生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 3月 2003

イメージ

薬物の副作用

例外

低線量のアプローチが適用しないある薬剤がある。 例えば、抗生物質、antifungalおよび抗癌性の薬剤は完全な線量で使用されるべきである。 これらの薬剤は不十分な線量が使用されればより強く作ることができるあなたを、侵略者を目標としていない。

年配者

「年配者の不利な薬剤反作用の全面的な発生若い大人で見つけた2から3回」、は示すニューイングランドの医療ジャーナルをである。年齢 60にわたる人々が人口で19%を構成するが38、すべての入院の39%および薬物の反作用と関連しているすべての死の51%を占める。39

先輩は薬剤を若者達よりもっとゆっくり新陳代謝させる、従って頻繁に彼らの効果により敏感である。 そういうわけでgerontologistsは先輩を扱い、低い線量(表6)から開始の余分注意を推薦する。 しかし、たくさんの最も売れ行きの良い薬剤のために、製薬会社の指針は医者を若くおよび古いのために同じ強い線量を使用するように告げる。 薬剤の血レベルは先輩に大いにより高く上がることを私達が知っている時でさえこの事実を無視し、同じ線量を規定するように、医者は言われる。

例えば、先輩のAllegra®の血レベルの上昇99%より高く対より若い大人。 Claritin®は50%より高い上がる。 最も売れ行きの良い抗高血圧薬Zestril®およびPrinivil®の上昇100%の血レベルより高く。 Prilosec®およびNexium®の血レベルは年配者でより高い。 しかし、すべてのこれらの薬剤の推薦された線量は若くおよび古いのための同じである。7

Celebrex®のパッケージ挿入物は私達に「年配の患者でより高く」をがちだった不利な経験の発生告げる。 けれども適量の調節は推薦されない。 先輩の高のLipitor®、Zocor®およびMevacor®の上昇の血レベル。40 実際、Lipitor®のパッケージ挿入物は「すばらしい程度のより若い大人と」比較される年配の患者数のあらゆる線量のLDL低下の告げる。7人の そう先輩はより少ないLipitor®を必要とするべきであるが若者達と同じ投薬される。 これはstatinsを取っている高齢者達の認識およびメモリの問題のそう多くのレポートがなぜ報告されているかであるでしようか。

FDA自体の州は、「そこに高齢者が彼らの一般により遅い新陳代謝および器官機能によるより若い大人より薬剤に敏感でありがちであるという証拠である。 古い格言は、「低速を始め、計画的に遅らせる戦術は年配者に」、特に」適用する。41 けれどもFDA若くおよび古いのための同一の線量で賛成の薬剤を保つ。 多分これは先輩のためのすべての入院許可の9%が処方薬の標準的な線量からの副作用となぜ関連しているか説明する。42

表6: 高齢者達のための薬物の線量を下げなさい

専門家は一貫して先輩のためのより低い線量を推薦する。

アメリカの老人医学Society 1999年のジャーナル: 「薬療法の正しい線量を選ぶことは悪影響が頻繁に線量関連であるので高齢者達のために規定するとき重大である。 一般の通念は低速およびずっと計画的に遅らせる戦術を始めることである。''1
Gothの医学のPhatmacology 「一般に最もよいアプローチはそして小さい増分」より低い線量からで始まり、適量をゆっくり高めることである。2
公民で最も悪い丸薬、最もよい丸薬II 1993年: 「薬療法が示されれば、ほとんどの場合線量から始まることは通常の大人の線量より低い安全」である。3
薬剤Safety 1990年: 「線量を始めることは頻繁に年配者で」減らすことができる。4
FDAの消費者Magazine 1997年: 「高齢者がより若い大人より薬剤に敏感でありよるがちであるという証拠が彼らの一般により遅い新陳代謝にあり、器官は古い格言…、「開始の低速作用し、計画的に遅らせる戦術は年配者に」、特に」適用する。5
内科1986年のアーカイブ: 「年配者薬剤および望ましくなく不利な反作用の両方の意図されていたpharmacologic効果に特に敏感」はである。6
BMJ (イギリス医学ジャーナル)、1997年: 「薬剤の処置が必要なら、薬剤の最も低く実行可能な線量は」使用されるべきである。7
米国の薬物類、薬剤Information 1994年: 「老人の患者が、特にそれらの70年齢またはより古い、通常の大人の線量の2分の1を」は最初に与えられることを何人かの臨床医推薦する。8
オーストラリアのホームドクター1992年: 記事のタイトル、「年配者の理性的な薬療法、または、あなたの年配の患者」の毒しない方法を。 推薦する: 「開始の線量はより若い大人のために推薦されるそれより低いべきである; 最高によって容認される線量はより若い個人より低い」かもしれない。 「選びなさい最も安全な薬物の最低の線量を…. 開始の低速および計画的に遅らせる戦術」。9

端に表6のための参照。

 

