生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年12月
イメージ
Silibinin: レバーを保護する草のエキス
Romy Foxによって

古代時以来レバーおよび胆嚢の病気、ヘビのかみ傷およびmenstrual問題を扱うのに、私達が「マリア アザミ」を呼ぶハーブが使用されていた。 Silybumのmarianumとして科学的に知られていて、マリア アザミはアーティチョークおよびヒナギクと同じ植物家族のメンバーである。 マリア アザミの薬効成分は種から取られるエキスから得る。 マリア アザミのエキスの「有効成分」はsilymarinである。1 Silymarinはちょうど単一の物質ではない: それはsilydianin、silychristinおよびsilibininを含む複数のフラボノイドの混合物、である。 Silibininはグループの最も生物学的にアクティブ メンバーで、科学的な調査で単独で使用される。

silibininが解毒し、レバーを保護し、遊離基の損傷に対して守り、発火を減らし、そして他では健康を促進することを提案する研究しなさい。

Silibininおよびレバー
Silibininは多分それを毒素から保護し、損なわれた区域を取り替えるために新しいティッシュの成長に拍車をかけているレバーの保護者として最も最もよく知られている。 毒素からの保護は重大である、なぜなら生物的毒は処分のためのレバーに絶えず持って来られる。 いくつかの4ポンド重量を量り、上部の腹部の右側に坐り、レバーに何百ものブドウ糖の規則そして貯蔵に脂肪、炭水化物および蛋白質そして参加に食糧粒子を変えることを含む他の義務が、ある。

レバーはそれを通って毎分急いでいて2クォートが血で充満している。 この血は細菌、抗原アレルギーの複合体、遊離基、薬剤の代謝物質および殺虫剤を含む有害な物質の多くを、含んでいる。 レバーは血からある有害な物質を正しくろ過し、それらを離れて壊すか、または中和する酵素との他を攻撃する。

有害な物質を解毒することは危ない仕事である、なぜならすぐに非活動化させなかったらし、きちんと導かれなければ、レバー自体は傷つかれるようになってもよい。 Silibininの助けは複数の方法でこれが起こることを防ぐ:

レバーに入る有害な物質から保護する
Silibininはエタノールによって、四塩化炭素および有害なきのこ、2、また化学療法の薬剤および他の有害な 物質引き起こされる肝臓障害に対して守る。 silibininがレバーを保護する方法の1つはレバー細胞を解毒するグルタチオンと呼ばれる物質の生産に拍車をかけることによって行う。 動物実験はsilibininがレバー、胃および腸の35%までグルタチオンのレベルを増加できることを示す。さらに 毒素が細胞を書き入れることができるように3、silymarinのsilychristinそしてsilydianinはそれを困難にするレバー細胞の外の膜を変える。4,5

胆汁流れを維持する
胆汁うっ滞はレバーからの小腸への胆汁の流れの中断または妨害である。 胆汁の助けは糞便によってボディから非活動化させた毒素を運ぶ。 胆汁の妨害は黄疸を、強いむずむずさせることと、脂肪質および薄い腰掛けおよび他の徴候もたらす場合がある。 炎症性物質はleukotrienesの演劇を胆汁うっ滞で持って来ることに於いての役割と呼び、silibininはこれに対して生産の禁止によって監視を助ける。現在 時でさえ6

余分なアルコールおよび線維症によって与えられる損害に対する監視
レバーは、特定の条件下で(アルコール中毒のような)、燃え上がられるようになることができるより大きく育ち、myofibroblastsに回る細胞を脂肪質貯えることを含んでいる。 これらの細胞はコラーゲンの沈殿を高め、故障するレバーは繊維状の結合組織が付いている正常なレバー ティッシュの取り替えにより促進する。 Silibininはmyofibroblastsにこれらの脂肪細胞の転換および有害な繊維状ティッシュの置くことと干渉する。7

鉄誘発の損傷を減らす
ボディの余分な鉄はレバーの遊離基の損傷を、特に高めることができる。 酸化防止剤として機能して、silibininの助けはレバー ティッシュへの鉄誘発の損傷から保護する。 それはまた排泄することも安全にする血の自由な鉄を「くくるのを」助けるかもしれない。8,9

再生のレバー ティッシュ
Silibininは新しいレバー細胞の成長に拍車をかけ、再生するように傷つけられたレバー ティッシュがするレバー細胞の蛋白質の統合を励ます。10

レバーの、毒のそこの生じる蓄積とそしてボディの残りで弱まることは免疫組織および多くの異なった疾患の問題を、もたらす場合がある。 レバーを強くおよび有効保つのを助力によってsilibininは全体のボディを健康保つのを助ける。

Silibininは酸化を減らし、遊離基を癒やす
Silibininによってはボディ、結局損傷のティッシュおよび器官中の細胞を弱め、破壊できる遊離基の損傷および酸化が戦う。 silymarinのsilibininは強力な遊離基の清掃動物である。8 それはまたスーパーオキシドのディスムターゼおよびグルタチオンのような他の酸化防止剤の活動を、刺激する

