生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年12月
イメージ
鬱血性心不全の処置の自然なアプローチ
先生によってSergey A. Dzugan

テストステロン療法はCHFを持つ人のための付加的な処置として提案された。67 テストステロンは血圧を減らし、上腕動脈の弛緩を高める; 冠状動脈へのテストステロンの直接噴射は膨張および高められた冠状血の流れを作り出す。68-70 生じる血管拡張神経の効果は肺の鬱血を取り除き、周辺散水を改善するかもしれない。 男性ホルモン療法はまた心筋の圧力の減少によって収縮の前後に、また冠状血の流れを高めることによって心臓機能を改善できる。 さらに、男性ホルモン療法はCHFの患者の骨格筋の強さの増加に有用である。71の 男性ホルモンの取り替え療法は心臓および管機能を改善することによって、また強さおよび持久力を高めることによって可能性としては徴候を軽減できる。 それはまたCHFの異化作用同化不均衡を矯正するかもしれ、それが病気の進行に導くcytokineの活発化を抑制するため。

pregnenolone、DHEA、プロゲステロン、エストロゲン、テストステロンおよびコルチソルのようなステロイド ホルモンの最適のレベルは男性および女性両方の最適の健康を維持するために必要である。 これらのホルモンの変化はCHFの重要な役割を担うかもしれない。 1つの調査では、患者はコレステロールのハイ レベルを訂正するためのpregnenolone、DHEA、triestrogenのゲル、プロゲステロンのゲルおよびテストステロンのゲルのようなホルモンとのhormonorestorative療法を受け取った。 患者の72百%答えた。 これは人体が自然な人間の割合に起こるとき自然なホルモンを処理する必要がある補足因子およびすべての酵素を含んでいるのである。 Hormono補強薬療法は自然に心臓出力を高める補足と共にCHFの処置の重要な治療上の議定書、であると約束する。

参照

1. Kromhout D. Dietおよび心循環器疾患。 2001年5(3)を老化させるJ Nutrの健康: 144-9。

2. Massie BM、Shah NB。 展開は心不全の疫学的な要因で向く: 予防の作戦および広範囲の病気管理のための理論的根拠。 AMの中心J. 6月1997日; 133(6): 703-12。

3. de Lorgeril M、心筋梗塞の後の心血管com-のplicationsのSalen P、マーティンJL、Monjaud I、Delaye J、Mamelle N. Mediterraneanの食事療法、従来の危険のfac-の岩山および率: ライオンの食事療法の中心の調査の最終報告。 循環。 2月1999日16日; 99(6): 779-85。

4. フォンSchacky C、Angerer P、Kothny W、Theisen K、Mudra H。 冠状アテローム性動脈硬化に対するオメガ3の食餌療法の脂肪酸の効果。 ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 アンのインターンMed。 4月1999日6日; 130(7): 554-62。

5. アルファ リノレン酸のHu FB、Stampfer MJ、Manson JE、等食餌療法取入口および女性間の致命的な虚血性心疾患の危険。 AM J Clin Nutr。 5月1999日; 69(5): 890-7。

6. Daviglus ML、Stamler J、致命的な心筋梗塞のAJ、等魚の消費量そして30年の危険Orencia。 NイギリスJ Med。 4月1997日10日; 336(15): 1046-53。

7. カナー私達。 魚からのn-3脂肪酸は心循環器疾患から死を防ぐか。 AM J Clin Nutr。 7月1997日; 66(1): 188-9。

8. 突然の心臓死のアルバートCM、Hennekens CH、O'Donnell CJ、等魚の消費量そして危険。 JAMA. 1月1998日7日; 279(1): 23-8。

9. McCarron DA、Oparil S、Chait Aの等心血管の危険率の栄養管理。 ランダム化された臨床試験。 アーチのインターンMed 1月1997日27日; 157(2): 169-77。

10. ネスAR、Powles JW。 果物と野菜および心循環器疾患: 検討。 Int J Epidemiol 2月1997日; 26(1): 1-13。

11. McDougall J、Litzau K、Haver E、サンダースV、Spiller GA。 低脂肪12日による血清コレステロールそして血圧の急速な減少、非常に厳格な菜食主義者の食事療法。 J AM Coll Nutr 10月1995日; 14(5): 491-6。

