生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 3月 2003

イメージ

薬物の副作用

イメージ

処方薬は何百万の人々を助ける。 まだ、ほとんどの人々はが私達の多数最終的に必要性薬剤を取ることを好まない。 従ってあなたが必要とする処置を得ることができるいかに危険を最小にしている間か。

薬物の副作用を防ぐことの主流の薬の記録は粗末である。 (JAMA)米国医師会医学総合誌の1998年の記事は問題の規模を定義した: America.1これらの数の副作用に第4一流の死因をする米国の病院の毎年薬物からの106,000の死そして2,000,000の厳しい反作用は新しくない。 副作用問題は長年に渡って続き、多くの医者および権限によって認識されない主張する。

しかし患者は理解する。 患者は薬物について最初にである安全かかわる。 彼らは、一流の薬剤の参照の州として、それを「あらゆる薬剤、いかにとるに足らない治療上の行為、持っている害をする潜在性を直観的に知っていても。「2

あなたが必要とする処置を得ている間いかに安全を最大にすることができるか。 方法、方法が科学的な主義に従うそして証明される医学の調査によって、けれども製薬会社、FDAおよび医者によって定期的に無視されてある。

副作用の回避への最初のキー

イメージ
ジェイCohen、家族のM.D.Associate教授、Deptおよび予防の薬(自発的な)、サンディエゴ カリフォルニア大学

副作用はほとんどの薬剤が行為で特定ではないので行われる。 薬剤を「炎症抑制」か「抗鬱剤呼ぶ」と薬物はこれらの問題にかかわる細胞にどうしても行かない。 それらは望ましくない効果を誘発できる私達の体の細胞のほとんどに行く。 従って、あなたの共同苦痛を減らすによりまた胃出血、腎不全または心配を引き起こすかもしれない。 抗鬱剤は気分を改善できたりまた不眠症、悪心、体重増加または減少された性ドライブをもたらすことができる。

これらののほとんどは故意ではない効果側線量関連効果である。 アルコールおよびコーヒーとの同じ現象を毎日見る。 適当な量では、それらは少数の問題を起こす。 しかし余分な線量で、コーヒーにより不安および不眠症を引き起こし、アルコールは考えおよび調整を損なう。

それは薬物との同じである。 実際に、この記事の始めに引用された1998年のJAMAの調査ですべての副作用の76.2%は線量関連だった。 MelmonおよびMorrelliの臨床薬理学は私が信じる75%に85%。3に多くの 薬剤相互作用がまた線量関連であるので数はより高いことを数を置く。 人々が多数の薬剤を取るとき、大量服用により線量より不利な相互作用をより低く引き起こす。 実際の数が、副作用の回避への最初のキーこれであるものは何でも:

ほとんどの副作用は線量関連である。 それ故に、問題はない薬剤自体、あなたのために余りに強い線量であるが。

従って、副作用を避ける最もよい方法は働く最も低い線量を使用することである。 余分な投薬はただ危険を高める。

第2キー: 個々の変化

副作用はなぜ何人かの人々でない他で行われるか。 人々が薬物に彼らの感受性で途方もなく変わるので、ちょうどアルコールおよびコーヒーにするように。

アメリカの医学連合は特定の薬剤への人々の応答の相違が「4変えることができることを」を示す- 40折目に…。4 そのような可変性と、それは他はコップを扱うことができないが何人かの人々コーヒーの鍋を問題なく飲むことができても不思議ではない。 同様に、それは他はちょうど2.5 mgを必要とするが何人かの人々抗鬱剤Prozac®またはコレステロール低下薬剤Lipitor®の80 mgを必要としても不思議ではない。

薬物との個々の変化は例外ではない; それは規則である

個々の変化の基礎は有名である。 人々はいかにで薬剤を吸収し、新陳代謝させ、そして除去するか非常に異なる。 pharmacogeneticsの新しい科学は薬剤の処理の人々のレバー酵素の効率の幅広いバリエーションを明らかにした。 人々はまた薬物の効果に彼らのティッシュの感受性で異なる。 これらの要因は年齢と変わり、より古くより敏感になる多くの人々はなる。

何人かの人々は初めから敏感である。 私の感覚はそれ人々の約10%薬物に感度が高いである。 私はこれを一般的な薬物の感受性と呼ぶ。 何人かの医者はそのような患者を退去させるが、これらの人々は十分に実質である。 多くの場合それらは遺伝的に断固としたの非能率的なレバー酵素との「悪いmetabolizers」である。 標準的な線量によって、それらは副作用を誘発する高い血レベルを開発する。 そのような人々は非常に低い線量を必要とする。
人々間の大きい可変性のために、薬剤の線量が各人の必要性に合うことは必要である。 私は規定するこの精密を呼ぶ。 医者は既に少数との薬剤digoxin、インシュリン、甲状腺剤薬剤しかしないほとんどの薬剤とのこれを練習する。 多くの薬剤は万能型または若くおよび古く、大きくおよび小さく、健康または同時に取る6つの他の薬剤をために同一の線量に所定のである。 個々の必要性に薬剤の線量に一致させる失敗は副作用の高い発生の下にある。

