生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年6月

イメージ

同じのための新しい時代

イメージ

結果はに公式にある: S adenosylメチオニンは(同じ)前進年齢で流行する他の病気の不況、関節炎、レバー無秩序および多くのための最も安全で、最も有効な処置の可能性としては1つである。
米国は薬剤の革新の最前線に頻繁にある間、頻繁にヨーロッパの国家栄養の補足の治療上の影響の理解の後ろ遅れる。 不況の被害者に、接合箇所および肝臓病1は同じの多数の利点の確認にそのような政府の経過あった。

生命延長基礎自体として健康研究者ようにヨーロッパの医者によって押売りの年後および-米国の保健社会福祉省は前の研究の調査および臨床試験の細心の検査を完了した。 公式の布告は同じが複数の共通の無秩序の処置の証明された効力を示した、副作用から事実上自由ことである。1

この記事で私達は米国の年齢関連の病気の処置の新しい時代に導くかもしれない研究者が調査する同じの治療上の特性を論議する。 私達はこの驚くべき自然な混合物の歴史そして生化学的な影響の短い議論から始める。

同じは機能、安定性および活動に影響を与える人体の事実上あらゆる生体細胞にある生物的混合物である。 最初は1952年にイタリアの研究者およびアミノ酸のメチオニンの代謝物質として識別されるあとでによって発見されて同じは支える生命の間必要ないくつかの重大で生化学的な反作用の補足因子として機能する。2

イメージ

典型的な大人は薬剤、アルコール、重金属、殺虫剤および溶媒のような毒のボディを解毒するためにそれが働くレバーで作られるほとんどと、毎日同じのどこでも6から8グラムをから作り出す。 レバー解毒の機能を越えて、同じは頭脳化学の軟骨の生産、重要な要因およびメチル化、最も重大で生化学的な行為の1のキー エレメントの重大な部品である。3

生物的機能への広まった利点のために、同じは最近潜在的な治療上の特性のための大量の興味を発生させてしまった。 実際に、多数の研究の調査はボディの同じのレベルを上げることが不況、骨関節炎およびレバー無秩序のような病気で起因する年齢関連の生物学的過程を減らすことが分った。

不況: 慣習的な療法の限定

不況は現代日の伝染病である。 世界的に、それは無秩序におよび十分に深刻な専門の処置を保証するには場合を開発する20%多数苦しんでいる6人に付き1つ多数の一流の公衆衛生問題である。6

イメージ

メチル化:
生物的機能の主反作用

他の理由のために、同じはメチル化に於いての重要な役割それを健康な作用のために必要不可欠にさせない。 メチル化はメチル基(CH3)が1分子から別のものに通じるという生化学的なプロセスである。 生物学的に、メチル化は活動化させるボディの百のプロセスより多くを「オンオフの」スイッチとして-神経伝達物質の作成からの…共同健康を維持し、心臓病に対して保護に(セロトニンのような)、機能する。4
メチル化の活動はこのメチル化の低下が老化プロセス自体、またそれと関連付けられる多くの病気に貢献することを学説をたてる多くの研究者はこれらのプロセスによりの漸進的な減速に終って老化と、低下する。
5

不況のための薬療法が有効である場合もある間、研究は落ち込んだ人々の30%多数が利用できる最も新しい医薬品に好意的に答えないことを示した。 問題をより悪くさせるためには、抗鬱剤はリビドーの心臓の動悸、幻覚、混乱、心配、不眠症、失見当および損失のような副作用の多くを誘発できる。 さらに、多くの反憂鬱な薬剤はそれにより立ち入り禁止区域に多くのより古い被害者それらを置くパーキンソン病、中心問題、緑内障、高血圧およびレバー問題の患者のために危ない。7

失敗のための潜在性、並行病気に関する使用法の限定、および潜在的な副作用を考えると、反憂鬱な薬剤は好まれた治療過程常にではない。 そのように、不況を戦うための代替方式を識別することは優先する。 最も有望な代理の1つは同じである。