女性

表7: どのホルモンが自然であるか。

Premarin®は「自然ように馬から得たので広告される」。 長年に渡って、偽りなく人間同一のホルモンが利用できている間、Premarin®にベストセラーを作り続けられる治療する。

エストロゲン タイプのエストロゲン 人間のエストロゲンと同一
製薬会社プロダクト
PREMARIN® (0.3、0.625、0.9、1.25、2.5 mg) Equilin、
エストロゲンおよびEstrone
いいえ
はい
ESTRATAB® (0.3、0.625、1.25、2.5 mg) EquilinおよびEstrone いいえ
はい
OGEN®、ORTHO-EST® (0.75、1.5、3、6 mg) Estropipate いいえ
ESTINYL® (0.02、0.05 mg) Ethinyl Estradiol いいえ
ESTRACE® (0.05、1、2 mg) Estradiol (口頭) はい
ESTRADERM®、CLIMARA® 0.05および0.1 mg /day はいEstradiol (Transdermal) はい
薬学Products*の混合
自然なエストリオルのエストリオル: 1、毎日二度2 mg エストリオル はい
三重の自然なエストロゲン80%のエストリオル、10% Estradiolの10%のEstrone
(毎日二度0.625、1.25、2.5、か5 mg)
すべての3エストロゲン はい
自然なエストロゲン80%のエストリオル、20% (0.625、1.25、2.5二倍になる、毎日二度5 mg)は Estradiolのエストリオル/Estradiol はい
プロゲステロン
製薬会社プロダクト
MEDROXYPROGESTERONE Proveraの他: 2.5、5、10 mg   いいえ
薬学プロダクトの混合
自然な微小体のプロゲステロンのプロゲステロン: 50、100、毎日二度200 mg   はい
プロゲステロン
製薬会社プロダクト
活用されたエストロゲン及びMEDROXYPROGESTERONE Prempro、Premphase: Premarin 0.625 mgおよびProvera 2.5、5 mg   いいえ
薬学プロダクトの混合
上の自然なエストロゲンおよびプロゲステロンの混合物は個性化される   はい

規則的な薬学で一般に利用可能な*Not。 これらの非特許を取られたプロダクトは医者の発注を受け取った上で、患者に規定を郵送する薬学の混合によってなされる。 これらのプロダクトは規則的な薬学で一般に利用可能ではない。 あなたの近くの混合の薬学のために、アメリカ、800-331-2498の中心を混合している専門家を電話しなさい。

**組合せの丸薬がわずかにより便利であるが、ホルモンおよびより精密な投薬のより広い選択は別のエストロゲンおよびプロゲステロン プロダクトと達成することができる。

から合わせられる: 線量に: 製薬会社に対する言い分。 処方薬、副作用およびあなたの健康。 Tarcher/Putnam、ニューヨーク: 2001年10月。

夏2002年では、2つの調査によりPremarin®およびPrempro®のmenopausal女性のための最も売れ行きの良いホルモン補充療法(HRT)の癌そして心臓病の高められた危険の暴露によって警報を引き起こした。43,44 これらの薬剤のエストロゲンの線量: 0.625 mg。 しかし私達は幾年もの間Premarin® (0.3 mg)のより低い線量が頻繁におよび他のエストロゲン有効で、少数の危険を引き起こすことを知っていた。45-48 これらの線量は今日十分に安全であるかもしれないか。 かなり多分、しかし調査は傾きに女性を残すこの分かりきった質問を無視した。

調査はまたそれを1964から1999年から、熱いフラッシュのためのPremarin®の推薦された線量だった1.25のmg述べなかった。 どの位癌をこの二重線量により引き起こしたか。 非常に強い線量はなぜ初めに承認されたか。 これらの質問は答えられなかった。

同じようなパターンは経口避妊薬と見られた。 最初の丸薬のホルモンの線量は今日の丸薬で高いより300%から1000%だった49-52 けれどもそれは取った十年および何百もの高線量の丸薬生命の前の女性は今日のより低い線量と撤回され、取り替えられた。

同じような問題は他の薬物と見られる。 menstrual苦痛のためのイブプロフェンの調査は女性の44%が200 mgの店頭線量とうまくしたが、研究者はまだすべての女性のための400 mgを推薦したことを示した。コレステロール低下 薬剤の53の調査は多くの女性がより低い線量に答えること、54-57を示すが、 人と定期的に同じ線量規定される。

抗高血圧薬薬剤との副作用はより頻繁に女性、医学 アメリカ ジャーナルに従って、である、「サイズ、脂肪質の配分および冠状動脈のサイズは女性および人で」異なることそれが有名であるのに女性は人と確立される適量およびスケジュールを使用して抗高血圧薬と扱われるという事実が原因ことができる58,59で行われる。59

