタミンB2 (リボフラビン)の尿の損失を引き起こすことができることを示した。ほう素の 補足を取っている40人の患者はまたBのビタミンの補足を考慮したい場合もある。 ゴードン等は1973年に数週一定期間に渡って使用している2人の幼児の例を浸った蜂蜜ホウ砂の解決で調停者を報告した。 これらの幼児は毛損失、貧血症および握りの調査結果があった。 すべての印および徴候はホウ砂および蜂蜜の準備の停止の後で消えた。41

複数の種のほう素の重大な効果は男性の生殖毒性および進化の毒性を含む。 精巣の効果は1日あたりの体重の1キログラムあたりほう素の等量のおよそ26ミリグラムで行われた。 内分泌の毒性のデータは処置の変えられた小胞刺激のホルモンおよびテストステロンのレベルが14日以内に含まれている。37 これらの効果を引き起こす線量が人口母集団がさらすことができるレベルよりずっと高いことを強調することは重要である。 人間はおよそ3.3グラム(かホウ砂の5.0グラム)最も低い動物NOAELと同じ線量レベルを摂取するために日刊新聞をホウ酸の消費する必要がある。 豊饒に対する効果はホウ酸塩--にさらされた労働者の人口で見られなかったまたは人口に高い環境のホウ酸塩のレベルに露出した。従って 42、ホウ酸および無機ホウ酸塩によって引き起こされるほう素の毒性の可能性は遠隔である。

3の ページで 3続けられる