生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年11月
イメージ
ほう素
骨、接合箇所、ニューロンを維持し、前立腺癌の危険を減らすよろしいです
スティーブンB. Strum、M.D.、FACP著
前立腺癌を専門にしている医学の腫瘍学者

生物系の私達の知識が過去の10年にわたって増加したと同時に、細胞コミュニケーションおよびバランスの重要性のより大きい理解は達された。 薬の統合的な性質、従って生物的管弦楽法の特徴は、今人間の健康にとって重要ように数十年前ほとんど確認されなかった物質の使用を包含することを来てしまった。

補酵素Q10、アセチルのLカルニチン、アルファlipoic酸、リコピン、セレニウムおよびガンマのトコフェロールは生物的交響曲の新しいプレーヤーの少数の例である。 ほう素は健康の管弦楽法の重大な栄養素の私達のリストに今加えることができる。

健康な骨密度を促進するためにほう素が長く知られている間、新しい研究は前立腺の腫瘍サイズ、より低いPSAを縮めることができ前立腺癌を防ぐのを助けるかもしれないことを示す。 付加的な調査結果はほう素が共同不快を軽減し、認識機能を維持することを示す。 よいニュースは会員が既に取っていることこの低価格の鉱物が最も普及した補足に加えられたことである。

蟹座に対するほう素の効果

ほう素は64%まで前立腺癌の発生を減らす
チャン等による調査では、ほう素の最大量を摂取した人は最小限のほう素を(消費した人と比較された前立腺癌(PC)を開発する多分64%才見る図1)をだった。 この情報は癌なしで7,651人の男性のそれに2001年。1のフロリダの 年次実験生物学の会議で公衆衛生のUCLAの学校の蟹座の疫学のトレーニング プログラムからの調査、前立腺癌を持つ76人の比較された食餌療法パターン示された。 より大きい量のほう素が豊富な食糧消費される、より大きい前立腺癌との診断の危険の減少。 ほとんどのほう素を消費しているそれらの人は24% (すなわち、ほう素の消費の上部四分位数で)第2四分位数の人は第3四分位数で危険の35%の減少およびそれらがあったが前立腺癌の64%の減少が、減らした彼らの危険をあった。 ほう素の消費の最も低い四分位数の人は最も高い四分位数のそれらはナットの1のサービングと1日あたりのフルーツの3.5のサービングを消費したが、1日あたりの大体1切れのフルーツを食べた。 ほう素が豊富な食糧はアーモンドおよびピーナツのようなプラム、ブドウ、プルーン、アボカドおよびナットを含んでいる。 プルーン(12個の乾燥されたプルーン)の100グラムのサービングにほう素の2-3 mgおよび繊維の6.1グラムがある。2

図1.より低い前立腺癌の危険はほう素の消費と関連付けた。
ほとんどのほう素を消費しているそれらの人は前立腺癌の開発に対してすばらしい保護効果をもたらした。 ほう素の源はアーモンドおよびピーナツのような乾燥されたプルーン、プラム、ブドウ、干しぶどう、ナット、赤ワインおよびコーヒーのような非柑橘類のフルーツを含んでいる。 ほう素の保護効果は胸、大腸、子宮、頚部、または皮膚癌に対して注意されなかった。18

ホウ酸はプロテアーゼそれが87% PSAを減らす機能し、前立腺癌のマウス モデルの腫瘍サイズを減らすセリーンを禁じるために
前に引用されるチャン等による調査の前立腺癌の発生の減少に対するほう素の効果のメカニズムは知られていない。 但し、人間の前立腺癌細胞ラインによって呼ばれるLNCaPに耐えているマウスに与えられるホウ酸(ほう素)の解決の効果の予備報告はこのメカニズムのライトを取除くかもしれない。 癌研究のアメリカ連合の2002の進行で出版された調査ではホウ酸の解決の1.7か9.0 mg/kg/日を受け取っているマウスは38%および25%によって口頭で腫瘍サイズの減少があったことをGallardoウィリアムス等は、それぞれ示した。3つに 同じグループ88.6%および86.4%のPSA (前立腺特定の抗原)の低下が、それぞれあった。 水だけ受け取っている制御グループはPSAの低下か腫瘍サイズの減少がなかった。

興味の付加的な調査結果は制御グループと比較されたホウ酸と扱われたマウスにmitosesの減らされた量を含めた。 Mitosesは細胞分裂の過程においてある遺伝物質か染色体を反映する。 Mitotic図は慣習的な顕微鏡を使用して見ることができる; mitosesの数より大きく、細胞分裂の強度より大きい腫瘍の成長(見なさい図2)を。 著者はまたIGF-1 (インシュリンそっくりの成長因子のタイプ1)のhistochemical表現がほう素の処置によって著しく減ったことが分った。 しかしIGF-1の循環の血レベルは扱われたマウスで、減らなかった。

図2: 前立腺癌のバイオプシーのMitoses。 Mitosesは(またmitotic図と呼ばれる)光学顕微鏡を使用して容易に見つけられるかもしれない。 mitosesが総計で豊富なら、それは腫瘍のproliferative率が高いこと推定することができる。 高いmitotic率は前立腺癌のより積極的な組織学的の等級と見られる。

