生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 7月 2003

イメージ

ギャップをその間繋ぐ
科学及び薬

甲状腺剤の血液検査がなぜ信頼することができないか

甲状腺ホルモンの不足は余分な体重増加、コレストロールが高い、不況および低負荷を含む老化と、関連付けられる疾病の多数に責任がある。 標準的な血液検査は頻繁に甲状腺ホルモンの状態が正常であるが、これらの血液検査を解釈する科学的研究法が病気の防止および処置の2003年の版の甲状腺剤の不足の章で明らかにされると 考えることに医者を誤解させる。 この方法は医者および患者が主要な健康上の問題を起こすことができる微妙な甲状腺剤の欠損を検出し、訂正することを可能にする。

自閉症の子供の頭脳機能の改善

慣習的な薬は自閉症、言語機能障害によって、悪い社交術特徴付けられる、精神障害反復的な行動および無力に社会的に相互に作用する苦しむ子供に少しを提供する。

二重盲目の偽薬によって制御された調査は自閉症の子供がcarnosineときちんと補われるとき、驚くべき改善は神経学的な機能を査定するテスト医者の使用に基づいて行われることを示した。 この調査では、carnosineを受け取っている子供の親はその全面的な改善を8週だけにもっとより倍増されて報告した。2

この偽薬制御の調査を行なった医者は約1,000人の自閉症の子供で使用された簡単に続の議定書を開発した。 成功率はこれまでに自閉症と関連付けられるさまざまな不能で劇的な改善を示していて何人かの子供が90%、である。

病気の防止および処置の最新版 のAustismの章は 自閉症の子供に重要な利点を示した決しての前出版された栄養の議定書を明らかにする。 医学の確立はまだこれらの栄養のアプローチを発見しないし、結果はそれである自閉症の子供を教えることはほとんどの親のための非常に困難な課題に残す。

イメージ

血の不足の致命的な効果

新しい 病気の防止および処置の 本は心臓病に苦しむ年配者、癌犠牲者およびそれらの貧血症の致命的な効果に演説する多くの章を含んでいる。 生命延長スタッフの医者がメンバーの医者と相互に作用しているとき、血液検査の結果の注意深い検討は通常相談の前に行われる。 貧血症の徴候があれば、生命延長医者はProcrit®の薬療法か輸血を推薦する。

ニューイングランドの医療ジャーナルの2001 10月25日、 問題の調査は 厳しい貧血症があったら年配の心臓発作の患者が本当らしい78%才30日間の期間に死ぬことだったことを示した。

重病の生命延長会員が入院したときに、血液検査は厳しい貧血症を明らかにした。 ニューイングランドの医療ジャーナルの10月25日、2001が問題で出版される調査に基づいて、患者即時の輸血に与えられるべきである担当医に提案される3生命延長。 患者の医者はとりわけ調査を読むことを覚え、忍耐強い血を与える「良い考え」を思い付くことのための生命延長をほめた。 問題はであるずっとほぼ100年間標準的な医療行為それが貧血の患者に輸血を与える「良い考え」ではなかったことであるこれとして。 しかし医者が著名な医学ジャーナルの肯定的な調査を読む時でさえ明らかにされるこの会話がことである何を、まだ必要性の彼らの患者に療法を適用することを無視するかもしれない。

行為の「科学的な薬」

行為の「科学的な薬」の歴史的例は前に心臓発作の危険を減らすために生命延長基礎が葉酸を取ることを推薦したときに22年行われた。 その当時、ほとんどの心臓学医は決してホモシステインを聞かなかったし、葉酸がボディのこの有毒な動脈詰る代理店のレベルを減らすことを知らなかった。

生命延長はほとんどの人々が1981年に葉酸そしてビタミンB12から寄与できる証拠を出版した。 しかしそれは米国医師会医学総合誌およびニューイングランドの医療ジャーナルが心臓発作および打撃の高い比率と上げられたホモシステインをつなぐ有力な証拠に報告した90年代までなかった。

生命延長はホモシステインと心循環器疾患間のリンクを発見しなかった。 見つけるこれは60年代まで遡って学術雑誌で出版された。 問題は心臓学医がこの極めて重要な情報を見落としたことだった。 それらは臨床練習に医学ジャーナルからホモシステインについての調査結果を移さなかった。 結果は何百万の不必要な心臓発作および打撃だった。

