生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年11月
イメージ
予防の血のテストへの広範囲ガイド
ペニーの男爵によって

ティッシュの壊死の要因
TNF-aに生物作用の広い範囲があり、TNF-aのための受容器はほぼすべての細胞で見つけられるかもしれない。 主に活動化させた大食細胞、TNF-aによって作り出されて好中球の方の腫瘍の細胞に対するcytolytic (有害)およびcytostatic (抑制の)効果、およびショーのchemotactic (敏感な)活動を持っている。 ハイ レベルは敗血症、自己免疫疾患、さまざまな感染症、慢性関節リウマチ、炎症性腸疾患および移植の拒絶の場合で見られるかもしれない。

TNF-aの上昇値はまた高血圧の人々、31にあり、 心臓病の危険とIL-6とともに関連付けられるかもしれない。32 Verdeccia等による調査で、TNF-aのレベルは幹線流れ仲介された膨張が高血圧および慢性の発火によって影響されたら確認する高血圧の有無にかかわらず人で測定された。 調査官は高血圧のグループで血圧が抗高血圧薬の薬物と制御されたかどうかそれをにもかかわらず、幹線流れ仲介された膨張かなり損なわれた見つけた。 このグループはまた制御の血圧にもかかわらず耐久性がある発火を示すTNF-aのハイ レベルを示した。 この調査は血圧が制御の下にある時でさえ、hypertensivesはまだ慢性の炎症性侮辱によって引き起こされる幹線壁の裏地への連続的な損傷(endothelial機能障害)に苦しむことを示した。 これらの調査結果はどの位内部の壁の(endothelial)幹線損傷が起こっているかTNF-aが査定することができるようにhypertensivesはテストされる血があるべきであることを示す。 TNF-aのレベルが高ければ、炎症性滝を抑制する積極的な療法は考慮されるべきである。

Interleukin1 (b)
IL 1bレベルは頻繁に全身の炎症性病気の個人で高く、ずっとTNF-aの共働作用は頻繁に報告されている。IL 1b およびTNF-aによる炎症性滝の28誘発は機能の発火、ティッシュの破壊および損失をもたらす場合がある。 高いIL 1bレベルはそれに続くB小島の細胞死のインシュリンの解放、細いボディ固まりの損失、およびインシュリン抵抗性と関連付けられた。

Lappe等による調査はことを(心臓CRP)のIL 1bの高められた集中かなりそして独自に死または心筋梗塞の危険の段階的な増加予測されて示した。33

IL 1bは物理的な圧力へのimmunobiological応答の主仲介人の1つである。 Brambilla等による調査はIL 1b集中がIL 1bレベルがsymptomologyの現在のレベルと関連していないパニック障害のマーカーであるかもしれないことを提案するalprazolam (Xanax™)のpharmacotherapyの前後にパニック障害の患者両方でかなりより高かったことを示した。34

Interleukin6
osteoblastsによって作り出されて、35 IL-6は骨粗しょう症に貢献するかもしれない骨(再吸収)を破壊するように成長したosteoclastsを刺激する。 、B細胞のリンパ腫および貧血症に、乳癌治療の自己免疫疾患、免疫の機能障害、骨粗しょう症、不況貢献するInterleukin6は老化させるで過剰生産される。 IL-6はまたさまざまなタイプの前立腺の癌腫を含む悪性腫瘍の成長そして微分を、調整する; IL-6の血清のレベルはmetastatic前立腺癌を持つ患者で上がる。36 IL-6はアルツハイマー病の大きな役割を担うために本当らしい炎症性cytokineとして識別された。 高いIL-6レベルはまた心臓発作のための高められた危険および打撃、糖尿病のタイプIIの開発と、およびように不能および死の高められた危険のための予言者関連付けられる。

高いIL-6は心臓発作および打撃のための高められた危険と関連付けられる。 1999調査はIL-6およびCRP両方のハイ レベルを持つ個人がほぼ5年の調査の期間の間に死んでが2.6発火の両方の測定の低水準とのそれらより倍本当らしかったことが分った。37