表1: 医療専門家は個々の変化が共通であり、患者へ線量に一致させることが必要であることを同意する。

Gothの医学の薬理学: 「多くの不利な反作用広く異なった個々の必要性に薬剤の適量を」は合わせる失敗からおそらく起こる。1
治療法のグッドマンそしてギルマンの病理学の基礎: 「個々の患者が同じ薬剤か治療法に応じて広い可変性を」は示すことをあらゆるタイプの療法士長く確認してしまった。2
薬物の危険: 「最終的な危険忍耐強い応答の可変性」はである。3
アメリカの医学連合の薬剤の評価: 「与えられたとき」ほとんどすべての薬剤により余分な線量で適度に予想できる有毒な反作用を引き起こす。4
BMJ (イギリス医学ジャーナル): 「多くの薬剤は余りに高い後で見つけられた線量で導入された; そして通常年はずっと不必要な毒性と処置が」とられた前に、渡っている。5
Pharmacoepidemiologyおよび薬剤の安全: 「最適の薬療法最低の危険で望ましい治療上の効果を」は得る適切な投薬を要求する。6
薬剤療法のSandozの研修会の可変性: 「私達が忘れることを試みても私達は彼らの薬の効き目で患者によってが」異なる別のもの思い出す、または1つの経験絶えず。7
Gothの医学の薬理学: 「薬剤効果の生物的変化適量を個性化し、ある特定の患者の条件に処置を」は合わせる大きな理由である。1
Paracelsus (1493-1541): 「すべての物質は毒である; 毒ではないどれもない。 右の線量は毒および治療を」区別する。2

端に表1のための参照。

副作用の伝染病の作成

製薬会社およびFDAは定期的にほとんどの副作用が線量関連であるという事実および人々の耐性の大きな相違を無視する。 製薬会社の適量の指針を無批判に受け入れている医者は若くおよび古く、大きくおよび小さく、健康および弱いに強力な薬剤の同じ線量の規定について二度考えない。 彼らは薬物の反作用の長い歴史の患者を無視する。 料理書の投薬は規則であり、副作用の伝染病は結果である。

半分および四分の一の線量は有効であることを調査が示す時でさえ、データは無視されて、投薬は万能型である。 女性か年配者はより低い線量に答えることを調査が示す時でさえ、より若く、より大きい人と同じ大量服用を得る。 何かはShaquille O'Neal、同盟国McBealおよび祖母モーゼが厳密の有効な薬剤の同じ線量を得ている、けれどもこれは丁度である所定薬剤を入れるか何であるとき非常に間違っている。

「同じ事を同じ線量がするすべての患者へこと考えることは不合理である」、先生をアリゾナ州立大学の保健業務の副大統領言うRaymond Woosley。 「患者望ましい効果」をもたらすことができる最も低く可能な線量にはじまって、滴定される必要がある。5

どこでも専門家は彼と同意する(表1)、それは今日してしまったかいかにではないが。 副作用の伝染病は少数の悪い薬剤によって、多くの薬剤との悪い状態の投薬方法によって引き起こされない。

Prozac®を聞くこと

私が1970年に患者を扱い始めたときに私はすぐに別様に人々がいかに薬物に答え、線量をそれに応じて調節し始めたか気づいた。 これが私が使用したあらゆる薬剤と起こったが、私はProzac®が1988年に着いたまで問題の深さを実現しなかった。

私がすべての新しい薬剤としたように、私はProzac®を規定する前にしばらく待っていた。 新しい薬剤、新しいモデル車のような、頻繁に明らかな予想外問題。 しかし私はProzac®についてのよい事だけ聞いた、従って私はそれを規定し始めた。 私は2つの明瞭なパターンを見た。 私の患者の半分は非常に湧き出た。 Prozac®はあらゆるより早い抗鬱剤よりはっきり進歩の薬剤、ずっとよくするだった。

イメージ

しかし私の患者の残りの半分は副作用を、厳しいいくつかもたらした。 1人の女性はそれとても落着かなく無力にした彼女をなった。 別のものはちょうどProzac®の3つの線量の後で完全に精神病になった。 問題か。 推薦された、万能型の最初の線量、20 mgは、余りに強かった。 私はより低い線量を持つ患者を始めようが、Prozac®は1つのサイズだけ、20 mgのカプセルで販売された。 これらの反作用が起こった後、私は患者が開け、カプセルを、混合し、ジュースの粉をそしてより低く始まるあった。 ほとんどは10 mgの日刊新聞に5 mg、および終わった厳しい、線量関連の反作用で罰金を科した。

