生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 3月 2003

イメージ

反老化の補足の死か。

1513年に、53歳で、ファンPonce deレオンは真剣に水で浸ったすべてに健康および活力を元通りにする機能を所有するために伝説的な青年神話上のばねの噴水を捜し始めた。 今度は、後でほぼ5世紀、青年のための不運なスペインの探検家の探求が人体それで実際に見つけるかもしれないこと続けている科学者。

骨身を惜しまない仕事の十年後で、世界的の研究者は最終的に老化プロセスを囲むミステリーを解き始めた。 DHEA、人体の最も豊富なホルモンの1はまた、老化することへの正比例する低下させると、維持の健康および活力の主要コンポーネントであるとだけでなく、証明された。 ちょうど過去一年で単独ででは、研究者はすべての多分、有効なchemopreventative代理店が最も思いがけないことを増加されたレベルのDHEAが効果的に心臓病の危険を減らしたり、脳細胞の成長および存続を促進したり、不況、ループスおよび関節炎の徴候を減らし、癌に対してことを発見した、!

しかしその仕事すべては何もに議会は方法があれば来るかもしれない。 10月に導入された新しいビルは真剣にDHEAを含むある特定の店頭反老化の補足の正当な使用法の、下を掘る。 の使用法を省略するようにH.R. 207か「反Androビル ティーネージャーによって」、はこの立法ある特定の筋肉構築の「andro」の補足として知られていて設計されている。 しかしH.R. 207の規模はそう広くDHEAおよび他の有利な反老化の補足を含んでいること書かれている。 このビルはDHEAに所有物が1970年の中央政府管理された物質の行為の下で罰すべきである管理された物質を作るために解釈できる。 ビルがステロイド ホルモンの乱用からの知らない十代の若者たちの保存として利点そのようななしではないが前駆物質その近視の制限は国家のより古い市民に莫大な害で起因するかもしれない。

衰弱の年齢関連の無秩序を克服するために勇敢な大またの医学にもかかわらずそれが探求で取り何百万のより古いアメリカ人に希望を、若さの源泉永久に失われるかもしれない持って来ることをようである。

次の記事は過去の12か月にわたって出版されるDHEAについての新しい調査結果で短い更新を提供する。 それでは、私達は反老化工業の最前線にDHEAを推進した最も最近の起工の研究の一部を検査する。 (H.R.についてのより多くの情報のために207はするそれを停止するためにことができるものを調べるため「反老化の補足とよばれた記事をすぐに違法であるかもしれない読み、!「この問題で。)

1931年の一般にDHEAとして知られているdehydro-epiandrosteroneにノーベル賞受賞の生化学者の先生でアードルフButenandt最初に隔離される以来、逃げやすいと強制的反老化の特性がの論争の的になる医学のエニグマは。

最も普及した、可能性としては最も有効な反老化の補足の恐らく間違いなく1つは目的がにあったなったり明らかにまたは老化のこのbiomarkerの救命の潜在性を論駁する研究のサージに終って、DHEA最近強い討論および科学的な精査の主題に。

DHEA: 老化のBiomarker

イメージ

DHEAおよび硫酸化された代謝物質、DHEA-Sは、人体の最も豊富な循環のホルモンである。1 「母ホルモンを」、DHEAである実際に副腎皮質によって作り出されたprohormone-aのneurosteroidal祖先生殖腺および中枢神経系(CNS) -子孫変えられるテストステロン、エストロゲンおよびコーチゾンを含む50の必要なホルモンにに愛称で呼んだ。人生の支える ホルモンを提供する2 DHEAの能力はそれが老化の人間の健康な新陳代謝の作用にとても重大なぜであるか1つの理由である。
私達が老化すると同時に、DHEAの内生レベルは徹底的に減る。 研究はへの減少されたレベル低下を見ていて毎連続的な十年が最適の生産が20からDHEAのこの減少は免疫の機能障害、自己免疫疾患、心臓病、精神障害、骨粗しょう症および血糖の不安定 を含む多くの年齢関連の無秩序と直接関連付けられることを70の。3つの多数の調査の年齢によって20%がまた示したと低く25の年齢の間にであることを、示した。 これらの確立された相関関係はDHEAのハイ レベルが長寿および活力と両方関連付けられるかもしれないことを提案する。

神経学的な利点

中枢神経系の部分積として、DHEAは人間の脳で特に豊富である。従って 4、多くの調査はDHEAが一般に高度の年齢と関連付けられるneurodegenerative病気の多数に対する防衛の相当なレベルを提供することを報告した。 Alzheimerの患者は、例えば、健常者と比較してDHEAの低レベル、また記憶と関連付けられると信じられる頭脳の海馬区域への血の流れの準の減少を大幅に示した。5つの 前の調査はまたで発火を減らし、近くの健康なニューロンをことを保護する頭脳の傷害それによりの間に自己免疫の応答を下げることで均等に器械DHEAが打撃と関連付けられる損傷の制限の重要な要因であることを示した。6 証拠は今neuroprotective特徴を持っていることに加えて、DHEAがまたneurogenesis -新しいニューロンの形成と直接関連しているかもしれないことを提案する。

