生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2月 2003

イメージ

Chlorophyllinおよび蟹座防止

イメージ

癌を防ぐことは起こればでありそれを停止することを試みるより容易。 研究は開くために年を取る段階に起こる病気を防ぐ複数の違った方法があることを示す。 第一段階はDNAへの損傷を含む。 癌細胞は本質的にボディの自身の細胞である。 但し、それらは正常なDNAの買収された版を含んでいる。 DNAの損害はメチル化パターンの、そして構造の攻撃自体からの損失によって与えられる。 買収されたDNAは新しい細胞がなされると同時に何回も複製されて得る。 そういうわけで損傷が初めに起こることを防ぐことは極めて重要である。

人体は環境からの、ボディ自体からの遊離基の、だけでなく、損傷と絶えず衝撃される。 免疫組織は、例えば、病原体を殺すのを助けるように遊離基を作成する。 メカニズムは損傷を妨害し、DNAを保護するために展開した。 酸化防止剤は主な防御である。 彼らは食糧にあり、ボディは専有物を作る。

それらがDNAを保護するので、酸化防止剤は癌に対する重要な防衛である。 それらはDNAを傷つけることができる遊離基を妨げる。 それらが遊離基を中和できる程度はさまざまなタイプの遊離基を停止する機能のために実験室および多くの混合物でテストされた検出することができる。 但し、すべての酸化防止剤がすべてのタイプの遊離基の停止でよくない。

力の抗癌性の補足

発見された最も有効な酸化防止剤の1つはchlorophyllinとして知られているクロロフィルの形態である。 Chlorophyllinは植物を緑化させる自然なクロロフィルの半合成形態である。 それはクロロフィルよりよい効果をもたらし、広く長年にわたりテストされた。 Chlorophyllinは、結局食糧に起こる2つのタイプの遊離基の妨害で非常によい: 複素環式のアミンおよびアフラトキシン。 アフラトキシンはトウモロコシおよび米のような穀物で育つ菌類からの毒素である。 それは非常に発癌性で、肝臓癌を引き起こす。 それは食糧で見ることができないもしあれば、それを知っているそれらなしで人に害を与えることができる。

複素環式のアミンは食糧が調理される高温でとき、特に作成される化学薬品である。 食糧化学および毒物学の調理された食糧突然変異原の参照リストそしてレポートに従って、食糧はタバコの煙同様に多くの発癌物質--に人体をさらす。 焼かれた肉、魚これらの食糧焼かれる揚げられていたポテトは複素環式のアミンを含んでいる。 それらを取り払うためにボディがこれらの副産物を新陳代謝させるときIroncially、それは発癌物質にそれらを変える。

イメージ

1つの方法複素環式のアミンおよびアフラトキシンの原因癌はDNA有害な遊離基の発生によって行う。 ビタミンCはほとんどの人々がよく知られているを酸化防止剤である。 そしてそれが多くの事のために非常によい間、この種類の損傷を停止するために取るものが、ビタミンCにない。 ChlorophyllinおよびI3C (cruciferous野菜からのphytochemical)はアフラトキシンおよび複素環式のアミンに対して最も強力の証明された。 それらが違った方法ではたらくようで、また無料の方法ではたらくかもしれない。 それらは非常に強力より多くの強力、ボディの自身の酸化防止剤より、グルタチオンである。
ChlorophyllinはまたX線および日光のような他の事によって発生する遊離基の後で行く。 それは90%タイプのX線からのDNAの損傷を1つの調査に付き減らした。 これは驚くべき保護である。 化学療法の薬剤は遊離基のもう一つの源である。 化学療法からの遊離基は健康なティッシュを傷つける; 時々chemoの薬剤はこのような理由で使用された副作用である場合もない。 シクロホスファミドの調査では、chlorophyllinは薬剤の抗癌性の効果と干渉しないでかなり骨髄の損傷を減らした。

発癌物質を中和する

しかしそれはすべてのchlorophyllinすることができるではない。 調査は強力な酸化防止剤であることに加えてそれを示す、chlorophyllinは複素環式のアミンのような発癌物質に実際に掛け金を降ろし、DNAにことができる不良部分ことを防ぐ。 従って、それは「障害物分子」と呼ばれた。 化学薬品がDNAに彼ら自身を付けるとき、により「アダクト」を引き起こす。 アダクトは細胞が分かれる時DNAが普通複製されることを防ぐ。 DNAが普通複製し、癌のための潜在性を作成しないようにこのタイプの損傷を防ぐことは重要である。 Chlorophyllinは代理店の独特な化学構造のために癌もたらを横取りできる。

それはchlorophyllinが分子レベルで抗癌性の効果をもたらすことを知るべき1つの事である; それはこれらの効果が目に見える何かに翻訳することを知る別のものである。 「食事療法のchlorophyllinの超過分は」ニューヨークの医科大学の研究者が予測するように、癌を防ぐことをか。

