生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 7月 2003

イメージ

ギャップをその間繋ぐ
科学及び薬

イメージ

毎日、何百もの医学の発見は国際的に認められた学術雑誌で出版される。 少数だけのこれらの人命救助の調査結果患者に使用できるようにされる。

結果は状態を軽減するか、または治すために有効な療法が既にある間、人間が苦しみ、死ぬことである。

この曲解の1つの理由は今日の医者が官僚主義および患者の負荷の押しつぶす重荷と圧倒されることである。 急がせた医者は科学的な競技場から破烈する多量の新しい情報に多分遅れずについていくことができない。

医者の無知および無感動は慣習的な薬から回るように増加するアメリカ人に動機を与えている敵のバックラッシュを作成した。

この記事では、私達は生命延長メンバーが今日の破壊されたヘルスケア・システムをいかにとばすことができる従って科学的知見の今日の富を充分に利用してもいいか明らかにする。 この情報はを得る機会彼らの自身のボディ何が起こるか内部のメンバーにより大きい制御を与える。

私達は医学の発見になった定期的なでき事がある世界に住んでいる。 しかし新しい調査結果の薄い容積は公衆および練習医者を両方氾濫させた。 媒体が少数の科学的な発見で表面的に報告する間、大部分の医学の進歩は何百万の毎年出版されるジャーナルのページで埋められて残る。

医学の発見が患者に提供されないとき、避けられない結果は最適の心配よりより少なくある。 非生命脅す条件に苦しめば、応用知識のこの不在はあなたの苦悶が減少させないかもしれないことを意味する。 致命的な病状に苦しめば、現在の処置の調査結果を利用していない早死にであなたの医者の結果は起因できる。

1999年に、生命延長基礎は病気の防止および処置(第3 ED)とよばれた 946ページの医学の教科書を出版した。 1999年以来発見されていた新しい情報の量は驚くべきの急に何もではない。 残念ながら、これらの発見の少数は標準的な医療行為に組み込まれた。 結果は療法が病気を扱うために既にあるかもしれないのに人々が不必要に死んでいることである。

科学研究の調査結果と慣習的な医療行為間のギャップを繋ぐのを助けるためには生命延長はちょうど1,500ページに含んでいる 病気の防止および処置 の第4版を出版した。

医者がなぜ維持できないか

イメージ

生命延長基礎からの練習医者を区別する何が有効な予防するものの覆いを取るために主流の医者によって利用されていない処置およびが世界の出版された科学文献を調査する研究者の私達のチームである。 多くの場合、この見落された情報は医者が予約購読する慣習的な医学ジャーナルで配布された。 相違は生命延長が仕事が見直すこと熱心な職員を解釈し、分類する発見する新しいデータを雇うことである。 善意の医者は時期および資源に組織的にこのタイプの細心の研究を行なう欠けている。

過去医学の発見の検討は耐え難いほどに遅い医学の確立が新しい概念をいかに採用するか明らかにする。 医学の質を改善する簡単な方法は頻繁に激しい抵抗に会う。

これの古典的な例は若いハンガリーの医者が医療従事者が彼らの手を洗浄し損ったので伝染病は入院患者に送信されていたことをSemmelweisが発見したIgnazを名前を挙げたときに行われた。

19世紀では、数万人の女性はpuerperal敗血症(childbedの熱)がもとで毎年死んだ。 この伝染病の理由は医者がnecroticティッシュの分解でカバーされた手によって死体解剖およびそれから行なう腟の検査を行っていたことだった。 Semmelweis先生は医者の代りに助産婦を使用した女性はchildbedの熱の低い率があったことを観察した。
これらの観察をテストするためには、Semmelweisは患者に出席する前に殺菌剤が付いている彼らの手を洗浄する必須の医者彼の部門の方針を実行した。 childbedの熱からの死亡率はすぐに18.3%から1.3%をから低下させた。