よりぞっとするようである事実はという、今日、ほとんどの心臓学医彼らの患者の血をホモシステインのためにテストし、まだほとんどホモシステインの有毒なレベルを減らすと証明された葉酸、ビタミンB12、trimethylglycine (TMG)およびビタミンB6のような補足を推薦しない。

どんな生命延長が1981年にしたかメンバーへの特定の推薦に出版された科学的な調査の結果を翻訳することだったすなわち、心循環器疾患の危険を減らすために葉酸を取りなさい。 患者の生命がバランスで文字通り掛かる戦線へ科学的な発見のフルーツを移すことのこのアプローチは極めて重要である。 残念ながら、これは薬が一般に今日練習されるかいかにではない。 保守的な医者は出版された研究が頻繁に患者のための適度な危険だけ示すのに、不利な副作用および訴訟の恐ろしい。

葉酸は多くの心臓発作が起こる、けれどもほとんどの医者はまだ彼らの臨床練習に見つけるこれを翻訳してしまわなかったことを防ぐことができる。 病気の防止および処置 の第4版は よくある病気の防止そして処置で助けることができる実用的な議定書にたくさんの出版された調査からの調査結果を翻訳する。 私達はこの「科学的な薬」を呼ぶ。

イメージ

研究のlabtoから枕元

年齢関連の病気の 防止そして処置のための病気の防止および処置の特徴の新しい議定書。 本で論議される主流の薬によって療法の多数はまだ受け入れられていない。 読者がこれらの議定書が基づいているデータを選ぶことを使用される科学的な規準を理解することは重要である。

毎日、新しい調査は病気を防ぎ、扱うよりよい方法を明らかにする同業者審査されたジャーナルで出版される。 生命延長基礎はヘルスケアおよび薬の価値のためのこれらの調査の調査結果を評価する。 新しいアプローチを認可するために十分な証拠は集まるとき生命延長の絶えず前進した病気の防止および処置議定書の 包含のためにそれから 考慮される。

生命延長の科学的なアプローチの早い例はアスピリンの使用を心臓発作を防ぐ含んだ。

1983年に、低線量のアスピリンが約40%心臓発作の危険を減らすことができることを示す出版された調査からの生命延長基礎によって分析される調査結果。 生命延長メンバーは心臓発作から保護するために低線量のアスピリンのタブレットを毎日取るようにせき立てられた。

同業者審査された科学的な調査がそれを立証したのに、FDAおよび医学の確立は生命延長の推薦の粗く重大だった。 FDAは心臓発作を防ぐためにアスピリンの販売を促進したどの会社でも市民および処罰に応じてあること法令を出した。 FDAに従って、アスピリンのための健康の要求をすることは「承認されていない薬剤」にそれを回した。

FDAのアスピリンについての健康の要求の検閲に応じて、生命延長は「米国憲法修正第一項アスピリン」と呼ばれたプロダクトを開発した。 このプロダクトのラベルでアスピリンが心臓発作の危険を減らすことを示す出版された調査からの引用はあった。 FDAはアスピリンが心臓発作の危険を減らすことがこのプロダクトの販売が終わるが、ことを要求し、言論の自由の米国憲法修正第一項の保証断られた生命延長、出版された科学的な調査が分ったこと伝達し合うすなわち、権利を引用する。 それらが米国憲法を回避できなかったことを意識してFDAはプロダクトの製造業者に行き、嵌入的な日々検査「米国憲法修正第一項アスピリン」のか表面を作ることを止めることを要求した。 製造業者は降伏し、プロダクトを作ることを止めた。

新しい調査がアスピリンの心臓保護効果を確認し続けたと同時にFDAは最終的にアスピリンの会社がアスピリンは心臓発作の危険を減らすこと広告するようにした1998年に支配を出した。

アメリカ人によってが不必要に死んだ、何百万の不必要な死をか引き起こされる長年に渡る低線量のアスピリン療法を推薦する医者およびFDAの失敗何心臓病から計算することは困難である。 FDAにはっきり確立されたものが1983年に確認するために15年かかった、すなわちアスピリンは心臓発作の危険を減らす。

4の ページで 4続けられる

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る