生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年11月
イメージ
予防の血のテストへの広範囲ガイド
ペニーの男爵によって

Estradiol
非妊娠した女性では、estradiolは最も一般に測定されたタイプのエストロゲンである; レベルは月経中変わり、低速一定したレベルに月経閉止期の後で減る。 女性のestradiolの増加されたレベルは胸またはendometrial (子宮のライニング)癌の高められた危険を示す。 人では、estradiolは女性で低いよりずっと量で作り出されhypothalamicおよび下垂体機能を示す。 テストステロンの減らされたレベルと共にestradiolの増加されたレベルは排尿する減らされた性のドライブおよび機能を示すかもしれない。 人では、estradiolおよびテストステロンのレベルは一緒にテストされるべきである。

ホモシステイン
アミノ酸のホモシステインの上昇値は冠動脈疾患および血栓症(打撃)の開発のための独立した危険率であるために示されていた。 データはまたホモシステインのレベルが不況の患者で上がるかもしれないことを示す; 葉酸(普通ホモシステインの破壊を助ける)レベルが落ち込んでいれば、ホモシステインのレベルの増加

C反応蛋白質(CRP)および心臓CRPテスト
発火はアテローム性動脈硬化および心臓病の開発そして進行のための主病原性のあるメカニズムである。 アテローム性動脈硬化は本質的に傷害への炎症性応答、低密度脂蛋白質(LDLのいわゆる「悪い」コレステロール)の高血圧、喫煙、食事療法の金持ち、およびhyperglycemiaのような、特にである。 これらの刺激はコレステロールの脂蛋白質の通風管と共に、本当らしい形態幹線壁に沿うatherosclerotic 「脂肪質の縞」のための基礎分子の分泌を引き出す。

まだ現在が、これらの危険率およびatheroscleroticプラクTリンパ球の中で活動化させて炎症性細胞大食細胞、肥満細胞の魅力そして蓄積を促進し続ける間。 酸素奪い取られた血管がずらされたプラク材料の部分と詰まるようになると同時に慢性の発火によって引き起こされるこのプラクの中断により心臓発作を引き起こすかもしれない。

C反応蛋白質は全身の発火の非常に敏感なマーカーで、冠状心臓病21および他の心循環器疾患の強力な 予言者として現れた。

感度が高い心臓CRPテストは血管疾患の非常に初期で血のC反応蛋白質の存在を、でき、食事療法測定、補足、または炎症抑制療法の適切な介在を可能にする。

C反応蛋白質の上昇値はまた糖尿病のタイプをIIの年配者の表面上は健康な人々 23人のアルツハイマー病および不況の認識能力 22損失開発する危険と関連付けられるためにあった。 なお、アテローム性動脈硬化そして心臓病のための危険率は、煙ることおよび高血圧のような、心臓CRPテストによって検出することができるC反応蛋白質の血レベルを上げる。24

PSA (前立腺の特定の抗原); 自由、complexed
男性の試験板の一部として提供されて、PSAは前立腺癌を提案するかもしれない非常に敏感なマーカーである。 また前立腺によって関連付けられる治療上の養生法の効力を監視することを使用するかもしれない。

PSAは精液液体のより血清の百万折目の低い集中に普通ある。 精液液体では、PSAは「自由な」(uncomplexed)州に主にある; 血清では、それは抑制剤へ一般に見つけられた限界である。 前立腺癌の危険は総PSAの絶対量を定めることまたは比較される自由なPSAのパーセントを計算することによってPSAを査定することができる(uncomplexedとcomplexed)合計するために。 ニューイングランドの医療ジャーナルの調査は正常なデジタル直腸の検査(DRE)を持つ患者の25%ことが分ったおよび4.0-10.0 ng/mlの総PSAのレベルに前立腺癌があった。25 同じ研究グループで、研究者は前立腺癌の危険が血清の自由なPSAのパーセントの減少と増加したことを計算した。 すなわち、PSAを解放するcomplexedの比率が増加したように(PSAの合計によって増加されるレベルと付随)、劇的に高められる前立腺癌の危険。

PSAの上昇値が必ずしも前立腺癌に信号を送らないかもしれない前立腺癌はPSAの表現と一緒に常に伴われないかもしれないことが注意されるべきで。 レベルは尿路感染症および燃え上がらせた前立腺の前で高いかもしれない。

最近ニューイングランドの医療ジャーナルで出版された別の調査では調査官は4.1 ng/ml (バイオプシーが現在推薦される)からのPSAの締切りを境界推薦した下げることを。 現在の境界で、「若者の癌の82%および老人の癌の65%」。逃されることが定められた26 しかし4.1 ng/mlの現在確認された締切りの下のレベル前立腺癌と温和な前立腺の病気の間で区別するかもしれなくない。 PSAの横のPSAの前駆物質(proPSA)を見る新しいテストは診断の改善を援助するかもしれない。 臨床試験は現在進行中である。27

プロゲステロン
女性の試験板で含まれたプロゲステロンのレベルは(レベルは排卵の中間周期、時の間に最も高い) menstrual/排卵周期を追跡し、マーカーとして卵巣および副腎の腫瘍とleuteal卵巣嚢腫(増加されたレベル)のために使用されるかもしれない。 減らされたレベルはamenorrhea (月経の欠乏)、妊娠の胎児死およびtoxemiaと関連付けられる。 オーストラリアのアデレードの運動生理学の実験室は最近プロゲステロンおよびエストロゲンのレベルが脂肪質の新陳代謝、またより低い感知された努力のレベルの(月の中頃)持たれていた高められた率に最も高くあったときにことをピーク ホルモン レベルの時の間に練習からのより多くの利点を提案する時の間に運動した女性報告した。28

proinflammatory cytokines TNF-a、IL-6、IL 1bおよびIL-8のための全身の発火そしてテスト
C反応蛋白質の存在が発火を示す間、(C反応蛋白質を調整する)のためのテストは特定のproinflammatory cytokines発火の根本的な原因を識別するかもしれない。

Cytokinesはボディのほぼあらゆる細胞によって総合され、「圧力に応じてだけ一般に」。作り出される細胞成長因子である 主に白血球(白血球)、cytokinesへの分泌されてホストの応答をから伝染、免疫反応、発火および外傷調整しなさい。 Cytokinesはproinflammatory (病気を悪化させれば)炎症抑制であるかもしれない(発火を減らし、直ることを促進しなさい)。 ある調査は病気への感受性が親および炎症抑制のcytokines間の不均衡に起因するかもしれないことを提案する。29

また不況が直接proinflammatory (主にIL-6) cytokinesの生産を刺激するまたは細胞免疫反応(すなわち、延長された伝染および遅らせられた治療の燃料によって支えられるcytokineリリース)のことを調整によって間接的に生産を刺激することができるという数々の証拠がある。30

親炎症性cytokineのパネルは血の最も危ない炎症性cytokinesの異常にハイ レベルを検出する: 腫瘍の壊死の要因(TNF-a)、ベータinterleukin6 (IL-6)、interleukin1 (IL 1b)、およびinterleukin8 (IL-8)。

9の ページで 5続けられる