肝臓癌

イメージ

世界のアフラトキシン誘発の肝臓癌の高い比率は中国のQidongの地域に起こる。 chlorophyllinの利点が出て来る行けばここに出て来る。 公衆衛生のJohns Hopkinsの学校からの研究者はchlorphyllinの補足が違いを生じるかどうか見るために調査をすることの過程においてある。 これまでのところ彼らはchlorophyllinが食事と一日に三回取られれば、55%ボディのアフラトキシンの発癌物質を減らすことを定めた。 彼らはこの簡単で、費用効果が大きいアプローチが20年までにQidongの地域の肝臓癌の開発を遅らせることを推定する。 それは取るおおよその20年の上に癌が初めに開発することができるように20年である。 (二十年の癌の出現の」押し戻すこれは「米国の何百万の生命を救うことができヘルスケアのドルの十億は要する。)

Johns Hopkinsの調査はアフラトキシンに関連しているが、chlorophyllinは他の事によって同様に引き起こされる肝臓癌を防ぐ。 chlorophyllinがまたビールおよび度の強い酒で見つけられるニトロサミンによって引き起こされる肝臓癌を防ぐことが齧歯動物で証明された。 ニトロサミンはまた「昼食肉で回る非常に有効な発癌物質」、ホットドッグ等である。

他の癌

chlorophyllinと共に調査されたもう一つの癌は結腸癌である。 chlorophyllinおよびI3Cは両方このタイプの初期の癌の停止で強力である。 研究はchlorophyllinが揚げられていたビーフ(すなわち、ハンバーガー)の最も流行する複素環式のアミンと扱われるラットの約90%によって「異常なクリプトの焦点として」知られている前癌性の状態を禁じることを示す。 I3Cは同じ調査で有効な100%だった。 両方とも新陳代謝からの複素環式のアミンの保存によって働く。 それらが発癌性にならないように危ない化学薬品の新陳代謝を停止することはchlorophyllinが遊離基を停止し、毒素を横取りすることに付加癌でに対して働かせるもう一つの方法である。

Chlorophyllinは人間の乳癌の細胞でテストされた。 ケンタッキー大学の研究者は化学誘発DNAのアダクトに対して8つの癌予防の代理店を、chlorophyllinを含んで、テストした。 Chlorophyllinは上の3人のDNAの擁護者の1つであり、内転するによって65%以上禁じる。 Genisteinおよびellagic酸は45%以上阻止で第2入って来た。

DNAを保護するのに必要とされるchlorophyllinの有効な線量は低く、それに最も有効なDNAの保護をそのような小型パッケージで使用できるようにする。 これまでのところできている調査に従って人は体重の1キログラムあたり2から4 mgを取るべきである。 (ノート: キログラムは2.2ポンドである)。


参照

Ardelt B、等2001年。 Chlorophyllinはquinacrineのマスタードのないナイトロジェン・マスタードのcytostaticおよび細胞毒素の効果から細胞を保護する。 Int J Oncol 18:849-53。

Boloor KK、等2000年。 ガンマ放射およびphotosensitizationに対するミトコンドリアの膜の保護装置としてChlorophyllin。 毒物学155:63-71。

Cho YS、等1996年。 突然変異誘発性に対するchlorophyllinのChemopreventiveの効果および6-sulfooxymethylbenzo [a]ピレンの細胞毒性。 蟹座Lett 107:223-8。

Dashwood RH。 1999年。 大腸癌の早期発見そして防止。 Oncol Rep 6:277-81。
Dashwood R、等1996年。 クロロフィルと複素環式のアミン突然変異原間の安定の複合体の力の調査。 突然変異原Molの27:211-18囲みなさい。

Egner PA、等2001年。 Chlorophyllinの介在は肝臓癌のための危険度が高いで個人のアフラトキシンDNAアダクトを減らす。 Proc国民のAcad Sci米国98:14601-6。

郡野D、等1995年。 F344ラットの2アミノ1メチル6 phenylmidazoの[4,5-b]ピリジン(PhIP)誘発DNAのアダクトそしてcolonicの異常なクリプトに対するchlorophyllinそしてインドール3 carbinolによる保護。 発癌16:2931-7。

Kumar SS、等1999年。 chlorophyllinによるプラスミッドpBR322の放射線誘発DNAの損傷の阻止および行為の可能なメカニズム。 Mutat Res 425:71-9。

Kumar SS、等2001年。 chloropyllinによる反応酸素種の掃気: ESRの調査。 自由なラドRes 35:563-74。

スミスWA、等2001年。 人間胸の細胞MCF-7の有効な乳房の発癌物質のdibenzo [a、l] opyreneによって引き起こされるDNAの内転に対するchemopreventive代理店の効果。 Mutat Res 480:97-108。

Te C、等1997年。 antitumour代理店のシクロホスファミドに対するchlorophyllinの生体内の効果。 Int Jの蟹座の70:84 - 9。

イメージ 


雑誌のフォーラムに戻る