生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年6月

イメージ

1人の10年の試練
前立腺癌を使って

イメージ

個人的なエッセイは米国医師会医学総合誌の鉛の社説になることそう雄弁に病気を記録できるのはまれな個人である。 そのような物は彼が1993年に前立腺癌との診断の後で耐えた感情的なおよび身体検査の挑戦の魅惑的な記述を書いた教授のハロルドHarrod例である。

この社説の教育鮮明さはとても例外的、その生命延長基礎購入したアメリカの医学連合からのそれを再版する権利をだった。 前立腺癌のための治療を見つけることの有望でより大きい重点の為に先生の物語を記念するHarrod's強いられる生命延長フェルト。 この緊急の理由は人が90歳であるまでに、彼は彼の前立腺1.の癌を経験することの100%のチャンスがほとんどあるように顕微鏡癌が人の約20%の年齢30によって前立腺の始めにある、着実に発生増加ことであり。 これらの人のほとんどが重要な病気を臨床的に開発しない間、今日の前立腺癌の伝染病を根絶するために、この高い流行はより積極的な行為の取られる統治を委任する。

Harrod's先生エッセイは完全な生命が癌の診断にひっくり返すことができることそれを共感的に明白にさせる。 多くの癌と同様に、処置は病気自体悪い場合もある。 前立腺癌との1つの利点は生命を台無しにするには積極的な処置がならないように十分に早く検出することができることである。 下げ気味のそう多くの人がそれを開発することである。

人々はそれらを打つまで…癌のような健康の災害に関しては認めない立場に住みがちである! 1500人のアメリカ人が癌から毎日死ぬ間、媒体および政治家は比較的少数の個人に影響を与える問題に焦点を合わせる。

米国は世界貿易センターで殺害された、けれどもこれは癌の死の2日ただ価値を表す3000人につきひっくり返された。 政府は未来のテロ攻撃を防ぐことに2001年9月11日死んだ952,000人のアメリカ人を無視している間以来の癌で事実上無制限資源を割振った。

癌研究は政治に長く経済的につながったが、癌のための治療を見つけるより多くの研究のドルのための必要性についての国会議員を教育する草の根のキャンペーンがずっとない。 生命延長は癌研究に順位をつけるように先生エッセイが議会のリーダーに動機を与えるかもしれないことをHarrod's信じる! 生命延長メンバーは先生の記事を写真複写しHarrod's、より多くのお金が癌のための治療を見つけることに割振られる要求の彼らの議会の代表者に送るように励まされる。 あなたの議会の代表者、ちょうど呼出し1-202-225-3121の住所氏名を見つけるか、またはwww.house.govに 行くため。 欲求のエッセイとよばれるHarrod's先生の2ページの社説は次のページで出る。

彼の社説に従がって記事はスティーブンB. Strum M.D.、20年間前立腺癌に彼の練習を焦点を合わせた医学の腫瘍学者によって行う。 彼の記事は前立腺癌の早期診断そして防止を記述する。

3の ページで 2続けられる

1. Peehl DM。 ビタミンDおよび前立腺癌の危険。 Eur Urol 1999年; 35 (5-6): 392-4。

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る