高いIL-6は、C反応蛋白質と共に、IL-6およびCRPの高い血レベルは糖尿病のタイプII. の開発と関連付けられたかどうか定めるために21人のPradhan等が4年間27,628人の健康な(診断された糖尿病のタイプII、心循環器疾患および癌の自由)女性に続いた糖尿病のタイプII.の開発の予言するかもしれない。 調査官はIL-6のハイ レベルが増加したことIL-6が続いて糖尿病を開発した、糖尿病7.5のための危険は時間を計る女性間でかなりより高かったことが分り(最も高いCRPの範囲の女性は糖尿病のタイプII)を開発して15.7倍本当らしかった。 、IL-6のハイ レベルを持つ家系歴他の危険要因ボディ固まりの索引を調節の後で、煙ること、アルコール、練習およびホルモンの取り替えの療法女性は糖尿病性になって2.3倍本当らしかった(最も高いCRPの血レベルのための4.2回)。 調査官はデータが糖尿病に於いての発火のための可能な役割を支えたことを結論を出した。

高いIL-6レベルはまたすべての原因からの死、他の死亡率の危険factors.37ハリス等の独立者の危険を予測するために続いた、4.6年間高齢者IL-6間の連合を健康な、1,293 CRP定めるためにおよび死亡率にあった。 調査はIL-6の増加されたレベルが死(および、それ程ではないにせよ、CRP)の二重のより大きい危険と関連付けられたことが、そして分った危険がIL-6およびCRP両方のレベルが高かった2.6回に増加したことを。

調査はIL-6と年齢と普通低下するインシュリンそっくりの成長因子I (IGF-I)間のリンクを示した。 高いIL-6および減らされたIGF-Iの組合せが共働作用して危険度が高いの老女の進歩的な不能そして死のための相談することがCappola等は分った。ADL (日刊新聞の生活の活動)と移動性を開発するIL-6の最も高い循環のレベルを持つ年配人が移動性不能および1.62倍もっと多分開発して1.76倍本当らしかったことが38人のFerrucci等は- IL-6.39の低水準を持つ人と比較された不能分った

炎症性Cytokines
参照間隔(Labcorp) *

TNF-a

0.0-8.1 pg/ml

IL-6

0.0-12.0 pg/ml

IL 1b

0.0-3.73 pg/ml

IL-8

<32 pg/ml

*Note: Labcorpは血の試験設備である。
他の血のテスト ラボ方法は異なった範囲があるかもしれない。

Interleukin8
IL-8は好中球、basophilsおよびTリンパ球を引き付けるchemotactic要因でmonocytes、好中球および炎症性刺激に応じてNK細胞によって作り出される。 IL-8はまた好中球のdegranulationを活動化させる。 IL-8はそれ以上のプロパゲート癌細胞の成長成長因子の表現を引き起こしている何人かの癌患者で上がるかもしれない。 上昇値はまたインターフェロン療法への抵抗を推論する肝炎の患者で見られた。

付加的なテスト
最も頻繁にLEFのメンバーが要求するテストはまた多くのボディ機能上の条件の広い範囲の覆いを取るかもしれないテストが含まれている。 これらのテストの選り抜きおよび重要なグループは後で論議される。

心血管

フィブリノゲン
フィブリノゲン、レバーで総合される蛋白質は血液凝固の正常なプロセスの重要な部品である。 凝固の滝の一部として、フィブリノゲンはフィブリンに変えられ、血小板と共に、安定したフィブリンの血塊を形作るのを助ける。

フィブリノゲンはまたティッシュの発火か損傷を含む病気プロセスに応じて増加することを意味する激し段階蛋白質の反応体である。 C反応蛋白質セクションに記述されているように、アテローム性動脈硬化の開発および心臓病は炎症性プロセスのプロダクトである。 そのように、発火の測定であるフィブリノゲンは心臓病および打撃の危険の予測を助け血清コレステロール、コレステロールの脂蛋白質、脂質、C反応蛋白質および炎症性cytokinesのためのテストを補足できる。

高いフィブリノゲンのレベルは心臓病の危険を示すかもしれない。 レベルはまた他の炎症性無秩序、妊娠、および経口避妊薬を取っている女性で増加する。 減らされたレベルは遺伝性のafibrinogenemiaの患者で、血管内凝固、第一次および二次線維素溶解および肝臓病見られる。 心臓病の危険がある状態に患者および打撃のための重要な含意がある食餌療法の魚油 の増加は減らされたフィブリノゲンのレベル、40で起因するかもしれない。

9の ページで 6続けられる