生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2月 2003

イメージ

抗癌性の食糧および補足

イメージ

蟹座は、多分、私達の最も大きい恐れの1才である。 病気を引き締めることについての私達の心配を混合することは処置の恐れである。 少数の治療は人体の毒性、切断および苦痛をそれほど加える。 診断が作られれば、人の生命は決して同じではない。

処置が巧妙である時でさえ、人は破壊されるボディの効果および部分から傷つけることができる。 再発のチャンスは常に存在し、巧妙な処置、癌の後の年は前によりさらにもっと劇毒性もどって来ることができる。 慣習的な療法に耐えることの後でさえも、多数の癌患者はまだ最初の処置を脱出した癌細胞から屈する。

癌の診断はあらゆる平均の人を卑しめる。 病院のガウンは貧乏人でし、化学療法が同じを感じるより豊富な人々でよくするために見ない。 だけでなく、病気人の生命の、しかしそれらのまわりのそれらの不便、中断および破壊のある程度は、それを避けるためにいいものを考慮するためにしても人の休止を与えるべきである。

国立癌研究所(NCI)は食事療法に癌の主な影響があることを示す2002年の新聞発表の前例のない数を出した。 事を食事療法から削除すること、またそれへ加えることはすべての違いを生じる。 続くものが自然に起こる混合物の抗癌性の利点を別の見てみる説得力をこめて主流の科学者のNCIの発表研究の後ろの研究の一部である。

主として食べることを選ぶ何を癌を得るかどうか定める。 彼の本では蟹座を打つために食べなさいJ.ロバートHatherillは狂気のようなその日本のたばこを吸を(アメリカ人よりもっと)指摘したり、けれども肺癌の低率世界を持っている。 それらにまた地球上で最も大きい平均余命がある。 明らかに、それらは何かを正しくしている。 長寿に影響を与える多くの要因の間、研究者が現在集中している1つは食事療法である。 私達は食事療法が癌の大きい役割を担うことがわかる。 悪い食事療法がすべての癌の60%に責任があると推定されていた。 よい食事療法はほとんどの見積もりに従って20%からすべての癌の50%を、防ぐことができる。

「よい食事療法は何であるか」。 研究はそれが植物ベースの食糧(フルーツ、野菜、穀物、マメ科植物)で高い食事療法であることを示す。 「悪い食事療法」は大抵動物ベースの食糧(肉、乳製品)および総合的な食糧(事前包装された「便利」の食糧)の1つである。 植物は癌を妨げ、停止し、そして抑制するビタミン、鉱物をおよびphytochemicalsを含んでいる。 動物ベースの食糧は人間がカロリーの飽和脂肪そして多くと共にに、露出されること癌もたらす化学薬品の高い濃度を含んでいる。 「コンビニ食品」はカロリーの食糧完全よりより多くのプロダクト、栄養物に大抵欠けているである。 それはまた棚でそれをよく見させる多くの化学薬品と汚染される。

食事療法および癌への研究は科学者がなんと人得る癌のタイプと食べるかつなぎ始めていることそう進められて得ている。 他の研究者は他の方法行っている: 癌は起こることを防ぐ食事療法の特定の事を正確に示す。 例えば、ユタ州立大学の研究者はカロチノイドと結腸癌間の関係を調査した。 彼らはそのルテインを見つけたが、より危険度が低いと他のカロチノイドが、関連付けられない。 同様に、ネザーランドの研究者はfolate、ビタミンCおよびベータ クリプトキサンチン(しかしないルテインおよび他のカロチノイド)肺癌に対して保護であることが分った。 これらの種類の調査からの情報は積み重なっている。

Phytochemicalsは(植物で自然発生する)すべてのタイプの癌に対する主な防御である。 強力それらがいかにの一例としてギリシャの前立腺癌がただ2つの事ことをの消費を高めることによって5分の2減らすことができるとあってもいいか最近推定されていた: トマトおよびオリーブ油。 (乳製品はレポートに従って同時に、減るべきである。) もう一人のグループは女性が緑の野菜を食べたら卵巣癌の51%にそれが避けることができることを報告する。 これはすばらしい図である。 それは癌で途方もない影響の食事療法に持つことができる下線を引く。

Phytochemicalsに癌に対して保護の異なった行為そして違った方法がある。 ほとんどは酸化防止である、すなわち、損傷の遊離基を掃除する。 この行為はまたDNAを保護する。 他は癌抑制の遺伝子の活発化のために重大であるメチル化を保護する。 まだ他は免除を高めるか、または異常な細胞の成長を妨害する。