Silibininは発火を鎮める
ボディのさまざまな細胞は一酸化窒素およびleukotrienesのレバーおよび他のティッシュへの厳しい損害を与えることができる2つの炎症性物質を作り出す。 一酸化窒素はまた付加的な損害を与える遊離基の作成に拍車をかけることができる。 Silibininは両方の形成を一酸化窒素およびleukotrienes禁じる。12 高い濃度で、silibininは70%制御価値と比較されてleukotrieneのレベルを減らすことができる。 炎症抑制の特性を通して、silibininはレバー、腎臓をと他の所でボディの組織の損傷防ぐのを、また胆石の形成を遅らせるのを助けることができる。

SilibininはタイプII糖尿病に対して守る
タイプII糖尿病が普通私達を膵臓およびインシュリン産出の細胞について考えさせるがレバーはまた調整の血糖の重要な役割を担う。 それは貯蔵のためのグリコーゲンにブドウ糖を変え、ブドウ糖に利用できる即時をするためにグリコーゲンの店を破壊する。 レバーが毒素のアルコール、余分な発火またはいくつもによってかなり傷つけば、タイプII糖尿病か新陳代謝シンドロームに終って調整の血糖で、多分助けられない。

数年前に、タイプII糖尿病に苦しんでいる60人の非常に病気の患者およびアルコール誘発の肝臓障害は調査で登録された。 半分は12か月、偽薬残りの半分の間silymarinの600 mgを毎日与えられた。13は 結果印象的だった: silymarinは尿の血糖の絶食血ブドウ糖のレベル、また量の下で運転した。 」、安定の血糖をsilymarinが「スマートである安全なレベルでこと提案するhypoglycemia (異常に低い血糖)を引き起こすにはしかしそれにより血ブドウ糖のレベルを十分にずっと押下げなかった。 なお、ドイツ細胞文化調査はsilibininが遅れる提案したり–を糖尿病患者の腎臓の細胞の…またはfibronectinの蓄積–器官の損傷の重要な原因ことを防ぐ。14

癌に対する三方戦い
早い調査結果はsilibininが3つの違った方法の癌に対して戦いに有用かもしれないことを提案する:

最初に、それは癌を直接戦うかもしれない。 silibininが前立腺癌の細胞 のそれ以上の開発を停止できることを1つの実験室調査15は示した。 Silibininは癌細胞を殺さなかった; それによりそれらは正常な前立腺の細胞のようにした。 これはPSAの分泌、前立腺癌の重要なマーカーの大きい減少をもたらした。 他の研究者はsilibininが薬物対抗性および薬物に敏感な胸および卵巣癌の細胞の成長を阻止したことが分った。16

2番目に、silibininは制癌剤の効果を増強するかもしれない。 1つの調査では、silibininは化学療法の代理店のcisplatinおよびdoxorubicinを共働作用して使用した。16

最後に、silibininはcisplatinおよび多分同じような抗癌性の薬剤の悪影響から腎臓の保護を助けることができる。17

Silibininはコレステロールを下げるかもしれない
1977年に、ドイツの科学者が行なった実験室の研究はsilibininがコレステロールの生産を禁じることができることを示した。18の より新しい調査はsilibininを取ることがレバーのコレステロールの量を下げ、「よい」HDLのコレステロールの量を増加することを示していて1つが同じような結果を、生んだ。 Silibininはまたさらにもっと危ない形態に「悪い」LDLのコレステロールの酸化、か変形を、遅らせる。19-21

どの位有用であるか。
研究者はまだsilibininの最適の線量を識別していない。 それはsilibininの1日あたりの少なくとも250 mgを含んでいる補足が糖尿病を持つ人々のために有用であるかまたは別の病気が妨げたシンドロームXが、ブドウ糖の規則ボディに害を与えることに感じた。 1日あたりの150から300 mgの線量は1日あたりの400から800 mgは明白な肝臓病の場合で必要とされるがレバーの保護酸化防止グルタチオンの生産を高めること十分考慮される。

ビタミンの店および薬学のsilibininを購入できる。 silibininを取ることはsilymarinの利点を得る最適の方法であるために感じられる従って80%のsilibininを含んでいる多くのブランドで見られる35%よりもむしろエキスを、考慮したいと思う場合もある。

結論
マリア アザミの種からのエキスはsilibinin、強力なレバー保護効果の物質を含んでいる。 さらに、silibininは発火を減らすのを、傷つくために酸化および遊離基を減少し、他の方法で健康を高めるのを助けることができる。 きちんと使用されたとき、silibininはハーブのエキス、および高い血圧に使用するphentolamine (Regitine®)を抗精神病薬として使用されるbutyrophenonesまたはphenothiazinesのようなある特定の薬物と共に使用するとき注意が運動するべきであるが、知られていた副作用をもたらさない。 Silymarinはまたハーブのyohimbineの行為と干渉できる。