12. Wolk A、Manson JE、Stampfer MJ、等食餌療法繊維の長期取入口および女性間の冠状心臓病の減らされた危険。 JAMA 6月1999日2日; 281(21): 1998-2004年。

13. Morelli V、Zoorob RJ。 代わりとなる療法: 部II。 鬱血性心不全および高脂血症。 AM Famの医者9月2000日15日; 62(6): 1325-30。

14. Gavagan T.の心循環器疾患。 きちんとした心配6月2002日; 29(2): 323-38、VI。

15. 唯一MJ、Jeejeebhoy KN。 調節された栄養の条件: 心不全への治療上の関連性。 Herz 3月2002日; 27(2): 174-8。

16. 唯一MJ、Jeejeebhoy KN。 心筋失敗の調節された栄養の条件および病因および処置。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配11月2000日; 3(6): 417-24。

17. Jeejeebhoy F、キースM、フリーマンM、等MyoViveのrepletesの必要な心臓myocyteの栄養素との栄養の補足はおよび左の心室の機能障害の患者の左の心室のサイズを減らす。 AMの中心J 6月2002日; 143(6): 1092-100。

18. Bagchi D。 補酵素Q10の臨床利点の検討。 JのADV Med 1997年10:139-48。

19. Nayler WG。 ischaemic心筋を保護する補酵素Q10の使用。 Yamamura Yでは、Folkers K、Ito Y (ED): 補酵素Q、Vol. 2.アムステルダムのElsevier北オランダBiomedical 1980年、PPの生物医学的な、臨床面。 409-25。

20. Awata N、等。 動的練習によって評価される虚血性心疾患に対する補酵素Q10の効果はテストする。 Yamamura Yでは、Folkers K、Ito Y (ED): 補酵素Q、Vol. 2.アムステルダムのElsevier北オランダBiomedical 1980年、PPの生物医学的な、臨床面。 247-54。

21. Nakamura Y、Takahashi M、補酵素Q10が付いているischaemic心筋層のHayashi Jの等保護。 Cardiovasc Res 3月1982日; 16(3): 132-7。

22. クレーンFL、Navas P。 補酵素Q機能の多様性。 Med Molの面1997 18のSuppl: S16.

23. Frei B、金MCのエームズのBN。 Ubiquinol-10は生理学的な集中に有効な脂質溶ける酸化防止剤である。 Proc国民のAcad Sci米国1990年の6月; 87(12): 4879-83。

24. Ondarroa M、クウィンPJ。 リン脂質が付いているユビキノン10の相互作用のプロトンの磁気共鳴の分光調査は膜を模倣する。 Eur J Biochem 3月1986日3日; 155(2): 353-61。

25. Yamamura Yの等心循環器疾患の処置のための補酵素Qの臨床使用。 Jpn Circ J 1967の31:168。

26. 独特の膨張させた心筋症のための補酵素Q10療法のLangsjoen PH、Langsjoen PH、Folkers K. Long-termの効力そして安全。 AM J Cardiol 1990年の2月16日; 65(7): 521-3。

27. Judy WVの等二重盲目の二重心不全の補酵素Q10のクロスオーバーの調査。 Folkers Kでは、Yamamura Y (ED): 補酵素Q、Vol. 5.アムステルダム、Elsevier 1986年、PPの生物医学的な、臨床面。 315-22。

28. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 心循環器疾患のcoQ10の使用の概観。 Biofactors 1999 9 (2-4): 273-84。

29. Soja AMのMortensen SA。 補酵素Q10の管理された臨床試験のメタ分析の結果との慢性の心臓不十分の処置。 Ugeskr Laeger 12月1997日1日; 159(49):7302-8.

30. Morisco C、Trimarco B、鬱血性心不全を用いる患者の補酵素Q10療法のCondorelli M. Effect: 長期多中心は調査をランダム化した。 Clin Investig 1993 71 (8つのSuppl): S134-6.

31. 安全のBaggio E、Gandini R、Plancher AC、Passeri M、Carmosino G. Italianの多中心の調査および心不全のadjunctive療法として補酵素Q10の効力。 CoQ10薬剤の監視の調査官。 Med Molの面1994 15のSuppl: s287-94.

32. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 心不全および心筋の虚血に重点を置いて心循環器疾患の補酵素Q10。 アジアPacの中心J 1998 7: 160-68.