酸化防止剤および癌

イメージ

人体は遊離基を発生させる化学薬品、放射および他の現象--に絶えずさらされる。 細胞膜を通した遊離基の裂け目およびそれを損なうDNAへのSLAM。 癌細胞は本質的に傷つけられたDNAを含んでいる正常な細胞である。 酸化防止剤は遊離基を停止し、DNAの損傷を減らす。 こういうわけでそれらは癌に対する主要な防衛である。

すべての酸化防止剤は全く同じではない。 一部は他よりある特定の種類の遊離基の停止でよい。 例えば、I3C (インドール3 carbinol)および「chlorophyllinとして」知られている補足は複素環式のアミンと呼ばれる化学薬品によって発生する遊離基に対して(クロロフィルの半合成版)優秀な効果をもたらす。 複素環式のアミンは食糧、特に肉が高熱に、調理されるとき作成される。 調査はI3Cおよびchlorophyllinが100%までこのタイプの遊離基を停止できることを示す。

それらはまた「アフラトキシンとして」知られている高発癌性のマイコトキシンから保護してもいい。 アフラトキシンは穀物を感染させる菌類、特にトウモロコシによって作り出される。 齧歯動物の調査では、I3Cおよびchlorophyllinは両方この毒素によって引き起こされる肝臓癌を禁じる。 肝臓癌の発生が非常に高い中国の地域からの調査はchlorophyllinの100 mgが一日に三回55%によるアフラトキシンによって与えられるDNAの損害を減らすことを示す。 研究者はそれこの補足を取ることが20年からの40にこのタイプの癌の手始めを押し戻すことを予測する。

I3Cおよびchlorophyllinは別の関連の方法ではたらく。 それらは複素環式のアミンを含む発癌物質の、新陳代謝からのレバーを保つ。 それはボディのそれらを解毒するためのそれらを発癌性にする努力の化学薬品の自身の新陳代謝である。 I3Cは1つのタイプの酵素を通って外見上chlorophyllinは別のものによって働くが、働く。 2の組合せはどちらかよりより多くの基を単独で除去するかもしれない。

ある酸化防止剤は他よりある特定のタイプの癌を防ぐことでよい。 ビタミンCは、例えば、25%から50%によって直接皮に適用されたとき皮膚癌を禁じることができる。 それは胸か前立腺癌に対して同じ効果をもたらさない。 しかしリコピン、トマトからのフラボノイドに前立腺癌に対して、酸化防止活動がある。 ベータ カロチン、カロチノイドは、乳癌から、ない肺癌から保護するようである。 このタイプの特定の酸化防止剤についての情報を人がある特定のタイプの癌を目標とするかもしれないまたは目標とする特定のタイプの発癌物質をことができる1つを選ぶのを助ける持っていることは。 特定の化学薬品への癌または露出の特定の種類のための危険なしのそれらのために、可能ように同様に多くのタイプの遊離基を妨げるためにいろいろなanitoxidantsを取ることは慎重を要する。

カロチノイドおよび癌

調査は多くの赤い食べる人々の、オレンジ、緑および黄色の野菜にさまざまな癌のかなり減らされた危険があることを示す。 保護効果はカロチノイドが原因である。 ほとんどの人々はにんじんでカロチノイドのベータ カロチンをよく知られている、見つけた。 しかし何百ものまだ発見される他のカロチノイドある。 トウモロコシのほうれんそう、ゼアキサンチンおよびトマトのリコピンにルテインがある。 カロチノイドの目的の1つは植物のための日焼け止めがそれら起こるので機能することである。 それは放射によって発生する遊離基に対してそれから意外、そのカロチノイド提供する酸化防止保護を、特にではない。

リコピンは人間の最も豊富なカロチノイドである。 単独で前立腺はそれを含んでいる他の野菜かトマトを食べる人々でリコピンの14から18代謝物質を含んでいる。 調査は彼らの食事療法のほとんどのリコピンを得る人は前立腺癌の最も危険度が低いのがあることを示す。 2つの最も大きい調査は14,000人の第7日のアドベンチスト(lacto-ovoの菜食主義者)および47,894人のアメリカの医者を含む。 医者の調査では、彼らの血のリコピンの最高レベルの人は危険の20%の減少があった。 アドベンチストの調査では、トマトを週5回以上食べることは40%前立腺癌の危険を減らした。 リコピンはDNAの損傷からの保護のリンパ球でよい。 イタリアの調査では、リコピンの7つのmg /dayは最初の週のDNAの損傷50%を減らした。