ケンブリッジ大学で働いているグループはsubcutaneous DHEAの餌とラットを扱うことが実際に海馬の歯状のgyrusの新興の細胞の数を高めたことを定めた。 しかし最も著しかったneurogenesisの効果がより古いラットで特に顕著だったという事実は。 これらの結果はDHEAが効果的に海馬のneurogenesisを調整し、新しいニューロンの形成および存続両方に対する増加されたコルチコイドの抑制的な効果を調整すると証明する。7

糖尿病、頻繁に神経の損傷で起因する血糖の無秩序、およびDHEAの循環のレベル間の関係はアイオワの内科の糖尿病の内分泌学の研究所そして部門に医者によって最近調査のトピック行った。 調査結果に従って、DHEAの栄養の補足は糖尿病誘発の管および神経の機能障害を扱うための候補者であるかもしれない。

彼らの調査では、彼らはそれを糖尿病で減る0.1%、0.25%、か0.5% DHEAとstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの食事療法を補うにより運動神経の伝導の速度およびendoneurial血の流れの減損要因の開発で線量依存した防止に引き起こしたことを見つけた。 彼らはまた0.25%で、DHEAがかなり管の弛緩および坐骨神経の酵素活性を両方改善した、および固有糖尿病への防がれた酸化圧力の損傷ことを定めた。 これは適当な適量で、DHEAが糖尿病と関連付けられる管および神経の機能障害の処理で有効であることを提案する。8

DHEAはまたアルツハイマー病に対して保護で約束を示す。 最近アルツハイマー病のneurosteroidsの重大さを調査する臨床内分泌学および新陳代謝によって記述されている研究者の試みのジャーナルで出版される記事。

すべてのステロイドの減らされたレベルの方の一般的な傾向がすべての広告の患者の頭脳の地域で観察されたことがアルツハイマー病(広告)の患者の個々の頭脳の地域に、海馬を含んで、扁桃体、前頭皮質、striatum、視床下部および小脳焦点を合わせた、および分られた調査は制御と比較した。 結果はことpregnenoloneの硫酸塩(PREGS)結論したおよびDHEA-Sは、そしてDHEA-Sがまた視床下部でかなり減ったことを、striatumおよび小脳でかなりより低かった。 プラクの形成で関係した主蛋白質のハイ レベルがそれを提案するDHEA-Sの減らされた頭脳のレベルに関連したことが分られる調査のそれ以上に広告に於いての可能なneuroprotective役割がある。9

不況、認識能力およびDHEA

不況は老化と関連付けられる共通の状態である。 多くの場合悲しさか悲しみとして誤解されて、不況はworthlessnessの下げられた気分、感じ、難しさの集中およびさまざまな体性無秩序によって特徴付けられる。10 単にずっと神経伝達物質の機能障害、不況の結果であることから重大な神経のティッシュを傷つける退化的な無秩序を含むいろいろな病気の徴候である場合もある。 その結果、抗鬱剤としてDHEAの役割は幾年もの間厳格に検査された。

これらの多くの試験の間に、研究者は定期的に取られたとき日刊新聞、DHEAが効果的に減らされた憂鬱なエピソードおよび高められた気分を補うことが分った。 取っている間少しDHEAの25のmg /day人の67%および女性の82%が彼らの憂鬱な徴候の顕著な減少を報告したと実際、イギリスの1つの主要な調査に従って、多数。さらに 11、副腎の不十分に苦しんでいる女性はDHEAを取っている間性の興味および性の満足両方の福利そして準の増加の改善された感覚を報告した。12

イメージ

もっと最近、タイン、イギリスにニューキャッスルの大学の研究者はコルチソルに対して保護を提供したかどうか見るためにDHEAを、不況の患者で上がると知られていたglucocorticoidテストした。

調査では、コルチソルおよびDHEAは少なくともずっと6週間薬物放すである単極不況の39人の患者から取られた唾液で測定された。 これらのサンプルは41の非落ち込んだ主題のそれらとそれから比較された。 結果は健常者と比較されたときコルチソルのレベルが落ち込んだ患者のDHEAのそれよりかなり高かったことを示した。 これは減らされたDHEAのレベルが学習および記憶の準の欠損へ憂鬱な病気および貢献の要因のためのマーカーであるかもしれないことを示す。 これらの結果はまたDHEAまたは他の反glucocorticoid処置の管理が主要な不況のneurocognitive欠損を減らすかもしれないことを提案する。13

更に不況にDHEAの連合を関連させるために、苦悶のための中心からの研究者およびスウェーデンの外傷の生存者はポストの外傷性の圧力の無秩序(PTSD)に苦しんでいる避難者のDHEA-Sのレベルを検査した。 結果に従って、DHEA-SはPTSD間の相互作用、DHEA-Sの不況およびレベルを提案する不況なしで非PTSDのより非落ち込んだPTSDの場合で高いために観察された。14

人間の改善された認識作用を促進するDHEAの能力への研究が開発の初期でまだ陥っているが、Open通信教育を専門に行う大学、イギリスの科学者は記憶保持を高める潜在性があることを示した。 調査は訓練の後でことがDHEAおよびDHEA-Sの脳内の注入の管理によって15分の前にか60分まで、24時間まで高められたリコールの能力を示されている1日古いひよこ分った。 これらの調査結果はDHEAおよびDHEA-Sのようなneurosteroidsに特性を記憶高めることがあり、認識欠損の処置のための治療上の用具を構成するかもしれないという証拠を提供する。15

2の ページで 2続けられる

イメージ 


雑誌のフォーラムに戻る

  • ページ
  • 1
  • 2