33. Judy WV、ホールJHのFolkers K. Coenzyme Q10の回収–鬱血性心不全の患者の臨床再発。 Folkers Kでは、Littaru GP、Yamagami T (ED): 補酵素Q.アムステルダム、Elsevier Science 1991年、PPの生物医学的な、臨床面。 283-98。

34. 補酵素Q10と扱われた場合および慣習的な心筋症を用いる患者の存続のLangsjoen PH、Folkers K、Lyson K、Muratsu K、Lyson T、Langsjoen P. Pronouncedのの増加療法。 Int Jのティッシュは1990年12(3)を反応させる: 163-8。

35. Judy WV、Folkers K、ホールJH。 補酵素Q10の改善された長期存続は通常扱われた患者と比較された慢性の心不全の患者を扱った。 Folkers Kでは、Littarru GP、Yamagami T (ED): 補酵素Q、Vol. 4.アムステルダム、Elsevier Science 1991年、PPの生物医学的な、臨床面。 291-98。

36. 心循環器疾患の防止そして処置のFugh-Berman A. Herbsおよびサプリメント。 Prev Cardiol 2000年3(1): 24-32。

37. Goa KL、Brogden RN。 Lカルニチン。 pharmacokineticsの予備の検討、および脂肪酸の新陳代謝に於いての役割への関係のischaemic心臓病気そして第一次および二次カルニチンの不足の治療上の使用。 薬剤1987年34(1): 1-24。

38. Mancini M、Rengo F、Lingetti M、Sorrentino GPの鬱血性心不全を用いる患者のpropionyl-のLカルニチンの治療上の効力のNolfe G. Controlledの調査。 Arzneimittelforschung 9月1992日; 42(9): 1101-4。

39. Pucciarelli G、Mastursi MのLatte S、等。 鬱血性心不全の処置のpropionyl Lカルニチンの臨床および血行力学の効果。 Clin Ter 11月1992日; 141(11):379-84.

40. Caponnetto S、Canale C、Masperone MA、Terracchini V、Valentini G、左の心室の機能障害の患者のL-propionylcarnitineの処置のBrunelli C. Efficacy。 Eurの中心J 9月1994日; 15(9): 1267-73。

41. Azuma Jの等二重盲目のランダム化された鬱血性心不全のタウリンのクロスオーバーの試験。 Curr Ther Res 1983年34(4): 543-57。

42. Azuma Jの等鬱血性心不全のタウリンの治療上の効果: 二重盲目のクロスオーバーの試験。 Clin Cardiol 1985年8:276-82。

43. Schaffer SW、Lombardini JB、タウリンの行為とアンギオテンシンII.間のAzuma J.Interaction。 アミノ酸2000年; 18(4): 305-18。

44. Fong HH、Bauman JL。 ホーソーン。 J Cardiovasc Nurs 7月2002日; 16(4): 1-8。

45. NYHAの機能クラスと定義される慢性の鬱血性心不全を用いる78人の患者に付きホーソーン(サンザシ)の準備李132人のシュミツトUの等効力II。 Phytomedicineの1994年1:17 - 24の。

46. Weikl A、Assmus KD、NeukumシュミツトAの等サンザシの特別なエキスWS 1442。 心不全(II) NYHAを用いる患者の客観的な有効性の査定。 Fortschr Med 8月1996日30日; 114(24): 291-6。

47. NYHA IIの心不全のLeuchtgens H. Crataegus SpecialののエキスWS 1442。 偽薬はランダム化された二重盲目の調査を制御した。 Fortschr Med 1993 111 (20 - 21): 352-4。

48. Tauchert M、Gildor AのNYHAの段階IIの心不全の処置のLipinski J. High-の線量のサンザシのエキスWS 1442。 Herz 1999年24(6): 465-74。

49. Busse W. Standardized Crataegusのエキスの臨床モノグラフ。 Nat QのRev. Med 1996年189-97。

50. Weihmayr TのサンザシのエルンストE. Therapeuticの有効性。 Fortschr Med 1996 114 (1-2): 27-9。

51. 心臓性能のO'Conolly VMの等処置(NYHAは標準化されたcratae gusのエキスとの高度の年齢のIをにII)上演する。 Fortschr Med 1986年104:805-8。