Gallardoウィリアムスによるこの調査は可能性としては大きな意味であり、そのような調査の利点のための理論的根拠は議論を促進する。 著者のホウ酸の評価は重要のにPSAはだけでなく、前立腺癌の活動前立腺癌の細胞によって作り出される自身の腫瘍の成長を促進するために機能するまた機能酵素のbiomarkerであるが、ことが分る関連している仮説に基づいていて。10は 仮説の私の解釈次の通りある:

  • PSAはインシュリンそっくりの成長因子結合蛋白質からIGF-1を放す酵素(セリーンのプロテアーゼ)である。
  • IGF-1は前立腺癌の成長を促進するために示されていた。
  • PSAの酵素の活動の減少はIGF-1の量を減らすべきである。 これはそれから前立腺癌の成長を減らすべきである。
  • ホウ酸は複数のセリーンのプロテアーゼの知られていた抑制剤である。
  • 血のホウ酸は8 mcg/mlがPSA (著者の別の仕事)の蛋白質分解活動を禁じることができると低く水平になる。
  • 従ってホウ酸の管理はPSAを減らすべきである。
  • PSAのこの減少はIGF-1の減らされた表現および減らされた腫瘍の成長と一緒に伴われるべきである。

このレポートは進行中のそれ以上の臨床試験を外見上今もたらしてしまった。

ほう素の混合物の抗癌性の効果は文化で育った人間の敵意の腫瘍の細胞ラインを含んだ前の調査のずっと主題である。 これらの調査は表1.で要約される。

癌細胞のタイプ 腫瘍の細胞に対する効果
ほう素の混合物 参照

激しいlymphocytic leukemiaChronic lymphocytic白血病

ほう素の混合物との処置の後の成長の阻止

dihydroxy (oxybiguanidoの)ほう素(iii)の塩酸塩の一水化物(HB)

グアニジンのbiboric酸のアダクト(GB)

hydroxosalicylのhydroxomatoのほう素(iii) (SHB)

4

Ehrlichの腹水の腫瘍

超音波療法との結合によって更に高められた重要な反腫瘍の行為

dihydroxy (oxybiguanidoの)ほう素(iii)の塩酸塩の一水化物

5

Ehrlichの腹水の腫瘍

かなり増加された生存期間

グアニジンのbiboric酸のアダクト(GB)

6

L1210ネズミ科の白血病cellsDU-145の前立腺
癌cellsA549の肺
癌腫cellsMCF-7胸
癌細胞

線量依存
禁じられたDNAの統合

Borato-1,2-diaminocyclohexaneプラチナ(ii) (BDP)

7

LNCaPの前立腺
癌細胞

86-89%による減らされたPSAおよび25-38%による減らされた腫瘍の容積; mitosesおよびIGF-1はティッシュの調査で減った

ホウ酸の解決

3

子宮マウスおよび人間のleukemiasHuman
コロンおよび肺
adenocarcinomasHumanの神経膠腫

禁じられた成長

アミノo carborane塩酸塩7

8

ネズミ科および人間の白血病の子宮の癌腫の腫瘍の細胞は並ぶ

有効な生体内の抗腫瘍性の活動および生体外の細胞毒性

アデノシン5' [(ガンマo carboranyl) propyl N、N-di-] phosphorodiamidate 1

9


ほう素の表1.の抗癌性の活動。 腫瘍の細胞の広い範囲に対するいくつかのほう素の混合物の抗癌性の効力の調査は(上で示されている)人間の令状の臨床試験を並べる。

骨の新陳代謝に対するほう素の効果

カルシウム マグネシウムの<=>のほう素の相互作用
ほう素が骨の新陳代謝できわめて複雑であることほう素の補足か剥奪ショーを含んでいる人間で行なわれる多数の実験。 カルシウムおよびマグネシウムが健康な骨の重要な要素またはブロックであることがよく受け入れられる。 十分なカルシウム供給しかし不十分なマグネシウム資源の状態では、ほう素は骨の形成のプロセス中に「代打を勤められて」マグネシウムのまたは代わりになるようである。 そのような条件の下で、骨のティッシュ内のほう素の集中は増加する。

骨に対するほう素の効果はカルシウムおよびまたマグネシウムの尿の排泄物を減らす機能によって仲介されるようである。 ほう素の枯渇よりもむしろ十分なほう素の取入口が勝つ状態では、ほう素のネット エフェクトはイオン化されたカルシウム レベルを上げることである。 腎臓に対するジャム カルシウムそして減少尿の損失ほう素にのこの効果はのカルシウム行為によって引き起こされる。

上記のように、ほう素のこのカルシウム維持の効果は食餌療法のマグネシウムが低い状況で顕著になる。 この生物学的作用によって血のカルシウムを維持し、尿カルシウム損失を減らすために、ほう素はバック アップとして機能している。 事実上、文字通りそして比ゆ的のほう素の行為はこれらの物質と別の方法で不利に代謝過程に影響を与える栄養の圧力の状態のカルシウムそしてマグネシウムを維持する「ボディーガードとして」含んだ。11

3の ページで 2続けられる