生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年6月

イメージ

前立腺癌の死の減少
防止および早期診断を通して

スティーブンB. Strum、M.D.著。
前立腺癌を専門にしている医学の腫瘍学者
前立腺癌の研究所の共同出資者そして最初医学ディレクター

イメージ

PSAの出現の前の15年前に、人はデジタル直腸の検査(DRE)の異常によるまたは高度癌を反映する他の実験室または放射線学の調査結果による前立腺癌と診断された。 前立腺癌(PC)の少量を取る医学の平均は利用できなかった単に。 これは癌の薬の世界の共通のジレンマである: 広がった前に、いかに病気を早く検出するか。 頚部の癌の診断を恐れている女性のために、PAP汚れは劇的にそれらのための身体歴のコースを変えた。 マンモグラムは同様に乳癌の検出の女性を助けた。 前立腺の特定の抗原(PSA)およびPSAの原動力(そのうちに変更)は上で注意されるスクリーニング用具より初期でPCを検出できる。

PCによって引き起こされる死はDRE (デジタル直腸の検査)の結合およびPSA (前立腺の特定の抗原)のための簡単な血液検査を通してあなたの年次精密身体検査の一部としてかなり減らすことができる。 あなたのPSAの試験結果の年代順の記録を維持し、監視することによって、それが普通診断される前にPCの出現を予測することは可能数年である。

PSA (前立腺の特定の抗原)

腫瘍の細胞は蛋白質の多くの種類を作る。 私達にこれらの蛋白質を測定するそう商業テストまたはダースだけある。 私達はそのようなテストを生物的マーカーかbiomarkersと呼ぶ。 PSAの血液検査は1つのそのようなbiomarkerである。 PSAは癌の薬の歴史の単一の最も重要なbiomarkerである。 腫瘍の成長が2に、2から4分かれていてであるので、1個の細胞が本質的に指数、4つから8つ、8から16は等、腫瘍の細胞、例えばPSAの蛋白質プロダクト、倍にPSAのためにかかる時間のそのような急激な増加を反映できる(PSAのダブル タイムかPSADT)。 私達はそれ信頼できる実験室を使用してPSAを単に毎年測定し、PSAの結果を図示することが敵意があるという可能性にすぐに患者および医者に警告できることをわかっている。

風変わりな理由のために、PCとの問題に私達に警告できるこの非常に安価な用具は定期的な医療行為にならなかった。 PSAの倍増はPCがあること重要で早い通告である場合もある。 助けの下の例はこの概念を説明したものだ。

年の年齢 PS (ng/ml) PSAのダブル タイム(PSADT)
40 0.8  
48 1.2 およそ14 yrs
48.5 1.6 およそ1.2 yrs

イメージ

人は1990年に40歳で0.8のPSAの歴史を与える。 PSAの実質の変更はPSAが1.2 ng/mlに増加したときに彼が48の年齢に達するまで起こらない。 これはほとんどの医者によって絶対に心配と見なされて本当らしくない。 但し、患者の妻は彼をPSAを繰り返すように励まし、後で6か月それは1.6 ng/mlである。 これは4.0までng/mlのいわゆる「正常な」範囲で十分できる範囲にまだありしかしPSAの原動力の理解とこの人はなり他では証明されるまでのPCを持っているとみなされなければ。

最後の6か月のPSAのダブル タイムは14年から1.2年への短くされた。 1/90と1/98間で、彼の計算されたPSAのダブル タイム(PSADT)は14年の近くの163.78か月またはだった。 通常、PCに診断の時に4年の平均PSADTがある。 残念ながらこの人のために、彼のPSADTは1/98と7/98間の14.3か月に短くした。 見つけるこれは付加的なテストおよびより近い監視を誘発するべきである。

残念ながら、これは起こるものが大部分の人にではない。 薬の今日の世界はまだ「常態の絶対概念に対異常」区切られる。 通常、現代薬はパターンを見ないし、いわゆる正常範囲の内で向かない。 これはPSADTまたはPSAの速度(PSAの1年ごとの上昇率)のような病気の生物的表現を無視する。

各人が年齢40で毎年開始をテストするPSAを始めることが提案される。 テストするPCの家系歴の人のために第一度親類(父、兄弟)を含むことは35歳で始まるべきである。 乳癌がPCに遺伝的につながるので、私達はまた乳癌の家系歴の人に年齢35で前立腺の年次デジタル検査と共にPSAのテストを、始めるように助言する。

またPSAの絶対値のあるPSAのダブル タイムの独立者を監視しなさい。 臨床証拠はより短いPSADTことを提案するのより大きいPCのための危険。 12年以下のダブル タイムは通常腫瘍の成長を示し、PCが別の方法でことを証明されるまで現在そして成長することを示すこととみなされるべきである。 前立腺癌が現在診断されないが、PSAの価値の倍増は腫瘍サイズの倍増に本質的に一貫している。 それはこれの間に癌の検出の方法が治療の最も大きいチャンスを提供することPCの成長の早い段階である。

DRE (デジタル直腸の検査)

図1。
前立腺の解剖学。
尿道はぼうこうを空けたり、そして精液を養い、精液を溶かすのを助けるように精液および精嚢の液体を渡す、射精管によって結合される前立腺に入る。 尿道はそして前立腺を出、陰茎の球根に入り、そして陰茎を通って終わる亀頭陰茎に続く。

イメージ

人はDREの明らかな前立腺の異常のために容易にテストすることができる。 注意深くされるDREは穏やかに多くの情報をもたらす容易なテストであり。 最初に、それは医者に前立腺の容積の感覚を与える。 腺の容積はより大きいの以来重要前立腺、より多くの腺が作るために資格を与えられるPSAである。 目分量はPSAの量が温和な前立腺のティッシュによって作り出した0.067の同輩によって増加する前立腺の容積ことである。 従って30のグラムまたは立方センチメートルの正常な前立腺を搭載する50歳の人はPSAのおよそ2つのnanogramsを作るために資格を与えられる。 そのような人は4.00のPSAがあればPCを除外する、より詳しい調査のためのPSAそして必要性の約2つのnanogramsの超過分を示す。

前立腺の容積を推定し、総PSAの価値への温和な細胞貢献を計算することに加えて、DREはまた病気の堅い小節や他の証拠を見つけることを援助できる。 前立腺の明らかな異常は腫瘍の容積に関連している(また腫瘍の重荷と呼ばれる)。 従ってDREは精密身体検査の変更を引き起こすにはPCの量により十分を増加したことを示す付加的なセンサーである; 何かはフェルト(明らかな)である今。 PSAの定期的なテストの前の年では、ほとんどの前立腺癌は診断の時にDREによって明らかだった。 今日、米国で診断されるPCの70%の近くでもはや明らかな病気と関連付けられない。 これはPSAの価値に確証的でありPCの早い診断をスクリーニング許す--癌に明らかな(T2と呼ばれる)病気としてより扱いにくく、明らかに自体がなるチャンスあった前に。 現在PCによって診断される米国のほとんどの人に非明らかな前立腺癌かT1病気がある。

3の ページで 2続けられる

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る