同じの効力を支える臨床調査

同じへの研究は精神分裂症の患者に対する効果を検査している科学者が気づいた1973年にイタリアで抗鬱剤の価値最初に被験者の多数はより少なく弱められるようになっていたことに引用された。 これらの予想外の結果は目標が確認することだった誘発し、この解き難い結果を理解する臨床試験のサージを。8

同じが-慣習的な薬物に優っていることを示すある試験との…少なくとも薬剤の同等不況の処理で同様に有効であることを完了していて膨大な数の調査が、続かれる研究の年。 なお、年配の患者で容認されたこれらの調査は同じが意外にも少数の副作用をもたらすことが、すぐに仕事分り、非常に健康また数日である。9

ボストンで臨床精神薬理学の単位によって行われた調査は慣習的な抗鬱剤に前に答えてしまわなかった主要な不況に苦しんでいる20人の外来患者の公開裁判のこれらの調査結果を確認した。 印象的に、同じの口頭補足を受け取った上で、グループは全体として重要な改善を報告し、11人の患者からの7人は完全な抗鬱剤の応答を経験した。 さらに、最低および一時的な副作用ただ、それ以上同じがよく容認されることを提案する生じ。10

臨床試験の医療研究および質の最近の検討のための米国代理店に従って、同じは不況のための17点のハミルトン評価尺度のスコアのおよそ6ポイントの改善と3週に測定されたとき関連付けられる。 なお、この改善の評価は少なくとも慣習的な薬理学と達成される結果と等しい。 それ故に、この程度の改善は重要統計的そして臨床的に考慮され、同じの証明と同等不況に対する有利な効果である。1

同じそして骨関節炎

イメージ

関節炎が同じによってがいかに戦うか

試験管では、同じはchondrocytes (軟骨の細胞)およびproteoglycans (構造蛋白質)の数を高める。 これは同じ処置が先に論議されるようにgrow.17に刺激的な軟骨によって骨関節炎の根本的なプロセスを逆転させるかもしれないことを軟骨機能する提案する骨が接合箇所で骨に会う海綿状のクッションのように。 骨関節炎では、このクッションは次第に崩壊する。
接合箇所のもう一つの主要コンポーネントはsynovial液体、滑らかな動きを可能にする潤滑油である。 腫瘍の壊死の要因アルファ(TNF-a)と呼ばれる親炎症性cytokineは慢性関節リウマチの人々のsynovial液体にあった。 TNF-aは骨および軟骨の破壊の役割を担う。 リウマチ学のイギリス ジャーナルで出版された記事に従って研究者は同じtime.18で細胞に加えられたとき同じがTNF-aによって与えられる損害を逆転させることを示した

骨関節炎は老化の接合箇所の自然で、不運な結果である。 それは接合箇所を並べる軟骨のクッションは堅くなると起こる影響を受けた区域の骨の繁茂に終って。 この繁茂により機能および多分傷の完全な損失に終って続いて発火および漸進的に減らされた移動性を、結局引き起こす。11

現在、研究者は24.3百万のアメリカ人の年齢35に65が骨関節炎のある程度に苦しむとことを多数推定する。12 その上に、調査は骨関節炎の流行が75年齢にわたる人々のための90%大いにに急騰することが分った。13 現在、第一次処置の選択利用できる直通の慣習的な薬は限られている-アスピリン、ステロイド、COX-2抑制剤およびnonsteroidal炎症抑制(NSAIDs)の薬剤。 これらの薬物が効果的に苦痛を楽にする間、共同軟骨の損傷を逆転させない。 なお、NSAIDsおよびより新しいCOX-2抑制剤は腸の障害および潰瘍のような深刻な副作用と一般に関連付けられる。14 はっきり、より有効な処置の選択は激しく必要である。

イタリアで出版された調査は最初に1975年に骨関節炎に対する同じの効果を調査した。 厳しく退化的な関節症を持つ90人の患者で遂行された彼らの公開裁判では2週間1日に2回静脈内で管理された同じの30 mgが副作用無しでマーク付きの炎症抑制の効果で起因したことが分った。 それに続く「二重クロスオーバー」の調査では、鎮痛性のindomethacinの筋肉内注入の効果と比較された同じは次だった。 結果はindomethacinに続く副作用が同じの後でなかった一方2の治療上の応答が丁度同様だったことを示した。15