その間、私が、私見た反作用によって悩まされていて説明を医学文献を捜した。 私は私予想したより多くを見つけた。 Prozac's®の承認の前に出版された調査は推薦されたすなわち、20 mgは線量の改善された効力だけ10%四倍にする64%.6を線量助けたがちょうど5 mgが患者の54%を助けたことを示した。 私に、20 mgで皆をだれが5だけmgを必要としたか始めるようにこれは5 mgが適度な開始の線量だった、けれども医者は54%言われたことを意味した! 私は衝撃を与えられ、愕然とした。

その間、他の医者はProzac®への厳しい反作用がそのより低い線量よりよく働いたことを報告し始め、(表2)。 けれども今日、Prozac®の標準的な開始の線量は20 mgに残り、5 mgの線量の有効性についてのパッケージ挿入物または医者の机参照(PDR)に今でも乏しい情報がある。7により Prozac®および他の選択的なセロトニンのreuptakeの抑制剤(SSRIs)頭痛、悪心、体重増加、過敏症、性機能障害(損なわれたオルガスム、減らされたリビドー)、低負荷、乾燥した口および震えのような線量関連の副作用の高い発生を引き起こし続ける。 医者が線量の減少によって扱う余りに、不眠症はか心配依存もたらす睡眠または心配の治療を加えることによって頻繁にない起こる。

表2: LOW-DOSE PROZAC®

Prozac's®の承認の前のそしての直後調査
その5 mg、標準20 mgの最初の線量4分の1の明らかにされて、
多くの人々のために非常に効果的、より少なく有毒だった。

臨床Psychopharmacology 1987年のジャーナル: 「臨床的に、私達は非常に低い適量を要求している多くの患者が付いている広い範囲に有能であるために観察したフルオキセチン(Prozac®)を….」1
精神薬理学の報告1998年: 5 mgは主要な不況との54%を助けた; 20 mgは64%を助けた。 5 mgの線量との少数の悪影響。 結論: 「この有効なセロトニンの通風管の抑制剤の有効な線量のための低限適度に落ち込んだ外来患者で」は示されなかった。2
臨床精神医学1990年のジャーナル: 「20 mgの単一の毎日の線量はovermedicate何人かのより古い落ち込んだ患者かもしれない。 ベテランの老人の臨床医は時々より古い患者にカプセルを開け、オレンジ ジュースのような風味を付けられた飲料のフルオキセチンの少量を振りかけるように助言する。 また、全体のカプセルの飲料で分解する部品だけ(4分の1か2分の1のような)」毎日消費される。3
臨床精神医学1991年のジャーナル: 「しかし今日、それは抗鬱剤の投与の高い適量へ落ち込んだ患者をすぐに押すことの教訓がserotonergic代理店のための最適戦略ではないこと明確である。 「低い」低い開始および滞在は…フルオキセチン[Prozac®]のような混合物との新しい合い言葉、特にであるかもしれない」。4
臨床Psychiatry 1992年のジャーナル: 「5 mgに、20 mgおよび40 mgの固定線量の調査は、そこに偽薬より優秀だった活動的な処置のグループ間の有効性の相違ではなかった。 副作用のドロップアウトは適量とかなり増加した….終点の分析によって、数値上、5つのmg /dayは5つのmg /dayの下の線量は均等に有効」ではないという証拠がないが、最適ように5つのmg /dayに20のmg /dayに…これらのデータ点優っていた40のmg /dayに優っていた。5
臨床Psychiatry 1993年のジャーナル: 「私達はより20のmgが20 mg線量を容認できないより低い線量から寄与するようである….である患者の相当な一部分のために有用な作戦線量でフルオキセチンを低く始めるそれを結論を出す より低い線量で処置から臨床的に寄与される患者頻繁におよび失敗は代理店がこれらの患者で」効果的に使用することができないという証拠としてフルオキセチンの20のmg /dayを容認する取られるべきではない。6
Connの現在のTherapy 1993年: 「1日あたりの20 mgの開始の線量への多くの患者のresond、しかし相当な割合の必要性のより低く線量(10/dayへの例えば、2.5)….」7
ニューイングランド ジャーナル 「3つの線量効果の調査の結果… ことを[示されて] 1日あたりの5 mgの線量はMedicine 1994年は現在にあった: の大量服用」として有効。8

端に表2のための参照。

6の ページで 2続けられる

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る