生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年11月
イメージ
予防の血のテストへの広範囲ガイド
ペニーの男爵によって

ビタミンB12およびfolateの不足は吸収不良(B12の問題が最も一般に原因である: 胃腸無秩序、膵臓炎、サナダムシおよびアルコール中毒; folate: 薬剤の干渉およびjejeunalの粘膜病気)または不十分な食餌療法取入口(一般的な栄養不良またはアルコール中毒の厳格な菜食主義者の食事療法そしてfolateのB12まれに)、

B12の低水準はまたたばこを吸う、および年配者見られる人の多発性骨髄腫そして鉄不足の患者で、; 癌、再生不良性貧血およびfolateの不足の患者では; hemodialysisの患者; そしてビタミンCの大量服用を摂取する人で。 ハイ レベルは激しく、myelogenous白血病、多血症ヴィエラ、白血球増加および肝臓病で増加するかもしれない。

葉酸のレベルはアルコール中毒患者で減るかもしれない; 慢性疾患とのそれら、hemodialysisを経るか、または無食欲症のnervosaを持っている; そして未熟児および年配者で。 妊娠のほかに、葉酸の高められた線量は甲状腺機能亢進症、neoplasia、溶血性貧血および乾癬で示されるかもしれない。

内分泌

DHT (5a-Dihydrotestosterone)
DHTは自由な(noncomplexed)テストステロンから前立腺、さまざまな副腎および毛小胞にある酵素のcholestenoneの5a還元酵素によって総合される。 それは男性の成熟に伴う、および筋肉ティッシュの成長男性の生殖器および前立腺の開発、身体検査の変更に責任がある。 DHTの小さい部分だけ性のホルモン結合のグロブリン(SHBG)にcomplexed血に、主にある。

DHTの低水準は減らされた性ドライブ、勃起不全、男性のpseudohermaphroditism、またはpseudovaginalのperineoscrotal hypospadiasと関連付けられるかもしれない。 DHTの増加されたレベルは男性パターン脱毛症(脱毛症)、hirsutism (女性の余分な毛の成長)、温和なprostatic増殖およびアクネで関係するかもしれない。

男性パターン脱毛症のためのPropecia (finasteride)のような5アルファ還元酵素を、妨げる薬剤は可能な必然の勃起不全のDHTの生産および筋肉成長の妨害と、干渉する。

絶食のインシュリンおよびHOMAIR
絶食の血清のインシュリンはインシュリンの感受性および抵抗の索引として使用される。 ホメオスタティス モデル査定(HOMAIR)によって推定される従来のtest.62 HOMAIR上の増加の正確さへのインシュリン抵抗性は絶食血ブドウ糖のレベルを絶食のインシュリンのレベルによって増加し、22.5で割ることによって求めることによって定められる示されていた。 より低い数、よりよいの。

インシュリン抵抗性は(ボディが作り出すインシュリンに答えないかところに)新陳代謝の無秩序で共通に見つけること、ブドウ糖の不寛容を含んで、dyslipidemia、hyperuricemiaおよびhypertention、62 徴候の冠動脈疾患の高められた危険と関連付けられる。63 なお、インシュリン抵抗性の人のおよそ25%は糖尿病のタイプII.を開発することを続く。

Bonora等に従って、HOMAによって推定されるインシュリン抵抗性の流行は損なわれたブドウ糖の許容の患者の65.9%、NIDDM (非インシュリン依存した糖尿病)の主題の83.9%、高脂血症の人の53.5%、hypertriglyceridemiaの患者の84.2%、低いHDLのコレステロールを持つ患者の88.1%、hyperuricemiaの患者の62.8%、および高血圧の患者の58%である。 ブドウ糖の不寛容、dyslipidemiaや高血圧の組合せを用いる患者では、インシュリン抵抗性の流行は95.2%。62だった

データはまたHOMA推定されたインシュリン抵抗性がタイプII糖尿病を持つ患者の心循環器疾患の独立した予言者であることを示す。64

インシュリン抵抗性はまたピッツバーグの大学に調査に従って糖尿病のタイプIを持つ人の腎臓病のindictorそして考えられる原因、であるかもしれない。 調査官はまたインシュリン抵抗性が心臓病を「予測するのでタイプIの糖尿病で、腎臓病が心臓病を予測する長年の観察を説明するかもしれないことが分った。 すなわち、インシュリン抵抗性はかもしれない両方の複雑化のための「入会地」である」。65

従ってインシュリン抵抗性の早期発見は新陳代謝の無秩序に、糖尿病のタイプIおよびIIを含む起因するかもしれない深刻となる恐れがある複雑化dyslipidemia、hyperuricemiaおよびhypertentionを防ぐのを助けるかもしれない。

Somatomedin-C (インシュリンそっくりの成長factor/IGF-1)
IGF-1は人間の成長ホルモン(HGH)の活動の主要な作動体で、またブドウ糖の新陳代謝(インシュリンそっくりの活動)に影響を与える。 それは血に長く一定している(さまざまな刺激に応じて変動しがちである)よりHGH残るので、HGHを直接テストしているよりHGHの不足のより正確な表示器で、またHGH療法を監視するためにより精密である。

IGF-1は筋肉および他のティッシュの成長を仲介することで重大であり、正常なレベルは着実にまで12-15年齢増加し、次に低下し始める。 骨格筋の固まりおよび強さの3分の1まで30の年齢の間で失われ、若い大人筋肉のそれらと同等であることマウスの筋肉細胞のIGF-1 overexpressionがそのような物古いマウスの骨格筋の特徴を(形態学上および機能)維持できることをバートン デービス等による80.66 Aの調査は示した。より古い (>70-year-old)男性のIGF-1レベルがより若い男性(39年まで)のレベルに類似していたときに、より古い男性は血清のテストステロンおよび細いボディ固まりの年齢依存した減少を示さない、脂肪質ボディの増加は集中することを66人のRuiz-Torres等は示した。67

IGF-1の低水準はアテローム性動脈硬化の開発で関係した。 自由なIGF-1集中が直線に逆にIGF-1が(内生テストステロンおよびestroneと共に)老化の人のアテローム性動脈硬化の開発の保護役割を担うかもしれないことを提案するアテローム性動脈硬化と関連していたようであることがヴァンden Beldは等分った。68

Carro等による調査はneuroprotectiveホルモンとしてIGF-1のための役割を提案する。 データはIGF-1のレベル(減る)とアルツハイマー病の患者の頭脳のアミロイドBの(高められる)蓄積間の反対の相関関係を示す。 突然変異体のマウスの調査では、高いアミロイドBのレベルは血清IGF-1のレベルが低いとき見られる。 逆に、アミロイドBの重荷は血清IGF-1のレベルの増加によって減らすことができる。 調査官は「循環IGF-1治療上の潜在性の頭脳のアミロイドのレベルの生理学的な調整装置」。がであることを提案した69

IGF-1の上昇値は先端巨大症(巨人症)および糖尿病性のretinopathyを表すかもしれない。 IGF-1のハイ レベルは前立腺癌の高められた危険と関連付けられることが疑われたが、最近のデータはIGF-1が病気のための病因学的な要因よりもむしろ腫瘍のマーカーとして役立つかもしれないことを提案する。また 70がIGF-1テスト(減らされたレベル)子供(診断および療法への小人症の応答)の下垂体の不十分そしてhypothalamic損害を評価するのに使用されるかもしれない。 低水準はまた筋萎縮性側索硬化症の患者にあった。71

9の ページで 8続けられる