Semmelweisが手の洗浄の重要性についての彼の細心の調査結果を出版したときに、医学界は敵意か解雇と反応した。 勝つ確信はその時にchildbedの熱が悪い空気によって引き起こされることだった。 懐疑者、Semmelweisを説得するきしる試みが彼が保護所による敗北からの年齢42で死んだ精神病院に託された後、多分守る。

アクセスの今日の科学的な開拓者

先生のようなSemmelweis何人前向きな個人が今日存在しているか。 答えはあらゆる前の時代のより多くある。 挑戦は新しい発見を適用する例外的な程度の同情、能力および自発性を所有している人を見つけている。

過去の三十年にわたって、生命延長は退化的な病気を防ぎ、扱うための新しい解決を開発した科学的な開拓者と相互に作用するために特権を与えられた。 方法はたくさんの出版された学術論文および医学の会議のレポートを基づいていて、見直すこと、および自身のプロの経験に革新的な医者と世界中で相互に作用している。

官僚的な委員会が発見に作らない身体歴文書。 その代り、それは勝つ独断的な主義を越えて考えることによって革新する知識のための飽くことのない欲求の個人である。

病気の防止および処置の 新版は不必要な病気および死の今日の伝染病の終了について熱情的である個人によって参考書仕事の蓄積を表す。

この本がいかに生じたか

病気の防止および処置の本が いかに生じたか理解することは重要 である。 70年代では、生命延長基礎の創設者は苦しを軽減し、死を防ぐのに使用できる情報の覆いを取り始めた。 健康上の問題とのそれらへこの情報を運ぶことは頻繁に状態の重要な改善で起因した。

私達が科学文献により深い掘り下げたと同時に、多くの人々が医学の無知がもとで死んでいたことは明確になった。 この衝撃的な暴露は全く見過ごされている行かなかった。 増加する個人は困難に御馳走無秩序と直面されたとき助けを私達に求め始めた。 より多くの場合が私達に示されたと同時に、私達は認識に致命的なコミュニケーション ギャップが科学者と練習医者の間にあること来た。

すばらしい発見は著名な医学ジャーナルで今日出版される、生命を救うのにけれどもこの情報の少しは利用されている。 それは突き通せない障壁がこの知識の重大な必要性のそれらから科学的な解決を分けるようにある。 病気の防止および 処置の1つの目的は 人間の苦労および死の根本的な原因の無知および無感動の壁を破壊することである。

「科学的な薬」の概念

この新刊書の第一の目的は医学の確立によって見落される生命延長メンバーへ情報を提供することである。 私達の代表団は置かれた人々および彼らの医者によって理解することができる治療上の議定書にずっと多様な科学的な調査結果を翻訳することである。 私達はこの概念「科学的な薬」を呼ぶ。

「科学的な薬」を練習する医者は新しい療法について聞くとき独特に反応する。 興味は患者の状態に適切な処置養生法という点において安全のための新しい療法および効力を評価するようにそれらに動機を与える。 科学的な医者は基づいて新しい療法を評価する:

  • イメージ
    安全および効力を示す証拠
  • 治療上の効果が作り出された特に患者であるというチャンス
  • 新しい療法をこれらの患者を扱うのに使用する危険

満足する新しい療法に利点がある、科学的な医者が個々の処置養生法にそして療法を統合すれば。 これらの医者は、本質的に、彼らの患者の生命を救うのを助けると新しい調査が約束した結果を使用している。

これはよりよい医療行為へ常識のアプローチだったようであるかもしれない間、臨床設定でもはや共通ではない。 一般大衆は頻繁にほとんど人命を救うのに進歩の発見がいかに使用されていないか学ぶために驚く。 管理された心配および官僚的な過剰規制は「一貫作業」薬の練習にほとんどの医者を移管した。 の最先端の医学システム悲しで世界私達は「ファーストフード薬」のの方の「科学的な薬」からの移を見た。 病気の 防止および処置では、私達は彼らの患者のために科学的な薬に戻る医者と医療の継続的だった進歩のための必要性を強調する。

4の ページで 2続けられる

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る