生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年12月
魚およびN-3脂肪酸は心臓病患者の死亡率の危険を減らす

フィンランドの5年のフォローアップはn-3脂肪酸の魚の消費量そして高い血清のレベルが調査が臨床栄養物(2003年7月)のアメリカ ジャーナルで報告されたdying.*の危険の減少によって冠動脈疾患(CAD)の患者を保護することを示す。

関係者は臨床的に確立されたCADの33から74老化した285人および130人の女性を年、含んでいた。 調査官は食糧記録を通して食餌療法取入口を定め、血清の部品の脂肪酸組成を測定した。 調査の終点はすべての原因の死を含んでいた; 心循環器疾患、冠動脈疾患; 重大でなく激しい心筋infarct (AMI); 重大でない打撃; 冠状動脈バイパス接木; そして冠状血管形成。 結果は魚を食べ、アルファ リノレン酸(翼部)の高い血清のレベルがあった患者、eicosapentaenoic酸(EPA)、およびdocosahexaenoic酸(DHA)は消費された量に直接関係の全原因の死亡率の彼らの危険を減らしたことを示した。 魚の1日あたりの57グラムを消費した患者は心循環器疾患からの死の、心臓発作および打撃、および冠動脈疾患からの死のより危険度が低い51%より危険度が低い55%があった。

調査の著者は「翼部、EPAおよびDHAが」。可能性としてはCADの患者の死の危険を減らすことができる栄養要因であることを結論を出した

— Carmia Borek、Ph.D。

参照

*Erkkilaの、Lehto S、Pyorala K、Uusitupa MI。 冠動脈疾患の患者の死および心循環器疾患のでき事のn-3脂肪酸そして5-y危険。 AM J Clin Nutr 7月2003日; 78:65-71.

暗いチョコレートは心循環器疾患の危険を減らすかもしれない

新しい調査は暗いチョコレートが群生している血小板を禁じることを示す第1 (集合)、凝血(血栓)の主要な原因その制動機の心臓発作および打撃である。 調査は、Ninewellsの病院から、スコットランド、2003年7月のイギリスで握られた血栓症およびHaemostasisの国際的な社会のXIX議会で最近報告された。 30の主題は白いチョコレート、ミルク チョコレート、または暗いチョコレートの100グラムを受け取るためにランダム化された。 後で4時間、各グループの血液サンプルはチョコレート取入口が血小板の集合を変更したかどうか見るために生体外でテストされた。 白いチョコレートが効果をもたらさなかったし、ミルクがチョコレート群生の減少の方の傾向を示した間、暗い92%によるチョコレートによって禁じられる血小板の集合。 3つのタイプのチョコレートの、暗いチョコレートにcyclooxygenase (COX1)を禁じるために知られているフラボノイドの最も高い内容がその助けのブロックの血小板の集合ある。

研究者は暗いチョコレートにthromboembolismおよび心循環器疾患を減らす潜在性があることを提案する。

— Carmia Borek、Ph.D。

薬物からの不利な副作用は共通である

薬物からの副作用は信じられるより共通であるかもしれない。 600人以上の大人の調査では、4の1つは初期治療医者が規定した薬物からの有害性がある副作用を経験した。1

「不利な薬剤のでき事、13%の深刻だった」、鉛の調査Gandhi、Brighamおよび女性の病院(ボストン、MA)の一般薬の部分のM.D.著者はTejal K.、生命延長雑誌を告げた。 「10の約1つ完全に防がれ別の三番目は改善されたかもしれない(より少なく深刻に作られる)それらもっとすぐに演説した」。は

2003年4月17日出版された彼らの研究のためにに、Gandhi先生および仲間ニューイングランドの医療ジャーナルは4大人の初期治療の1つへの訪問がボストンで練習した10-14日後661人の患者、MAにインタビューした。 それらは潜在的な薬物の副作用の特定の徴候についての患者に質問した。 徴候があったら、関係者はタイミングについて更に質問され、どの処置でもとられた。 患者はそれから面接者に彼らの薬物のびんのラベルを読むように頼まれた。 このプロセスは後で2かそして2分の1か月繰り返された。 その当時、看護婦はまた薬剤のアレルギーおよび既存の条件を含む図表で、文書化されたあらゆる不利な薬剤のでき事のための患者の医療記録を検査した。
調査された661人の患者の162に(25%)不利な薬剤のでき事があった。 これらの24は(13%)、減らされた心拍数のような、深刻減らされた血圧でしたり、または胃腸出血。 でき事の20は(11%)予防可能であり、51は(28%) ameliorableだった。 予防可能なかameliorableでき事の11は深刻考慮された。