52. Schussler M、Holzl Jのサンザシ種からのフラボノイドのFricke U. Myocardialの効果。 Arzneimittelforschung 1995年45(8): 842-5。

53. BahorunのサンザシのmonogynaのエキスのT.の酸化防止活動。 Planta Medica 1994年60:323-8

54. Seelig氏。 マグネシウムおよび鬱血性心不全の相互関係。 Wien Med Wochenschr 2000 150 (15-16): 335-41。

55. 厳しい鬱血性心不全を用いるフロセミド扱われた患者の口頭マグネシウムの補足のCohen N、Alon I、Almoznino-Sarafian D、等新陳代謝のおよび臨床効果。 Clin Cardiol 2000年23(6): 433-6。

56. HixのCD。 鬱血性心不全、激しい心筋梗塞およびdysrhythmiasのマグネシウム。 J Cardiovasc Nurs 1993年8(1): 19-31。

57. Suh JH、Shigenoは食餌療法の補足によってと、翌日にJD、等老化のラットの中心の酸化圧力との(R) - (アルファ) -逆転するlipoic酸。 FASEB J. 3月2001日; 15(3): 700-6。

58. 慢性の心不全のアンケルSD、クラークAL、Kemp M、等腫瘍壊死要因そしてステロイドの新陳代謝: 無駄になることを押し進ませる可能な関係。 J AM Coll Cardiol 1997年30(4): 997-1001。

59. 紛砕機J. Cholesterolの心循環器疾患のテストステロンそしてコルチソルとの相互作用。 ベルリン: Verlagスプリンガー; 1987

60. Noirhomme P、Jaquet Lの下草M、等。 末期の心不全を用いる患者の神経内分泌の活発化に対する慢性の機械循環サポートの効果。 Eur J Cardiothorac Surgの1999年16:63 – 7の。

61. アンケルSD、Chua TP、Ponikowski P、等慢性の心不全のホルモンの変化および異化作用/同化不均衡および心臓悪液質のための重要性。 循環1997年96:526-34。

62. Tappler Bの低出力心臓失敗のKatz M.の下垂体生殖腺機能障害。 Clin Endocrinol 1979年10(3): 219-26。

63. Niebauer JのPflaumのCD、クラークALは、等慢性の心不全の不十分なインシュリンそっくりの成長因子1変えられたボディ構成、同化不足、cytokineおよびneurohormonalの活発化を予測する。 J AM Coll Cardiol 1998年32:393-7。

64. 白鳥JW、Walton C、Godsland、等慢性の心不全のインシュリン抵抗性。 Eurの中心J 1994年15:1528-32。

65. KontoleonのPE、AnastasiouナナMI、Papapetrou PDの等充血性の中心の失敗のureを持つ患者のホルモン性のプロフィール。 Int J Cardiol 2003 87 (2-3): 179-83。

66. 森山町Y、Yasue H、Yoshimura M、等。 dehydroepiandrosteroneの硫酸塩の血しょうレベルは厳格に比例して慢性の心不全を用いる患者で減る。 J Clin Endocrinol Metab 2000年85(5): 1834-40。

67. Pugh PJ、英国KMのジョーンズのTH、Channer KS。 テストステロン: 心不全のための自然なトニックか。 QJM 2000年93(10): 689-94。

68. マリンP、Holmang S、Jonsson L、等。 中年の肥満の人のボディ構成そして新陳代謝に対するテストステロンの処置の効果。 Int J Obes 1992年16(12): 991-7。

69. Ong PJ、Patrizi G、Chong WCの等テストステロンは冠動脈疾患の人の流れ仲介された上腕動脈の反応を高める。 AM J Cardiol 2000年85(2): 269-72。

70. Webb CM、McNeill JGのテストステロンのHaywardのCS、等coro-の全くない心臓病の人の冠状vasomotor規則に対する効果。 循環1999年100(16): 1690-6。

71. Shapiro J、Christiana J、Frishman WH。 心血管の薬剤としてテストステロンそして他の同化ステロイドホルモン。 AM J Ther 1999年6(3): 167-74。

72. Dzugan SAのアーノルド スミスR. Hypercholesterolemiaの処置: 新しい仮説かちょうど事故か。 Medの仮説2002年59(6): 751-6。