ドイツで一般薬のKonigの協会で行われた調査は膝、ヒップおよび脊柱の骨関節炎の108人の患者の同じの有効性をテストした。 24ヶ月の調査の間に、患者は同じの600 mgを結論までの400 mgの日刊新聞にその後先行している最初の2週の日刊新聞受け取った。 研究者に従って、臨床徴候の改善は処置の2週だけ後に報告され、試験中続いた。 未成年者はほとんどが試験の間に消えた患者の20だけに、悪心のような無指定の副作用起こった。16

米国の保健社会福祉省によって出される最も最近のレポートに従って、より強いて同じは偽薬と比較すると骨関節炎と関連付けられる苦痛の除去でより有効な80%であるために示した。 なお、レポートはまたNSAIDと処置と比較されたとき、同じだった少なくとも均等に有効薬剤を入れることが分った。 見つけるこれの重大さは同じが悪影響無しで同一の結果を提供できる一方深刻な副作用を引き起こすためにNSAIDの薬剤が知っているあることである。1

レバーの保護

レバーは3アミノ酸、システイン、グルタミン酸およびグリシンでレバーがこれをグルタチオンを作り出すこと達成する人間body.19 1方法から有毒物質を取除くことにかかわる第一次器官強力な酸化防止剤構成したである。 グルタチオンが殺虫剤のような毒素に、出会うかまたは薬剤、すぐにそれそれへの大使館員とき、物質を作って水溶性になりなさい。 それがこの水溶性の状態にあれば、毒素は尿によって損害を与えないでそれから安全に排泄することができる。20

毒素に対するレバーの連続的な戦いのために、グルタチオンの十分な集中は存続に重大である。 損傷はレバーが十分なグルタチオンを作り出すことができない毒素によってそう圧倒されるとき起こる。 その集中の重荷の部分はグルタチオンの作成の必要な部品である同じに落ちる。 同時に、レバーの同じの集中はボディの最も高いのの1つである。

同じとグルタチオンの生産間の相互関係は毒素および一般的なレバー健康の取り外しにとってのそのような重大な重要性を多くの研究者によってレバー超栄養素であることを考慮することもつ。 何も医療補助のスペクトルの提供の近くに来ないその同じがレバーに提供する。

出版された臨床試験に基づいて、同じレベルを上げることは多くの条件に対する有利な効果をもたらすことができる。 予防の代理店として、同じは起こると同時に化学薬品およびアルコールの効果を逆転できるほど強力である。23の 調査はまた低速が同じレベル肝臓癌の危険を高めることができる有毒な環境を作成することを示す。24は 同じこれらの条件が起こることを防ぐことができる。 つまり、レバーに対する薬剤、化学薬品、アルコールおよび老化の効果について心配するだれでも補足の養生法に同じを加えることを考慮するべきである。

グルタチオンが同じからいかに作成されるか

同じは硫黄のアミノ酸システインおよびタウリンのための前駆物質、また三ペプチッド グルタチオンである。 同じはシステインおよびタウリンに変えられるS-adenosylhomocysteineに最初に変形する。 硫黄化合物は硫黄の絶対不足の条件の下に、生きている材料がないほど重要である。 ボディのあらゆる細胞は硫黄化合物を含んでいる。21

イメージ

グルタチオンはレバーの最も重要な物質である。 レバーの主義機能はボディが出会う有害な物質を破壊することである。 これらは薬剤、またはボディの自身のプロダクトであるかもしれない。 アルコールによりによって引き起こされて、ウイルス感染かacetaminophneの過量がグルタチオンの枯渇と一緒に必ず伴われるかどうか、レバー機能不全。 グルタチオンが減るとき、レバーは単に効果的に働くことができない。22

3の ページで 2続けられる

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る