「予防可能の20の不利な薬剤のでき事、9間違った線量が不適当な薬剤の選択が原因、2、および間違った使用頻度が2のだった報告される」、研究者。 「進めた他の薬剤と薬剤の線量、相互作用、および薬剤にアレルギーを点検するそれらのような、命令するコンピュータ化された薬物のシステムを、20の予防可能なでき事(35%)の7を防いだかもしれない」。

51のameliorableでき事の、19は徴候を医者に知らせる患者の失敗に(37%)帰因した。 他の32は(63%)患者が報告した薬物関連の徴候に答える医者の失敗と関連していると推定された。

患者が取った薬物の数は不利なでき事を持っている危険とかなり関連付けられた。 「患者1人あたりのでき事の中間数各々の付加的な薬物につき10%」、はそれら書いた増えた。

不利な薬剤のでき事に関する前の調査は外来患者の設定のよりもむしろ病院で行われた。 1つの調査では、病院の患者の6.5%に28%が予防可能考えられた不利な薬剤のでき事があった。2

「不利な薬剤のでき事は歩行の患者の25%で見つけられたことを示したのでこの調査重要である、コミュニティ生存年配者の別の最近の調査で見つけられるそれ」は率高い5倍先生を言ったGandhi。 「私達はおそらく他の調査は図表の検討に主に」。頼ったが私達が患者を直接電話したので非常に高い比率を見つけた、

— Marc Ellman、M.D。

参照

1. Gandhi TKのWeingartのSN、Borus Jの等歩行の心配の不利な薬剤のでき事。 NイギリスJ Med 4月2003日17日; 348(16): 1556-64。

2. 不利な薬剤のでき事およびpoten-のtial不利な薬剤のでき事の怒りDW、Cullen DJ、地主N、等発生。 防止のための含意。 JAMA 7月1995日5日; 274(1): 29-34。

Multivitaminsは糖尿病患者の生まれつきの障害の危険を減すかもしれない

糖尿病を持つ女性は生まれつきの障害の幼児に出産する高められた危険にある。 multivitaminsの規則的な使用は生まれつきの障害のチャンスを減らすことができると研究が既に証明する間、新しい調査はmultivitaminsがまたとりわけ糖尿病を持つ女性間のこの危険を減らすかもしれないことを提案する。

調査のため、*研究者は妊娠の前に3か月からの妊娠(periconceptionalの期間)の最初の3か月によってmultivitaminsの彼らの使用についての生まれつきの障害の3,278人の子供の母にインタビューした。 それらは生まれつきの障害なしで耐えられた3,029人の幼児のビタミンの使用と結果を比較した。

「multivitamins、糖尿病および前の調査の一般群衆の女性間で観察された生まれつきの障害に関してmultivitaminの補足から得られた保護利点がまた生まれつきの障害の子孫、糖尿病を持つすなわち、女性を持っている高められた危険であるために知られていた女性のsubpopulationに適用するかどうか定めるために向けられる生まれつきの障害の私達の最近の研究」アドルフォCorrea、M.D.、Ph.D鉛の研究者は。、生命延長雑誌を言った。 「私達の調査結果」。は事実のようである調査結果を提案する Correa先生は疾病予防対策センターに生まれつきの障害および進化の不能の国民の中心のための診療所員である。

調査官はビタミンを取らなかった糖尿病なしで母と比較されたときpericonceptionalの期間の間にmultivitaminsを取らなかったら糖尿病を持つ女性が生まれつきの障害の子供を分娩するほぼ4倍もっと多分だったことが分った。 糖尿病性の女性がビタミンを、しかし規則的に取ったら、子孫は生まれつきの障害を持っている高められた危険がなかった。

糖尿病のない女性はまたpericonceptionalの期間の間にmultivitaminを規則的に取ったら生まれつきの障害の赤ん坊を持っていることのより低いチャンスを示した。 これらの調査結果は母の年齢のような潜在性の混同の変数を、生れの時間、生れの期間、競争、煙ること、およびアルコール使用で考慮する時でさえ一貫していた。

この調査は妊娠の前および最中で少なくとも400を葉酸のmg規則的に含んでいるmultivitaminを取ればすべての女性が、糖尿病との特にそれら、生まれつきの障害の幼児の分娩の彼女達のチャンスを減らすことができるサポートを提供する。

— Marc Ellman、M.D。

参照

*Correa A、Botto L、劉Y、Mulinare J、Erickson JD。 multivitaminの補足は糖尿病準の生まれつきの障害のための危険を減少させるか。 小児科5月2003日; 111 (5部2): 1146-51。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2