すべての女性がより低い線量を要求しないが、多数は、特に小さい女性。 線量はなぜそれらのために開発されないか。 米国の一般会計のオフィスの2001レポートは線量の相違が識別される時でさえ女性が線量の調査で不十分に表示されているが、通常最終的な適量の指針に反映されないとだけでなく、見つけた。60は 国家科学院による2001レポート病気および処置の人と女性の違いへの付加的な関心を推薦した。61は パネルのレポート医学の研究者が頻繁に標準として人を見る付け加え性の相違を強調するよりもむしろ実際より少なく報告している間。 このレポートについてコメントして、Woosley先生は多数「性の相違を」まったく考慮してはいけないことを彼が見る薬剤の調査付け加えた。62

重要なこれはあるか。 米国では、女性の55%は対人の37%処方薬の日刊新聞を取る。63 近年撤回された11の薬剤の8つは(多分9)女性に人(表8)よりもっと影響を与え、

医学薬剤の複合体との強固な問題

「知られていた個人の主題のための薬剤のラベルにリストされている適量が必ずしも右の1ではないこと」、先生ジョージタウンの薬剤の開発科学の中心の非常に尊敬されたディレクターであるカールPeck、それは長く、9月。64日に2002年示されるFDAの前の事業本部長は これ冷えることおよび正確のコメントである。 しかし私達の薬物ができるだけ安全であることを、医学薬剤の複雑薬剤の会社、FDAそして主流医者維持しなさい。 明らかに、これは事実ではない。

私は1960年に自動車産業と私達の車はできるだけ安全だったことを自動エグゼクティブが主張したときに、状態を比較する。 それから私達は安全がシート ベルト、エアー バッグ、落ちなかったバンパー、洞窟を作らなかった側面、金属から成っていなかったダッシュボードによって非常に高めることができることを学んだガスタンクは、他の改善より安全に置き。 同様に、薬剤の安全を高め、副作用の伝染病を今終えるためにすることができるすべての薬剤の最も低く、最も安全な線量を識別し、販売することから始まる多くがあり。

製薬業の研究の問題

これはなぜ今されないか。 薬剤の線量はなぜ個人に合い、副作用を防ぐように設計されていないか。 製造業者に気遣うために薬剤を入れないか。

それらは気遣う。 「そう多くの患者が療法を時期早尚に途中でやめていることますます上級管理者」、は宣言した2002年に宣言される見通しの雑誌のDTCを[消費者に指示しなさい]かかわっている。 「そう多数は頼んでいる、忍耐強い保持を高めるために「何がすることができる私か」。65 毎年、副作用によって処置から運転された患者は販売の製薬業の十億を要した。

イメージ

しかし、多くの経済的要因は変更からのシステムを保つ(表9)。 製薬会社は利益第一の実体である、従ってマーケティング問題は非常に重く重量を量る。 製造業者は販売するために新しい薬剤を急がせている間費用を固定する大きい圧力を感じる。 そして製薬会社はヘルスケア・システムへの線量関連の副作用の巨大な費用の責任を負わされない。 結果はマーケティング問題が頻繁に製薬会社の決定の医学を上回ることである。

実際に、販売の影響は製薬会社の広告によって決まる医学ジャーナルがそれらに対して反逆したほど科学にひどく影響を与える。 2001年9月では、報告されるReutersの健康: 「薬剤によって出る成長する影響を抑制するように努めることは研究の調査結果に固まる薬剤を支持し、好ましくない調査を埋めるために処理の結果からの調査に資金を供給する会社を防ぐ、発表される世界の上の医学ジャーナルは方法で歩む。66 JAMA、尖頭アーチ、ニューイングランドの医療ジャーナルおよび宣言される10他の編集者: 「私達は…販売のための臨床試験の使用が主に臨床調査の嘲笑を….することを臨床研究がある現在の環境が[行なわれて]医学の客観性を脅すかもしれないことかかわっている」67は ジャーナル臨床調査の完全性を保障するために新しい指針を実行したが後で年少数の衛生学校はそれらを採用した。68

薬剤のマーケティングは医者の好みおよび医者の方にように単にそしてすぐに投薬することができる薬剤連動になる。 時間は薬剤が万能型なら個々の患者に線量に一致させる要求されない。 便宜は販売する。

従って高揚した有効性をする。 強い線量は競争市場に新しい薬剤を導入するために必要であるより高い効力数を作り出す。 、報告されるサンフランシスコ カリフォルニア大学のトマスBodenheimer先生: 「製薬会社調査頻繁に有効性のより若く、より健康な人口提供のよりよい率実際に薬剤」を受け取る人反作用より不利な少数で行われる。69

アレキサンダーHerxheimer、名誉教授英本国のCochraneの中心の先生は尖頭アーチで、同意した。 「速い市場浸透のために、薬剤は大きい人数で有効使用しやすくなければ。 薬剤は頻繁にターゲット人口の有効なおよそ90%である線量でこれが市場浸透を助けるので、導入される。 薬剤に最も敏感得るであるより大いに多くを患者の25%」必要とする。70 処方薬の日刊新聞を取っているほぼ100,000,000人のアメリカ人とそれは25百万人である。

6の ページで 5続けられる

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る