カロチノイドは共働作用して働く。 複数を取ることは一緒にだけ1つを取るよりよく。 喫煙者がベータ カロチンの補足および何も取った今の評判が悪い調査では、肺癌の危険は実際に上がった。 しかしちょうど1よりもむしろいろいろなカロチノイドを一貫して食べた100,000人の調査の30%の減少は見つけられた。 禁煙家のための同じ調査の60%の減少は見つけられた。 それは肺癌に対してそのアルファ カロチン ベータ カロチンではなく、である最もよいカロチノイド現われる。

葉酸および癌

このビタミンは自身のクラスに立つそう多くの重要な癌の調査にかかわった。 葉酸(folateのビタミン版)は普通ある特定の緑の野菜およびマメ科植物で見つけられるBのビタミンである。 肉はそれの少しだけ含んでいる。 ステーキのサービングは、例えば、ブロッコリーのサービングは50%を含んでいるが、RDAの3%を含んでいる。

イメージ

Folateは維持のメチル化に於いての役割によって強力な癌の予防の効果をもたらす。 メチル化に癌を防ぐことに於いての2つの強力な役割がある。 最初に、それは突然変異の修理のために重大である。 二番目にそれは癌にかかわる遺伝子の活発化そして非活動化のために重大である。 Folateはメチル化のための必須の要因の1つである。 それなしで、メチル化は失敗し、癌は生じる。 異常なメチル化はすべての癌、問題にタイプない。 folateの重大な重要性は、従って、明白になる。

肺および結腸癌はfolateの不足につながるべき最初の癌である。 胸、前立腺および膵臓癌は不足を同様に含む。 アルコール中毒、folateの不足および乳癌は一緒に行く。 同じはコロンの癌アルコール中毒にあてはまる悪化させるfolateの不足を。

folate癌の関係への研究はちょうど始まっている。 folateの癌の予防の効果についてのより多くの情報は確実に数年以内に現れる。

フラボノイドおよび癌

ケルセチン、ellagic酸、アピゲニンおよびルテオリンは植物からの強力な反発癌物質である。 これらのエキゾチック響きのphytochemicalsは初期で癌を妨害する。 アピゲニンは、例えば、エストロゲンが新陳代謝する方法と干渉する。 アピゲニンが時、エストロゲンは癌の成長を加速することない弱い形態にとどまる。 ルテオリンは細胞に得ることからエストロゲンを癌促進することを防ぐ。 フラボノイドの複数はCOX-2 (cyclooxygenase)、癌が育ち、広がることを可能にする酵素を抑制する。 COX-2はニュースにそれが癌および他の退化的な病気を同様に禁じるある特定の炎症抑制剤によって目標とされる酵素であるのであった。

これらの癌妨害の行為に加えて、フラボノイドは損傷からDNAをビタミンCよりよく保護する強力な酸化防止活動を所有している。

あるフラボノイドはlabiataeとして知られている芳香のハーブおよびshurbsの系列から来る。 labiataeは伝統的にローズマリー、ミント、ラベンダーおよびタイムのような薬効があるとみなされるハーブの多数を含んでいる。 Labiataeの植物は抗癌性の特性をフラボノイドの集中された源に与える。 科学的な調査はこれらの植物からのフラボノイドが癌に対して非常に多様で、強力な効果をもたらすと証明し始めている。 例えば、マウスのメラノーマの調査に、アピゲニンおよびケルセチンは禁止の転移のtamoxifenと同等だった。 人間の白血病の調査では、ルテオリンおよび他のフラボノイドは文化のこれらの細胞の成長を停止した。 フラボノイドはまた癌が周囲のティッシュに侵入し、他の体の部位に広がることを可能にする酵素を禁じることができる。

蟹座戦いのフラボノイドはまた柑橘類、茶および他の植物ベースの食糧にある。 polymethoxylatedフラボノイドとして知られている分子レベルで柑橘類のある特定のフラボノイドは癌を妨害するために働く。 Tangeretinは、例えば、癌がボディの制御の下で持って来ることができるように細胞コミュニケーションを元通りにする。 Nobiletinによりの同じようなフラボノイド、人間の白血病の細胞は正常な細胞に区別する。 ずっとたくさんの調査はこれらのフラボノイドが癌細胞に対して強力で、多様な効果をもたらすことできていた提示である。 ネット エフェクトは現われるとすぐ癌細胞を一掃することである。

2の ページで 2続けられる

イメージ 


雑誌のフォーラムに戻る

  • ページ
  • 1
  • 2